店長のロンゲストデイライド with ロマンスクルー

2017.06.22 Thursday

0

    夏至の日。

     

    といえば去年からやっている「ロンゲストデイライド

     

    去年も天気は微妙で最後には雨で中止となりましたが、今年はもっと最悪で夏至の日だけ雨予報(100%)。

     

    その日に合わせて仕事を休んだというお客様に申し訳ないと思い、違う企画も考えました。(これがまぁまぁストレス溜まったというか僕は自転車以外で遊べないことに気づきました)

     

    今年はお店も休んでスタッフ全員でライドしようと思っていたのですが、これもんなので、来年からは店長のロンゲストデイライドにしたいと思いますし、夏至の日辺りの晴れの日にやりたいと思います。

     

    夏至の日の前日は晴れのち雨。

     

    IMG_3504.jpg

     

    本格的に梅雨入りをする前に乗っておきたかったので乗りに行ってきました。

     

    IMG_3501.jpg

     

    FBの投稿では書きましたが、初の鶴林寺です。きつかったです。なめてかかると殺されます。眉山がきついという方はやめておいた方が良いぐらいのレベルでした。

     

    この日は調子も悪く、2時間以内のライドで終了です。それからシオストで普通に営業。閉店後ぐらいから雨が降り始めます。

     

    夜も遅くなるにつれ雨と風はどんどん強くなり、明日のロンゲストデイライドが絶対に中止だと確信したので、諦めて夜更かしすることに。「アナと雪の女王」を借りて観ましたが、映画館に観に行けばよかったと激しく後悔しました。分かりやすくて、胸糞悪いのも少しだけで超ハッピーエンドなのでまだ観てない方は是非。返却までにもう一回観直したいと思います。

     

    朝はいつも通りの起床だったのですが、嫁さんから「パパ!晴れてるよ!」と起こされます。

     

    「ふぁ!?」

     

    なんて言ったらいいのでしょう。テンションが上がりすぎてと言うか嬉しすぎて変な感じになってたんでしょうね。嫁さんが明らかに呆れてたのですが、とにかく自転車乗れるやん!!!!!!と僕のテンションは振り切っていました。

     

    お客様に「日の出は逃しましたが、プチロンゲストデイライドやりましょう!!」ってすぐに連絡。

     

    「天気を見た時からこれは乗るなって予想してたから準備するわ」

     

    これぞ阿吽の呼吸。

     

    はぁぁぁ素敵やわ〜。

     

    IMG_3505.jpg

     

    今回のメンバーはロマンスクルーのお二方です。遊ぶことや楽しいことに関してのアンテナは常にビンビンです。

     

    この時点で今日のライドは最高に楽しいことが確定です。

     

    日の出から日の入りとはいきませんが、9時から19時までは走る予定。

     

    IMG_3507.jpg

     

    二人がまだ走ったことのない道を僕がチョイスしたので、今回も去年と同じく美波町を目指します。

     

    20kmぐらい走ったところで隊長からエネルギー補給の提案があり、スーパーで補給。

     

    IMG_3508.jpg

     

    基本的に僕のライドは90%ぐらいは僕が前を走るのですが、隊長はちょいちょい前を走ってくれます。後ろって本当に楽だなぁって感じます。

     

    IMG_3509.jpg

     

    今回は普通に美波町にいくのは面白くもなんともないし楽すぎるわとのことで伊座利を経由して美波町へ。

     

    ここから登りに入るのですが、シングルスピード(ギア比2.4)の短パンパイセンに引き倒してもらいます。

     

    そんなガッツを見せられるとたまりませんよね。この日は僕もアウター縛りで走りました。

     

    IMG_3510.jpg

     

    伊座利峠です。阿南方面の方にはアクセスもしやすく程よい練習になる峠だと思います。

     

    IMG_3511.jpg

     

    お水荘ヘルスピアとか懐かしすぎるわぁって思ったのですが、どんな建物だったのか、何をしに行ってたのかなど記憶に残ってませんでした。看板は綺麗なのですが、建物はありません。潰れてます。

     

    ちょっと気になったので調べましたが、かつては南四国最大のプール遊園地&スパリゾートだったお水荘とのこと。写真を見たら少し思い出しました。

     

    IMG_3513.jpg

     

    ここから登ったり下ったりで予想していた時間よりも遅れ始めます。が、楽しいのであまり気にならず。

     

    この自由さがたまりませんね。

     

    IMG_3516.jpg

     

    暑いし海でも入るwwとか言ってましたが、海を見た瞬間に「ムリっww」ってなるぐらいには大荒れでした。

     

    シオカゼストアジャージを着て潮風に当たりながらのライド。実は、自転車錆びるのでちょっとビビってました。

     

    ここからもずっと海際を走りました。

     

    IMG_3520.jpg

     

