俺の城通信 Vol13 SURLYとSURLY

2018.08.17 Friday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    自分用のSURLYを久しぶりに組んでみました。

     

     

    以前乗っていたSTRAGGLERです。

     

    ずっと店の奥にしまい込んでいたのですが、そのまま保管しておくのは勿体ないなと思い、店のジャンクボックス(僕の私物9割)に転がっていたパーツを使いとりあえず組んでみました。

     

    SURLYなんて寄せ集めたパーツや、使い込んだ自転車からパーツを載せ替えする位の感じで組むのが個人的には最高にカッコイイと思っていましたが、あまりにも寄せ集め感が酷いと残念な形になるという事を実感しました。汗

     

    何事にもバランスが大事ですね。とりあえずはこのまま乗りますが、カスタムする方向性を決めて少しづつ手を入れていこうと思います。

     

    今日のカスタム事案はカスタムする方向性が決まったSURLY2台を紹介します!

     

    DSC01739.jpg

     

    一番手はSURLY * DISC TRUCKERです。

     

    僕が担当させて頂いた車両ですが納車時はフロントシングルでした。

     

    サイクリングを楽しんでいただけている様で、いろんな場所に走りに出かけているそうですが、その時に斜度がキツい坂でギア比が足りなくて自転車に乗れない事があるそうで、フロントをダブルに変更してくださいとご相談頂きました。

     

    DSC01743.jpg

     

    見た目など気にしだすと上限はキリがないので、お手頃な値段と変速性能の高さをとってShimano製のクランクとフロントディレイラーを装着させて頂きました。

     

    歯数はフロントが46x36、リアは11-34tなので、以前のフロント42tと比べるとワイドなギア比になりました。(これで大抵の坂道は登れると思います)

     

    フロントシングルは見た目がスッキリして良いのですが、街乗り以外の用途では少し割り切った考えが必要になると僕は思います。

     

    ワイドなギア比に設定するにはMTBコンポを組み合わせるのですが、ワイドな分歯数間の飛びが大きいのでこまめな変速を好む方には少し扱いにくさがあると思います。歯数の飛びを少なくしたいならロードバイクコンポで組むのがオススメですが、この場合ローギアかトップギアどちらかに比重を置いたフロントギアの選択が必要となります。

     

    シンプルにするには割り切った考えが必要となることを少しだけご理解頂ければコンポ選びもスムーズになると思います。

     

    ちなみに僕はフロントシングルが好きです。理由は細かいことを考えず今踏めるギアでとりあえず踏むという考えのタイプなので、そもそもの選択肢が少ないフロントシングルはとても性格にあっているからです。(ちなみに店長はダブル派です)

     

    考え方や乗り方によって変速を選択すれば自転車はより快適に走れます。

     

    変速関係でお悩みの事があればお気軽にスタッフまでご相談下さい。

     

    IMG_1976.jpg

     

    お次はお持込みでのカスタムご依頼!自転車はSURLY * KRAMPUSです。

     

    IMG_1983.jpg

     

    IMG_1986.jpg

     

    カスタムのご相談を頂いた時からマットブラックにリペイントされた車体にWhite Industriesのクランク、THOMSONのステムにシートピラーなど既にバッチバチの仕様でしたが、より快適に街乗りをするためにハンドル周りとギア比の変更をご相談頂きました。

     

    IMG_1985.jpg

     

    ハンドルはアルミのライザーバーから、FAIRWEATHER * b903 bullmoose barに交換。

     

    オールドスクールな見た目がクロモリMTBとの相性抜群です。

     

    見た目めだけでなく、クロモリのしなりと適度なバックスウィープは快適なポジションをとりやすくなっています。

     

    IMG_1980.jpg

     

    ブレーキレバーにはPAUL * LOVE LEVER

     

    ピボット部分がシールドベアリングに変更され、しっかりとした握り心地と以前よりブレーキタッチが軽くなりました。

     

    IMG_1981.jpg

     

    ペダルには僕が密かに注目していたcrank brothers * STAMPを装着させて頂きました。

     

    踏み面は大きく厚さは薄いトレイルライドにぴったりのペダルです。

     

    この時期サンダルで自転車に乗るという方も多いと思いますが、これだけ踏み面が大きいとペダルを踏み外すことも無いので街乗りでもオススメです!

