crankbrothers Candyがモデルチェンジしました。

2018.02.21 Wednesday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    モデルチェンジしたcrankbrothers * Candyが入荷したのでご紹介します。

     

    crankbrothers * Candy 1

     

     

    クロスカントリー/オールマウンテン/マラソン用ペダル

    トレイルライドに最適なポリカーボネートボディのエントリーモデル

    ・シクロクロス、XC、トレイルライドに最適なケージ付きモデル。
    ・4面キャッチで最適な泥の排出が可能。
    ・Igusとenduro社のプレミアムベアリング仕様で高い耐久性と低フリクション。
    ・調節可能なリリースアングル。

    ●モデル:1
    ●カラー:ブラック
    ●参考重量(両側):294g
    ●ペダル本体とクリートのセット

     

    crankbrothers * Candy 2

     

     

    最も多目的なペダル。オールラウンダーのCandy。

    造形の美しい高強度アルミボディモデル

    上位グレードのデザインを受け継いで進化したバリューグレード

    ・シクロクロス、XC、トレイルライドに最適なケージ付きモデル。
    ・別売のトラクションパッドを装着可能。
    ・軽量で高強度な6061T6アルミボディ。
    ・4面キャッチで最適な泥の排出が可能。
    ・Igusとenduro社のプレミアムベアリング仕様で高い耐久性と低フリクション。
    ・調節可能なリリースアングル。


    ●モデル:2
    ●カラー:グレー
    ●参考重量(両側):355g
    ●ペダル本体とクリートのセット

     

    オンラインストアからの購入はこちら

     

     

     

     

     

    クリートをキャッチしている時はシューズと接地している面が広くて踏ん張りやすく、ガレ場や下りなどでクリートをキャッチしたくない場面でも足を乗せやすく安心感があるので以前のモデルを店長もMTBで使用しています。

     

     

    MTBだけでなくクリートをキャッチしていなくてもペダリングしやすいので、クリートキャッチに自信が付くまでシクロクロスバイクでもキャンディを使用していました。

     

    そんなスタッフも愛用しているキャンディシリーズ(1、2、3)が上位モデルと同じデザインとなりより踏みやすく進化しました。

     

    ちょうど手元に以前のモデルがあったので比べてみたいと思います。

     

    IMG_9226.jpg

     

    両方ともキャンディ1ですが並べて見比べると新しくなったキャンディ1は細部の仕上げも綺麗で、見た感じもコンポジット素材とは思えない重厚感がある仕上がりですね。

     

    お次はモデルチェンジの一番のポイントである大きくなったボディを実際に測ってみました。

     

    IMG_9229.jpg

     

    以前のモデルは約62.7ミリ。

     

    IMG_9230.jpg

     

    現行モデルは約70.2ミリと約7.5ミリほど大きなっています。

     

    IMG_9227.jpg

     

    数字で見るとあまり大きな差は感じませんが並べて見ると違いがはっきりと分かります。

     

    以前のモデルもクリートをキャッチした時は幅広い踏み面がシューズと接するので踏ん張りやすく、クリートを装着していない時でもペダリングしやすいペダルでしたが、モデルチェンジしてボディが大きなった事でさらに使い勝手が良くパワーアップしています。

     

     

    シオストで在庫したキャンディ1と2の違いは値段とボディの素材がアルミかコンポジットかの差だけで、コンポジットボディのCandy 1が7260円(税別)アルミボディのCandy 2が11530円(税別)です。

     

    トレイルライドやシクロクロスなどでライド中の転倒や岩などの障害物にヒットした時でも壊れにくいので、耐久性重視の方はアルミボディのCandy2を、初めてのビンディングペダルとしてお手頃で使いやすいペダルをお探しの方や耐久性よりは軽量なペダルをお探しの方はCandy1を選んで頂ければ良いかなと思います。

     

    ペダル交換などでお困りのことや、どれを選んだら良いか分からないという方はお気軽にスタッフまでご相談ください。

     

    皆様のご来店お待ちしております。

     

    リーズナブルプライスのダブルショットが遂にデタァァアアア!!!

    2018.02.19 Monday

    0

      待ち望んでいたので嬉しすぎてストレートなブログタイトルになってしまいました。

       

      どうも!スタッフのゴリです。

       

      通勤用の自転車に使いたかったけど値段がネックで二の足を踏んでいましたがコレで思い切れそうです。笑

       

      crankbrothers * double shot 1

       

       

      片面フラット、片面クリップのハイブリッドペダルです。

      ●スタンダードモデルより5mm長いロングスピンドルを採用し、踏み面の自由度が向上。Qファクターは57mm(スタンダードモデルは52mm)。
      ●グリップ゚力を高める成形ピンを搭載。
      ●カラー:ブラック/ブラック

       

      価格:8000円(税抜)

       

      オンラインストアからの購入はこちら

       

