俺の城通信 Vol15

2019.01.19 Saturday

0

    新年あけましておめでとうございます。

     

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    僕が書く今年一発目のブログはロマンスライド!といきたかった処ですが、己が負傷してしまった為に一昨年に続き去年も泣く泣くライドは中止。今年こそはロマンスライドしたいなと思いますがそれはまた年末考えます。

     

    そんな訳で今年の一発の目のブログは俺の城通信いきますよ!今回はロードバイクのプチオーバーホール作業です。

     

    IMG_3614.jpg

     

    お客様はレースに参加したり日々のライドでしっかりと乗られている方で、ちょっとした事はご自身でメンテナンスされています。

     

    冬になりロードレースオフシーズンの間に普段のメンテナンスではできない箇所などを綺麗にしておきたいという事でご依頼頂きました。

     

     

     

    以前からブログでも書いていますがMTBは別としてオーバーホールの大半は掃除が占めております。

     

    ホイールやフレームなどのベアリングなど普段は掃除しにくい箇所までバラして掃除してからグリスアップすることから始まり、フレームやリムなどにこびりついた汚れもしっかりと落としていきます。

     

    IMG_3620.jpg

     

    IMG_3625.jpg

     

    頑張って磨きました。綺麗になると気持が良いですね。

     

    IMG_3617.jpg

     

    今回のオーバーホール中に発見した箇所で一番ダメージが深刻だったのがヘッド周り。黒く汚れた箇所はグリスにホコリや汗などが混ざってできた汚れです。

     

    汚れは拭き取れば綺麗になりましたが、ヘッドベアリングは内部まで汚れが侵入してしまいサビとガタが発生していました。

     

    ヘッド周り特に上ワンは構造上、汗や汚れが入り込みやすいです。

     

    ローラー台などでトレーニングされている方は汗の落ちる箇所が一定になるので特に注意して頂いた方が良いです。ローラーをする時はハンドルにタオルをかけるなどの対策をするだけでかなり違ってきますので、何もしていないという方は是非参考にしてください。

     

    ローラー台でのトレーニングだけでなく雨の日に乗ってしまった場合もできれば一度外して掃除とグリスアップをして頂くとベアリングの寿命が長くなります。

     

    こういったシチュエーションで乗られる方やハードにトレーニングをされる方はヘッドセット周りだけでも定期的に点検する事をオススメします。

     

    今回は掃除とグリスアップでとりあえず使えるレベルになりましたが、断続的に使用するには不安が残るので早めに交換する事をご提案させて頂き、後日ヘッドセットを交換する事になりました。

     

    DSC03147.jpg

     

    BBにクリスキングを使用しているので折角ならヘッドセットもということでChris King DropSet 3お選び頂きました。

     

    DSC03180.jpg

     

    DSC03174.jpg

     

    オーバーホールをご依頼頂いた時にはまだデリバリーが始まっておらず入荷するまで少しお時間を頂きましたが無事交換完了し、スムースな動きと今までの他社製品には無かった美しいアルマイトカラーでドレスアップされたヘッド周りに生まれ変わりました。

     

    インテグラルヘッドセットが主流の現代においてクリスキングからインテグラル対応のヘッドセットが発売される事を心待ちにしていた方は多いのでは無いでしょうか?

     

    クリスキング社の考えにより長らく販売することが無かったインテグラルヘッドセットが遂に発売されました。

     

    多くのロードバイク、MTBに適合するサイズが発売されましたのでずっと待ってた!という方は是非ご相談ください。

     

    IMG_3626.jpg

     

    シフトワイヤーもご覧の状態だったのでブレーキも合わせてケーブルセットを交換。

     

    IMG_3629.jpg

     

    お選び頂いたのはNISSENケーブル!以前ブログでも書きましたが僕一押しのケーブルセットです。

     

    ワイヤーの取り回しをタイトにしても引きが重たくならない。某テフロンコーティングインナーと違って表面のコーティングが脱皮しない。カラーが豊富(クリアカラーもあり!)などオススメポイントは沢山あります。

     

    IMG_9756.jpg

     

    IMG_9757.jpg

     

    お客様は既にシクロクロスバイクでニッセンケーブルを使用して頂いており、その良さを実感して頂けているので今回の作業をご依頼頂いた時にケーブルはニッセンでとご指定を頂きました。

     

    ケーブルが交換時期の方は是非ご検討ください。詳しくはスタッフまでご相談ください。

     

    IMG_9753.jpg

     

    綺麗になりました。普段から掃除を欠かさずして下さっているので軽く磨き上げだけで随分と綺麗になりました。

     

    各部もしっかりと点検させて頂いたので今年一年もガッツリ乗り込んで下さいね!

