俺の城通信 Vol12

2018.06.23 Saturday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    梅雨入りしたので自転車に乗りにくい日が続きますね。

     

    そんな日はカスタムでもして気を紛らわすとともに次のライドへの活力を蓄えましょう!

     

    ということでお久しぶりのカスタム例のご紹介です。

     

    R0000973.JPG

     

    以前納車させていただいたVelo Orange * Pass Hunterにフロントラックを取り付けました。

     

    R0000976.JPG

     

    リアキャリアにSimWorks * On The Road Rear Carrierを装着しているので同ブランドのSimWorks * Potluck Rackを選んで頂きました。

     

    R0000977.JPG

     

    テントや寝袋など少しかさばる荷物を載せるには天板が広いフロントラックはとても便利です。

     

    これキャンプツーリングに出かける準備が整いましたね。

     

    シオストキャンプライドへのご参加お待ちしております!

     

    IMG_0543.JPG

     

    SURLY * STEAMROLLER完成車のハンドルをドロップハンドルに交換させて頂きました。

     

    スチームローラーの完成車に乗られている方から頂くご相談で一番多いのがハンドル交換なんですが、その中でも店長も通勤号のスチームローラーで使っているドロップハンドルに交換したいいうご相談が一番多いです。

     

    IMG_0544.JPG

     

    IMG_0545.JPG

     

    IMG_0546.JPG

     

    IMG_0548.JPG

     

    店長がドロップハンドル仕様のスチームローラーに乗っている影響からなのかどうかは分かりませんが、ロードバイクの様にスッと進み気持ちよく走れるスチームローラーで、もっと遠くに楽に走りたいとなると必然的にいろんなポジションをとることができるドロップハンドルになるのは仕方ないのかもしれませんね。

     

    そうはいってもドロップハンドルだから早く走りったり、遠くへ走らないとダメみたいなルールなんてないので、好きはハンドルで好きなようにカスタムとライドを楽しんで貰えれば嬉しいです。

     

     

     

    上体が起きてゆったりとした姿勢がとりやすいフラットハンドルやプロムナードバー。

     

     

    ハンドルに力を込めやすいのでガンガン踏みたい時なんかはワイドライザーバーもオススメです!

     

     

    ドロップハンドルほど多彩なポジションはとれませんがシュッとしてかっこいいブルホーンハンドル!(僕が一番好きなハンドルです)

     

    本当目移りするハンドルが多くて困りますね。そんな時シングルスピードの自転車だと交換するのが楽かつ費用があまりかからないので良いですよね。迷ったり気になったら手軽にハンドル周りを交換して色々と試してください!

     

    しかしスチームローラーのブログを書いているとまた乗りなたくなってくるんですよね。そういう意味では僕はスチームローラーについてブログを書くのが苦手です。(物欲を鎮めるのに時間がかかるので、、、汗)

     

    SURLY * STEAMROLLER気になっている方!貴方の感性は間違い無いです。是非乗って思いっきり楽しんで下さいませ。

     

    IMG_4526.jpg

     

    少し費用はかかりますがポジションが気になるなら変速付きの自転車もハンドル交換しちゃいましょう!

     

    IMG_4503.jpg

     

    使用していたフラットハンドルだと幅狭く上りや下でハンドルに力が入れづらく、バックスイープが無いのも握った時にしっくりこないということで、SURLYから新しく発売されたクロモリのCHEATER BARに交換させて頂きました。

     

    IMG_4510.jpg

     

    IMG_4505.jpg

     

    バックスイープもついたのでハンドルを握った時に変に力が張らずゆったりと握れ、ハンドル幅が広くなったので力も入れやすくなったと嬉しいご感想を頂きました。

     

    IMG_4516.jpg

     

    IMG_4518.jpg

     

    ハンドルと合わせてタイヤも交換。選んでいただいのはMAXXISのど定番にして傑作タイヤARDENTのサイドスキン!

     

    オンロードでは転がりが軽く、トレイルではしっかりとタイヤがグリップしてくれる性能にサイドスキンの見た目が加わり、もう最高の一言ですね。

     

    MTBのタイヤでサイドスキンをお探しの方は是非ご検討ください。

     

    梅雨が開けるまでもうしばらくかかりそうなので、自転車に乗れない日は是非カスタムの構想を練って楽しい時間をお過ごしください。

     

    カスタムのご相談はお気軽にスタッフまでお声掛けください。

     

    皆様のご来店お待ちしております!

    服部製作所 Shin CX フルカスタムフレーム 2

    2018.06.22 Friday

    0

      どうも!