      フラットペダル面は踏み面が大きく、ビンディングはリリースがしやすいので、初めてのビンディングペダルやビンディングシューズでもスニーカーでもどちらでも快適に踏めるペダルのオススメとして、シオストでは一押ししていたクランクブラザーズのダブルショットペダルが、ボディの素材をアルミからコンポジットに変更することでお手頃な価格になり重量も軽くなりました。

       

      少しネックであったお値段が下がりお買い求め易くなった上に軽くなったので一押しから超一押しペダルにランクアップです。

       

      しかし軽量になりましたが、その分アルミと比べると耐久性が少し落ちるのでMTBやグラベルなどの不整地を走る方やガンガン使い倒したいという方には従来のアルミボディのcrankbrothers * double shotがオススメです。

       

      ペダルのことで分からないことがあればお気軽にスタッフまでご相談ください。

       

      皆様のご来店お待ちしております!

      TOKYOBIKE 26が再入荷しております。

      2018.02.10 Saturday

      0

        どうも!スタッフのゴリです。

         

        securedownload.jpg

         

        普段使いからちょっとしたサイクリングまで楽しめる丁度良い自転車TOKYOBIKE 26が再入荷しております。

         

        TOKYOBIKE * 26

        101232033.jpg

        アイボリー

         

        101231514.jpg

        モスグリーン

         

        86306142.jpg

        ブルーグレー(試乗車)

         

        走り出した瞬間、思わず笑みがこぼれる軽快なこぎだし。

        TOKYOBIKE26は、誰もが扱いやすいスポーツバイクです。

        使い慣れた英式バルブのチューブや、交換用タイヤの種類が豊富な26インチホイールを採用しているため、汎用性に富んでいます。

        また、加速が良く、登りも楽に登れる軽いギアから、スピードにのれるトップギアまでを幅広くカバーしたワイドギアは、シチュエーションを選ばず、どこへでも行けそうな気分にさせてくれます。

        スポーツバイクに慣れない初心者の方でも安心して楽しめる気軽さと、加速の良さを兼ね備えたバイクです。フレームカラーはセミマット仕様にリニューアルしました。

        SPEC
        フレームサイズ:S(47cm) M(53cm) L(57cm)(C-T)
        適応身長:S(150~165cm) M(165〜175cm) L(175〜185cm)
        腕・股下の長さ、適正サイズの感覚には個人差があるため、適応身長は目安となります。
        本体重量:11.4kg(Mサイズ)
        タイヤサイズ:26×1.15HE ブラック/アイボリーサイド
        チューブ: 英式バルブ
        変速:シマノ・アセラ外装8段(フロントギア42T、リア11-32T)
        フレーム・フォーク:4130フルクロモリ
        カラー:セミマット
        センタースタンド付き

        ※その他のカラーやサイズにつきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
        ※お取り寄せ可能です。

         

        今回の入荷に合わせて少しくたびれていた試乗車も新しくしてみました。

         

        サイズは全てSサイズで女性の方が乗りやすいサイズです。サドル高を調整すれば男性でも乗れてしまうので兼用で使うことも可能です。(兼用で使う場合は注意点などがあるので、詳しく知りたい方は是非店頭でご相談下さい)

         

        今は寒くて自転車に乗る気が起こりにくい季節ですが、春になると全国的に需要が高くなり人気モデルやカラーなどは完売してしまう事があるのと、僕らも少し忙しくなりご納車までにお時間を頂くことになります。

         

        これから春に向けて新生活で自転車が必要になるという方は是非この時期からご検討ください。

         

        少し自転車に興味があるぞという方は是非試乗だけでも大丈夫なのでご来店ください。(試乗される方は必ずスタッフまでお声掛けください)

         

        皆様のご来店お待ちしております。

        SimWorksのボトル各種入荷しております。

        2018.01.29 Monday

        0

          どうも!スタッフのゴリです。

           

          SimWorksのボトルをご紹介します。

           

          127470125.jpg

          Crumbs ∞ Script WaterBottle ver.2 * Turquoise

           

          127470028.jpg

          Crumbs ∞ Script WaterBottle ver.2 * Gold

           

          127465833.jpg

          Crumbs ∞ Script WaterBottle * Moss Green

           

          127463131.jpg

          PRIMITIVE ADVENTURE Water Bottle

           

          127463537.jpg

          T.A.F.U.3 WaterBottle

           

          127464488.jpg

          Lazy Parade WaterBottle

           

          ポリ臭が少なくて人気のPuristボトルを採用し、何を入れて飲んでも、命の水になるかもしれませんが、速く走るのには向いてないかもしれません。

          ●Base:Specialized "Purist" BPA Free Bottle
          ●Origin:Made in USA

           

          オンラインストアからの購入はこちら

           

          以前から各種入荷しておりましたがボトルが欲しくなる季節にご紹介するのをすっかり忘れておりました。汗

           

          IMG_7938.jpg

           

          POPな見た目からシオストに初めてご来店されたサイクリストの方からは、こんな素敵なボトルがあるんですねと驚かれる事が多いです。

           

          シムワークスのボトルに限らず最近は自転車乗りの方だけでなくトレイルランニングを楽しまれている方に購入してもらえる事が増えてきました。

           

          今日ご紹介したボトルだけで無く、僕達が吟味して揃えた癖のあるボトルを色々と在庫していますので、柄が無かったり、単色だったりの味気ないボトルに飽きてきた方は是非シオストにご来店ください。

           

          皆様のご来店お待ちしております!

