BOMB TRACK * ARISE 2が入荷してます!!!

2018.05.19 Saturday

0

    BOMB TRACK 2018モデルは、入荷予定がどんどん延びてましたが、やっと入荷してきました!!!

     

    BOMB TRACKはドイツのブランドなのですが、シオストが推してるFELTやCENTURIONもドイツブランドという共通点があります。

     

    アメリカブランドが好きだからと言ってヨーロッパブランドが嫌いなんてことはありません。

     

    というより自転車が好きなので国は関係ないというのが最良の答えですが。

     

    当店に入荷したのは、ボムトラックに最初からあるモデルであるARISEです。

     

    そのARISEが2になって進化しました。

     

    BOMB TRACK * ARISE 2

     

    IMG_5605.JPG

     

    METALLIC GOLD * S(適応身長165-175cm)

     

    IMG_5653.JPG

     

    BLACK * XS(適応身長160-170cm)

     

    Ariseは、Bombtrackにとって最初のモデルの内のひとつで、それ以来、そのカテゴリの中でも常に大きな注目を集めてきました。年を追うごとに、常にその基本的な『マルチパーパス』という個性を維持しながら、それぞれがそれぞれの方向性へより仕立てられた子孫たちを育んてきました。 
    Ariseは、拡張性を持ち合わせ、多彩なカスタマイズにも対応するシンプルなスチール製シングルスピードバイクです。

    Arise 2はこの数年で急激にその認知度を高め、今や成熟に達し、日々の通勤や移動から週末のアドベンチャーまでもその能力を発揮するのです。 

    私たちオリジナルのインヴェストメントキャストによるフォーククラウン、スライディングドロップアウト、そして650Bタイアにも対応するなど、このクラスでは間違いなく最も多彩な用途に対応するバイクでしょう。 

    熱処理されたフロントトライアングルと、テーパードチューブのシート・チェーンステイを備えたダブルバテッドチューブのフレームをベースにするArise 2は、みなさんが思い描くどんなことにも順応する確かなベースバイクです。 

    たっぷりとしたタイアクリアランスとディスクブレーキのセットアップによって、太めの650Bタイアにも容易に対応します。
    また、1xドライブへの換装がさらに容易になる11速対応のナローワイドチェーンリングを標準で装備しています。 

     

    シオスト的に要約すると

    シオスト大好物なスチール製シングルスピードバイク

    ・認知度を高めながらもフィードバックをきちんと受け止めながら進化した

    ・アドベンチャーライドはもちろん、日々の通勤や移動に適している

    ・変速に交換できるだけではなく、650Bにも対応している

    ・ディスクブレーキ

    11速対応のナローワイドチェーンリングが標準で装備(これについては後ほど詳しく書きます)

     

    bt-frame_geometry.png

     

    [フレームジオメトリ]
    ・サイズ:
    XS
    ・トップチューブ (mm):516
    ・シートアングル (˚):73
    ・ヘッドチューブ (mm):85
    ・ヘッドアングル (˚):69.5
    ・シートチューブ (C-T, mm):480
    ・BBドロップ (mm):65
    ・チェーンステイ (mm):419
    ・フォークオフセット (mm):45
    ・トレイル (mm):81.3
    ・ホイールベース (mm):988
    ・スタンドオーバー (mm):746
    ・リーチ (mm):360
    ・スタック (mm):511
    ・ステム (mm):90
    ・BB:BSA - 68
    ・クランクアーム (mm):170
    ・シートポスト径 (mm):27.2

     

    [フレームジオメトリ]
    ・サイズ:
    S
    ・トップチューブ (mm):534
    ・シートアングル (˚):73
    ・ヘッドチューブ (mm):108
    ・ヘッドアングル (˚):70.5
    ・シートチューブ (C-T, mm):510
    ・BBドロップ (mm):65
    ・チェーンステイ (mm):419
    ・フォークオフセット (mm):45
    ・トレイル (mm):74.8
    ・ホイールベース (mm):998
    ・スタンドオーバー (mm):774
    ・リーチ (mm):370
    ・スタック (mm):536
    ・ステム (mm):90
    ・BB:BSA - 68
    ・クランクアーム (mm):170
    ・シートポスト径 (mm):27.2

     

    bt-handlebar_geometry.png

     

    [ハンドルバージオメトリ]
    ・サイズ:
    XS
    ・ワイズ (mm, Drop C-C):420
    ・リーチ (mm):75
    ・フレア (˚):10˚
    ・ドロップ (mm):116


    [ハンドルバージオメトリ]
    ・サイズ:
    S
    ・ワイズ (mm, Drop C-C):420
    ・リーチ (mm):75
    ・フレア (˚):10˚
    ・ドロップ (mm):116

     

    IMG_5606.JPG

     

    IMG_5607.JPG

     

    IMG_5608.JPG

     

    IMG_5609.JPG

     

    IMG_5613.JPG

     

    IMG_5615.JPG

     

    IMG_5617.JPG

     

    IMG_5618.JPG

     

    IMG_5622.JPG

     

    IMG_5623.JPG

     

    IMG_5624.JPG

     

    IMG_5627.JPG

     

    IMG_5631.JPG

     

    IMG_5633.JPG

     

    IMG_5636.JPG

     

    IMG_5638.JPG

     

    IMG_5642.JPG

     

    IMG_5644.JPG

     

    IMG_5646.JPG

     

    IMG_5647.JPG

     

    IMG_5656.JPG

     

    IMG_5662.JPG

     

    IMG_5664.JPG

     

    IMG_5665.JPG

     

    IMG_5639.JPG

     

    11速対応のナローワイドチェーンリングが標準で装備されてますが、去年モデルまでは厚歯のチェーンリングが装備されていました。

     

     

    2017モデルを1×10で組ませてもらいましたが、チェーンリングを薄歯に交換し、チェーンキーパーを装備しました。2018モデルからはこの手間がなくなるということです。

     

    変速レバーにはGEVENALLE * CX1を使っていますが、今月末ぐらいには入荷予定です。その時にゴリが詳しく書いてくれると思いますので今日はこれぐらいで。

     

    変速に交換はできますが、シングルでも十分に楽しめる1台となっているのは間違い無いです。

     

    価格は、135000円(税抜)ですが、組んだ感想は割安感です。

     

    クオリティは高いです。

     

    ぜひ実物を見にきて下さいませ。

     

    オンラインストアからの購入はこちら

     

    皆様のご来店お待ちしております。

    SURLY * CROSS-CHECK * Gloss Black * 52cm(完成車)

    2018.02.25 Sunday

    0

      SURLY * CROSS-CHECKといえば、SURLYの中では1番人気モデルであり、シオストでもそれは同じであります。

       

      そんなSURLY * CROSS-CHECKのフレーム/フォークセットが入荷していますと言うブログを書きました。

       

      その時に気づいたのですが、、、

       

      完成車の紹介をしていない!!!

       

      そんなバカな!!と思いながら過去の記事を探しても全く見当たりません。

       

      スタッフ達のせいにしようと思いましたが、どう考えても僕の責任です。ゴリに「完成車の写真だけ撮影お願いします」とだけ指示しました。

       

      指示した日から2週間が過ぎました。

       

      ゴリが写真撮影をしていなかった!!!といいたいところですが、指示したすぐ後に撮影してたみたいです。

       

      今回も僕の責任です。

       

      という感じで遅くなりましたがご紹介です!!!

