KONA HEI HEIをチェックワンツー!!!

2019.01.07 Monday

0

    どうも、大学生スタッフのユウスケです!

     

     

    先日のブログでMTBを購入したことを書かせて頂きました。

     

    今回は購入したKONA HEIHEI の詳細についてチェックしていきます!

     

    IMG_1662.jpg

     

    KONA HEI HEI 2018

     

    IMG_1675.jpg

     

    カラーリングが個人的にツボだったこともあり、2018年モデルにしました。

    2019モデルとの変更点はカラー(こっちもめっちゃかっこいい。)とブレーキ、サスペンションに変更があります。

     

    IMG_1665.jpg

     

    IMG_1677.jpg

     

    ハンドルとステムはコナのオリジナルパーツが付いています。

    新しい標準になりつつある、35ミリのクランプ径が採用されています。

     

    IMG_1668.jpg

     

    IMG_1667.jpg

     

    ブレーキレバーにはSRAM level T、グリップはコナの握りやすいヤツ。

     

    IMG_1666.jpg

     

    IMG_1670.jpg

     

    フロントサスペンションはRockShox Recon Gold RL soloair 120mm.

     

    ホイールサイズは29インチでございます。

     

    IMG_1673.jpg

     

    IMG_1672.jpg

     

    フロントタイヤにはマキシスのARDENTが付いています。

    高過ぎず低過ぎなブロックパターンが特徴のオールマウンテンライド向けタイヤです。

     

    IMG_1680.jpg

     

    IMG_1681.jpg

     

    リアタイヤは同じくマキシスですが、違うモデルの IKON をインストール。

    こちらは転がり抵抗の軽減を重視しています。

     

    IMG_1678.jpg

     

    サドルにはコナのロゴが入った、WTBのカッコイイのが付いてきます。

     

    IMG_1687.jpg

     

    IMG_1686.jpg

     

    手元でサドルの高さが変えられるドロッパーポストも装備です。

     

    初めてのドロッパーポストでしたが、便利すぎてヤバかったです。

    これ無しにはもう戻れない。

     

    IMG_1674.jpg

     

    IMG_1688.jpg

     

    フロントのブレーキローターは180mm リアは160mm 

     

    ブレーキにはSRAMの油圧ディスクブレーキが使われています。

     

    2019モデルからはブレーキ周りがシマノ製に変更されています。

     

    IMG_1676.jpg

     

    リアサスペンションにはRSのMonarch RLを採用。

     

    IMG_1683.jpg

     

    IMG_1684.jpg

     

    コンポーネントにはSRAM NXが使われています。

     

    チェーンリングには28tのナローワイド。フロントシングルです。

     

    IMG_1682.jpg

     

    スプロケットは11-42t が入っています。

    眉山の登りやトレイルで使いましたが、特に不満になることもなく充分カバーしてくれます。

     

    IMG_1685.jpg

     

    ペダルはお店に転がっていたものを拝借。(FIRT EYE)ごちそうさまです。

     

    IMG_1693.jpg

     

    これまでお世話になっていた店長のカラテモンキーと並べて記念撮影。

     

    クロモリのハードテイルとアルミのフルサス。いやー、どっちもカッコイイですね〜。

     

    DSC03167.jpg

     

    DSC03169.jpg

     

    まだ乗り始めたばかりですが、控えめに言って最高です。(((o(*゚▽゚*)o)))‼︎

     

     

    MTBサイッコーなので初めてみませんか?

     

    皆様のご来店お待ちしております。

     

    マウンテンバイクを買いました。

    2018.12.28 Friday

    0

      どうも、大学生スタッフのユウスケです!

       

      気がつけばもう年の瀬。本当に一瞬で過ぎた一年でした。

      自転車関係でもすごく充実した一年を送れたのかなーっと、満足しています。

       

      皆様もそうであることを願います。

       

       

      さてさて、改めましてシオストは自転車だったら何でも大好きの雑食系自転車ショップです。

       

      20171107_1765306.jpg

      IMG_4382.jpgIMG_8677.jpgIMG_0089.JPG

      IMG_0810.JPG

      IMG_7699.jpg

      IMG_8975.jpg

       

      店長もゴリさんもトラックバイクやトリック系の遊びから入り、今ではロードバイクやマウンテンバイクにも乗ります。

      ストイックにタイムを争うロードレースやシクロクロス、またまたご近所へのゆるポタなどどれも楽しんでいます。

      それに合わせて自転車を所持したりカスタムなどしています。

       

      僕もそんな二人に感化されて(毒されて?)いろいろなジャンルを楽しんでいます。

       

       

      その中でも一番頭が真っ白になるほどサイコーってなったのがマウンテンバイクです。

       

      今年の初めにゴリさんが連れて行ってくれたのが初めてだったはず。

      雪の日に眉山でトレイルを走ったりスーパー林道で遊んだり

       

      IMG_4780.jpg

       

      MTBは持っていなかったので、店先に展示している店長のSURLY karatemonkeyを毎回盗んでは走り出していました。(店長ごめんなさい。ありがとうございました。)

       

      何の不満もないMTBライフではありましたが、やっぱり自分の自転車が欲しい。どーしても欲しい。

       

       

      沸々、ムンムンしていたタイミングでシオストがKONA(コナ)の取り扱いを本格的に始めることを知らされました。

      KONAはMTBに強いブランドなだけに以前から気になっていたので、KONAにしようと自分の中ですぐに決まりました。

       

      クリスマスプレゼントを贈る相手もいないし、この一年頑張ったから自分へのご褒美という理由をこじつけて決心。

       

      IMG_1662.jpg

       

      これですっ!

       

      KONA HEIHEI 29 2018モデル.