     

    IMG_1987.jpg

     

    スプロケットは11-32tから11-36tへ変更させて頂きました。

     

    トレイルで遊ぶなら更に軽いギア比が欲しいですが、街乗りがメインでもう少し軽めのギアがあれば良いかなという感じのご相談でしたので、11-36tのスプロケットに交換させて頂きました。

     

    街乗り、MTBでトレイル遊び、ロードやシクロクロスでロングライド、またはレース仕様など、自転車は使う状況とエンジンである乗り手の力によってギア比を選ぶ事ができます。

     

    やみくもに軽いギアを入れたからといって、どんな山でも登れる訳でもなければ重たいギアを入れたから速く走れる訳でもありません。

     

    快適に走るには適切なギア比設定が必要ですし、乗り方によっては多少のエンジンチューン(トレーニング)も必要となってきます。

     

    より良いギア選びと自転車の乗り方をご提案できるように、僕たちも自転車に乗りまくっておりますので

    困った事があればお気軽にスタッフまでご相談下さい。

    シオストお盆ライドーDAY3と自撮りスポット3days

    2018.08.16 Thursday

    0

      どうも。

       

      シオスト自撮りスポット担当者です。

       

      まずはシオストお盆ライドの自撮りスポット写真からお披露目します。

       

      IMG_0109.JPG

       

      DAY1

       

      シオストお盆ライド(古川組)ーDAY1

       

      IMG_0159.JPG

       

      DAY2

       

      シオストお盆ライド(古川組)ーDAY2

       

      シオストお盆ライド(ゴリ組)

       

       

      IMG_0228.JPG

       

      DAY3

       

      全て一発撮りです。

       

      少し店側に寄ってしまう傾向があるので、今後のシオスト自撮りスポット撮影での参考にしてみて下さい。

       

      では最終日のライドレポを

       

      DSC01994.jpg

       

      バイクラックに自転車多いとテンション上がりますね。

       

      DSC01998.jpg

       

      シオスト駐車場が埋まるほどの参加者が。(マンモスうれぴー)

       

      IMG_9128.jpg

       

      最終日のライド目的は眉山山頂で集合写真を撮影するということ。

       

      IMG_9132.jpg

       

      IMG_9146.jpg

       

      IMG_9151.jpg

       

      眉山の麓まではサクッと走ります。

       

      IMG_9155.jpg

       

      IMG_9158.jpg

       

      IMG_9160.jpg

       

      IMG_9163.jpg

       

      IMG_9168.jpg

       

      IMG_9194.jpg

       

      眉山を登るだけとはいえ山頂まではしっかりと登ります。

       

      ただ、タイムアタックはしていないので比較的に楽しそうに登ってる人が多かったようです。

       

      DSC02020.jpg

       

      ヒルクライムはここで終了です。

       

      DSC02021.jpg

       

      DSC02023.jpg

       

      サドルトークを楽しみながら山頂へレッツゴー!!!

       

      IMG_1695.jpg

       

      逆からはロマンスクルーのお二人が腰痛中のお客様のサポートで登ってこられました。

       

      IMG_0229.JPG

       

      IMG_9208.jpg

       

      山頂ではとりあえずドリンク休憩です。

       

      僕はリアゴーで。

       

      DSC02029.jpg

       

      眉山山頂の撮影スポットで撮影会スタートです。

       

      DSC02042.jpg

       

      大阪のライバル自転車屋であるBICYCLE STUDIO MOVEMENTのホリさん(店主)がライドに乱入で、バッチバチです。(ゴリツオライドでお馴染みのあのお店)

       

      えっ?仲良かったんじゃないのって??

       

      IMG_9212.jpg

       

      「撮りまーす」

       

      IMG_0230.JPG

       

      これが仲良しに見えますか?

       

      DSC02050.jpg

       

      ライド後はみんなでシオストカフェでアイス。

       

      では最後に集合写真を!!!

       

      DSC02032.jpg

       

      なぜかCielo3人衆で撮影!(ロード、ディスクロード、シクロクロス)Cieloの製造中止は本気で凹んでます。

       

      DSC02035.jpg

       

      県外からのご参加です!!!嬉しすぎておしっこちびりました。また一緒に走りましょう!!!

       

      DSC02038.jpg

       

      シオストお盆ライド皆勤賞!!!

       

      貴重な時間を割いてのご参加ありがとうございます!!!

       

      楽しんでもらえたのであれば嬉しいです。

       

      DSC02041.jpg

       

      TeamShiokaze 2018!!!

       

      シオストスタイルは変わらずです!!

       

      参加できなかったチーム員もいますが、一緒によく走っている人達が揃ったので良かったです。

       

      チーム員も増えてきたので、新しいジャージをそろそろ考えようかな。

       

      DSC02048.jpg

       

      最終日のライドに参加してくれたサイクリストです!!!!

