お客様紹介 456

2017.07.25 Tuesday

0

    IMG_2649.jpg

     

    CENTURION CROSSLINE 30 RIGIDを納車致しました。

     

    ありがとうございます!

     

    通学用としてお選び頂きました。

     

    5万円台のクロスバイクではこれが1番人気です。

     

    通学や通勤でクロスバイクをお探しの方はお気軽にご相談ください。

     

    皆様のご来店お待ちしております。

     

     

    やっぱりSURLYは2台必要だと思いました。

    2017.07.24 Monday

    0

      SURLYというブランドに出会ったことがきっかけで僕の自転車人生がより濃くなり、今でもSURLYに乗り続けているというのは何度もブログで書いてきました。

       

      僕は気に入ったら同じものばかりを購入するという癖があるのもブログで書きました。

       

      僕の愛用しているSURLY * Steamrollerは3代目。Cieloもロードシクロクロスを所有しています。

       

      これに先日ご紹介したFELTのトラックバイクが現在所有している僕の自転車達でした。

       

      通勤から趣味まで自転車を満遍なく楽しむにはあと1台が最低でも必要だと感じました。

       

      通勤、ロード、CX、トラックとくれば、、、、

       

      そうです!!!

       

      MTBです!!!

       

      で、MTBが欲しいとなったタイミングでゴリがCXが欲しいとなりまして、「これが欲しいんです」なんていうんですよね。

       

      「買ったらええやん」「買います!!」と普通はなりますよね。ところがどっこい、「カラテモンキーからハブを移植して、、、、カラテモンキーはバラすか。店長!!カラテモンキーのフレームとかパーツが諸々余ってきますよ!MTB欲しいんでしょ?マスプロ系というかゴリゴリ系はいらんでしょ?カラテモンキー好きなんでしょ!!」となりました。

       

      要約すると「僕のカラテモンキーあげるのでCXを買ってくれ」です。

       

      目をキラッキラさせながら、「本気でやりますから!!!今年は店長にも絶対に負けませんから!!!シクロクロスやらせて下さい!!!」なんていうもんですから買ってあげました。シクロクロスの結果はこちら

       

      なんだかんだで組むタイミングもなく、やっとのことで着手し始めましたが、案外パーツが揃ってなかったり使えなかったりラジバンダリ。

       

      あのクソゴリラめ。

       

      そして、実はカラテモンキーは2代目。初代はこちら(初代のフレームも実はゴリのお古で、新品のホイールセット(XT)と交換したはず)

       

      ではご紹介です。基本的にはゴリが組んでいた時とほとんど同じです。

       

      IMG_3625.jpg

       

      IMG_3626.jpg

       

      現状で見た目に不満はなしです。

       

      IMG_3627.jpg

       

      THOMSONセットです。カーボンハンドル最高です。

       

      IMG_3629.jpg

       

      EROGONのGS1です。非常に握りやすく楽チンです。GP1を使ったことがありますが、僕としてはこっちの方が好みです。

       

      IMG_3628.jpg

       

      IMG_3638.jpg

       

      旧式ですが、XTの油圧ブレーキです。Shimanoの油圧は初なのですが、何の不満もありません。新しいXTの油圧の方が圧倒的に良いとゴリちゃんが申しておりますのでいずれは新型へ交換したいと思っています。

       

      IMG_3632.jpg

       

      IMG_3633.jpg

       

      旧式のXTなのでリアは10sです。まだトレイルに入ってないので何とも言えませんが、これで不満はないと思います。

       

      IMG_3636.jpg

       

      タイヤはMAXXIS * CROSSMARK * 29×2.1です。

       

      IMG_3635.jpg

       

      リムはVelocityです。

       

      IMG_3637.jpg

       

      ハブは前後共に新しくXTにしました。それに合わせてディスクローターも新品にしております。

       

      IMG_3631.jpg

       

      シートポストはもちろんTHOMSON。サドルは久しぶりに発掘したTIOGAにしてみましたが、WTB * silverado race saddle BL specialに変更しています。

       

      IMG_3634.jpg

       

      差し色としてcrankbrothers * Candy 1 * REDを装着しました。

       

      念願のMTBが手に入ったのですが、僕の遊び方だとSURLYのKaratemonkeyが最高だと改めて思いました。

       

      この前のライドブログでカラテモンキーを組んだというのを書いてますが、オンロードではギア比が軽いのでトップギア周辺で使うことが多く、ちょっと物足りないのですが、逆に登りではローギアを使うこともなく登れるので非常に楽でした。あとはトレイルで試すのみです。(こちらにギア比設定は合わせます)

       

      29erの走破性や安定性は気持ちよいです。どこでもいけちゃう感じはシクロクロスのそれとはまた違うので、やはりMTBは必要だと思いました。

       