       

      29インチタイヤ装備のフルサスペンションバイクでございます。

       

      2019モデルの発売は開始されていますが、個人的にカラーは2018モデルが好みだったので昨年モデルにしました。

       

      IMG_7890.jpg

       

      自分の自転車は勉強も兼ねて自分で組みます。

      店長&ゴリさんの手厚いサポートはもちろん付いてます。

       

      IMG_7895.jpg

       

      IMG_7908.jpg

       

      タイヤを外してホイールのフレを見ていきます。

       

      チューブレス化のためのリムテープが結構ヨレヨレだったのが印象です。

      これくらいの貼り方でも使えるのかを一度試してみたいと思います。

       

      当店にご依頼いただけましたバチバチパッツパツでリムテープを貼らせていただきますので、ご安心ください。

       

      IMG_7907.jpg

       

      店長のサポート入りまーす。

      頼れるものにしがみついていくスタイルです。ありがとうございます!

       

      IMG_7951.jpg

       

      初めてのドロッパーポストの取り付けに少し苦労しました。(ゴリさんのサポートあり)

       

      IMG_7953.jpg

       

      大学の休み時間やバイト中にも組ませてもらい完成しました。

       

      いやー、かっこいい。

       

       

      少し長くなりそうなので、各部の詳細やスペックはまた後日ブログでまとめさせて頂こうと思います。

      お付き合いありがとうございました!

       

      ピストのカスタムと、鳴門スカイライン。

      2018.10.22 Monday

      0

        JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

         

        どうも、大学生スタッフのユウスケです。

         

        愛車のカスタムしました!今回はピストのAFFINITYCYCLES LOPROです。

        最近は8月にSURLY CROSSCHECK を組んだこともあり、ちょっと出番少なめでした。

         

        しかしそんなところ、ずっと気になっていたピストのパーツを手に入れる機会があり、久しぶりにピストに手を加えることに。

         

        IMG_9723.jpg

         

        変更前を。これはこれでとってもいい感じですね〜。

        基本的にはシルバーパーツを中心に組んでいます。

         

        ORG_DSC02905.jpg

         

        ドンドンいきます。まずはステム。大好きなTHOMSON(トムソン)のX2。110mm入れました。

         

        ORG_DSC02906.jpg

         

        シートポストも合わせたいなということでこちらにもトムソンを。ロープロはシートチューブ長めなので、ロゴは隠れちゃいますがそれでも使いたくなるのがこのブランド。ゴリさんからパクって使ってます。最高!

         

        ORG_DSC02907.jpg

         

        今回のカスタムの主役です!SRAM OMUNIUMのクランク!

        チェーンリングはROTOR製にチェンジしてます。

        冒頭で書いた気になっていたパーツというのがコイツです。

        幸運にもあるお客様が要らなくなったということで格安で譲っていただきました。(ありがとうございます!)

         

        全体的にブラックパーツへ変更というカスタムになりました。なんとなく速そうでストリートな雰囲気に出来たかなと。

         

        DSC02913.jpg

         

        カスタムしたら乗る!ってことでピストライドしてきました。お久しぶりに鳴門方面へ行ってきました。

         

        DSC02915.jpg

         

        DSC02914.jpg

         

         

        ジャージも着て、ビンディングペダル&シューズに変えてしっかりめに乗ることに。

         

        DSC02930.jpg

         

        DSC02929.jpg

         

        いいですね、鳴門スカイライン。

         

        DSC02928.jpg

         

        DSC02918.jpg

         

        山に登ったらマウンテンデュー!日本語で「山のしずく」。

        身体に良くなさそうな味がします。笑

        そこが好きです。笑

         

        DSC02920.jpg

         

        DSC02923.jpg

         

        ピスト、楽しいですね。

        自分と一体になった感覚とか、ギアが無い分漕ぐしかないっていうシンプルな感じ、固定ギアの下りでのスリリングさなどなど。

        ピストの面白さを再確認できた1日でした。

         

        あまり内容のないブログになりましたが、お読みくださりありがとうございます。

        シオストはピストやシングルスピードも大好き&大得意なお店ですので、新車ご購入やカスタムに是非ご利用ください。

         

        皆様のご来店お待ちしております!

         

        NEWホイール装着してレッツトレーニング!

        2018.09.25 Tuesday

        0

          どうも!スタッフのゴリです。

           

          IMG_3088.jpg

           

          NEWホイールを組みました。

           

          IMG_3092.jpg

           

          IMG_3091.jpg

           

          ChrisKing * R45ハブ、EASTON * R90SLリム、DT SWISS * Champion 2.0mmの組み合わせで、前後28Hの六本組で組んでみました。

           

          ハブのあたり出しをするためヒルクライムも含めて軽く乗ってみましたが、今まで使用していたホイールINDUSTRY NINE * TORCH ROAD I25TLと比べて、縦の硬さはそこまで違いは感じませんが、ダンシングや加速するために踏み込んだ時に違いを感じました。

           

          IMG_3075.jpg

           

          フロントホイールは重量が増しましたがスポークがラジアルからクロスに変わりあきらからに横に対するガッシリ感が増してます。以前のホイールがユルい訳では無いのですが違いの差が大きすぎてビックリです。

           

          リアホイールは横方向とくに反ドライブ側がゆるく感じます。

           

          イーストン大好きマンなのでホイール組むならR90SLリムを使いたかったのですが、オフセット仕様が無く11速対応のロードハブで組んだ時に、左右のスポークテンション差が大きくなりすぎてヤバいというのは理解していましたが、どうしてもイーストンのリムを使いたいという思いも強かったのと、実際にオフセットなしのリムと11速用のロードハブを六本組で組むとどうなるのかも気になるので、自分用のホイールで実験感覚で組みましたが結果はやはりアウトでした。笑

           

          組む前から理解していたことですがこんなにもユルいのかとビックリしました。(頭で理解しているつもりでしたが実際に体で感じるとより理解が深まりますね)