          White Industries T11 hubが入荷しております!

          2018.01.27 Saturday

          0

            どうも!スタッフのゴリです。

             

            店長もKINFOLKで使用しているWhite Industriesのロード用のハブが入荷しております。

             

            White Industries T11 hub

            86420369.jpg

             

            101910130.jpg

             

            アルミ削り出しによる美しいロード用フロントハブです。

            スモールフランジで約92gと軽量です。

            見た目の美しさだけではなく、ベアリング性能や精度、耐久性も抜群です。

            ロードバイクやシクロクロスにおすすめです。

            MADE IN USA

            ※クイックレリーズは付属しません。

            ●ホール数:32H、28H
            ●エンド幅 : 100mm
            ●重量:約92g
            ●クイックレリーズ方式
            ●フロントのみ

             

            86438129.jpg

             

            101910136.jpg

             

            アルミ削り出しによる美しいロード用リアハブです。

            SHIMANO11速に対応し、付属のスペーサーを取り付ける事により、9、10速も対応します。

            ハブシェルはアルミ製、フリーボディーはチタン製となり、252gと軽量で耐久性もあります。

            見た目の美しさだけではなく、ベアリング性能や精度、耐久性も抜群です。

            ロードバイクやシクロクロスにおすすめです。

            MADE IN USA

            ※クイックレリーズは付属しません。

            ●ホール数:32H、28H
            ●オーバーロックナット寸法 : 130mm
            ●フリーボディ:SHIMANO9速〜11速
            ●重量:252g
            ●リアのみ

             

            オンラインストアからの購入はこちら

             

            重量と回転の軽さからシオストでもホワイトインダストリーズのハブは人気があります。

             

            ロードハブは以前からポリッシュの32hとブラックの28hは在庫しご紹介しておりましたが、今回新たに28hのポリッシュを在庫してみました。

             

            20170909_1726967.jpg

             

             

            店長のKINFOLKが28hのホワイトインダストリーズのハブを使用していますが、僕の32hのハブで組んだRITCHEYのホイールと比べると見た目がスッキリして少しレーシーな雰囲気になりますね。

             

            20170909_1726974.jpg

             

            見た目だけでなくスポーク数が減るので重量も軽くなります。

             

            軽さを求めて28hより減らすことはできますが、使用状況や使用者の体型によってはフレが出やすかったりするので、重量面、見た目、使い勝手を考慮して、手組みでロードホイールを組むときは28hをオススメしております。

             

            用途や予算に応じて手組みホイールは色々とご提案できますので、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

             

            ホイール組の通販もご相談頂ければ対応できますのでお気軽にお問い合わせください。

             

            皆様のご来店お待ちしております。

            人気のヘルメットの新色が入荷してます!

            2018.01.18 Thursday

            0

              当店でヘルメットといえばGIROというのが定着してきたと思います。

               

               

              そしてその中でも圧倒的に人気なのがGIRO * SAVANT。

               

              僕も通勤とシクロクロスのレースで愛用しているヘルメットです。

               

              WF(AF)(ワイドフィット(アジアンフィット))モデルというのが人気の秘訣かなと思います。

               

              欧米人と日本人では頭の形が違うというのは有名な話ですが、横に張って絶壁タイプの形が日本人には多く、欧米人に多い縦長な形のヘルメットだとかぶれないという方が多いのです。。

              僕はその横張り絶壁の典型的な形で、頭のサイズは小さいのですが、ほとんどのブランドのヘルメットがかぶれません。かっこいいと思うブランドがあってもかぶれないのです。ただそんな僕の悩みはGIROが発売したWF(AF)で全て解決したように思ったのですが、人間というのは欲深いもので、GIROのヘルメットでも最高峰のSYNTHEがかぶりたくてもかぶれないことに落胆しております。

               

              ただ、自転車で走っているとヘルメットが明らかにかぶれていない方がいらっしゃるのをたまに見かけます。多分試着せずに購入してしまったのかなと思うのですが、せっかくのかっこいいヘルメットも台無しになるぐらいかっこ悪いのと、きちんと装着できていないと安全性がかなり低くなるので絶対にやめて下さい。

               

               

              シオストジャージにはホワイトの方が相性良いですね。

               

              WFモデルの最上位モデルがこのSAVANTだった時はこのヘルメットばかり所有していましたが、GIRO * AEON WFが発売されてからはロードバイクに乗る時はGIRO * AEON WFを使用しています。

               

               

              スタッフのユウスケもアジア系の頭の形です。(ゴリだけ欧米系)ユウスケはこれとブラックを所有しております。

               