       

      スタッフのゴリです。

       

      以前書いたフレームの紹介から少し間が空いてしまいましたが今日は組みあがった僕のShin CXバイクをご紹介します。

       

      IMG_6879.jpg

       

      Spec
      Frame&Fork : 服部製作所 Shin CXフルカスタムフレーム & COLUMBUS FUTURA GRAVEL
      Headset : CHRIS KING * INSET 8

      Stem : EASTON * EA90
      Handle : EASTON * EA70

      F/RWheel : H PLUS SON * THE HYDRA

      F &R Hub:Industry Nine * ROAD CENTER LOCK HUBS
      SPOKE : DT SWISS
      CS : Shimano * CS-R8000 11-34t (ULTEGRA)
      Cranks : EASTON * EC90 SL 40t

      BB:CHRIS KING * Thread Fit T47 BB
      RD : Shimano * RD-R8000-GS(ULTEGRA)
      Chain : Shimano * CN-HG701
      Saddle : FIZIK * ANTARES R3

      Seat Post : EASTON * EA70
      Pedal : crankbrothers * eggbeater 2

      F/RTire:MAXXIS * Rambler 700x38c
      Grip : fi'zi:k * BAR TAPE * ENDURANCE * TACKY TOUCH

      BRAKELEVER/SHIFTER : GEVENALLE * HYDRAULIC
      BRAKE : TRP * HYLEX Flat Mount

      重量 : 9.2kg

       

      IMG_6907.jpg

       

      IMG_6910.jpg

       

      シクロクロスのレース用にオーダーしたフレームですが、クロモリでフルカスタムで作るなら少し遊び心があっても良いかなと思い、通勤などの普段使いやグラベル遊びで使うことを想定して、スリックタイヤなら最大40cまで入るようにタイヤクリアランスを確保して貰いました。

       

      シーズンインまではMAXXIS * RAMBLER 700x38cを使用しグラベルやトレイルライドを楽しみ、レースシーズンいなればMAXXIS * All Terraneをチューブレスで使用します。

       

      現在38cのタイヤにグラベルライド中の突き刺しパンク対策に厚めのチューブを入れた状態で、重量が9.2kgと予想以上に軽量になっているので、32cのシクロクロス用タイヤに交換すればクロモリのディスクシクロバイクですが8kg台もありえそうです。

       

      IMG_6917.jpg

       

      IMG_6918.jpg

       

      クランクはロードバイクでも使用しているEASTON * EC90 SLクランクです。シクロクロスはフロントシングル仕様です。(チェーンリングは40T)

       

      シンチ規格という独自のチェーンリング固定方式を採用しているので、シングル、ダブルは簡単に交換できます。

       

      それともう一つ簡単で交換可能な部品があります。それはクランクシャフトです。

       

      EASTON EC90 SLクランクはシャフトを交換することで、後からパワーメーター内臓クランクにアップデートする事が可能です。

       

      イーストンのパワーメーターは今のところ他社製品のように左右計測はできませんが、その分クランクの構造がシンプルでシャフトを交換するだけでパワーメーターを装着することが可能です。(専用工具も必要ありませんし、装着するためにメーカーに送り返す必要もありません)

       

      構造がシンプルなのでクランク自体も軽量でバッテリーの持ち時間も長いです。

       

      僕はトレーニングはできる限り実走でしたいので、ロードトーレーニング中にあまりサイコンをずっと見続けるわけにもいきません。パッと見でどれだけパワーが出ているのかが確認できた方が使い勝手が良いので、あまり左右表示の必要性を感じて無いのとバッテリーの持ちが長い方が充電する回数も減り面倒もないので、EASTONのパワーメーターはとても便利だと思っています。

       

      今回シクロクロスにはパワーメーターは装着していませんが必要だと感じたら装着しようと思いますというか、やっぱり必要なんでメーカーに再入荷次第装着する予定です。笑

       

      IMG_6919.jpg

       

      シングルのチェーンリングはもちろんナローワイドなのでチェーンキーパーを装着しなくてもチェーン落ちがしにくくなっています。

       

      IMG_6921.jpg

       

      BBはCHRIS KING * Thread Fit T47 BB

       

      使用するクランクのシャフト径が30mmなので、少しでもBB周りが軽くなるプレスフィットBBでも良かったのですが、音なり問題と競技の性質上オーバーホールすることも多いので、フレームにストレスを与えずに脱着が可能なスレッド方式を採用したT47規格を選びました。

       

      クリスキングのBBは初めて使用するのでこれからアタリが出てからどれだけスムーズに回転するのかとても楽しみです。

       

      IMG_6915.jpg

       

      IMG_6914.jpg

       

      リアディレイラーとスプロケットにはR8000アルテグラ。

       