           

          アウトと言ってもホイールとしては形にはなりますし、サイクリングや楽しくライドするレベルで普通に使う分には全く問題無いのですが、レースやヒルクライムでタイムを気にする時などのガッチガチの場面で使うかと言われれば、このままの状態では使いたく無いです。

           

          僕は体重70キロなんですが、体重が変わればまた違った意見もでるのかなと思い、以前からクリスキングハブに興味を持って頂いているお客様に試乗して頂き感想を貰うことにしました。

           

          ホイールを貸し出す時にお客様が参加している練習会に一緒に参加してみませんかとお誘いを頂いたので、喜んで参加させて頂きました。(その後に集合時間を聞いて心が折れそうになりましたが。汗)

           

          IMG_3312.jpg

           

          IMG_3316.jpg

           

          鳴門に6時に集合のため4時起きで自宅を出発し途中お客様と合流して集合場所へ向かいます。

           

          IMG_3318.jpg

           

          IMG_3319.jpg

           

          早朝ですがメンバー多い!(どうやら今回はいつも以上に大人数だったようです)

           

          はじめましてな方からお久しぶりな方まで、走れる面々に混ざって鳴門スカイラインを往復します。

           

          IMG_3320.jpg

           

          IMG_3326.jpg

           

          ペースが速い。汗

           

          一本目は早朝で体が起きていないのもあり心拍はレッドゾーン。心臓か朝ごはんが口から飛び出そうになりながらなんとか終了。

           

          二本目は体も起きてきたのか良いペースでこなせて最後はしっかりともがいて追い込むことができました。

           

          IMG_3328.jpg

           

          IMG_3331.jpg

           

          休憩を挟んで北灘方面の平坦を走るそうでしたが僕は仕事のため離脱することに。

           

          久しびりに大人数でしかも走れる方々とかけ合いながら走れたのでとても良い刺激を貰えました。普段は一人で走っているので追い込んでいるつもりでも追い込めていなかったんだなと走りの中で実感できました。

           

          練習会にお誘いしてくれたサトウさん、チーム練習に参加させて下さったUNIVERSさん、一緒に走って下さった皆さんありがとうございました。また機会があれば一緒に走らさせてください。

           

          IMG_3327.jpg

           

          体重50キロ台のお客様に使用して頂き意見を頂きました。

           

          フロントホイールの横方向へのたわみの少なさは安心感がありとても良いけど、リアホイールのたわみがとても気になるとご意見を頂きました。

           

          やはりリアホイールか、、、

           

          ハブはスピードが上がると伸びる様に転がり出す感覚とフリー機構のダイレクト感がある独特の感覚に驚かれていました。

           

          立ち上がりの加速が鈍いのは組み方の問題なので早急に組み直してまた試乗してご意見を頂こうと思います。

           

          オフセットリムなら11速用のハブでもしっかりとしたホイールを組むことができるので、手組みホイールが気になる方は是非一度シオストにご相談ください。

           

          僕の様にオフセットがないリムでもちゃんと使える手組みホイールを組める様にこれからも試行錯誤していきます。

          ロードバイクを街乗りに。

          2018.09.15 Saturday

          0

            IMG_0743.JPG

             

            どうも。

             

            スタッフのゴリではないほうです。

             

            街乗り用の自転車に憧れているというブログをつい先日書きましたが、やっぱり我慢ができなくて街乗り用の自転車を組んじゃいました。(てへぺろ)

             

            IMG_0745.JPG

             

            組んだというよりはカスタムをしたというのが正解ですね。

             

            ロードバイクとして乗っていたKinfolkのハンドル周りとシフター、サドルとペダルを交換しただけです。

             

            自転車に乗るのが速い人より上手い人になりたい僕にとって、このKinfolkのロードバイクは必要不可欠ではありましたが、ロードバイクとしてはCieloMudman(シクロクロス兼用)があるので3台もロードバイクは必要ないということになり、念願の街乗り自転車にカスタムすることにしました。

             

            RITCHEYのフレームセットが余っているのでそっちで組んでもよかったのですが、インチのスレッドステムの美しさに僕は魅了されているのでKinfolkを選びました。(リッチーはもう少し寝かします)

             

            IMG_0746.JPG

             

            ハンドルについては前のブログで書いたハンドルがベストなのですが、装着ができない(できても美しくない)ので色々と悩みました。

             

            結果としてはSyicipがデザインして作られたNITTO製のハンドルバーを選びました。(前のブログで書いたハンドルもデザインしています)

             

            IMG_0747.JPG

             

            IMG_0748.JPG

             

            SyCip Designs * J.B.Bar

             

            Material :

            CrMo Steel

            Width : 600mm / 640mm (Discontinued)
            Center Diam. : 25.4mm
            Tube Diam. : 22.2mm

             

            僕は600mmを選びました。

            この独特の形状が僕の心を射抜きました。美しい。

             

            グリップについてはロックオングリップが装着できません。悩んだ結果、シンプルであり、僕も馴染みのあるODIにしました。カットせずに押し込んで装着しているので通常よりも詰まってます(笑)それにしてもバーエンドの感じがダサくて良いですね。

            グリップについては気長に探しながら良いのがあれば交換しようと思います。(探すのも楽しみの一つです)

             

            IMG_0749.JPG

             

            IMG_0750.JPG

             

            このハンドルに合わせて選んだのがSimWorksのGettin’ Hungry Stem - Lettuceです。

             

            最高です。最高。

             

            早く装着したくて焦った結果、ハンドルのプリントが剥がれるという事件がありましたが、自分の自転車を組む時あるあるです。(お客様の自転車の時は死ぬほど慎重なのでご心配なく)

             

            IMG_0751.JPG

             

            街乗りということもあり、そんなに焦って変速することもないですし、ハンドルが自由に交換できるということからWレバーにしました。

             