              そんなスタッフも愛用しているGIRO * SAVANTに新色が追加されました。

               

              Matte Dazzle

               

              savant2018-l5.jpg

               

              savant2018-l6.jpg

               

              Matte Blue

               

              savant2018-l3.jpg

               

              savant2018-l4.jpg

               

               

              Matte Red

               

               

               

              IMG_6791.JPG

               

              人気のSAVANTがワイドフィットとなりました。(日本人に多い幅広な頭形の方にベストフィット。通常の方にも最高の快適性を提供します。)
              SAVANTは正真正銘のレーシングスタイルを纏い、長距離でも快適な性能を備えています。
              スリムなシェープにも関わらずなんと25箇所のウインドトンネルベンチレーションが装備され、Roc Loc®5システムにて頭は常に快適にジャストフィット。軽量で、インモールドの耐久性があるオールラウンドモデルです。

              ●CPSC 安全規格取得
              ●構造:インモールド・ポリカーボネート・シェルとEPS ライナー
              ●フィットシステム:Roc Loc 5
              ●ベンチレーション:25箇所のウインドトンネル・ベンチレーションシステム
              ●重量:262g ※ Mサイズ参考値
              ●Super Fit Size: S 51-55cm, M 55-59cm, L 59-63cm


              ※ヘルメットはメーカーによって形が異なりますので、サイズで選ぶと頭の形に合わない場合がございます。ご注文を頂いてからのキャンセルはできませんのでご注意下さい。

               

              価格:14200円(税抜)

               

              Matte Dazzleは他のモデルでも採用されているのでGIROの推しカラーだと思います。実際にかっこいいです。

               

              ブルーやレッドの艶消しカラーは思った以上に渋い感じで、こんなの欲しかったという方は少なくないのではないでしょうか。

               

              ここは日本ということもあり、WFの方がかぶりやすい+価格帯もちょうどよく、見た目も良いというのが人気の理由だと思います。

               

              ヘルメットをお探しの方はお気軽にご相談下さいませ。

               

              オンラインストアからの購入はこちら

               

              皆様のご来店お待ちしております。

              GIRO * SAVIXが入荷しております。

              2017.12.23 Saturday

              0

                どうも!スタッフのゴリです。

                 

                GIROから新しく発表されたBOAクロージャーを採用したシューズが入荷しております。

                 

                GIRO * SAVIX

                IMG_6087.jpg

                 

                IMG_6090.jpg

                 

                BOAダイヤルを採用したしなやかなロードシューズ。ダイヤルを回すだけで素早く履くことができます。
                フロントにはストラップを併用することで締め付けを簡単に調整可能です。
                ロードクリートまたはSPDに対応したナイロンソールを採用。幅広いクリップレスペダルをご使用頂けます。

                ●カラー:ブラック
                ●アッパー:Boa® L6 (1mm + with macro release)、retention with lower-volume strap、Synthetic upper
                ●アウトソール:njected nylon with universal cleat mount (2- or 3-bolt)
                ●フットベッド:Die-cut insoles
                ●重量:310g (サイズ42)

                 

                ロードバイクに力を入れると決めた時からそれに合わせて、シューズやヘルメット、ウェアなどをしっかりと揃えようと決めておりましたが、シューズだけは中々決まりませんでした。

                 

                そんな時にGIROの展示会でこのシューズを見たときに店長と僕がこれだと思ったシューズです。

                 

                IMG_6088.jpg

                 

                IMG_6092.jpg

                 

                WhiteとBlackの二色を在庫して見ました。

                 

                GIROらしいシンプルで洗練されたデザインなので、どんなウェアにも合わせ易いところが僕らが気に入った1番のポイントです。(エントリーモデルの価格帯ではこのシューズが一番カッコいいと思っています)

                 

                IMG_6089.jpg

                 

                ナイロンソールで柔らかく足が疲れにくのも初めてのビンディングシューズとしてオススメのポイントです。

                 

                IMG_6091.jpg

                 

                BOAクロージャーはシューズの脱ぎ履きも楽で締め付けの具合の調整も簡単です。

                 

                IMG_6325.JPG

                 

                入荷して直ぐに以前ロードバイクを購入して頂いたお客様が早速購入して下さりました。

                 

                シューレースタイプのGIROのシューズが最高にカッコよくて、それしか在庫をしたく無かったのですが、ロードバイクをはじめられた方からすると、カッコいいから履きたいけど三万円以上するシューズはハードルが高すぎる。

                 

                もう少しお手頃でかっこいいシューズを在庫して下さいとご意見を頂き僕らの考え方がハードコアすぎたと反省しました。

                 

                そして色んなブランドからお手頃な価格帯で僕達がかっこいいと思えるシューズを探しに探した結果がGIRO Savixなのです。(探しまくって結局はGIROに落ち着きました。どうやら僕たちはGIROに対する愛が深すぎる様です。笑)

                 

                購入してくださったお客様からは履きやすく見た目もカッコ良く最高ですと嬉しいお言葉を頂いています。

                 

                ロードバイクのビンディングシューズデビューにシューズをお探しの方は是非ご検討ください。

                 

                オンラインストアからの購入はこちら

                 

                シューズは試着できますのでお気軽にご相談ください。(試着をご希望の方は必ずスタッフまでお声かけください)

                 

                皆様のご来店お待ちしております!