       

      SURLY * CROSS-CHECK * Gloss Black * 52cm(完成車)

       

      IMG_8695.JPG

       

      下記は本国ホームページからの引用です。

      なんでもできちゃうバイクなんてないけど、Cross-Checkは結構いい線いってるんだ。デザイン的にはシクロクロスバイクだけど、できることは1つなんて考えないで。このよろず屋なら、地元をクルーズするように、国中を駆け巡れるんだ。舗装路、オフロード、砂利道でも、Cross-Checkにはデカいタイヤも細いタイヤもなんでも合う。ギア付き、シングルスピード、固定ギアとして組み立てられるんだ。

      Cross-Checkのフレームは、抜群の乗り心地で元気いっぱいなライディングが楽しめるぞ。チュービングはCroMolyスチール製、高品質な専用設計で僕たちの仕様に合わせて組み立てられているんだ。人気サイズのコンポーネントが使えるようにデザインされている。つまりこのフレームには新しいパーツも古いパーツも吊り下げることができるんだ。さまざまなクランクタイプ、チェーンリングサイズに対応するよ。タイヤとの間に十分な隙間があるから、用途に合わせてラックやフェンダー(フロント&リア)を装備することができる。

      Cross-Checkが何年も人気なのにはそれなりの訳がある。快適、かなり頑丈、それに使い勝手がすごく良いからね。Cross-Checkを長く愛用している人に言わせると、これはとにかく万能さ。

      ●カラー:グロスブラック
      ●サイズ:52cm(適応身長 170-180cm)

      ※店頭販売のみです。
      ※店頭在庫あります。
      ※その他のカラーやサイズにつきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
      ※写真はサイズ:52cmです。

       

      IMG_8696.JPG

       

      ●フレームセット
      ・フレーム:Surly Cross-Check、Surly 4130 CroMoly スチール。メイントライアングル ダブルバテッド。TIG溶接
      ・フォーク:Surly Cross-Check、4130 CroMoly、ラグド&直付スローピングクラウン (ねじ込みアイレット付き)、テーパード&バテッド湾曲ブレード (ミッドブレード ラックアイレット、デュアル ドロップアウト アイレット付き)
      ・シートポストクランプ:Surly ステンレス、30.0mm

      ●ドライブトレイン
      ・クランクセット:Shimano CX50、36/46t
      ・ボトムブラケット:Shimano 
      ・フロントディレーラー:Shimano Tiagra 4600
      ・リアディレーラー:Shimano Deore T610-SGS
      ・コグまたはカセット:Shimano CS-HG50-10、11-32、10 変速
      ・チェーン:KMC X10

      ●コンポーネント
      ・ヘッドセット:Cane Creek カスタム 5
      ・ブレーキ:Tektro M730 V ブレーキ
      ・ブレーキレバー:Tektro RL520
      ・シフトレバー:Microshift BS-M10、バーエンド シフトレバー
      ・ステム:HL 31.8
      ・ハンドルバー:サルサ カウベル 3
      ・サドル:WTB Volt Sport、レール鋼
      ・シートポスト:Kalloy 342 オフセット (52–64cm) 27.2 x 300mm

      ●ホイール
      ・フロントハブ:Shimano Deore T610、32h、100mm、ブラック、クイックリリーススキュワー付き
      ・リアハブ:Shimano Deore T610、32h、135mm、ブラック、クイックリリーススキュワー付き
      ・リム:Alex Adventurer 2
      ・スポーク:DT Swiss Champion、14g
      ・タイヤ:Surly Knard、700c x 41mm、27 tpi

      ステム長:100mm
      ステム角度:7°
      ハンドルバー幅:420mm
      クランク長:170mm

       

      ジオメトリー(サイズ:52cm)
      シートチューブ長(センタートップ):520.0
      トップチューブ長(センター-センター):545.1
      実質トップチューブ長(センター-センター):547.1
      ヘッドチューブ角度:72.0
      シートチューブ角度:73.5
      BB ドロップ:66.0
      チェーンステイ長:425.0
      ホイールベース:1005.9
      スタンドオーバーハイト:794.4
      ヘッドチューブ長:91.0
      フォーク長:400.0
      フォーク オフセット:44.0
      スタック:528.0
      リーチ:389.7
      *スタンドオーバーは、約Ø717mmのタイヤ (Surly 700x41 Knard) を履かせて、トップチューブ中央上部から測定

       

      価格:165000円(税別)

       

      よくあるご質問で、クロスチェックの完成車とフレーム/フォークセットから組むのではどっちがお得ですか?というのがありますが、この仕様で問題がないなら完成車で良いと思います。

       

      完成車のパーツアッセンブルが少し変更になっているので、シオスト的には以前のモデルよりよくなったと思っているのが理由です。

       

      完成車でご納車した時のご紹介でも書いてますが、良くなったと思うパーツをご説明。
       

      IMG_8701.JPG

       

      まずハンドルがSALSA CYCLES COWBELL 3に変更されました。

       

      12度外側に開く形状なので下ハンドルが握りやすく、ブラケットも少し内側に寝てくれるので手がそえやすくなっています。

       

      IMG_8698.JPG

       

      今回のアップデートでシオスト的に一番嬉しかったことは、クランクがSHIMANO製のモノに変更されたことです。

       

      これで変速の決まりも良くなり、消耗部品も手に入りやすくなりました。

       

      IMG_8699.JPG

       

      サドルはWTB * VOLTに変更され座り心地も全体的な見た目も良くなりました。

       

      クランクがShimanoになったことで、変速性能も品質も上がってます。組み付けの時に調整がかなり楽になりました。もちろんボトムブラケットもShimanoなので消耗してもすぐに手に入りますし、比較的に安価です。(Shimanoはコスパ最強です)

       

      お客様からの要望にはほとんどお答えできるであろうクロスチェック。中途半端と言われることもありますが、万能型だと捉えて欲しいのは僕だけではないと思います。

       

      20万円ぐらいの予算で、1台しか自転車が所有できないという条件であれば、僕はクロスチェックを選ぶと思います。

       

      少しお値段は上がりましたが、アップグレードされての値上がりは良いと思っています。

       

      他のサイズもお取り寄せ可能です。

       

      自転車をご検討中の方はお気軽にご相談下さい。

       

      皆様のご来店お待ちしております。

       

       

       

      SURLY * CROSS-CHECKのフレームセットが入荷してます。

      2018.02.09 Friday

      0

        このブログを書いてる途中(終わりかけ)で一度消えました。下書き保存をしていない僕が悪いのですが、まぁまぁ時間をかけて書いたので凹みました。

         

        という事で書き直しています。

         

        SURLYの中で一番人気といえばCROSS-CHECKで間違いないと思います。(お店によっては違う可能性はありますが)

         

        当店でもSteamrollerが追い上げを見せましたが、CROSS-CHECKにはまだまだ追いつけそうにありません。

         

        そんなクロスチェックの完成車も在庫をしているのですが、すでにブログにて紹介しているという僕の記憶は勘違いだったようでフレームセットの方が先に紹介される事になりました。

        早急に完成車も紹介できるようにします。

         

        ではご紹介!!