       

      忙しい中、たくさんの人に集まってもらえたのは非常に嬉しかったです。

       

      ご存知だとは思いますが、シオストは車種がバラッバラです。この日もロードバイク、シクロクロスバイク、マウンテンバイクに乗ってライドを楽しみました。

       

      僕は自転車が大好きです。ロードバイクもマウンテンバイクもシクロクロスもコミューターもフィクスドギアも。

       

      色々なジャンルの自転車が集まりライドをし、サドルトークをしたり、お互いの自転車について語り合うということって案外この業界では少ないような気がしています。

      全てのライドでは実現できないことは百も承知ですが、たまにはこういったライドを企画して開催できれば良いなと思っています。

       

      本日お集まり頂いた皆様ありがとうございました。

       

      また色々なライド企画をしていこうと思っていますので、是非ご参加下さいませ。

       

      今後ともよろしくお願い致します。

       

      3日間(僕は4日間)すごい楽しかったです!!!

       

      ありがとうございました!!!

      シオストお盆ライド(古川組)ーDAY2

      2018.08.14 Tuesday

      0

        お盆の営業時間とシオストライド予定(お盆の営業日は全てシオストライドをしました)

         

        無事に最後のライドを終えることができました。またレポは後日ということで。

         

        IMG_0165.JPG

         

        どうも。

         

        ピントは全て僕のものです。

         

        シオストお盆ライド2日目のライドレポです!!!(山の日からスタートし、1日目ゴリ組のレポもよければ見て下さい)

         

        IMG_0163.JPG

         

        今日はゴリ組と同じ方向だったので途中までは一緒に走りました。

         

        古川組のライド予定は「サイクリングで川遊びライド」でしたが、、、

         

        古川「山登るのとサイクリングどっちが良い?」

         

        「山登りたいっす」

         

        じゃぁ登ってから川遊びしようということに急遽変更です。

         

        IMG_0168.JPG

         

        ヒルクライムの場所に選んだのは「神山森林公園 イルローザの森」

         

        IMG_0171.JPG

         

        めっちゃ楽しそうな写真ですね。

         

        IMG_0177.JPG

         

        川遊びライドということで川遊びの準備を全力でしてきた男です。まさかヒルクライムがあるとは思ってもなかったでしょう。

         

        IMG_0180.JPG

         

        あの楽しそうな笑顔が消えました。

         

        ただ、前日まで体調不良だったとは思えないヒルクライムを見せて頂きました。

         

        ナイスファイト!!!

         

        この後に

         

        「山のぼりたいっす」なんてことを言った僕がバカでした。(真剣な顔)

         

        とコメント頂きました。

         

        IMG_0197.JPG

         

        前から気になっていたので思い切りました。

         

        「甘い」というのが一口目の感想ですが、さらっと飲み干せたので僕的には「アリ」の認定です。(また買うかどうかは別)

         

        IMG_0194.JPG

         

        ヒルクライムも終わりあとは川遊びだけ。

         

        そんな3人を待ち受けるのは、、、、

         

        IMG_0201.JPG

         

        僕はライドをする時にほとんどルートを決めません。(もちろんある程度は決めますし、メンバーによってはきちんとそのルートで走ることもあります)

         

        思いついたところをとりあえず走るというのが僕のスタイルです。(途中で地図もほとんど見ません)

         

        ただ、流石の僕も「この道やばいかもなw」と思いながら走ってました。

         

        IMG_0202.JPG

         

        ライド的には最高に楽しくなってきた感ありますが、こちとら3人が求めているのはアドベンチャーではなく川遊びなんです。

         

        一刻も早く川に入って涼みたい!!!それだけなんです!!!

         

        IMG_0204.JPG

         

        なんでや〜!!!!!!!!

         

        IMG_0205.JPG

         

        流石の二人も呆れてましたw

         

        「無理っすわw」

         

        「この先道ないっぽいですしw」

         

        諦めて大きい道まで引き返してその通りに進みました。

         

        IMG_0206.JPG

         

        IMG_0207.JPG

         

        (Kinflok、SURLY、FELT)

         

        川に到着です。

         

        帰りの距離も短めなところを発見です。

         

        IMG_0214.JPG

         

        IMG_0217.JPG

         

        おっさんは変態風呂スタイル。

         

        若手はガチ泳ぎ。

         

        川で冷やした身体は帰りの灼熱地獄で元に戻りました。

         

        ポタリングレベルのサイクリングからの川遊びライドは失敗に終わりましたが、無事に川遊びができたので良しとして下さい。

         

        ゴリ組のライド距離や獲得標高と変わらないレベルでのライドになっていたのは笑いました。(ごめん)

         

        DAY2も楽しいライドになったのでよかったです。参加してくれた二人には感謝です。