                 

                 

                流石の僕も限界を感じてしまった

                2017.12.05 Tuesday

                0

                  12月になり、冬らしくなってきたなと感じるようになりましたが、冬なのだからそれは当たり前であり、冬は寒いというのが基本ですね。

                   

                  僕も1つ歳を重ね、早く大人になりたいから少しでも若くありたいに気持ちが変わってくる年頃。

                   

                  シクロクロスシーズンとはいえそればかりに集中はできない弱小会社の経営者であり1児のパパ。

                   

                  ただ、C3からC4に降格するのは絶対に嫌だという気持ちが野辺山から帰ってきてからかなり強くなりました。

                   

                  今年のレース参戦は不可能であり、来年1月末のレースに全てをかけるしかないのが現実問題。

                   

                  トレーニングは大嫌いな僕がC4に降格したくない一心で決意したのが1月末までに少しでも強くなること。

                   

                  正直な話、勝ちにこだわらず、自分の限界を超えてまで頑張るということをしなければC3の残留チケットは問題なく取れると感じていますが、その為だけにレースをするのであれば糞食らえだと思っています。そんなダサいことはしたくない。

                   

                  やるなら前へ。限界突破!!

                   

                  今日からスタートしたC3残留(あわよくばC2)への道。

                   

                  起床した時の気温は4度。

                   

                  IMG_6560.JPG

                   

                  ヘルメット:GIRO * AEON WF

                  サイクルキャップ:RaphaRCC(SAN FRANCISCO)

                  サングラス:Oakley 

                  ベスト:SAS * S1-V Riding Vest

                  トップス:SAS * Long Sleeve Merino Jersey

                  インナー:PEARL iZUMi * ヒートテックセンサーロングスリーブ

                  ビブショーツ:SAS * S2-R Performance Bib Short

                  ウォーマー:SAS* S1-KW Kneewarmer

                  ソックス:CADENCE

                  シューズ:GIRO * EMPIRE SLX

                  シューズカバー:Defeet

                  グローブ:DeFeet * グローブET * Black

                  インナーグローブ:パールイズミ

                   

                  ここ最近こればかりですが、この服装でどの気温まで走れるか挑戦しようと思いました。ゴリから「シューズカバーはそろそろ必要ですね」というのを聞いていたのでシューズカバーを追加。インナーグローブもやっと追加です。

                  今日の気温なのですが、ガーミン調べだと0ー7℃でした。登り以外は寒かったです。が、まぁ走れないことはないぐらい。下りも身体が冷える前に下ればマシなぐらいでした。ただ、これが限界ですね。

                  早朝に走るのであればこの服装では寒いというのが分かったので少しレベルアップさせます。(またそれについてはブログ書きますね)

                  晴れの日中であればまだこの服装で問題なさそうですが。

                   

                  この服装であれば、この日だと少し暑いぐらいで、この日だと最高でした。

                   

                  IMG_6574.JPG

                   

                  トレーニングはしっかりと続けることが大事だとは思ってますが、色々な制限の中でどこまでできるか挑戦したいと思います。

                   

                  距離:23km

                  獲得標高:563m

                  時間:1時間10分

                   

                  インナーグローブとシューズカバーを追加したのは正解で、今日の気温だと全く寒く感じませんでしたが、、、、

                   

                  顔面が寒い。(最近のブログでもこんなこと言ってましたね

                   

                  なので次の早朝ライドではこれを追加したいと思います!!

                   

                  GIRO * SEASONAL MERION WOOL CAP

                   

                  seasonal_merino_woolcap-l1.jpg

                   

                  メリノウールで寒さから頭部を保護

                  MERINO WOOL CAPはサイクリストを支える必需品です。
                  ヘルメットの中にかぶれるデザインでかさばらず、バイクから降りた時もかぶったままでOK。視界を良くするために鍔を短めにデザインしました。

                  ●構造:ウインターオーストラリアメリノウールブレンド/X-Staticライナー/強化ブリム/折り畳み可能なイヤーフラップ
                  ●サイズ:S/M 51-57cm

                   

                  価格:6000円(税抜)

                   

                  オンラインストアからの購入はこちら

                   

                  20170214_1583475.jpg

                   

                  20170314_1603162.jpg

                   

                  僕も去年から愛用しておりまして、ジャージを着て走る時はこればかりかぶってます。

                   

                  メリノウールが最高に調子が良くて、蒸れないし暖かいし、かぶっていて気持ち良いのでかなりおすすめです。

                   

                  野辺山でもこのサイクルキャップ率はまぁまぁ高めだったような気がします。

                   

                  20171128_1779887.jpg

                   