            時代遅れ?なんてことはないと僕は思っています。これは失くしてはいけないモノだと思います。

             

            シオストでも8s、9s、10s用のWレバーは在庫してますので、お気軽にご相談下さいませ。

             

            IMG_0752.JPG

             

            サドルはSteamrollerと交換してBROOKS * C17 CAMBIUM * NATURALに。

             

            ロードバイクの時よりサドル高は下げてサドル角度もちょい上向きにしました。

             

            IMG_0753.JPG

             

            フラットペダルを買ったのは何年振りでしょうか。

             

            MKS * SYLVAN TOURING PEDAL * BLACKにしてみました。(一応ですが、シルバーにするかどうか2秒ぐらい悩みました)

             

            IMG_0754.JPG

             

            街乗り仕様にはしましたが、この自転車がロードバイクだったという面影を残すためにコンポーネントはそのままにしました。

            ケチった訳ではないです。僕はそういう理屈っぽいのが好きなんです。あと、誰もが想像できるような自転車を僕が組んでも面白くもないと思ったのも小さな理由でもあります。

             

            この見た目でも嫌いじゃないって方が、眠っているロードバイクを引っ張り出して街乗りカスタムをしてみようと思ってもらえたら嬉しいです。

             

            ゴリがこの自転車に難癖つけずに「いいなぁ」って言ってくれているのも僕の理屈っぽいのを理解してのことだと思います。

             

            この自転車を組んだことで、今まではジャージを着てライドをするという感じだった僕が、ゆるポタグルメライドなどを企画できる日がついにきました!!!

             

            で、早速ですが、明日のうどんライドはこの自転車で行きます!!2時間をゆっくりサイクリング(休憩多め)してお腹を減らしてから美味しいうどんを食べましょう。(もし参加者ゼロで僕1人だったら泣きながらうどん食べます。)

             

             

            ビフォー

             

            IMG_0744.JPG

             

            アフター

             

            徳島に街乗り自転車が増えますように。

             

            皆様のご来店お待ちしております。

            使い切る精神とLIZARD SKINSへの愛。

            2018.09.10 Monday

            0

              どうも。

               

              ドケチと言われたら否定はできないドケチです。

               

              自分が選んで購入したモノはできる限り使い切りたい。それが僕なりのモノに対してのリスペクトです。

               

              まずはCieloちゃんのバーテープ交換から。

               

              IMG_0618.JPG

               

              LIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPE * BLACKの旧タイプです。(ドット柄)僕は旧タイプのパターンの方が好きでした。(グレーレッドは旧タイプが1個ずつだけ在庫ありです。)

               

              IMG_0616.JPG

               

              IMG_0617.JPG

               

              ボロ&ボロです。まぁまぁ長いこと使ったと思います。(いつ交換したのか覚えてません)

               

              これは使い切ったというよりもドケチレベルですね(苦笑)ここまで酷くなる前の交換をオススメします。

               

              あと、汗が染み込んで蓄積し、ハンドルを腐食させることもありますので、ボロボロになってなくても定期的な交換をオススメしてます。夏が終わったら交換するなど。雨の日によく乗る方も気をつけた方が良いです。(腐食について

               

              IMG_0620.JPG

               

              交換しました!もちろんですが、今回もLIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPEです。

               

              1.8mmにもcamo柄が発売されたのでBlack-Camoにしてみました!(Phantom-Camo

               

              IMG_0621.JPG

               

              IMG_0622.JPG

               

              IMG_0619.JPG

               

              思った以上に好きな感じに仕上がりました。

               

              Cieloちゃんのついでではないですが、Steamrollerちゃんもボロボロになってきたところがあったので一緒にカスタムです。

               

              20180602_1885661.jpg

               

              20180602_1885662.jpg

               

              このブラウンのバーテープも自転車単体で見ると嫌いではないのですが、僕が乗っているところを見るとちょっと違う感じがしてました。

              そんなことよりもブラケットフードが汚すぎるということが問題です。

               

              IMG_0624.JPG

               

              IMG_0623.JPG

               

              思った以上にボロ&ボロでした。

               

              IMG_0625.JPG

               

              丸裸です。

               

              TRP * BRAKE LEVERはブラケットフードが別売りされているのでボロ&ボロになったら交換できますし、ブラックとガムがあるので気分転換で交換するのも楽しいです。(ブラケットフードは近日中に在庫予定です)

               

              IMG_0628.JPG

               

              ブラケットフードはブラックにしてみました。

               

              ついでにバーテープも交換です。もちろんですが、LIZARD SKINSです。

               

              初のDSP 3.2MM BAR TAPEをチョイスしてみました。分厚くなりすぎるのが嫌だという理由で敬遠してきましたが、通勤ということに関しては分厚い方が楽なのでは?という疑問があったので試すことにしました。

               

              IMG_0629.JPG

               

              IMG_0630.JPG

               

              白系はすぐに汚れそうですが、人気なのには理由がありますね。

               

              良い感じです。

               

              ついでにブレーキのアウターとインナーも新しくしました。(バーテープ交換の時は一緒にご検討下さい)

               

              IMG_0627.JPG

               

              バーテープが新品なのでちょっと浮いてますが、すぐに馴染んでくれるでしょう。

               

              クラシックっぽいカラーリングより僕はこっちの方が好きみたいです。(サドルをブラックに交換したい欲が出ているのは言うまでもありませんね

               

              という感じで、台風や雨の時を利用して、自分の自転車のカスタムをしてましたw

               

              少し交換しただけですが、通勤や火曜眉山が楽しみです。

               

               

              やっぱり我慢できなかったので、サドルをブラックに交換しました。思った通りです。

               

              20180716_1909539.jpg

               

              20180716_1909542.jpg

               