     

    スポーツバイクは各部の掃除とグリスアップ、消耗品の交換を定期的にするだけで、安全にそして故障なく長い期間乗って頂く事ができますので、是非定期的なオーバーホールをご検討下さい。

     

    オーバーホールなどのご依頼はお気軽にスタッフまでご相談ください。

     

    皆様のご来店お待ちしております!

    お客様紹介 569

    2019.01.14 Monday

    0

      IMG_2179.JPG

       

      FUJI * RAIZを納車致しました。

       

      ありがとうございます。

       

      通学用としてお選び頂きました。新年度からの通学に使用されるとのことですが、それまでに慣らしておくということで早めのご購入となりました。

       

      3月から4月になると自転車屋は繁忙期となり、納車時期が遅れたり在庫が少なくなったりする可能性が高まります。現状では4月頃まで入荷がない自転車もありますが、この時期から予約を募っており、繁忙期には予約完売となる自転車もございます。

      早めのご決断を!!!と脅すつもりはございませんが、自転車屋が暇とされる1月や2月ぐらいに自転車の相談をして、欲しいモデルがあれば注文をしておくというのも一つだと思います。あとは、お待たせすることなくご相談をお受けできると思います。

      繁忙期になったからといって自転車のご説明が雑になることはありませんが、その分だけお待ち頂く可能性も高いのは事実です。

      新生活、新学期などで自転車の購入をご検討されている方は、購入(注文)はしなくても2月ぐらいまでに自転車のご相談をしておくと良いかもしれません。

       

      自転車のご相談はお気軽にして下さいませ。

       

      皆様のご来店お待ちしております。

       

      IMG_2180.JPG

       

      特にこのFUJIはメーカー在庫がすぐになくなってしまうことが多いということもあり、当店でも在庫をするようにしています。

       

      FUJI * RAIZについて詳しくはこちら

       

       

      お客様紹介 568

      2019.01.13 Sunday

      0

        IMG_2177.JPG

         

        GT * STOMPER PRIME 24を納車致しました。

         

        ありがとうございます。

         

        24インチホイールを採用した子供向けのMTBです。

         

        ご紹介が遅くなりましたが、クリスマスプレゼントということでご注文頂きました。

         

        ギリギリでクリスマスに間に合ったので良かったです。

         

        子供車のご相談はお気軽にして下さいませ。

         

        皆様のご来店お待ちしております。

         

        IMG_2178.JPG

         

        ●適応身長130-145cm

         

        特徴

        ・軽量なアルミ製フレーム

        ・サスペンションフォーク(可動量は50mm)

        ・シマノ レボ ツイストシフター(グリップと一体化したシフターは、握ったままひねるだけで変速操作が可能)

        ・大人用のMTBに使われるVブレーキを採用。

        ・シマノ製変速機

        ・細かいブロック状の突起を刻んだ特別なMTBタイヤを装備。

        ・軽量アルミパーツを多用。

         

        価格:37800円(税抜)

        お客様紹介 567

        2019.01.12 Saturday

        0

          IMG_2020.jpg

           

          FELT * Verza Speed 40を納車致しました。

           

          ありがとうございます。

           

          自転車通勤でクロスバイクを探されており、色々とお話させて頂いた結果、このモデルとなりました。

           

          2018モデルから継続されているこのVerzaSpeedですが、2018年は当店のおすすめクロスバイクランキング1位でした。

          2019モデルになってからはより梱包が綺麗になっており、さらに好感がもてるようになりました。

           

          2019モデルではFUJIをおすすめしようと在庫しておりますが、このVerzaSpeedがおすすめなことに変わりはありません。

          FUJIのクロスバイクも同じぐらい良いので見た目の好みやスタッフの意見を参考にお選び頂ければと思います。

           

          IMG_2017.JPG

           

          カラーは少ないですが、ディスクブレーキを搭載したこのVerzaSpeed40か、カラー豊富でさらにお求めやすい価格帯のVerzaSpeed50でお選び頂けますので、詳しくはスタッフに聞いて下さいませ。