         

        SURLY * CROSS-CHECK * Gloss Black * 52cm

         

        7516762816_IMG_1117.JPG

         

        7516762816_IMG_1118.JPG

         

        7516762816_IMG_1126.JPG

         

        ●サイズ:52cm(適応身長 170-180cm)

         

        詳しくはこちら

         

        SURLY * CROSS-CHECK * Mule Mug * 50cm

         

        7516762816_IMG_1131.JPG

         

        7516762816_IMG_1136.JPG

         

        7516762816_IMG_1141.JPG

         

        7516762816_IMG_1145.JPG

         

        7516762816_IMG_1148.JPG

         

        ●サイズ:50cm(適応身長 165-175cm

         

        詳しくはこちら

         

        下記は本国ホームページからの引用です。

        なんでもできちゃうバイクなんてないけど、Cross-Checkは結構いい線いってるんだ。デザイン的にはシクロクロスバイクだけど、できることは1つなんて考えないで。このよろず屋なら、地元をクルーズするように、国中を駆け巡れるんだ。舗装路、オフロード、砂利道でも、Cross-Checkにはデカいタイヤも細いタイヤもなんでも合う。ギア付き、シングルスピード、固定ギアとして組み立てられるんだ。

        Cross-Checkのフレームは、抜群の乗り心地で元気いっぱいなライディングが楽しめるぞ。チュービングはCroMolyスチール製、高品質な専用設計で僕たちの仕様に合わせて組み立てられているんだ。人気サイズのコンポーネントが使えるようにデザインされている。つまりこのフレームには新しいパーツも古いパーツも吊り下げることができるんだ。さまざまなクランクタイプ、チェーンリングサイズに対応するよ。タイヤとの間に十分な隙間があるから、用途に合わせてラックやフェンダー(フロント&リア)を装備することができる。

        Cross-Checkが何年も人気なのにはそれなりの訳がある。快適、かなり頑丈、それに使い勝手がすごく良いからね。Cross-Checkを長く愛用している人に言わせると、これはとにかく万能さ。

         

        SPEC :
        ・シートポスト径:27.2mm(シートクランプ径30.0mm)
        ・フロントエンド幅:100mm
        ・リアエンド幅:132.5mm(ハブは130mmと135mmのどちらでも使用できます。)
        ・ヘッド:1-1/8"アヘッド
        ・BB規格:JIS
        ・ホイールサイズ:650B
        ・素材:Surly 4130 CroMoly スチール。メイン トライアングル ダブルバテッド。TIG溶接。EDコーティング
        ・フロントディレイラー クランプ:直径28.6mm
        ・ブレーキ:カンチorVブレーキ
        ・タイヤ クリアランス:最大700c x 42mm

         

        価格:68000円(税抜)

         

        オンラインストアからの購入はこちら

         

        SURLY * CROSS-CHECKのブログ記事はこちら

         

        なぜクロスチェックが人気なのかは今までのブログでも書いてきましたが、とにかく万能であり、詰め込みたいわがままのほとんどが叶う可能性が高いという事だと思います。

        ロードっぽく、シクロクロスで、コミューターで組みたいや、キャリアが欲しい、カゴが欲しいなどなど好きなように付け足したり取り外したりができるというのは1台しか自転車が所有できない人にとっては旨味だと思います。

        僕としては、セカンドバイクとしてもかなり優秀だと考えており、エッジが効いたバイク(ロードバイクやMTBなど)1台だと何かと不便だったりするもので、万能型の自転車があると自転車でできる幅がかなり広がります。

        自転車をライフスタイルとして定着させたいという方には万能な1台は必要になってくるのではないでしょうか。

        僕自身もSURLYを2台所有していますが、Steamrollerは通勤用としてはもちろん、自由なカスタムができる1台としてかなり重宝しております。

        自由なカスタムというのもおかしな表現だと思いますが、僕の場合は、ロードバイクやMTBなどは理想の形があり、ある程度カスタマイズをしてしまうと乗るという行為の方が重要になってくるのと、ポジションなどをコロコロと変更したくないというのもありカスタム欲が減ります。

        そこで自由なカスタムができる1台があると精神的にかなり楽になるのです。

         

        そして、僕は何度もブログで書いてますが、SURLYは徳島でサイクリストを増やし、自転車をライフスタイルのなかに取り入れてもらうには最高のブランドだと思っています。

        徳島中がSURLYだらけになれば良いのにと本気で思っているのです。

        徳島で生活をしていると常々感じる事があります。

        それは車が多すぎるという事です。

        田舎という事もあり、移動に車が必要(特に休日)であるというのは理解していますが、通勤などではもっと自転車を利用する人が増えても良いのではないかと思っています。

        どうしても車通勤をしないといけない日があるのですが、朝の通勤ラッシュでのストレスは半端なく、自転車で通勤した方が早い場合もあります。

        暖房が苦手な僕としては自転車通勤と寒さもほとんど変わりません。雨に濡れない、髪が乱れない、荷物がたくさん運べる以外でメリットが全くないのです。

        ではなぜ自転車通勤が増えないのか、、、ちょっとこれ以上は長くなりすぎますのでこのあたりでやめておきます。

        僕は片道18kmの通勤をもう3年ぐらい続けています。

        それについてのブログをまた書こうかなとも思っているので、その時に色々と考えていることを綴りたいと思います。

         

        クロスチェックの組み方は自由ですと言いたいのですが、その自由なのがよくわからないという方も多いと思います。そのために僕たち自転車屋スタッフがいるので、どうしたいかをお気軽にご相談頂ければと思います。

        用途や予算に応じて色々な角度からご提案できると思います。

         

         

         

         

         

         

        皆様のご来店お待ちしております!!

         

        SURLY * STRAGGLER 650Bのフレーム/フォークセット。

        2018.02.06 Tuesday

        0

          SURLYの取り扱いをスタートして、僕自身がはじめに組んだのがSURLY * STRAGGLERでした。この頃はまだまだ未熟だったのでかなりオーバースペックで組んでいますが、実はすぐに組み替えてます。(こちら

          その後はゴリに譲渡したり、ユウスケが乗ったりとシオスト内で重宝されています。(今はフレームセットで保管しております)

          乗らない自転車は処分しろ!という考えの僕が残したいと考えるぐらいには良いフレームというのは先にお伝え致します。

           

          SURLY * STRAGGLERの記事はこちらから

           

          僕が組んだのは700cでしたが、その後に650B仕様のフレームセットが発売されました。

           

          SURLY * STRAGGLER 650Bはメーカー完成車もあるのですが、シオスト的にはフレームセットから組んだ方がお得と考えております。

           

          実際に購入して頂いたお客様も全員がフレームセットから組ませて頂きました。(

           

          そんなSURLY * STRAGGLER 650Bのフレームセットが入荷しましたのでご紹介です。今回は新色が良い感じだったので新色を在庫しました!!!