      リアディレイラーは新しく発売されたRD-RX805GSと悩みましたがRD-R8000-GSにしました。

       

      MTBコンポではお馴染みのスタブライザー機構が付きチェーン暴れを抑えてくれるので、チェーン落ちやチェーンがフレームにヒットして傷が入ることを防いでくれるのは魅力的でしたが、ギブネールでシフトチェンジするには変速操作が重くなりすぎるのではと感じたので、今回はRXの使用を見送りました。(シマノのSTIを使用するなら迷うことなくRXにします)

       

      リアディレイラーに関しては必要だと感じたら交換しようと思います。

       

      スプロケットは11-34tでシクロクロスのレースではコースによっては11-28tを使用します。

       

      IMG_6887.jpg

       

      IMG_6936.jpg

       

      シフターは今までグラベルライドやトレイルライドで使い倒してきて操作性になれたギブネールでブレーキは油圧ディスクブレーキです。

       

      シマノが操作性も良く最高と普段から言っている僕がグラベルバイクやシクロクロスバイクにはギブネールを使い続けています。

       

      使い出した理由は転倒したり泥で汚れたりしてもシンプルな機構で壊れにくく、メンテナンスもしやすそうという建前と発売された当時(その時はレトロシフトという名前でした)一部のシクロクロッサーの間で流行っており、どんなモノか気になったので使い出しました。

       

      今ではその独特の操作性と建前で述べた通り壊れにくくメンテナンスのしやすさから手放せないモノになりました。(初めて買ったギブネールは四年前ですがいまだに現役で使用しています)

       

      ブレーキは油圧ディスクなので軽いタッチでしっかりと制動してくれます。

       

      油圧使用のギブネールに関しては本国からの取り寄せ対応になるようなので気になる方はお気軽にご相談ください。

       

      IMG_6884.jpg

       

      IMG_6882.jpg

       

      IMG_6903.jpg

       

      ハンドル、ステム、シートポストにはEASTONを選びました。今までなら迷わずTHOMSONを選んでいましたが、クランクにEASTONを使用しているので今回はEASTONで統一することにしました。

       

      全体的な統一感とEASTON製品の落ち着いた仕上げのおかげでバイクが引き締まり、レース機材感が出てカッコイイなと自己満足の世界に浸っております。笑

       

      IMG_6890.jpg

       

      下ハンドルを握った時の手の治りも良く、ハンドル形状は好みの形なのでロードバイクのハンドルもEASTONにしようかなと考えています。(ハンドルだけでなくステムとシートポストも交換してしまいそうですが、、、汗)

       

      IMG_6900.jpg

       

      IMG_6901.jpg

       

      サドルはFIZIK * ANTARES R3

       

      IMG_6891.jpg

       

      ヘッドセットはBBと同じくCHRIS KINGです。カラーはマッドエメラルド。大好きなグリーン系のカラーです。(限定カラーなので無くなる前に、次のバイク用にもうワンセット確保しておくか検討中。サイズによっては販売終了しているので気になる方はお早めに!)

       

      IMG_6913.jpg

       

       

       

      ホイールは手組みでH PLUS SON * THE HYDRAリムにIndustry Nine * ROAD CENTER LOCKハブの組み合わせ。

       

      ハブの性能はロードバイクで実感済みなのでシクロクロスでもジージーと爆音を鳴らしながら走りまわります!

       

       

      組み上げてからグラベル、トレイルなど色々と走り待っているので次回はインプレを書こうと思います。

       

      週末は皆さんに見て頂けるように、できる限りShinCXに乗って出勤いたしますので、気になる方は是非シオストにご来店ください!

       

      皆様のご来店お待ちしております!

      お客様紹介 540

      2018.06.21 Thursday

      0

        IMG_6770.jpg

         

        DURCUS ONE * RECTUS * 14インチ * ブルーを納車致しました。

         

        ありがとうございます!

         

        初めての自転車としてお選び頂きました。

         

         

        初めての自転車ですが今までキックバイクに乗っていたので補助輪なしでご納車いたしました。(さぬきCXにはキックバイクで参戦しておりました)

         

        納車後さっそく店の前で少し試乗され、まさかの直ぐに乗れる、、、

         

        IMG_6751.jpg

         

        なんてことは無くお父さんに補助して貰いながら初ライドを楽しんでくれていました。(その後公園で練習したらその日のうちに乗れるようになったそうです。凄い!)

         

         

        軽くて扱いやすいDURCUS ONE * RECTUSはお子様のファーストバイクにピッタリの自転車です。

         

        店頭に展示しておりますので是非ご覧ください!

         

        皆様のご来店お待ちしております。