           

          IMG_2018.JPG

           

          この仕様で59800円(税抜)はコスパ高いと思います。

           

          クロスバイクをお探しの方はお気軽にご相談下さいませ。

           

          皆様のご来店お待ちしております。

          お客様紹介 566

          2019.01.11 Friday

          0

            IMG_2069.JPG

             

            GT * TRAFFIC COMPを納車致しました。

             

            ありがとうございます。

             

            自転車通勤を始めたいとのことで、クロスバイクを探しておられました。

             

            カラーはグリーン系が良いとのことだったので、ご予算のことも踏まえてこのTRAFFIC COMPをご提案したところ即決して頂きました。

             

            クロスバイクの良し悪しはブランドやモデルによってございますが、スペックやコスパだけを重視するのではなく、見た目の好みも重要だと僕は思っています。

             

            クロスバイクのスペックの良さやコスパの良さというのは分かりにくいものです。なので、コスパやスペックの良さ、組み付けた時の感触などをできる限りお客様にはお伝えするようにしています。ただし、僕たちのおすすめが絶対とは限りません。

            道具として考えるのであれば、見た目の好みを無視してシオストおすすめのクロスバイクを乗るのが良いかもしれませんが、そうじゃないという方は見た目が好みなモデルをお選びして頂くのが良いのかなと考えています。

             

            クロスバイクをお探しの方はお気軽にご相談下さいませ。

             

            皆様のご来店お待ちしております。

             

            IMG_1240.jpg

             

            GT * TRAFFIC COMP

             

            価格:53800円(税抜)

             

            IMG_1242.jpg

             

            IMG_1243.jpg

             

            IMG_1246.jpg

             

            IMG_1244.jpg

             

            IMG_1247.jpg

             

            IMG_1253.jpg

             

            IMG_1252.jpg

             

            IMG_1250.jpg

             

            IMG_1251.jpg

             

            IMG_1249.jpg

             

            IMG_1248.jpg

             

            ターコイズとチューブレス

            2018.12.24 Monday

            0

              どうも。

               

              スタッフのゴリではないほうです。

               

              僕の大好きなクリスキングのカラーがどんどんマットになってます。

               

              今回はアルマイトのターコイズとマンゴーがマットに変わるということで廃盤色となりました。

               

              今日はそんな廃盤色となったアルマイトのターコイズカラーのハブを使ってホイール組みをしたというブログです。

               

              お客様は少し諦めた感じでターコイズのハブを探しているとのことでした。

               

              実際にどこを探しても在庫がない状況だったのですが、最後のオーダーのタイミングで手に入れることができました。あと少しご来店が遅くなっていれば手にいれれなかったかもしれません。

               

              IMG_1767.JPG

               

              IMG_1785.JPG

               

              ChrisKing、VeloCity、PhilWoodというアメリカ三種盛りです。

               

              IMG_1764.JPG

               

              IMG_1782.JPG

               

              ChrisKingハブです。クリスキングといえばアルマイトのターコイズというイメージがなぜか僕は強いです。

               

              本当に美しい。

               

              廃盤になるのは非常に残念ですが、また復活することを祈りたいと思います。

               

              IMG_1765.JPG

               

              リムは僕も愛用しているVeloCityのA23です。

               

              IMG_1766.JPG

               

              IMG_1783.JPG

               

              スポークはPhilWoodです!ブラックにするかシルバーにするかで悩みましたが、ハブの感じでシルバーに決まりました!

               

              IMG_1797.JPG

               

              タイヤも装着しました!!

               

              IMG_1786.JPG

               

              タイヤはIRC * FORMULA PRO TUBELESS Lightです。

               

              チューブはなしです。

               

              チューブレスです!!!