                  試走とローラーの時

                   

                  IMG_0697.JPG

                   

                  20171128_1779889.jpg

                   

                  レース中は暑く(熱く)なるのでいやーフラップを折りたたんで普通のサイクルキャップ風に。

                   

                  IMG_0546.JPG

                   

                  快適すぎてオフの時もかぶってました。

                   

                  僕でも新しいウエアになるとどの気温まで問題なく走れるかがわからないことがあります。

                   

                  ただ、快適に走れる服装がドンピシャでわかると、夏よりも冬の方が快適に走れたりもするのです。

                   

                  寒いから冬は自転車に乗りたくないという方もいらっしゃるとは思いますが、僕は冬に自転車に乗るのが一番楽しいと思っている人間なので一緒に楽しめれば良いなと思っています。

                   

                  少しでも寒い冬に自転車に乗りたくなってもらえるように僕の経験はこのブログで全てお伝えしようと思いますので、わからないことがあればお気軽にご相談ください。

                   

                  皆様のご来店お待ちしております。

                   

                  オーガニックコットンキャンバスからナイロントップカバーへ

                  2017.12.04 Monday

                  0

                     

                    当店でも大人気のサドルである、BROOKS * CAMBIUMからALL WEATHERモデルが発売されました!!

                     

                     

                    c17aw-l1.jpg

                     

                    大きな違いはオーガニックコットンキャンバスからナイロントップカバーになったことで、防水性と高い耐久性が上がりました!

                     

                    とはいえ、オーガニックコットンキャンバスの雰囲気は絶対正義なので、モデルチェンジではなく新モデルとしての発売です。

                     

                    オーガニックコットンに関しては、ブラックとナチュラル以外のカラーとCARVED(穴あき)モデルが廃盤となり、代理店在庫限りとなります。RUSTカラーはすでに代理店在庫が完売しており、当店でもC17が残り1個だけです。

                     

                    防水性と耐久性が上がったというインパクトよりも価格が下がってオールブラックになったということのインパクトの方が大きいみたいで、それは僕も同じです。(実際に僕はオーガニックコットンキャンバスの方を使用していますが、防水性、耐久性に不満はありません)

                     

                    入荷後すぐにお客様の自転車へ装着させて頂きました。(CAMBIUM C17 ALL WEATHER)

                     

                    IMG_6296.jpg

                     

                    IMG_6297.jpg

                     

                    IMG_6298.jpg

                     

                    IMG_6299.jpg

                     

                    BROOKS * CAMBIUM ALL WEATHER

                     

                    c15aw-l4.jpg

                     

                    C15 ALL WEATHER

                    CAMBIUM C15 ALL WEATHERは、前傾姿勢を意識したナロー幅のロード・MTB向けモデル。

                     

                    ●WIDTH:140mm
                    ●LENGTH:283 mm
                    ●HIGHT:52mm
                    ●WEIGHT:450g

                     

                    c15caw-l4.jpg

                     

                    C15 CARVED ALL WEATHER

                    サドルトップに穴あき加工を施し、不快な圧迫を防ぎ、ノーマルモデルよりもしなやかな座り心地になっています。

                     

                    ●WIDTH:140mm
                    ●LENGTH:283 mm
                    ●HIGHT:52mm
                    ●WEIGHT:432g

                     

                    c17aw-l4.jpg

                     

                    C17 ALL WEATHER

                    CAMBIUM C17 ALL WEATHERは、街乗りや世界中を旅したりと、オールラウンドに使えるモデル。

                     

                    ●WIDTH:162mm
                    ●LENGTH:283 mm
                    ●HIGHT:52mm
                    ●WEIGHT:464g

                     

                     

                    c17caw-l4.jpg

                     

                    C17 CARVED ALL WEATHER

                    サドルトップに穴あき加工を施し、不快な圧迫を防ぎ、ノーマルモデルよりもしなやかな座り心地になっています。

                     

                    ●WIDTH:162mm
                    ●LENGTH:283 mm
                    ●HIGHT:52mm
                    ●WEIGHT:446g

                     

                    c19aw-l4.jpg

                     

                    C19 ALL WEATHER

                    CAMBIUM C19 ALL WEATHERは、90°付近のアップライトなポジションに対応するワイド幅モデル。
                    通勤やシティライドにぴったりです。

                     

                    ●WIDTH:184mm
                    ●LENGTH:275 mm
                    ●HIGHT:52mm
                    ●WEIGHT:490g

                     

                    c19caw-l4.jpg

                     

                    C19 CARVED ALL WEATHER

                    サドルトップに穴あき加工を施し、不快な圧迫を防ぎ、ノーマルモデルよりもしなやかな座り心地になっています。

                     

                    ●WIDTH:184mm
                    ●LENGTH:275mm
                    ●HIGHT:52mm
                    ●WEIGHT:473g

                     

                    c15aw-l2.jpg

                    c15caw-l2.jpg

                    c15aw-l5.jpgc15caw-l5.jpg

                    c15caw-l6.jpg

                    c19aw-l6.jpg

                     