              20180716_1909543.jpg

               

              MudmanにもLIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPE * BLACKを巻いています。(2.5mmでも良かったかなとも思ってます)

               

              SteamrollerをLIZARD SKINSのバーテープに交換したことで、所有しているドロップハンドルの自転車全てがLIZARD SKINSのバーテープとなりました。(ちなみにBROOKS * CAMBIUMも5台中3台に装着されてます)

               

              LIZARD SKINSのバーテープは好き嫌いが出ると思います。僕的にはグリップの良さと握り心地がどのバーテープよりも好きなのでずっとこればかりですが、耐久性的にも満足しています。ただ、ハンドルを握る箇所だったり、グローブとの相性だったりで破れやすいということもありますので耐久性が高いとは言えません。

              まだ試したことがないという方は是非ご検討してみて下さい。

               

              僕の自転車は常にお店に置いてますので、握り心地やグリップ力などについてはぜひ握って確かめて下さい。

               

              少し悔しいのであまり書きたくはないですが、ここ最近はFIZIKのバーテープが人気です。(カリスマスタッフのゴリがオススメしているのが理由だと思います。)

               

              僕は使い切りたい精神と気に入ったモノはとことん同じモノというドケチでクソつまらない人生観を持っているのですが、自分的には満足しています。

              所有している自転車達は構成されているパーツがすごく似ているので、お客様への物欲刺激効果は薄いかもですが、それだけ僕が信頼して気に入って使っているパーツ達だと理解して頂ければと思います。

              ただ、気に入ったパーツはすぐに見つかることが少なく、かなりたくさんのパーツを試してきました。(どれだけお金を使ったことか)

               

              メーカーの説明と有名なサイクリストがしているインプレなどを参考にしても合わない時は合いませんし、それは僕が推奨しているパーツにも言えます。誰もが情報や経験、見た目の好みなどを参考にパーツを選んでいるとは思いますが、失敗もします。でも、その失敗をできる限り少なくしたいという気持ちはかなり強いです。

              そのためには僕が使ってみることや、たくさんのお客様からの意見を聞くことでその情報をお伝えすることが重要だと思っています。

              お金がかかるのでどんどん失敗して下さいとは言えませんが、気になったモノは全ての情報を無視して使うのもありだとも思っています。それが血となり肉となるはずです。

               

              全てのモノに言えることですが、最適解というのは存在しません。なので星の数ほどの商品がこの世に存在するのです。

               

              自転車は乗るだけで楽しいものであるというのは僕自身感じていますが、自分のお気に入りフレームやパーツを探していくのは面白いです。見つかれば自転車に乗るのがより楽に楽しくなるのは間違い無いですからね。

               

              カスタムのご相談はお気軽にして下さいませ。

               

              次はタイヤがSOMA * SUPPLE VITESSE EXばかりになってしまいそうな予感です。。。

               

              LIZARD SKINSについてのブログ記事はこちら

               

              皆様のご来店お待ちしております。

               

              最後に、僕がどれだけ同じ物を所有しているのかを調べてみました。

               

               

               

              スニーカーやブーツも同じブランドでしかもほとんど同じモデルで所有してます。(昔は腐る程あったスニーカーも今では4足(2足は仕事用)しかありません)

               

              ちなみに赤のオールスターはここ10年で何足も買い直してます。(潰れたら買うみたいな感じですね)

               

              あと、VANSのEraも定期的に買い直してます。

               

               

              ロードシューズもこんな感じです(笑)

               

              ヘルメットも同じモデルを色違いで持っていたり、ジャージも同じブランドばかりで、Tシャツとかキャップも同じもの多いです。サングラスも同じブランド多いです。(自転車関連のアパレルについてはブログを読んでくれている方なら僕が同じモデルの色違いばかりを持っているのは分かってもらえるはず)

               

              どれだけ同じ物を持っているのか紹介しようと思ったのですが、シューズを撮影している段階でキリがないと思ったのでやめました。

              次期社長のNEW BIKE!!!

              2018.09.06 Thursday

              0

                どうも。

                 

                次期社長の父です。

                 

                3歳の誕生日に自転車をプレゼントして1年が過ぎました。(こちら

                 

                ついこの前の話ですが、妻と娘共通の友達の家に遊びに行った時に友達が買ってもらってた自転車にすごく乗ってたと妻から聞きました。

                 

                僕がプレゼントした自転車にはほとんど乗らなかったのに、、、、しかもそれを乗ってからというもの、「あの自転車いらないから新しい自転車買って」とのこと。

                 

                ただ、僕のエゴもあってBMXを買ったのがミスだったのかなと少し反省してる面もあり、検討することに。(やっぱり娘が喜ぶ顔をパパは見たいのです)

                 

                頼りになるのは自転車の写真のみ。

                 

                ディズニーのプリンセスの自転車。

                 

                「ゴリ!!!探せ!!!!!」

                 

                ゴリ「ありました!!!」

                 

                当店でも取り扱いができる自転車でした!!!