           

          SURLY * STRAGGLER 650B * Blueberry Muffin Top * 50cm

           

          7516762816_IMG_1157.JPG

           

          7516762816_IMG_1161.JPG

           

          7516762816_IMG_1162.JPG

           

          7516762816_IMG_1170.JPG

           

          7516762816_IMG_1173.JPG

           

          7516762816_IMG_1174.JPG

           

          7516762816_IMG_1175.JPG

           

          下記は本国ホームページからの引用です。

          みんなはもう、Straggler がどんなものか、っていうことはわかってるよね。 とんでもなく汎用性のある自転車で、あらゆる目的、あらゆる地形で使うことができる。 なおも素晴らしいことに、ホイールのサイズで 650b を選べるようになったってことだ。 650b ホイールは、「コンストラクター」スタイルの自転車で長い間人気だった…。あの頃は本当にすごかった…。 650b ホイールは、26 インチと 700c サイズの両方の利点をバランス良くもたらす。 小さめのホイールのおかげで、小柄な乗り手の身体が小さめのフレームによくフィットし、より頑丈なホイールとなり、デカいタイヤをより簡単にフィットさせることが可能となる。また、大きめのものよりも軽快だ。

          Stragglerにはリムブレーキスタッドの代わりにディスクキャリパーマウントがある。最大160mmのローターに対応。リアドロップアウトも独特だ。部分的に閉じたホリゾンタル設計で、シングルスピードまたはギア式のドライブトレーンに対応している。リアからねじ込むストップスクリューが特徴で、ホイールをしっかり固定したり、最適なシフティングのためにリアホイールの位置を変えたりできる。さらに、ドライブサイドの前方に取り付けられたストップスクリューは、乗り手の強大な脚の力のせいでホイールが前にスリップするのを防ぐ。リアドロップアウトの幅は、Cross-Checkのような132.5mmではなく135mm。単純に、この幅だとディスクハブの選択肢がぐっと広がるからだ。

          Straggler 650b には、フェンダー、ラック、ボトルケージのための直付け小物がある。 形状は Cross-Check とちょっと違って、角度とか管の長さが微妙に違う。でも、Cross-Check と同じで、どこにだって君を連れ出してくれるんだ。 デイトリッパーでウィークエンダーなのさ。 「荒れた道」用のロードバイクなんだ。 レースに出る素振りなんて全然ないシクロクロスバイクだ。 実用的な都会派なんだぜ。 軽量のツーリングバイクでもある。 そして全天候型のコミューターだ。 一種類の組み合わせに飽きたら、パーツを交換して、別物にもできるのさ。 いいと思わないかい?

          ●カラー:ブルーベリー マフィントップ
          ●サイズ:50cm(適応身長:165-175cm)

          ※その他のカラーやサイズにつきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

          SPEC :
          ・シートポスト径:27.2mm(シートクランプ径30.0mm)
          ・フロントエンド幅:100mm
          ・リアエンド幅:135mm
          ・ヘッド:1-1/8"アヘッド
          ・BB規格:JIS
          ・ホイールサイズ:650B
          ・素材:Surly 4130 CroMoly スチール。EDコーティング
          ・フロントディレイラー クランプ:直径28.6mm
          ・最大ローターサイズ:160mm
          ・タイヤ クリアランス:最大650b x 42mm

          ジオメトリー(サイズ:50cm)
          シートチューブ長(センタートップ):500.0
          トップチューブ長(センター-センター):529.7
          実質トップチューブ長(センター-センター):535.0
          ヘッドチューブ角度:71.5
          シートチューブ角度:74.0
          BB ドロップ:54.0
          チェーンステイ長:405.0
          ホイールベース:988.0
          スタンドオーバーハイト:776.0
          ヘッドチューブ長:120.0
          フォーク長:380.0
          フォーク オフセット:44.0
          スタック:523.0
          リーチ:383.0

          変更の可能性あり
          *スタンドオーバーは、約 Ø679mm のタイヤを用いて中央で TT 上部から測定

           

          価格:80000円(税抜)

           

          オンラインストアからの購入はこちら

           

          このフレームセットもシオストオリジナル完成車で組みたいと考えながら保留になっている感じです。

           

          僕もオールロードのフレームをオーダーする前はこれで1台組もうかどうか死ぬほど悩みました。(いまだにどうやって組むかのイメージはしっかりとあります)

           

          これが1台あれば何処へでも行けてしまうというのはもちろんですが、徳島で自転車に乗りまくっている僕としても徳島で自転車を楽しむのであればこのSURLY * STRAGGLER(700cでも650bでも)は最高のモデルだと思います。

           

          通勤や通学からお買い物、休日のサイクリングやアドベンチャーライド、キャンプツーリングまで幅広く楽しめちゃいます。

           

          興味ある!!!という方はお気軽にご相談下さいませ。

           

          皆様のご来店お待ちしております。

           

           

           

           

           

          FUJIの取り扱いを再開しました。

          2018.02.05 Monday

          0

            FUJIの取り扱いを再開しました。

             

            再開?と思う方もいらっしゃると思いますが、これが証拠です。(こちら

             

            ではなぜ取り扱いをやめていたのかというと、通販専門店的な自転車屋?が格安で販売し始めたからというのが理由です。そんなお店がきちんと組み付けをして販売するはずもなく、お店で仕入れた状態でお客様の元へ届くということもあったりで、僕は正直呆れ返ったのです。

            ただ、今年になって代理店さんの営業の方がお店に来てくれた時にこのお話をしたところ、代理店さんの方でも困っていたみたいで、そういう販売をするところは取り扱いをやめてもらったということでした。

            ここ最近になってFUJIのお問い合わせが増えてきたのには理由があったのです。

             

            「呆れ返っただと!!シオストごときの弱小ショップが何を偉そうに」となるかもしれませんが、これには個人的な感情も含まれており、僕が初めて乗った700cの自転車がFUJIであり、これに乗って楽しかったからSURLYと出会い、今に至るという経緯があると言えばご理解頂けるのかなと思います。

            FUJIがなければもしかしたらここまで自転車にハマっていなかった可能性があり、自転車屋をするなら絶対に取り扱いをしたいブランドだったので、非常に残念だったことを今でも思い出します。

             

            僕が乗ったFUJIはTRACKというモデルで、5万円ぐらいの完成車だったのをプラス5万円ぐらいかけてカスタムしたものでした。

             

            その後継機として発売されたのがFEATHER。今では定番モデルになっております。

             

            そんなFUJI * FEATHERが店頭在庫として入荷しました!!!