    海際とは言いましたが、ずっとこんな感じです。

     

    前日の雨と風で路面が濡れてるところ、枝が散乱しているところなどがあり楽しく走ることができました。

     

    IMG_3521.jpg

     

    お昼過ぎに美波町の道の駅に到着です。ここまでで75km。3時間が経過です。

     

    欠航してない方がおかしいぐらいには海は荒れてました。

     

    あと、この仕様で自転車乗るのが一番楽しいです。とにかくサドルバッグのPorcelain Rocket * Mr.Fusion V2が優秀で、どれだけダンシングをしても全く動かないのでストレスはゼロです。(Cieloが最高なのはいうまでもないのでやめておきます)

     

    IMG_3522.jpg

     

    IMG_3523.jpg

     

    今回のライドは本当にシオストらしい太いタイヤたちと

     

    IMG_3524.jpg

     

    同じみシングルスピードというイケイケな自転車ばかりでした。

     

    このバラバラ感でジャージを合わせてトレイン組んで走ってるのが渋かったんですよね。(自分で言うのもなんですが)

     

    IMG_3525.jpg

     

    去年は時間が早すぎて入れなかった足湯です。

     

    IMG_3527.jpg

     

    まずは足を洗います。全身洗いたいぐらいでしたが、マナーを守ってやめました。

     

    IMG_3526.jpg

     

    「熱い!!!」と感じたのもちょっとだけで最高に気持ちいいです。

     

    IMG_3528.jpg

     

    ロマンスクルーもご機嫌です。

     

    ここでグダグダしてたらいつの間にか1時間30分が経過です。そして、予報では晴れマークになった瞬間に雨。さらにグダグダしていたらランチをしていない事に気づく(本当に自由すぎた)。

     

    水曜だからなのかどこも閉まってる。美波町でご飯を食べるのであれば事前に調べておくか、コンビニしかないのかもしれません。

     

    そこでも自由さを発揮です。コンビニでランチをする事もなく、「飯のこと考えて時間潰すぐらいだったら走ろうぜ」と言う意見が。

     

    最高や。(もちろんですが、ランチをしていないだけで補給はしております。それぐらいはもうベテランですので自分の調子ぐらいは自分で把握しておられます)

     

    IMG_3531.jpg

     

    まだ雨が降ってます。ライド途中で降る雨は嫌いではないです。

     

    IMG_3532.jpg

     

    楽しそうで何よりです。(実際に楽しいのですが)

     

    ここからもペースダウンすることなく走ります。

     

    ただ、ここから山を越えて強度の高いライドをする気はもうありませんでした。

     

    「帰って温泉入って打ち上げしようぜ」に目的が変わった瞬間ですね。

     

    那賀町に入ってからも帰る為にペダルを踏みます。ペースは落ちません。

     

    IMG_3534.jpg

     

    100km近く走ったぐらいでこの気持ちの良い晴れ。

     

    ずっと晴れてたら暑いだけで嫌になるのですが、この日はすごく景色が綺麗に見えました。

     

    で、ランチを食べていないことを3人で再確認します。

     

    「腹減った」

     

    とにかくお腹が減ってきました。ただ、打ち上げがあるので、そこまではがっつりはいりません。でも「かけうどん」ぐらいは食べたい。

     

    すごいのは探していないからだけではなく、メインの道路を走っていてもご飯屋さんはほとんどありません。徳島では補給食は必ず持っておいた方が良いというのを改めて思い知りました。

     

    ずっと下り基調で市内まで帰れたので、エネルギーは切れませんでしたが、最後の追い込みを隊長が仕掛けてきたのでまぁまぁのペースで走りました。ガッツあります。

     

    IMG_3536.jpg

     

    カレーの誘惑には男は勝てないのです。

     

    カレーは最高です。

     

    IMG_3537.jpg

     

    日の入り前に温泉に到着。

     

    ここからサウナで整います。

     

    整った後は、、、、

     

    最高の1日でした。

     

    距離:141km

    獲得標高:970m

    時間:9時から19時まで(休憩含む)

    走行時間は6時間でした。

    初めての眉山。初めてのロードバイク。

    2017.06.21 Wednesday

    0

      どうも!スタッフのゴリです。

       

      先日、初めてのロードバイクを購入して頂いたお客様と常連のお客様を交えて庄町側から眉山に登ってきました。

       

      初めてのロードバイクを購入されたお客様は当然ですが、常連のお客様の中でも始めたての頃にトライして、登り始めの急勾配に断念してからは、そのキツかったイメージが強すぎるため、眉山より高い山に登れるようになっていても、それ以来トライしたことが無いという方が結構多いです。(ちなみに僕もそのタイプで、10年前に初めてロードバイクに乗り出した頃に一度トライして、くじけて以来登るのに5年かかりました。笑)

       