                 

                すぐに注文。

                 

                9月で4歳なので、パパからの早めのプレゼント。

                 

                IMG_0036.JPG

                 

                プリンセス ゆめカワ 18

                 

                ●サイズ:18インチ
                ●製品寸法:W470×L1245×H830mm 
                ●適正身長:93〜116cm まで
                ●参考年齢:3歳〜8歳 

                 

                 

                IMG_0037.JPG

                 

                IMG_0038.JPG

                 

                IMG_0039.JPG

                 

                IMG_0040.JPG

                 

                IMG_0041.JPG

                 

                IMG_0043.JPG

                 

                IMG_0044.JPG

                 

                IMG_0045.JPG

                 

                IMG_0042.JPG

                 

                これは女の子なら欲しいよね。

                 

                しょうがないよね。

                 

                娘にはこっちの方が似合うとも思う。

                 

                という感じで納車も無事に終わりました。

                 

                16インチと18インチで選べますが、乗らない可能性もあるので大きめの18インチにしました。

                 

                娘の身長は105cmぐらいですが、18インチではギリギリなので、16インチがベストだと思います。

                 

                メーカーの在庫切れ中で8月中に在庫復活する予定です。

                 

                気になる価格は23000円(税抜)ぐらいです。(メーカー在庫切れのため価格が消されてます。あと、他の店舗の通販ではこれよりちょっと安いぐらい)

                 

                値引きが一切できませんが、欲しい人はご相談下さいませ。

                 

                IMG_0060.JPG

                 

                 

                喜んでくれたので良かったです。

                 

                補助輪を外せる日は来るのかな。。。。

                 

                自転車と同じ柄のヘルメットもあるので一緒に欲しい人はご相談下さい。

                 

                FELT FR3のハンドル周りをカスタムしました。

                2018.08.20 Monday

                0

                  どうも!スタッフのゴリです。

                   

                  FELT FR3に装着されているハンドルのリーチが長く、ブラケットまでの距離が遠いなと感じながらも使用していました。

                   

                  少し無理して使用していたのは、3T ERGOSUM Proのハンドル形状がカッコよく見た目が好きだったからと、富士ヒルクライムまでは乗り馴れたポジションの方が良いパフォーマンスを発揮できると思ったからです。

                   

                  富士ヒルも終わり、ポジションについて考え直した結果、ハンドルを交換することにしました。

                   

                   

                  選んだハンドルはEASTON EC70 SL ロードバーです。

                   

                  リーチは80mmで以前のハンドルより9mm短くなりました。

                   

                  たったの9mm違うだけで乗った時の楽さがビックリするくらい変わるので自転車ってホント面白い乗り物ですね。

                   

                   

                  ハンドル交換したならステムも変えておこうという流れで、EASTON EC90 SL ステムに交換。

                   

                  見た目に惚れました。カーボンの軽さはオマケと感じるくらい見た目が好きです。

                   

                   

                  見た目に惚れたという流れでジャージも買いました。Search And State Shadow Print S2-R Printed Jerseyです。

                   

                  S2-Rと同じシルエットですが、ハイストレッチ素材テクスチャー合成繊維生地が使用されています。

                   

                   

                  通常のS2-Rより生地に伸縮性がありフィット感がさらに良くなっています。

                   

                  また通気性も良く汗を沢山かいてもジャージはすぐ乾くので快適性も格段に向上しています。

                   

                  Printed Jerseyは柄によっては既に完売しているモデルもありますが、お取り寄せは可能なのでお気軽にスタッフまでお声かけください。

                   

                  通常モデルのS2-Rは店頭在庫御座いますので気になる方は是非ご来店ください!

                   

                   

                  ハンドル周りの交換するとケーブルの長さも変わるので合わせてケーブルも交換しました。

                   

                  毎度お馴染みのシマノさんでも良かったのですが、前から試してみたかったブランドのケーブルを使ってみました。

                   

                   

                   

                  それがこの日泉ケーブルです。

                   

                  メイドインジャパン。大阪のケーブル工場が作った自転車用のケーブルセットです。

                   

                  シマノ製のケーブルセットの違いですが、アウターはシマノ製と比べるとしなやかで、とくにシフトアウターがとてもしなやかです。

                   

                  少しマニアックな話になるのですが、アウターの素線がブレーキと同じく螺旋状になった、コイルタイプを採用しているのがしなやかさの理由です。

                   

                  シマノが採用しているコンジッドタイプ(縦に素線が並んだタイプ)と比べると取り回しをタイトにする事ができます。

                   

                  securedownload.jpg

                  (左がシマノ、右が日泉)

                   

                  しかしコンジッドタイプと比べると少しストロークロスが生まれる原因となるのですが、今までの素材を見直しVer3に進化したステンレスアウターケーブルはそのロスを低減する事ができています。

                   

                  実際に僕も使用して1ヶ月以上経ちますがシフトに関しては以前との変化を全く感じないレベルです。

                   

                  securedownload (1).jpgsecuredownload (2).jpg

                  (左がシマノ、右が日泉)

                   

                  インナーケーブルは通常ケーブルより素線を細くし、本数を増やす事で密度が増し強度としなやかさを出す事が出来ています。

                   

                  ケーブルはスリック加工されているので表面の凸凹を減らしているのですが、そのおかげでブレーキの引きがとても軽くなりました。

                   

                  シマノのケーブルも引きは軽かったですが、引きが軽さと滑らかさが格段にアップし、ブレーキタッチのフィーリングが良くなりブレーキ操作が楽になりました。

                   

                  お客様にもブレーキケーブルセットをお使い頂いていますが、ケーブルの取り回しがキツくても引きが軽くて良いとのご感想を頂いています。

                   

                  日泉のケーブルは性能を失わずにタイトなケーブル取り回しが可能になるので、ケーブル内装式のフレームで取り回しがキツくてお悩みの方やフレームサイズが小さい方でブレーキの引きの重さに不満がある方は是非一度お試しください。

                   

                  シマノ用だけでなくカンパニョーロ対応のケーブルセットもありますのでコンポメーカー関係なく使用できますので、カンパニョーロユーザーの方も是非お試しください。

                   

                   

                   

                   

                  ハンドル周りを交換してポジションが以前より近くなり、以前より圧倒的に楽な姿勢で乗れる様になりました。

                   

                  快適なポジション(とジャージ)が手に入り、ステムはカッコ良くなり、ケーブルルーティングもすっきりしてテンションも上がり今回のカスタムは大満足です。

                   

                  ポジションにお悩みの方から暑さにやられて自転車に乗るテンションが上がらない方まで、自転車をカスタムして問題を解決してみては如何でしょうか?