             

            IMG_7447.JPG

             

            IMG_7448.JPG

             

            IMG_7449.JPG

             

            IMG_7450.JPG

             

            IMG_7451.JPG

             

            IMG_7452.JPG

             

            IMG_7453.JPG

             

            IMG_7454.JPG

             

            もはやスポーツバイクの1ジャンルとして確立されたシングルスピード。

            そのパイオニアとしてシーンをリードするフェザーは、シンプルな機能美が乗り手の個性を最大限に引き出すリアルストリートバイク。

            クロモリバテッド管によるシルキーかつダイレクトな乗り味はフェザーでしか味わえない。

            固定ギアは別売り(¥1,500税別)

            ●カラー:マットブラック
            ●サイズ:52cm(168cm-175cm)

            ※完成車のご注文をいただいた際はこちらから一度確認のご連絡させていただきますのでご了承ください。

            完成車の発送についてをご一読下さい。

             

            Main frame:Fuji Elios 2 custom-butted CrMo w/ outer butted seat tube
            Fork:Fuji 1" custom butted CrMo
            Crankset:Sugino MC pista crank, 46T
            Pedals:Wellgo road
            Cassette:16T freewheel
            Wheelset:Fuji CrMO axle hubs w/track nuts, Fuji double wall, high profile 32H alloy rim
            Tires:Vera Helios 700×25C
            Brake set:Fuji alloy
            Brake levers:Fuji alloy
            Headset:Tange 1" threaded
            Handlebar:Fuji Classic alloy track, 25.4mm
            Stem:Fuji alloy quill
            Saddle:Fuji Retro
            Seat post:Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm
            Weight:9.2kg

            Size:52cm
            Seat Tube, Center to Top:520
            Top Tube, Effective:540
            Head Tube:95
            Seat Tube Angle:74
            Head Tube Angle:72
            Chainstay:405
            Wheelbase:987
            Fork Offset:45
            Bottom Bracket Drop:58
            Reach:396.4
            Standover:761.6
            Stem:80
            Handlebar Width:380
            Crank:165

            価格:69000円(税抜)

             

            オンラインストアからの購入はこちら

             

            このままで乗ってもよし、僕みたいに初めからカスタムして乗るのもよしな1台です。

             

            カラーも全4色でサイズも豊富です。お取り寄せもできますのでお気軽にご相談下さい。(ブログの最後にジオメトリー載せておきます)

             

            僕は5万円のFUJIのシングルスピードから自転車をはじめました。自転車をはじめたいという気持ちがあれば価格帯はあまり関係ないと思っています。

            ただ、当時はアドバイスなども特になく漠然と見た目に惚れて購入したのでサイズも合ってませんでしたし、用途としても他の選択肢があったのも事実です。だからこそ自分で考えて工夫をして楽しめたというのもあると思います。

            でもその時に感じたことがたくさんあったので僕は今も自転車屋さんをしているのかもしれません。できる限りは予算、用途、サイズにあった自転車をご提案したいと考えています。そのせいで少し話すぎてしまうこともありますが、ご理解頂ければ幸いです。

             

            FUJIのおかげでシオストにも5万円〜10万円ぐらいのスポーツバイクの幅が広がりました。

             

            たくさんのブランドを取り扱っている訳ではありませんが色々な角度からご提案できると思いますので、自転車を探しているという方はぜひ一度ご来店して頂ければと思います。

             

            皆様のご来店お待ちしております。

             

            Size 43cm 49cm 52cm 54cm 56cm 58cm
            Seat Tube, Center to Top 430 490 520 540 560 580
            Top Tube, Effective 520 520 540 550 560 570
            Head Tube 90 90 95 105 125 145
            Seat Tube Angle 75 75 74 73 73 73
            Head Tube Angle 72 72 72 73.5 73.5 73.5
            Chainstay 405 405 405 405 405 405
            Wheelbase 973 975.6 987 971 980.6 990
            Fork Offset 45 45 45 45 45 45
            Bottom Bracket Drop 58 58 58 58 58 58
            Reach 386.5 386.5 396.4 393.6 397.7 401.7
            Standover 715 744.9 761.6 775.7 797.4 806.5
            Stem 80 80 80 100 100 100
            Handlebar Width 380 380 380 400 400 400
            Crank 165 165 165 170 170 170

            STEAMROLLERのフレームセットあります。

            2018.02.01 Thursday

            0

              去年の今頃に復活したSURLY * STEAMROLLERの完成車ですが、今年もカラーを変えて継続しております。

               

              ブログでも書いておりますが、定番カラーのブラックが完成車として発売されたのと、リムの幅が改善されているので少し値段は上がりましたが変わらずにおすすめの1台です。

               

              かなりお買い得な仕様になっているので、完成車が圧倒的に人気になるかな?と思っていましたが、そんなこともないようです。

               

              フレームセットから組まれる方も多く、僕もフレームセットから組んだ一人でございます。

               

              僕のSteamroller愛が深いのはこのブログを読んで頂いている皆様からすると周知の事だとは思いますが、初めてこのブログにアクセスしたという方のためにリンクだけ貼っておきます。(こちらから)(最新の仕様はこちら

               

              完成車の在庫だけではなく、フレームセットの在庫もしております。

               

              まずは新色からご紹介!

               

              7516762816_IMG_1110.JPG

               

              7516762816_IMG_1054.JPG

               

              7516762816_IMG_1083.JPG

               

              7516762816_IMG_1085.JPG

               

              7516762816_IMG_1111.JPG

               

              Ministry Gray(サイズ:53cm(170ー180cm))

               

              7516762816_IMG_1092.JPG

               

              7516762816_IMG_1094.JPG

               

              7516762816_IMG_1101.JPG

               

              7516762816_IMG_1103.JPG

               

              7516762816_IMG_1105.JPG

               

              ブラック(49cm(163ー173cm))旧モデル(ジオメトリーは全く同じ)なのでシートクランプがシルバーです。

              2018モデルの49cmもお取り寄せ可能です(代理店在庫残り1本)

               

              SURLYの人気を不動のものにしたSTEAMROLLERです。

              フィクスドギアバイクの楽しさを存分に味あわせてくれます。(もちろんシングルフリーにもできます)

              フィクスドギアバイクと聞くと、競輪だったりトラック競技を思い浮かべてしまうかもしれませんが、そんな事はありません。

              普段使いとして間違いなく満足して頂けると思います。

              一般的に窮屈なトラックフレームよりはゆったりとしていて、タイヤは太いサイズを収納可能にしました。

              ジオメトリーはどちらかというとロードフレームです。

              きっとお気に入りの一台になるでしょう。

              フレームジオメトリーはこちらから

               

              価格:59800円(税抜)

               

              代理店在庫としてはほとんど無くなっており4月に復活予定みたいです。(予定は未定ですが、、、)

               

              7516762816_IMG_1047.JPG

               

              7516762816_IMG_1051.JPG

               

              僕の妄想としてはグレーにピンクかなと。

               

              ブラックパーツにするのかシルバーパーツにするのかは死ぬほど悩んでおります。

               

              流石に2台所有するのはあれですし、4代目として乗り換えるのもまだ早いので店頭在庫としてオリジナル完成車を組もうかどうか検討中です。

               

               

              シンプルにブラックフレームにブラックパーツを組み合わせて、ロードバイクっぽく組むのも全然ありです。

               

               

              ブロックタイヤを装着して、少しカラフルに組むのもよしです。

               

               

               

              街乗りとしてコミューターっぽく組むのも素敵です。

               

               

              ディープリムにブルホーンバーでピストっぽく組むのもおしゃれです。

               

              色々な組み方ができますし、正解なんてものはないのがこのフレームの魅力だと思います。

               

              徳島をSteamrollerだらけにするのが僕の夢です。

               

              自転車のご相談はお気軽にして下さいませ。

               

              皆様のご来店お待ちしております。

               

              8代目FLAT1が発売されました!!