                    ALL WEATHER ラインは、CAMBIUMの特徴である、硬化天然ゴムベースのハンモック効果による優れた乗り心地をそのままに、防水性と高い耐久性を発揮するナイロントップカバーを採用。
                    冬の風雨や雪、夏の日差しまであらゆる環境でも安心して使用できます。
                    新採用のファイバーグラスバックプレートには、サドルバックなどに使用できるループがあります。

                    MADE IN ITALY

                     

                    ●FRAME:Fibreglass Reinforced Nylon

                     

                    価格:12800円(税抜)

                     

                    オンラインストアからの購入はこちら

                     

                    シュッとする。

                     

                    という言葉が似合うサドルだと思います。

                     

                    シュッとしたサドルに3種類のモデルがあるのも珍しく、幅広く装着して頂けるのではないでしょうか。

                     

                     

                    オールブラックになったことで、カーボンレールモデルと同じ感じになったのも良いかなと。ただよく見てもらうと違いますし、手に持ってもらうと重さの違いに「ほほぅー」となります。

                     

                    ただ、少しシュッとしすぎる感はあるので、雰囲気大事という方はオーガニックモデルのBROOKS * CAMBIUMの方がおすすめです。

                     

                     

                     

                     

                     

                    僕も所有している自転車2台(6台中)で使用していますが、良いです。重さを見れば重いですが、快適ですし、見た目が抜群に良いので気に入ってます。

                     

                    1万円超えのサドルなのでサラッと購入するにはちょっとあれですが、悩んでいたという方は移転1周年SALEを利用してもらえたらと思います。

                     

                    皆様のご来店お待ちしております!!

                    KNOG * PWR TRAILが入荷しております。

                    2017.11.29 Wednesday

                    0

                      どうも!スタッフのゴリです。

                       

                      この前ご紹介したPWRシリーズCOMMUTERとRIDERに続いてTRAILが入荷したのでご紹介します。

                       

                      KNOG * PWR TRAIL

                       

                       

                      KNOG PWRモジュラーモデル M
                      バッテリー・ヘッド・マウントがモジュラー方式で自由に組み合わせ可能

                      待望の新シリーズ "PWR(パワー)"のモジュラータイプMサイズ。1000LUMENの大光量LEDライトヘッドと5,000mAhのパワーバンク(バッテリー)、そしてサイドマウントをセットにしたモデルです。

                      さらに、ただのハイパワーバイシクルライトであるだけでなく、パワーバンクは、スマートフォンやサイクルコンピューターなどのデバイスを充電するモバイルバッテリーとしても機能。さらに今後登場する、アウトドアグッズ(スピーカーやランタン、ヘッドトーチなど)にも使用可能。

                      モジュラー方式なので、別売のさらに大光量ヘッドライトやパワーバンクを組み合わせ、独自にカスタマイズも可能です。
                      専用PC ソフト" Mode Maker"と接続すれば、お好みの明るさとランタイムをプログラムすることもできます。

                      より広く、明るく前方を照射するために楕円形ビームのレンズパターンを採用。クリアな視界を実現。
                      ライトヘッドをひねることでオン・オフやモードチェンジが行えるツイストスイッチを採用、ライト上部には4つの赤いLEDを配置し充電量をリアルタイムで知らせるスマートバッテリーインジケーターが備わります。
                      マウントはステムの上下にスマートにマウント可能なサイドマウントが付属。ハンドル周りをすっきりとまとめられます。



                      ●ライトアウトプット:1000 Lumens
                      ●パワーバンク:5000 mAh
                      ●サイズ:128 x 35mm Ø
                      ●重量:230g
                      ●エリプティカルライトビーム:楕円形状のワイドビームで、より広く、より明るく前方を照らします。
                      ●充電デバイス:本体背面にはUSB充電プラグがあり、外出先でスマートフォンやサイクルコンピューターを充電することができます。ライトを点灯しながらの使用も可能。(雨天時は不可)
                      ●バッテリー:USB リチャージャブル リチウムイオンバッテリー
                      ●バッテリーインジケーター:ボディトップに4つのLEDを配置。リアルタイムで残量を表示します。
                      ●設定可能なプログラムモード:ライトをUSBケーブルを使用してPCに接続してModeMakerアプリをダウンロードしてライトモードをお好みに合わせて作成できます。
                      ●サーマルマネジメント:最適な性能を得るために光量を自動的に調整します。
                      ●素材:CNCマシンド アナダイズドアルミ二ウムボディ , 放熱フィン加工
                      ●付属品:Micro USB ケーブル・サイドマウント・シンバル型シム


                      ・WRは、バッテリーをシェアすることにより自転車とアウトドアプロダクツとできるように設計されたエコシステム。 バッテリーはあなたのスマートフォンなどのバッテリーを充電するバッテリーにも使用できます。