                   

                  お気軽にご相談下さいませ。

                   

                  皆様のご来店お待ちしております。

                  (祝)大学生、SURLYデビュー。

                  2018.08.09 Thursday

                  0

                    どうも、大学生スタッフのユウスケです。

                     

                    ついについに、念願だったSURLYを組むことが出来ました。(図々しいタイトルですみません。笑)

                     

                    IMG_8939.jpg

                     

                    幸運なことに、SURLY CROSS CHECKの中古フレームをシオストのお客様から譲って頂けたので、今回SURLYデビューの実現に至りました。

                     

                    まずは細部の画像をチェックです。

                     

                    IMG_8944.jpg

                     

                    IMG_8943.jpg

                     

                    ハンドルはSim WorksのGetaround Barを選んでみました。WALD * 137バスケットとのビジュアルの相性もグッドです。

                     

                    IMG_8946.jpg

                     

                    ステムスペーサーもSim Works製品を使っています。材質やブランドなど、どこかで共通点があるとまとまりのある雰囲気になる気がします。多分。

                     

                    IMG_8859.jpg

                     

                    ヘッドセットにはFAIRWEATHER headset を入れました。差し色の冒険はせずにマットシルバーで。

                     

                    IMG_8951.jpg

                     

                    サドルは店長&ゴリさんが使っていたものを使わせてもらってます。

                     

                    暫定的な感じですが、見た目は気に入っているのでこのままかもしれません。

                     

                    IMG_8947.jpg

                     

                    シートポストもハンドルやステムと同ブランドのものを。他のパーツで予算を抑えた分、この辺りは妥協無しの選択をしました。僕の中では大正解でした。

                     

                    IMG_8945.jpg

                     

                    初めてOURYのグリップを使ってみました。太めで握りやすいので、街乗りにはすごくオススメです。

                    夏らしく透け感を大事に、クリアカラーにしました。(見えるようで見えない、見えないようで見える。良い。何でもそうですよね。)

                     

                    IMG_8953.jpg

                     

                    シフトチェンジはダブルレバーで行います。ハンドル周りがすっきりするので、あまりシフトチェンジをしない乗り方にはマッチすると思います。

                     

                    IMG_8948.jpg

                     

                    IMG_8952.jpg

                     

                    Bruce Gordon * Rock’n Road Tire を履いています。43Cのブロックという未体験のタイヤに対して、ちゃんと転がるのか?なんていう要らない心配をしていたことを反省します。はっきりとしたことはまだ言えませんが、ブロックのパターンが絶妙なのだと思います。ダートやトレイルでも使ってみたい!

                     

                    IMG_8879.jpg

                     

                    IMG_8876.jpg

                     

                    IMG_8878.jpg

                     

                    変速に関してはフロントダブルのリア9速に。

                     

                    キャンプライドなどで荷物を積むことを考慮してのギア比構成にしました。大は小を兼ねる。

                     

                    IMG_8975.jpg

                     

                    いつかはSURLYに乗りたいという気持ちが爆発寸前のタイミングでの、今回のフレームを譲っていただけるという幸運なお話。ありがとうございいます。

                     

                    所有している自転車とどれだけ差別化するのかと、僕がSURLYでしたかったことを詰め込めたかなと思います。

                    まだまだ組めたばかりですが、これから楽しい思い出が増えそうな予感がビンビンしています。

                     

                    これまで以上に自信を持ってSURLYをオススメできるようになりました!SURLY最高です!

                    古川の新しい自転車です。

                    2018.07.17 Tuesday

                    0

                      IMG_7733.JPG

                       

                      どうも。

                       

                      スタッフのゴリでもユウスケでもないほうです。

                       

                      僕の新しいフレームのご紹介とシェイクダウンのブログを書きましたが、完成車のご紹介をしたいと思います。

                       

                      IMG_7721.JPG

                       

                      Spec
                      Frame:Mudman(Handmade in Kanagawa Japan) Painted by Swamp Things
                      Fork:カーボンフォーク
                      Headset:ChrisKing * NoThreadSet Tapered 1.5"
                      Stem:THOMSON * ELITE X2 STEM
                      Handle:THOMSONAL Drop Bar AERO ROAD
                      BB:Chris King * ThreadFit T47 24x
                      F/RWheel:WICKED WHEEL WORKS
                      CS:Shimano * CS-R8000 11S 11-28T(ULTEGRA)
                      Cranks:Shimano * FC-R8000 170mm 46x36T(ULTEGRA)
                      FD:Shimano * FD-R8050-F(ULTEGRA)
                      RD:Shimano * RD-R8050 SS (ULTEGRA)
                      Chain :Shimano * CN-901(DURA-ACE)
                      Saddle:FIZIK * ARIONE * Black
                      Seat Post:THOMSON * ELITE SEAT POST * SET BACK
                      Pedal :crankbrothers * eggbeater 
                      F/RTire:SOMA * SUPPLE VITESSE EX * BK/スキン
                      Grip:LIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPE
                      BRAKELEVER/SHIFTER:Shimano * ST-8070(ULTEGRA)
                      BRAKE:Shimano * BR-R8070
                      ボトルケージ:King Cage * Titanium Cage

                       

                      IMG_7737.JPG

                       

                      Di2の操作にまだ慣れませんが、フロント変速についてはこれが最強ですね。ボタン押したら変わるのは衝撃でした。

                       

                      IMG_7738.JPG

                       

                      ちょっと浮気もしましたが、バーテープはLizradSkinsが1番大好きです。

                       

                      厚みは1.8mmが好みですね。

                       

                      IMG_7739.JPG

                       

                      IMG_7751.JPG

                       

                      油圧ですが、Di2となるとここまでブラケットは小さくなります。

                       