              2018.01.23 Tuesday

              0

                初代ロットから変わらずに生産されているFLAT1。

                 

                FLAT1と言えば、シオストではもうおなじみのミニベロですよね。

                 

                FLAT1conyという変速(8s)モデルもございます。

                 

                conyが発売されてから2年間ぐらいは、半分半分ぐらいの人気でしたが、ここ最近はシングルスピードの元祖FLAT1の方が人気が高まっています。

                 

                ついに8代目の生産が完了し、発売となりました。お待たせ致しました。

                 

                正式名称は「cycroc 20inch TRACK BIKE FLAT1 C-101 8th lot」

                 

                C-101-MAT BLACK(485)8ロコ?入り.jpg

                 

                MAT BLACK

                 

                C-101-TIFFANY BLUE(485)8ロコ?入り.jpg

                 

                TIFFANY BLUE

                 

                C-101-SPORTS YELLOW(485)8ロコ?入り.jpg

                 

                SPORTS YELLOW

                 

                人気のティファニーブルーが復活です!しかもフロントフォークはメッキ仕様。

                 

                前回の7代目の時はすぐに売り切れたど定番のマットブラックは継続してます。

                 

                FLAT1では珍しいイエローも注目カラーですね。

                 

                FLAT1 HEAD PATCH.jpg

                 

                シートホ?スト.jpg

                 

                ヘ?タ?ル.jpg

                 

                8代目からシートポストとペダルが新しくなりました。

                 

                まずはシオストにもマットブラックが入荷です。

                 

                IMG_7255.JPG

                 

                IMG_7256.JPG

                 

                IMG_7257.JPG

                 

                IMG_7258.JPG

                 

                IMG_7259.JPG

                 

                SPEC LIST
                FRAME SIZE460size(150-170兮弍)-485size(160-180cm対応)
                FRAME&FORK4130CHROMOLY
                HEADSETVP VP-A77CK SLIMSTAK (サイズ)1-1/8”cartridge
                GEAR CRANKcycroc ALLOY 1/2x1/8” 48T×170L
                BOTTOM BRACKETVP VP-BC73 SQUARE-COMP (サイズ)68×110.5mmcartridge
                HANDLEBARcycroc ALLOY (サイズ)530mm(バークランプ)25.4mm
                HANDLE STEMcycroc ALLOY (サイズ)(460size)80mm(485size)90mm(バークランプ)25.4mm(ステムアングル)10°
                GRIPVELO VEG-311AD1 KRATON 22×130mm
                BRAKE LEVERPROMAX FS-428
                BRAKEPROMAX RC-482
                SADDLEcycroc CHROMOLY RAIL 272×132mm
                SEATPOSTPROMAX SP-2003 (サイズ)300mm(ダイアメーター)27.2mm
                SEATPINPROMAX MX-38RT φ31.8mm
                TIRESKENDA K193 KWEST 20x1-1/8”
                F HUBJOYTECH FH-A565SBT (O.L.D)100mm SEALED BEARING LARGE 32H
                R HUBJOYTECH RH-A566SBT (O.L.D)120mm SEALED BEARING LARGE 32H
                FREE WHEELDICTA A8K-16 1/2x1/8” 16T
                SPROCKETJOYTECH 1/2x1/8” 15T
                RIM(BLACK)H PLUS SON CR56 20”WO(451) 30mm DEEP 32H(POLISH)HJC DA-280 20”WO(451) 30mm DEEP 32H
                SPOKE&NIPPLE#14 STAINLESS&BRASSS
                CHAINKMC-Z410A 1/2x1/8”
                PEDALcycroc SLIM BMX STYLE
                完成車重量:9.6kg(without pedal)

                 

                価格:59000円(税抜)

                 

                ご相談をして頂いたタイミングで在庫がなかったという方が非常に多かったですが、今なら大丈夫です!!

                 

                もちろんお取り寄せは可能です。

                 

                お気軽にご相談下さいませ。

                 

                皆様のご来店お待ちしております!

                 

                 

                パナソニックオーダーシステムやってます。

                2017.12.16 Saturday

                0

                  1987年にマスプロメーカーとして初めてのオーダーシステムとして登場したのが

                   

                  POS(パナソニック・オーダー・システム)

                   

                  です。

                   

                  チタンフレームからクロモリフレームまで選ぶことができ、セミオーダーはもちろんフルオーダー(トラックレーサーフレーム)までできちゃいます。

                  完成車も用意されており、お値段もお手頃なのが魅力的です。

                   

                  クロモリ大好きな当店としてはこのオーダーシステムを取り扱わない理由はなく、去年から取り扱いをスタートしてます。

                   

                  が、紹介した気でいましたが、できてませんでしたね(汗

                   

                  実際にお客様からオーダーをして頂いたのでまずはご紹介!

                   

                  IMG_6311.jpg

                   

                  FRCC31

                   

                  ロードフレームセットとしては一番安価なモデルです。

                   

                  フレームサイズはなんと16段階。かなり細かく身長に合わせて選ぶことができます。

                   

                  前三角にΦ28.6mmのスタンダードなクロモリダブルバテッドチューブを採用。これにより、しなやかさと適度なバネ感を与え、クロモリ特有の気持ちの良い加速感を感じることができる。エンドには、強固なロストワックス・ストレートドロップエンドを採用。また、細身のフレームとクロモリフォークにより、路面からの振動を和らげてくれるのでロングライドを快適に楽しむことができる。

                   

                  IMG_6312.jpg

                   

                  ヘッドセットはTANGEが付属します。

                   

                  IMG_6316.jpg

                   

                  IMG_6314.jpg

                   

                  フレームカラーはもちろんですが、ロゴのカラーも選べます。

                   

                  ネームも入れれます。(お客様の名前だったので写真は載せません。)

                   

                  IMG_6315.jpg

                   

                  シフトアウターの受けも付属してきます。

                   

                  IMG_6313.jpg

                   

                  IMG_6317.jpg

                   

                  IMG_6318.jpg

                   

                  IMG_6319.jpg

                   

                  IMG_6320.jpg

                   

                  流石です。

                   

                  これで110000円(税抜)。

                   

                  いやこれだけではないのです。

                   

                  さらに付属品が、、、

                   

                  IMG_6323.jpg

                   

                  カーボンのヘッドキャップとアンカーナットにカーボンスペーサー、ステムのアルミシムにスペアのシートピン。

                   

                  さらにはシマノのプレミアムグリース。

                   

                  IMG_6322.jpg

                   

                  組み立て説明書まで。

                   

                  IMG_6321.jpg

                   

                  こういうのはオーダーしたという記念として良いですよね。

                   

                  フレームの種類もたくさんあるので興味がある方はお気軽にご相談下さい。

                   

                  このフレームセットで納期は約1ヶ月です。(納期が早いのも魅力なんですよね)

                   

                  ここから完成車まではお客様自身で組み上げるとのことでしたので、装着パーツの手配をお手伝いさせて頂いてお渡ししました。

                   

                  実はもう組み上がって先日写真を撮らせてもらってますので後日ご紹介致します。

                   

                  SURLYのクロモリフレームとは違う雰囲気で、日本製というのが全面にでている感じも良いですね。

                   