                      ・ホイール前方を広範囲に楕円状にワイドに照らすスポットビームを採用。道路端までしっかりと視認することができます。

                      ・ModeMakerアプリは、ソフトウェアをダウンロードするだけで、PCからPWRバイクライトのモードを自由に設定できます。ライトヘッドにUSBケーブルを接続し、メニューからモードを設定し調整。世界初の機能の最大の利点は、必要なランタイムを設定することで、ライト出力を最適化できることです。※現在準備中

                      ・電源ボタンの代わりに、ライトヘッドをツイストすることで、電源のON/OFFやモードチェンジが行え、手袋をしてままでも簡単、確実に使えます。

                      ・ライトヘッドを取り外すと、PWRバンクをスマートフォンやサイクルコンピューター、GOPROなどのデバイスを充電できます。1,000LUMENの点灯モードで1時間ライド後でも、iPhoneを75%充電することが可能です。
                      PWRバンクは3.5時間の充電で満充電になります。

                      ・PWRが目立ちすぎるかというとそんなことはありません。実際、マウントシステムはPWRを隠すように設計されています。世界初のサイドマウントはPWR RoadとPWR Trailのライトをステムの上または下にマウントし目立たずなじませることができ、追加のエクステンションマウントオプションで、バッテリーとヘッドを離してマウントすることができます。

                       

                      オンラインストアからの購入はこちら

                       

                      明るさに不満は全く無かったのですが、四年くらい使用しているキャットアイVOLT700のバッテリーの持ちが悪くなっており、そろそろバッテリーかライト自体を買い換えようか検討していたタイミングで、展示会でこのPWRシリーズの事を知りました。

                       

                       

                      以前からライトをステムの下にマウントしたかったのでこの写真を見て買う事を即決。

                       

                      展示会から首を長くして待つこと数ヶ月、、、ついに入荷してきたので即購入即装着!!!

                       

                      IMG_5403.jpg

                       

                      なんてこった、、、ステム下にマウントできないぞ。泣

                       

                      ワイヤーの取り回しがタイト過ぎているのが原因のようです。(僕が所有している自転車ではワイヤーの取り回しにゆとりを持たせたdoppoだけステム下にマウントできました)

                       

                      このようにワイヤー類の取り回しやステムの形状によっては、ステム下にマウントできない場合がございますのでご注意くださいませ。

                       

                      購入前に僕のライトでステム下にマウントできるか確認していただけますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

                       

                      IMG_6654.jpg

                       

                      ステム下にマウントできなくて少しというか、かなりテンションは下がりましたが使ってみると最大1000lmの明るさで二時間連続使用可能というこのライトのスペックにテンションはガチ上がり。

                       

                      ただ明るいだけでなくデフォルトで明るさは3段階切り替え可能というところも素敵です。(さらにPCに繋いでフラッシュパターンなどを変更する事が可能です)

                       

                      視力が低く夜道が苦手な僕にとって、街灯が少ない暗い道でもしっかり照らしてくれる明るいライトは必須でして、普段使いから夜のトレーニングまで、この圧倒的な明るさと照射範囲の広さで安心して自転車に乗れています。

                       

                      この明るさと照射範囲の広さなら夜でもトレイルを走れそうだから商品名にTRAILと名付けたのかな、、、多分違うだろうけど気になる。

                       

                      IMG_6106.jpg

                       

                      気になったので行ってきました。(一人では流石に無理なのでお客様誘って)

                       

                      明るいライト使ってもライトが照らさない範囲は暗くて夜のトレイルはめっちゃコワい。泣

                       

                      IMG_6147.jpg

                       

                      けど走りだすとオモロいが勝りました。これも夜のトレイルでもしっかりと楽しめる明るさのお陰ですね。

                       

                      マジでナイトトレイル最高です。外人が明るいライトをつけて走り回っている意味が分かりました。

                       

                      いつも走っているトレイルが夜に走るだけで新鮮な道に感じるし、いつも以上に低速で安全走行だったのにスリリングで楽しかったです。

                       

                      楽しかったですが夜一人で走るのは何かあった時に困るのとやっぱりコワくて無理なので、また行く時は誰かを誘って走りに行こうと思います。

                       

                      IMG_6653.jpg

                       

                      因みにこの時は別売のヘルメットマウントを使って頭の上にライトを装着しました。

                       

                      トレイルでは街灯がないので、コーナーを曲がる時などライトが自分の視線の先を照らしてくれ無いと、暗闇の中に突っ込んでいく感じでこわいのでヘルメットにライトをマウントしました。

                       

                      トレイルだけで無く街灯が少ない場所を走ったり、夜に距離を走る時にもアレばとても便利なアイテムです。

                       

                      今回ご紹介したTRAILと合わせてROADも入荷してきたのですが、ROADの方は直ぐに売れてしまい再入荷まちです。

                       

                      ROADの方は再入荷次第またご案内致します!(オンラインストアの方に詳細はアップしていますので気になる方はお先にチェックしてください!)

                       

                      IMG_6115.jpg

                       

                      (俺のMTB超かっこいいな、、、)