      徳島市内からアクセスしやすく、走れるようになると近場でヒルクライムを楽しめる眉山に苦手意識を持たれるのは、シオストの眉山マスターと言われる僕にとっては悲しい事なので、今回しっかりとペース配分をしてお客様二人に眉山をサクッと攻略して貰いました。

       

      T5plBKJHM6v1DqIrGFGTZyAJiGbeCzNNDLf5NI1ogOE-2048x2048.jpg

       

      キツいと断念したお客様(左)と実は今回のライド前に下見に来られて何回か休憩を挟んで眉山に登られていたお客様(右)のお二人ですが、一回も足をつく事なく余裕の笑顔で登りきっていました。

       

      初めての登りは誰でもキツいです。僕らでも初めて登る山はガーミンの心拍計をチェックしながら、そこそこのペースで登ります。

       

      走りなれている方は自分のペースがわかるのでいいですが、初心者の方はそのペースがわからないので、初めにオーバーペースで登ってしまい、途中で心拍が上がってしまい断念するという事が多いと思うので、できれば経験者や僕らスタッフと一緒に走るのがオススメです。(一人で走ると心が折れやすいのと、話しながら登るとキツさを忘れられるというのもあります)

       

      少し走れる範囲が広がってくるとガーミンなどのサイクルコンピューターをつけて、心拍やケイデンスを管理すればより楽に快適に走ることができるので、初心者からステップアップをしたい方はご検討ください。

       

      まだまだシオストがロードバイクというと、イメージが無いかもしれませんが、僕たちスタッフは全員乗っていますしロードバイクが大好きです。

       

      ちなみにシオストで初めてのロードバイクを購入される方にオススメしているのはFELTです。

       

      今回はじめてのロードバイクを購入して頂いたお客様もFELTのF75を選んでいただきました。

       

      今年から新しモデルのFRシリーズが発売されましたが、シオストではFシリーズがいまだに人気が高いです。

       

      僕が乗っているから、、、というのが人気の理由では無く、ジオメトリーの大きな変更も無く、クセのない乗りやすいロードバイクとして長い間発売されていたFシリーズの完成度の高さとお手頃な価格が人気の理由ですね。

       

      FシリーズとFRシリーズを比べるとF75(105モデル)とFR40(Tiagraモデル)が同じ価格なので、比べるとどうしてもFシリーズが魅力的に感じます。

       

      僕もシクロクロスのトレーニング用としてF75に乗っていますが、これといった大きな不満は感じないというところは、定評通りのクセのない乗り心地の良さだと思います。

       

      ですが長く乗ることを考えると同じ金額のFR40か、もう少し頑張ってFR30にすれば良かったかなと少し後悔もしています。

       

      理由としてはまずフォークがコラムまでフルカーボンなのと、振動吸収性が高いという二点。

       

      Fはコラムがアルミなので、FRと同じスペックで比べると重量は重たくなります。めちゃくちゃに軽量なバイクは必要無いですが、もう少し軽い方が距離を走った時に楽かなと感じます。

       

      そして一番の理由がFRの振動吸収性です。

       

      スタッフのユウスケがカーボンモデルのFRに乗っていますが、明らかに路面からくる嫌な振動が無くなったと言っていました。

       

      その話を聞いてアルミからカーボンなんでそれは当たり前でしょ、、、と僕は思いました。

       

      しかし代理店の担当営業の方からお話を伺い、自分でも色々と調べたところ、アルミモデルのFRもFシリーズと比べると明らかにその点が改良されているのです。

       

      以前タイヤ交換した時も書きましたが、僕はシクロクロスのトレーニング目的でロードに乗ることの方が多いので、ストレス無く快適に乗れる自転車が今の自分には一番合っています。

       

      振動もそうですが疲労がたまるのもストレスなので、振動吸収性が高いなら疲労もたまりにくいので、今はFRに乗りたくて仕方ありません。笑

       

      かと言って上でも書きましたが乗っている分にはF75でも大きな不満は感じないので、これからロードバイクを始める方で、はじめは予算を抑えたいけどしっかりとしたバイクに乗りたいという方には、Fシリーズはオススメです。

       

       

      店頭にも初めてのロードバイクとしてオススメのF95を在庫しております。

       

      トータル的なバイクの性能で選んでいただけるのであればFRシリーズの特にTiagraを採用したFR40がオススメです!(オススメの理由は店頭でスタッフから直接聞いてみてください)

       

      ロードバイクをご検討の方は是非スタッフまでお気軽のご相談ください。

       

      皆様のご来店お待ちしております!