                  お気軽にご相談下さいませ。

                   

                  皆様のご来店お待ちしております。

                   

                  久しぶりにシオストオリジナル完成車のご案内

                  2017.12.01 Friday

                  0

                    忙しいを理由にシオストオリジナル完成車を作っていなかったのですが、それが理由になっていないことは自分自身が身に染みて感じていました。

                     

                    今回のシオストオリジナル完成車は、、、

                     

                    SURLYでは1番人気モデルである「CROSS-CHECK」

                     

                    お店のオリジナルとなればバッチバチに組むようなイメージが強いですが、久しぶりとのことでかなりお得な感じで組んでみました。

                     

                    IMG_6333.jpg

                     

                    フレームのカラーはどれにするか迷ったのですが、ミュールマグを選びました。

                     

                    IMG_6335.jpg

                     

                    IMG_6341.jpg

                     

                    ドロップハンドルにするかどうかでもかなり迷いましたが、今回はあえてフラットハンドルにしてみました。

                     

                    IMG_6336.jpg

                     

                    SURLYは頑丈であって欲しいのとガシガシ使ってもらいたいので、トラブルも少なく耐久性のあるシールドベアリングのヘッドセットをインストール。

                     

                    IMG_6337.jpg

                     

                    IMG_6338.jpg

                     

                    IMG_6346.jpg

                     

                    IMG_6344.jpg

                     

                    IMG_6345.jpg

                     

                    コンポはShimanoのエントリーグレードであるClaris。フロント3枚のリア8枚です。3×8はクロスバイクでよく採用されるのですが、マウンテンコンポが多いのであえてロードコンポで。

                     

                    IMG_6340.jpg

                     

                    IMG_6339.jpg

                     

                    タイヤは長期在庫品をインストールしております。こちらに関してはそういった理由もあり、無料ぐらいの感じで装着です。

                    嫌なら交換してもらってもいいですし、これでよければそのまま使って下さい。

                     

                    IMG_6343.jpg

                     

                    ブレーキはしっかりと制動できるようにミニVブレーキを採用しております。

                     

                    IMG_6342.jpg

                     

                    サドルとシートポストもお値段以上を目指して装着してみました。

                     

                    IMG_6334.jpg

                     

                    SURLYのクロスバイクというのが今回のコンセプトです。

                     

                    5〜10万円ぐらいのクロスバイクは当店でも取り扱っており、春は主力商品です。が、やはり1〜3年ぐらいでボロボロになってしまっていることも多く、勿体無いな、、、と思ってしまう自分がいました。

                    懐の広いクロスチェックをクロスバイク風に仕上げてみたのも理由があり、僕は正直な話、クロスバイクをこれから先買うことはないと思います。ただ、その自転車感覚をできる限りフラットにして、クロスバイクを買うならどんなのが良いかを考えたらクロスチェックが良いという結論に至ったのです。

                    これに乗って楽しくなればカスタムすれば良いと思います。

                    何年か乗ったらガラッとイメチェンをするのも良いとも思います。

                    長〜くお付き合いできるフレームセットだからこそのご提案です。

                     

                    ペダルは付属しておりません。

                     

                    気になるお値段ですが、、、、

                     

                    123456円(税込)

                     

                    でございます!!!!!ちょっとふざけてみました。

                     

                    SURLYオリジナルのクロスチェック完成車よりも安いです。

                     

                    これ1台限りです。

                     

                    サイズは52(170ー180cm)です。

                     

                    そして、、、

                     

                    なんと!!!!

                     

                    現在は移転1周年SALE中で全品10%OFF。

                     

                    初のご紹介となりますが、これも対象です!!!!!(ちょっと迷いましたが(苦笑))

                     

                    ぜひサイズの合う方はご検討下さいませ!!!(ペダルやライト、カギにポンプなど店頭在庫を選べばかなりお買い得です!!)

                     

                    皆様のご来店お待ちしております!!

                    SURLY * STEAMROLLERの完成車が新しくなって入荷してます!!

                    2017.11.04 Saturday

                    0

                       

                      今年の1月に復活したSteamrollerの完成車

                       

                      Drink More Water Yellowのカラーのみでしたが、このカラーが異常なまでに人気ですぐに完売となってしまいました。(代理店がほとんど在庫しなかったというのもありますが、、、)

                       

                      2017モデルではクロスチェックよりもスチームローラーの方が納車が多かったぐらいです。

                       

                      僕のSteamrollerへの愛が凄いのは何度もブログで書いてますが、現在もこのカラーのSteamrollerを乗ってまして、つい先日にイメチェンをしたばかりです。

                       

                      SURLY Steamroller関連のブログはこちら

                       

                      2018モデルも完成車は継続されており、もちろんですが在庫しました!!!

                       

                      お値段は111000円(税抜)と少し値上がりしましたが、それでもお買い得ですし、前回の完成車でのダメだった部分が良くなっているのでかなりオススメです。(ダメだった部分は後ほど)

                       

                      ではご紹介!!

                       

                      SURLY * STEAMROLLER完成車

                       

                      IMG_5928.jpg

                      Black ●サイズ:53cm(適応身長 170-180cm)175cm前後の身長の方におすすめです。

                       

                      IMG_5917.jpg

                      Ministry Gray ●サイズ:49cm(適応身長 163-173cm)175cm前後の身長の方におすすめです。

                       

                      Steamrollerは、数あるスポーツバイクのなかでも特別シンプルで美しいフィクシー(フィクスドギアバイク)です。「フィクシーなんて2008年の流行りだろ」とか「どんなブログを読んでも今どきは別の自転車を選ぶんじゃない?」なんて思う方も多いのでは? しかし、Steamrollerはそんな流行物とはまるで別物なんです。まず設計はリアルストリート用であり、トラック用ではありません。フレームは、どちらかといえばロードバイクに近い設計です。SurlyがこだわるNatch! Double-butted 4130 CroMolyスチールフレームは、38mmものタイヤクリアランスを確保し、ダッシュ力に優れた機敏さと、上質な乗り心地をみごとに両立しました。アスファルトにあいた穴やら草の茂った近道や、都市部のオフロードや裏道をすいすい走り抜けることができる痛快な仕上りです。

                      Steamrollerは、Surlyが初期に発売し、今も販売を続けるロングセラーモデルとして、本国のSurlyクルーたちには家族の一員のように愛されています。

                      「オレたちは、とにかく自転車が根っから好きなんだ。だからさ、2、3年間もフレームとフォークのオプションばかり売ってりゃ、完成品の自転車の販売に戻ってきたくもなろうってもんだ。で、2017年に再リリースしたんだ。待たせたね。
                      Steamrollerの完成車は少々荒っぽく扱っても平気なように、とにかく丈夫なパーツで構成している。リムは、オレたち好みの太いタイヤを想定して幅26个砲靴燭鵑澄細いタイヤで走るのが好みなら、フレームセットを買って組んでくれ。フリーハブでスムーズに走るのが自分のスタイルだと思う君向けに、フリップフロップハブと前後輪のリムブレーキを装備しといたよ。リムが太いからブレーキはシャープだけど、そこんとこも"味"だと思って楽しんでくれればうれしいね。Steamrollerは、多くの自転車依存症たちに長い間好かれている。それには、もちろん理由があるんだ。フィクシーでありながら多用途で、シンプルで、どんな地形でも、スムーズに走れるからなんだ。嘘だと思ったら、コイツを選んで乗ってみてくれ!」 by Surly HQ Crew