      何より一番思ったのはSURLYの自転車は2台必要だということです。僕はスチームローラー(シングルギア)にカラテモンキー(29erMTB)の組み合わせですが、ストラグラーやクロスチェックにカラテモンキーの組み合わせとかだともう何でもできちゃう感じです。SURLYは1台でもマルチに使えるバイクですが、2台あればより最高にマルチに使えます。

      当店のお客様でもSURLY2台持ちの方が数名いらっしゃいます。実は「SURLYって2台必要かな?」と思ったこともあります。が、実際に2台所有してみた結果、、、、「必要だな」となってしまいました。

      とにかく気軽に乗れちゃう感じとか、気負わない感じとかが最高っすね。

       

      ゴリ「ところでMTB組んでみてどうなんすか??」

       

      古川「スーパーハッピーやで」

       

      皆様のご来店お待ちしております。

       

       

       

      Strawfoot * Simple Bar Bagが入荷してます!!

      2017.07.23 Sunday

      0

        Strawfoot_Simplebarbag__camera1x1.jpg

         

        この感じ良いですね。

         

        自転車に乗りながら出し入れしたいモノってありますよね。サドルバッグの場合は自転車から降りないと取り出せないんですよね。

        フレームバッグの場合は装着するとボトルが取りにくくなったり取れなかったりすることがありますが、ハンドルバーバッグだとそれが解消されます。

         

        とはいえ、ハンドルバーバッグにもいろいろあって、タイヤに擦ってしまうものからSTIレバーでは変速がやりにくいサイズのものもあります。

         

        今回ご紹介するハンドルバーバッグは上の写真の通り、ドロップハンドルでも装着ができるサイズでございます。

         

        実はそういう類のものをほとんど持っていない僕なのですが、ハンドルバーバッグは便利だと思っており、どこのブランドのバッグにするか悩んでます。悩んでいる中でもこれがダントツで気になっているので在庫することとなりました。

         

        Strawfoot * Simple Bar Bag

         

        20170305-DSC_5787.jpg

         

        20170305-DSC_5788.jpg

         

        20170305-DSC_5783.jpg

         

        20170305-DSC_5785.jpg

         

        ストローフットが通常ではナイロン地で製造するハンドルバー・バッグを、シムワークス・リクエストの2色使いのワックスド・キャンバスにて生産していただいたコラボレーション製品です。 
        幅1インチのナイロンストラップをハンドルバーに引っ掛けるシンプルな構造です。
        横面を台形にしたその独特な形状は、ハンドルバーに吊るされたときにバッグがきれいに見えるように考えられたものです。 
        もちろんライド時のバタつきを軽減するためアウターケーブルやヘッドチューブにかけるコードも備えています。 
        容量は約1.7リットル。 
        カメラや携帯ポンプ、また手作りのお菓子などジャージのバックポケットやシートバッグには収納の難しいものを余裕を持って携行できます。


        ●サイズ
        上面:幅 : 21cm 奥行き : 5cm
        底面:幅 : 21cm 奥行き : 10cm
        高さ:11cm
        ●容量:約1.7リットル
        ●素材:ワックスドコットン

         

        価格:8800円(税抜)

         

        オンラインストアからの購入はこちら

         

        僕は、Strawfoot * Road WrapStrawfoot * Yen Walletを愛用しているのですが、ストローフットの他のアイテムも全部欲しいぐらいには気になっております。(少しずつ増やしていくほうが楽しいやん!と自分に言い聞かせながら我慢しているのは内緒の話です)

         

        IMG_3660.jpg

         

        そして、お客様が使っているのを見て更に物欲は加速します。

         

        つい先日なんですが、カスタムさせて頂いたので合わせて紹介させて頂きます。

         

        IMG_3666.jpg

         

        フォークが破損してしまったので差し替えました。カラーは同色からブラックになりましたが、これはこれで良いですね。

         

        IMG_3661.jpg

         

        IMG_3662.jpg

         

        IMG_3665.jpg

         

        ハンドル、ステム、バーテープはFIZIKで統一です。僕たちの勝手な先入観からお手頃価格帯のものはないだろうと思っていましたが、このセットは当店の取り扱いの中でもかなりお手頃価格でございます。

        ハンドルの形状も選べますし、このハンドルも握りやすかったです。ステムもこの見た目でこの価格か、、、という感じです。気になるお値段はステムとハンドルが同じ価格で4950円(税抜)です。さらにシートポストも同じ価格でありますので、セットでも揃えやすいです。これにサドルも同ブランドで合わせれば完璧でございます。

         

        IMG_3663.jpg

         

        IMG_3664.jpg

         

        このサイズ感が本当に最高だなと思うわけです。

         

        装着が簡単なのも◎ですよね。

         

        もう少し悩みたい(我慢)と思います。

         

        皆様のご来店お待ちしております。