               

              ゴリはチューブレスみたいな最先端なことが大好きでなおかつレーサーなのでチューブレスの装着は何度も経験してますが、恥ずかしながら僕はこれが初でした。

               

              IMG_1788.JPG

               

              リムテープはチューブレス専用を使います。

               

              当店ではSTANSを在庫してます。

               

              これで前後2周ずつは巻けます。

               

              IMG_1787.JPG

               

              空気が入らないように丁寧に貼ります。

               

              IMG_1789.JPG

               

              チューブレス専用のバルブです。

               

               

              最後にシーラントをいれてコンプレッサーで一気に空気を入れて完了です。

               

              初だったので少しドキドキしながら作業をしましたが、楽勝でした。

               

              ただ、かなり手こずっているのも見ているので今回はラッキーだっただけかもしれません。

               

              チューブレスタイヤに関してはゴリがブログを書いてます。(ロードバイクをチューブレス化

               

              このホイールセットを組んで頂いたお客様はビスポークフレームをオーダーしているみたいなので完成形が楽しみです。完成したら乗ってきてくれるそうなのでまたブログでご紹介すると思います。

               

              ホイール組やチューブレス化のご相談はお気軽にして下さいませ。

               

              皆様のご来店お待ちしております!!

              ハブダイナモとかレフティハブでホイール組!

              2018.12.21 Friday

              0

                どうも。

                 

                スタッフのゴリではないほうです。

                 

                シオストでホイール組担当といえば僕です。

                 

                基本的にホイールはほとんど僕が組んでいます。(ゴリとかユウスケに組んでもらいたい場合は指名して頂ければと思います)

                 

                当店では完組ホイールよりも手組ホイールの方がご要望が多いです。

                 

                ホイールの性能だけではなく、見た目だったり組み方だったりカラーだったりを指定できるのは手組ホイールの強みです。スポークが折れた場合などでもすぐに交換ができるというのも良いところですね。(当店ではスポークカッターを導入しているので基本的にはすぐにご対応できます)

                 

                今回はレフティハブやダイナモハブを使ってホイールを組ませて頂きました。

                 

                レフティハブのホイール組みは県外からのご要望が多く、キャノンデールのフーリガンのホイール組み替えが1番多いです。

                 

                以前に書いたブログを見たということでご依頼を受けることが多いです。

                 

                IMG_1542.JPG

                 

                以前のブログでも書きましたが、レフティハブでホイールを組むためのツールを購入してます。

                 

                IMG_1543.JPG

                 

                IMG_1517.JPG

                 

                リアも一緒に組み替えしました。

                 

                小径車のホイール組みで圧倒的に人気なのがこのH PLUS SON * SUPER LITE 20inch(451) 32H * MATT BLACKです。

                 

                現在は代理店にも在庫がなく、再入荷は2019年の2月頃になりそうです。

                 

                IMG_1549.JPG

                 

                IMG_1548.JPG

                 

                ホイールを組むだけではなく、タイヤやCSなどを装着してご発送させて頂きました。

                 

                ありがとうございました。

                 

                お次はダイナモハブを使ってのホイール組です。

                 

                IMG_1899.JPG

                 

                SCHMIDTS SON28 DISCです。(当店では2回目の登場)カラーはポリッシュです。

                 

                ダイナモハブとしてはこのブランドが今のところ最高かなと思っています。(在庫していこうか悩んでます)

                 

                IMG_1900.JPG

                 

                ギラッギラなホイールが完成です。

                 

                IMG_1908.JPG

                 

                リムはVelo CityのAtlasです。

                 

                IMG_1909.JPG

                 

                リアホイールも組みました!!

                 

                フロントと違ってハブがブラックになるだけでギラツキが少し軽減します。

                 

                IMG_1907.JPG

                 

                リアハブはシマノのXTです。間違いないです。

                 

                お次もダイナモハブです。

                 

                IMG_2081.JPG

                 

                IMG_2082.JPG

                 

                シマノのXTグレードのダイナモハブです。当店では初です。(ゴリがずっと気になっていたやつです。)

                 

                IMG_2083.JPG

                 

                IMG_2088.JPG

                 

                IMG_2084.JPG

                 

                リムは26インチのVeloCity A23です。

                 

                IMG_2086.JPG

                 

                リアハブはシマノのXTです。間違いないです。(本日2回目)

                 

                IMG_2087.JPG

                 

                良い感じで組めました。

                 

                最後はシングルハブを使ってのホイール組です!