      修理について長めのブログを書いてみました。

      2017.06.20 Tuesday

      0

        自転車屋の主な仕事として自転車の修理があります。

         

        自転車の修理といえばパンク修理、タイヤ・チューブ交換などを想像されると思います。修理全てを紹介してたらブログが終わらなくなるので割愛しますが、変だなと思えばご相談頂ければほとんどのことには対応できると思います。

         

        ママチャリよりもスポーツバイクに乗る人が増えてきた印象があるのですが、ママチャリ感覚で扱ってしまっている方も少なくないのではないでしょうか。

        ママチャリ感覚と言ってしまうとママチャリが頑丈というイメージが先行してしまいますが、ママチャリも雑に扱えばすぐ壊れます。スポーツバイクはそれ以上に壊れるのでそういう表現をしています。

        正直な話ですが、街で見かけるママチャリのほとんどがどこかに異常があるはずです。それでも乗れちゃうので乗っているという方やその異常に気づいていないという方が大半だと思います。

         

        パンクやタイヤ交換などは走れなくなるのですぐ分かりますよね。(それでもそのまま走っている方もいますが)それを修理するタイミングで異常個所が見つかって直せば直ることもありますが、ほとんどが完全に壊れてから(もしくは壊れる寸前)で修理を依頼されるケースが多いです。

        スポーツバイクの場合は、少しの異常でもママチャリよりも異常だと感じれることが多いのですが、走れてしまうのでそのまま壊れるまで放置という方も多いです。

         

        風邪をひいてから病院。というのと同じで壊れてから修理というのが当たり前であり、予防に対してお金を使うというのを嫌う方が多いのですが、実は壊れる前にというか異常を感じたらすぐ自転車屋というのが一番安いのではないかと思います。

        風邪をひいてから病院というか風邪をひいて拗らせたら病院タイプだった僕が、予防の為にお金を使い始めてから風邪を引かなくなり、生きている効率が非常に上がりました。治す(直す)よりも調整や点検にお金をかける方が無駄が減るのです。

         

        こんなことを書き始めるとヒートアップして終わらなくなるので、良くある修理実例をご紹介したいと思います。

         

        IMG_2575.jpg

         

        クロスバイクで非常に多いのがRD(リアディレイラー(後ろの変速機))のモゲラー。

         

        RDをぶつけてしまうことでRDハンガーが曲がり、異音がしたり変速が決まらなくなってもそのまま乗り続けることで起こる故障です。

         

        右側に自転車を転かしてしまうことで起こることが多いです。サイドスタンドがあれば非常に便利なのは百も承知ですが、僕があまりおすすめしない理由としてサイドスタンドは基本左側なので転ける時は右側に転けることが圧倒的に多くなるのです。(それさえも気をつければ防げるのですが、サイドスタンドに頼ってしまう気持ちも分からなくないです。)

         

        IMG_2595.jpg

         

        今回は完全に折れてました。当店の取り扱いブランドであれば交換用のRDハンガーは取り寄せで対応できます。

         

        人気モデルのクロスバイクについてはRDハンガーを在庫していこうと思っています。それぐらい折れてます。

         

        IMG_2596.jpg

         

        RDハンガーにRDとチェーン、シフトケーブルセットを新品に交換しました。

         

        ちなみにですが、納車時には必ずこのことについては説明しております。

         

        変だなと感じている方は是非お早めにご相談下さいませ。ハンガー修正で直る可能性もありますので。

         

        IMG_2762.jpg

         

        IMG_2765.jpg

         

        IMG_2763.jpg

         

        IMG_2766.jpg

         

        ここまでくればオーバーホールでも良いのですが、お客様的にそこまでは必要ないとのことでした。

         

        ということで、掃除点検と写真でもお分かりだと思いますが、メジャーな消耗品を全て交換という感じで修理させて頂きました。

         

        IMG_2769.jpg

         

        IMG_2770.jpg

         

        ブレーキとシフトのケーブル類とチェーン、タイヤ・チューブを交換し、掃除点検をするだけでかなり良くなりました。(他の部分も撮影したつもりですが、フォルダには無かったです)

         

        これは乗れない状態だったので修理依頼をしてもらえたのですが、完全に手遅れとはいえ修理前の写真の状態になっている個所が一つでもあるのであればお早めに修理をして下さい。

         

        ブレーキやシフトケーブルの交換目安として2年という期間があります。異常がなくても2年ぐらい乗ったスポーツバイクのケーブルを交換していないという方はまずはご相談下さい。変速(シフト)についてはケーブルが破断しても事故に繋がることは少ないかもですが、ブレーキについてはかなり問題です。平地をゆっくり走っている時ならまだしも下り坂で切れたらと思うと震えます。ブレーキに関してはケーブルだけではなく全体的に壊れると不味いので少しでも異常を感じたら自転車屋へGOです。

         

        雨の日も乗っている、一年中外で保管しているという方はそうでないという方よりも消耗が早いことが多いです。

         

        壊れてから修理よりも壊れる前に点検調整がおすすめです。

         

        自転車のことはお気軽にご相談下さいませ。

         

        皆様のご来店お待ちしております。