                      ※標準仕様はフリーギアです。固定ギアで乗る場合は、別途、コグをお買い求めください。
                      ※フレームセット販売もあります。


                      ※店頭在庫あります。
                      ※店頭販売のみです。
                      ※その他のカラーやサイズにつきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。


                      フレーム:Surly Steamroller 100% 4130 CroMolyスチール。Double-buttedメイントライアングル。TIG溶接。EDコーティング
                      フォーク:4130 CroMoly、ラグ&直付のフラットクラウンをドリル付けしたことで、スタンダードミッドリーチ (47–57mm) のキャリパーブレーキに対応可能700c x 38mm タイヤ用の隙間有り。ドロップアウトにダボ穴無し
                      シートポストクランプ30.0mm Surly Stainless
                      クランクセット:Samox AF19-D45S, 45T
                      ボトムブラケット:シマノUN-26
                      コグまたはコグセット:Lida, 18T 3/32"
                      チェーン:KMC Z610H
                      ヘッドセット:Cane Creekカスタム5シリーズ
                      ブレーキ:Tektro R559ロードキャリパー
                      ブレーキレバー:Tektro CL-520-RS、ブラック
                      ステム:HL 25.4
                      サドル:WTB Volt Sport
                      シートポスト:ProMax SP-2010
                      フロントハブ:Surly Ultra New 32H、100mmブラック、ボルト付き
                      リアハブ:Surly Ultra New 32H、固定/フリー、120mmブラック、ボルト付き
                      リム:Alexrims DA22
                      タイヤ:Continental Contact 700cx32mm

                      フレームサイズ ステム長 ステム角度 ハンドルバー幅 クランク長
                      49cm 100 7 660 170
                      53cm 110 7 660 170

                      Model Size:49cm
                      ST (C-T)(inch(mm))19.3(490.0)
                      TT (C-C)(inch(mm))20.7(526.5)
                      TT (Effec.)(inch(mm))20.8(529.5)
                      HT Angle (degree)72.5°
                      ST Angle (degree)74.5°
                      BB Drop(inch(mm))2.8(70.0)
                      CS Length(inch(mm))15.7(398.0)
                      Wheel Base(inch(mm))38.0(965.7)
                      S.O. Height(inch(mm))29.5(748.5)
                      HT Length(inch(mm))3.3(83.0)
                      FK Length(inch(mm))14.8(375.0)
                      FK Offset(inch(mm))1.5(38.0)
                      Stack(inch(mm))19.9(504.9)
                      Reach(inch(mm))15.3(388.1)

                      Model Size:53cm
                      ST (C-T)(inch(mm))20.9(530.0)
                      TT (C-C)(inch(mm))21.5(547.0)
                      TT (Effec.)(inch(mm))21.5(547.0)
                      HT Angle (degree)73.0°
                      ST Angle (degree)74°
                      BB Drop(inch(mm))2.8(70.0)
                      CS Length(inch(mm))15.7(398.0)
                      Wheel Base(inch(mm))38.1(966.6)
                      S.O. Height(inch(mm))30.7(780.5)
                      HT Length(inch(mm))4.3(109.0)
                      FK Length(inch(mm))14.8(375.0)
                      FK Offset(inch(mm))1.5(38.0)
                      Stack(inch(mm))20.9(531.3)
                      Reach(inch(mm))15.5(394.0)

                      寸法は全て仮のもので、変更の可能性あり

                      *スタンドオーバーは、約 Ø682mm のタイヤを用いて中央で TT 上部から測定

                       

                      価格:111000円(税抜)

                       

                      IMG_5934.jpg

                       

                      IMG_5927.jpg

                       

                      新色であるミニストリー グレーですが、かなり渋いです。ブラックは定番カラーですが、完成車として発売してくれたのはありがたいですね。

                       

                      どちらもフレーム/フォークセットの在庫もございます。

                       

                      ヘッドセットは前回同様にシールドベアリングが採用されてます。

                       

                      IMG_5918.jpg

                       

                      IMG_5929.jpg

                       

                      ハンドル周りは2017モデルと同じです。「このハンドル良いですね〜」と言われる方が非常に多いです。

                       

                      IMG_5923.jpg

                       

                      IMG_5924.jpg

                       

                      IMG_5925.jpg

                       

                      前のモデルと同様にコンチネンタルのタイヤにSURLYハブが純正で装備されてます。このタイヤとハブありきでこのお値段に抑えるのは難しいのでお買い得の理由の大きな一つです。

                       

                      IMG_5922.jpg

                       

                      IMG_5932.jpg

                       

                      クランクセットは決して良いものとは言えませんが、このモデル(価格帯)が普通には販売されていませんので、一から組むとなるとクランクセットの価格が予算の上限を超えてくる原因の一つとなることが多いです。

                      もちろんですが、このクランクセットでも何の問題もありません。

                       

                      IMG_5919.jpg

                       

                      IMG_5921.jpg

                       

                      IMG_5930.jpg

                       

                      ブレーキセットも前回と同じで悪くはありません。

                       

                      IMG_5920.jpg

                       

                      IMG_5931.jpg

                       

                      サドルには当店でも力をいれて在庫をしているWTBのVOLTが採用されています。SURLY乗りの方には一番人気なサドルです。

                       

                      最後に問題点だったところが改善された箇所を

                       

                      IMG_5926.jpg

                       

                      前回の問題点はリムでした。前回もALEXRIMでしたが、リム幅が広すぎてキャリパーブレーキのキャパがギリギリだったというのと、メーカーが組んできた状態ではリアのブレーキがカチャカチャと音が鳴る状態だったのです。(シオストではチェーンを調整して音がなりにくいようにしてました)

                      今回も前回同様のALEXRIMなのですが、リム幅が狭くなったことで普通の状態に戻っています。

                      前回の完成車の説明をする時に「リムさえよければ完璧なのですが、お値段がとにかく安いので不満が出たらリムを組み替えましょう」という一言を伝えておりました。(オススメなのにこの一言を伝えるのが心苦しかったのです)

                      今回はお値段が少しアップしましたがこれでもう心配事なくオススメすることができるようになりました!(とはいえ3000円(税抜)の値上がりなのですが)

                      メーカーや代理店のサイト内ではリムはAlex Adventurer 2となっていますが前回のリムなので間違っています。

                      ステム長なども間違っていたりするので分からないことは販売店で聞いた方が良いと思います。

                       

                      という感じです。

                       

                      いつもの事ながらですが、代理店の在庫状況としてはかなり弱いです。どちらのカラーも49と53はすでにありません。(次回11月中旬入荷予定。グレーの53が初回ロット完売みたいです)

                       

                      僕が自転車にどっぷりとハマるきっかけとなったフレームがこのSteamrollerです。

                       

                      まずは実車を見て頂ければと思います。

                       

                      SURLYについてはお気軽にご相談下さいませ。

                       

                      皆様のご来店お待ちしております。