                 

                IMG_1913.JPG

                 

                オールブラックで組みました。

                 

                IMG_1910.JPG

                 

                IMG_1911.JPG

                 

                SURLYのシングルハブなのですが、DISCでFIXEDです。(ディスクブレーキで固定ギア)

                 

                漢気というか、かっこいいっすね。当店でも初です。

                 

                IMG_1912.JPG

                 

                リムはALEX RIMのDM24です。

                 

                今回のブログでご紹介した全てのホイールのスポークはDT SWISSです。

                 

                レフティだったりダイナモハブだったりディスクで固定のハブだったりと面白いホイール組が続きました。

                 

                僕は完組ホイールをほとんど使ったことがないのですが、ホイールにコスパを求めることもないですし、そこまでレーサーでもないので手組ホイールで満足しています。

                 

                手組ホイールに興味がある方はお気軽にご相談下さいませ。

                 

                皆様のご来店お待ちしております。

                 

                 

                お客様紹介 565

                2018.12.16 Sunday

                0

                  IMG_0924.jpg

                   

                  tokyobike * TOKYOBIKE jrを納車致しました。

                   

                  ありがとうございます。

                   

                  先日は大学生スタッフのユウスケがこの自転車についてブログを書いてくれました。

                   

                  当店で人気急上昇中の子供車です。

                   

                  店頭に在庫ができていないので、在庫をしていこうと思います。

                   

                  子供車をお探しの方はお気軽にご相談下さいませ。

                   

                  皆様のご来店お待ちしております。

                  お客様紹介 564

                  2018.12.15 Saturday

                  0

                    IMG_1936.JPG

                     

                    Cinelli * EXPERIENCE * シオストオリジナル完成車を納車致しました。

                    ありがとうございます!!

                     

                    詳しくはこちら

                     

                    久しぶりのシオストオリジナル完成車ということもあり、たくさんの方からご相談を頂いてきましたが、サイズ問題で嫁ぐことができませんでした。。。

                     

                    やっと、サイズバッチリのオーナー様の所に嫁ぐことができました。

                     

                    Cinelliがずっと欲しかったというオーナー様。僕の書いたSURLYブログのせいでSURLYと少し悩まれましたが、Cinelli愛が勝ちました。

                     

                    自転車を楽しんで下さいませ!!!

                     

                    実はCinelliのフレームセットが1本だけ入荷してます。(詳しくはまたブログにて)

                     

                    入荷したフレームセットは今回ご紹介したEXPERIENCEの2019モデルです。

                     

                    フレーム販売用として吊るしておくか、またシオストオリジナル完成車として組むかで悩んでます。

                     

                    Cinelliのお取り寄せは可能ですのでお気軽にご相談下さいませ。

                     

                    皆様のご来店お待ちしております。

                    ロードバイクをチューブレス化

                    2018.12.14 Friday

                    0

                      どうも!スタッフのゴリです。

                       

                       

                      僕のFELT FR3に装着しているIndustryNineのホイールですがチューブレスに対応しています。

                       

                      今まではチューブを入れて使用していましたがタイヤ交換を交換するついでにチューブレス化することにしました。

                       

                      IMG_1187.jpg

                       

                      チューブレスという位なのでタイヤの中にチューブが無く空気だけになります。そのため専用のタイヤ、ホイール (リム)とバルブにリムのタイプによってはリムテープが必要となります。

                       

                      インダストリーナインのホイールは従来通りのリムと一緒のためニップルを入れる穴があるので、専用のリムテープで空気が漏れないように穴を塞ぐ必要があります。

                       

                       

                      シオストではチューブレス化では定番のStan’s NoTubesのリムテープを使用しています。

                       

                      このリムテープを使えばFELT FRシリーズのエントリーモデルFR60から全てのモデルに装着されている純正ホイールでもチューブレス化する事ができます。

                       

                      僕の様にホイールを交換しなくても、タイヤ交換ついでにチューブレス化して自転車のグレードアップが可能なので、是非ご検討ください。

                       

                      IMG_1217.jpg

                       

                      IMG_1204.jpg

                       

                      ブラックのタイヤに変えただけですが見た目が引きしまり以前よりシュッとした感じになりましたね。

                       

                      ブラックとオレンジの切り返しもハッキリとしていい感じでやなと勝手に自画自賛しております。

                       

                      IMG_5462.jpg

                       

                      交換してさっそく水曜日のロングライドに出かけてきました。

                       

                      前日に降った雨の影響で路面は少し濡れておりせっかくのファーストライドでパンクのリスクが高くちょっとビビっていました。

                       

                      160kmほど走りましたがパンクもせずに無事帰宅できました。

                       

                      チューブが入っていないので、タイヤのエアー量も増え濡れた路面でもタイヤはグリップしてくれ不安なく下れました。

                       

                      チューブが無くなった分軽量になり少しこぎが軽く感じた様な気がしますが、シュワルベの極厚チューブが入っていないから、軽くなってる!という思い込みからのプラシーボ効果かもしれませんが。笑

                       

                      乗り心地は極厚チューブが無い分良くなっています。(これはプラシーボじゃ無いですよ!)