                      油圧ディスクを選択するならDi2にすると決めてました。(機械式だとブラケットが大きいから見た目が好きではないのが理由です)

                       

                      IMG_7740.JPG

                       

                      IMG_7744.JPG

                       

                      ハンドルとステムは大好きなTHOMSONで。

                       

                      アルミのハンドルが発売されてから気になってしょうがなかったのでやっと使える日がきました。

                       

                      ドロップがちょっと深いかな?と思ってましたが、下ハンドルを握った感じも問題なしなので最高です。

                       

                      IMG_7748.JPG

                       

                      ガーミンマウントとジャンクションAマウントはレックマウントにしました。

                       

                      ガーミンを装着した感じは純正よりもカチッとしてました。

                       

                      IMG_7746.JPG

                       

                      IMG_7754.JPG

                       

                      ヘッドセットはフレーム紹介の時にも書きましたが、ChrisKing一択です。最近は他にも色々と発売されましたが、僕は一生これで良い。

                       

                      37148418_1741719112610950_1688738311373324288_n.jpg

                       

                      37140693_1741719025944292_4348368432572399616_n.jpg

                       

                      ケーブルの取り回しを変えました。ただ、ダンシングの時に膝に当たるのが、、、簡単に交換できないのが油圧のデメリットです。

                       

                      IMG_7761.JPG

                       

                      12mmスルーアクスルということでDT SWISSのスキュアーをインストール。

                       

                      CieloちゃんはQRなのですが、DT SWISSのQRにしようと考えてます。

                       

                      IMG_7735.JPG

                       

                      男は黙ってチタン。

                       

                      前から欲しくて在庫していたKingCageのチタンケージをついに使う時がきました。

                       

                      軽いとかそういうのはどうでもよくて、「チタン」というのだけで所有欲が爆発した一品です。

                       

                      IMG_7762.JPG

                       

                      IMG_7804.JPG

                       

                      ブレーキは油圧ディスクブレーキ。もちろんフラットマウントです。

                       

                      ブリーディングも難しくなく、時間もかからないです。どんどん進化していますね。さすがシマノです。

                       

                      キャリパーブレーキが使えない身体になりつつあります。

                       

                      IMG_7792.JPG

                       

                      IMG_7799.JPG

                       

                      IMG_7791.JPG

                       

                      初のDi2(電動コンポーネント)ですが、正直な話、「Di2って必要?こんなのいる?」とずっと思っていました。

                       

                      レースメカニックからするとかなり作業効率が上がるし、トラブルも減りそうなので良いとは思いますが、僕みたいなファンサイクリストには必要ないと普通は思うじゃないですか。

                       

                      組んでいる時も、Di2は必要ありませんというブログをどうやって書いてやろうか考えまくっていました。

                       

                      撤回します。

                       

                      Di2が全てのサイクリストに絶対に必要です!!!なんてことは言いません。

                       

                      必要か不必要かでいうと、不必要だと思います。

                       

                      ただ、新しいテクノロジーに興味がある人、予算的に余裕な人はぜひ導入を考えてみてください。

                       

                      控えめに言っても「最高」です。

                       

                      まさか自分がこうなるとは思いもしなかったです。

                       

                      ピッってボタンを押すだけで変速するのがどれほど楽か。特にフロントはヤヴァイ。

                       

                      IMG_7807.JPG

                       

                      ボトムブラケットはもちろんChrisKingです。

                       

                      IMG_7803.JPG

                       

                      ペダルはCieloのクロスレーサー時代から愛用しているクランクブラザーズを。

                       

                      ボディがスチールのモデル(下位グレード)も通勤で使っていますが、レースでの使用やちょっとでもカチッと走りたいのであればこのステンレスボディの方が良いと思います。

                      僕の感覚ですがカッチリ感が全然違います。

                       

                      IMG_7768.JPG

                       

                      IMG_7776.JPGFI

                       

                      サドルはCieloで愛用してきたFIZIKのアリオネを移植しました。(CieloはNEWサドルでご機嫌です

                       

                      シートポストはTHOMSONのセットバックで。(ステムとシートポストのブランドは絶対に揃えます)

                       

                      実は、THOMSONのブラックを使うのは今回が初めてです。(今まではシルバーばかりを使ってました)

                       

                      IMG_7766.JPG

                       

                      IMG_7765.JPG

                       

                      ホイールはWICKED WHEEL WORKSのディスクモデルを。取り扱いできますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。

                       

                      タイヤは僕が使うということでほとんどのサイズを在庫したSOMA * SUPPLE VITESSE EXです。

                       

                      オンロードでは空気圧をMAXで走ってみましたが、転がりは気持ち良いです。プニプニしてる感じなのですが、そこまで柔らかいという感じではなく、しっかりと走れました。グリップ力はかなりあると思います。次は空気圧を抜いてグラベルで走ってみようと思います。

                      この感触であれば、23cをロードバイクに装着してみるのもありかなと思います。どのサイズでもおすすめできると確信に変わったのでゴリ押しされる可能性がございます。ご注意下さいませ。

                       

                      言うべきか迷いましたが、見た目は最高です。

                       

                      IMG_7818.JPG

                       

                      このシートステーが1番注目されているポイントです。空気をある程度抜かないとホイールは外れません。かなり攻めてもらいました。最高ですね。

                       

                      IMG_7828.JPG

                       

                      なんでもできちゃう自転車に仕上がりました。

                       

                      これ1台あればなんでもできると思います。

                       

                      が、僕はこれ1台だけにすることはありません。

                       

                      現在5台の自転車を所有していますが、3台がハンドメイドクロモリバイク、2台がSURLYです。

                       

                      どれも満遍なく乗れるようにしたいと思います。

                       

                      紹介はこれぐらいで、是非一緒に走りにいきましょう。もちろん乗って下さい。

                       

                      皆様のご来店お待ちしております。