                       

                      今まで使用していたコルサも乗り心地は良く不満はなかったですが、さらに路面からの突き上げはマイルドになり快適性が増しました。

                       

                      チューブが無くなりリム打ちパンクの心配をしなくて良くなったので、いつもより空気圧を1気圧下げて前後6Barで走ってみましたがさらに快適度が増しました。

                       

                      空気圧を抜いたので転がりが悪くなるかなと思いましたが、20kmほどの距離を走っただけでは特に変化は感じれませんでした。

                       

                      これからは以前より走る場所やライドの目的に応じて空気圧を調整して走ってみようと思います。

                       

                      ここまでは良いことばかり書きましたがデメリットも当然あります。

                       

                      先ずは導入コストが高いこと。冒頭でも書きましたがチューブレスタイヤの他に専用のリムテープやバルブ、シーラントなどが必要になってきます。

                       

                      タイヤの値段もクリンチャータイヤと比べると少し高くなります。

                       

                      今回僕が使用したPanaracer * RACE A(all around) EVO3  TUBELESSも7860円(税別)とクリンチャーのPanaracer * RACE A(all around) EVO3と比べると2450円(税別)高くなります。

                       

                      そして滅多にパンクをしないのですが、その分パンクをした時に修理が面倒なのがネックです。

                       

                      気密性を高めるためにクリンチャータイヤと比べてタイヤの脱着が硬く少しコツが必要なのと、突き刺しパンク対策にシーラントを入れている場合そのシーラントがかなり厄介です。

                       

                      シーラントが手やホイールにつくと滑りやすくなり作業がとても面倒になり鬱陶しいです。

                       

                      なのでそんな時のために僕はサドルバッグの中にこれを入れておくことにしました。

                       

                      securedodswnload.jpg


                      BAMBOO CYCKE WIPES!一枚105円(税込) ※おしぼりです。

                       

                      このおしぼりでシーラントで汚れた手やホイールなどをさっとふくことで作業もしやすくなり後片付けも楽になります。

                       

                      パンクはしたくは無いですいずれはすると思うので、先に対策を打っておけばある程度デメリットもカバーすることができます。(パンクした時以外でも何かと使えるので3枚ほど常時サドルバッグの中に入れています)

                       

                      導入するにあたり以上の点がご検討して頂く大きなポイントになるかなと思います。(僕も以上の点で悩みました)

                       

                      導入コストに関しては以前使用していたvittoria * CORSAと比べても大きな差が無く、サイクリングやトレーニング関係無くライド中はしっかりグリップしてくれ、転がりが軽く走り心地が良い性能が良いタイヤをガンガン使う派なので、金額面はそこまで気になりませんでした。

                       

                      パンクするのは嫌ですが、シクロクロスのレースでチューブレスがパンクした時の経験から対応策も立てたので、修理することに対する不安は解消しています。

                       

                      乗り心地や転がりの軽さの良さを求めるなら軽量なブチルチューブやラテックスチューブなどもありますが今回のチューブレスタイヤに限らずどんな商品にも必ずメリットとデメリットがあります。

                       

                      ざっくりとした説明になりますが、軽量ブチルチューブは乗り心地も良く低コストで導入できますが、チューブ圧が薄いのでグラベルなどを走るとパンクしやすいです。

                       

                      ラテックスは乗り心地と転がりも良くパンクもしにくいですが、ブチルチューブと比べて値段が高くなるのと、ラテックスの性質上空気抜けが早いので乗るたびに空気を入れないといけません。また夏場の保管場所に気をつけないと熱でパンクしてしまいます。

                       

                      導入するに辺り改善したい点とそれと引き換えにかかる点(お金やメンテナンスなど)両方を検討して頂き、ベストな選択をしていただけるように、お手伝いさせて頂きますので、より商品の事を詳しく知りたい方はスタッフまでお気軽にご相談ください。

                       

                      皆様のご来店お待ちしております!