僕のシクロクロス参戦レポートシクロクロス四国 阿波シクロクロス2020

2020.02.03 Monday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    去年はケガのために参加できなかったホーム徳島でのレース。今年は無事参加できました。

     

    なぜなら今シーズン初レースでケガとは無縁の生活を送ってきたからです。

     

    ライバルやチームメート、C1の選手がコンディションの悪いコースの状態を知るために淡々と朝早くから試走を繰り返す中、僕は余裕ぶっこいてコーヒー飲んでました。

     

    なぜなら今シーズンは一度出走し完走さえすればC3への降格を回避できるはずだからです。

     

    店長のレポはこちら

     

    そんな僕のシクロクロス参戦レポートすたーてぃん!!!!

     

    84514303_2037625446382821_7883274229695643648_n.jpg

     

    僕の前にCM2のサトウ選手のレースの模様をご紹介。

     

    今シーズンもしっかりとレースに参加しており関西シクロではシングルリザルト常連で地元徳島で表彰台&昇格が十分に狙える実力者です。

     

    83444390_2037625336382832_368624557545750528_n.jpg

     

    83264125_2037625746382791_326922392196612096_n.jpg

     

    83034173_2037625796382786_7099621828376657920_n.jpg

     

    CM2にはサトウ選手と同じMUDMANに乗るカワカミ選手や徳島の重鎮カシワキ選手など、徳島勢の参加も多く出走数も多いカテゴリーなのでスタート後暫くは混雑しそうです。

     

    今日のレースコンディションはマッドと最悪ですが、馬場重な泥コースは足と体力を削られレース後半に前を走る選手との間を詰めるのが大変なので、レース序盤に抜け出て後続を突き放すことができれば優位にレース展開ができます。

     

    地力があるサトウ選手ならそういった展開に持ち込み良い結果を残せる可能性が十分にあります。

     

    83412217_2037625809716118_713833524624359424_n.jpg

     

    レース序盤予想通りの大渋滞。転倒者も冷静にパスするサトウ選手。

     

    84240534_2037625939716105_4889587689721954304_n.jpg

     

    84643337_2037625846382781_8156409711357329408_n.jpg

     

    一時期はトップを走りコレはイケるぞ!今日はサトウ選手の日だ!!!と応援する僕も力が入ります。

     

    そしてゴール!!!

     

    20200126211033.jpg

     

    結果は惜しくも二位。昇格は逃しましたが堂々のポディウムです。おめでとうございます。

     

    84009239_2037626226382743_1488341038627028992_n.jpg

     

    レース後はサトウ選手らしい笑顔全開。最高です。

     

    前日の設営から当時の運営にレースとお疲れさまでした。

     

    83903498_2037653339713365_3170586162607685632_n.jpg

     

    午後からは僕の番です。泥まみれになるのに怯えながらレインウェア身にまとい試走スタート。

     

    82769679_2037653266380039_8677855639155769344_n.jpg

     

    泥に水溜りに嫌すぎる、、、これは転倒したりケガしないように落ち着いて走って完走しよう。生きて帰れればそれで良し。試走時間をタップリ残して試走終了です。

     

    84579472_2037636323048400_3007425826820980736_n.jpg

     

    C2は人数が少ないので一列目からのスタートです。見ての通り完走狙いなので余裕かましてます。

     

    83862414_2037636633048369_8382413639251918848_n.jpg

     

    レーススタート。CJとCM1と同時出走なのでホームストレートでもみくちゃ。こけてケガしたくないし集団の中でレース展開もしたくないしでこの時点でビビりまくりの僕。そして自分がいま何番手を走っているのかすら分からなくなってます。

     

    84014781_2037026596442706_7863611719090700288_n.jpg

     

    84297516_2037026426442723_3107762314464460800_n.jpg

     

    午前中より更に重くなった泥と中途半端に乾いてスリッピーなコース、前を走る選手とのラインの違いや混相による脚力差など色々な要因でチョイチョイ詰まり気味になるレース序盤。

     

    スタート時のビビりと上がった心拍も落ちつき冷静になってきたので、転倒しない様に気を付けつつ自分のペースで走れる位置まで前走者をパスして走ります。

     

    「ゴリさん今五番手!!」

     

    応援の声でやっと自分の位置を把握。四番手、三番手は目視できる位置。あれ?これポディウム狙えるんじゃね??ここ最近は練習さぼってるけどアイハラさんに誘われるまま10月、11月、12月とロードバイク乗り込んでたから意外と足あるんじゃ!!!ってなってからはスイッチが入り戦闘モードになってからはホントの過酷な泥レースがすたーてぃん!

     

    中盤はペース良く三番手まで上がりますがそこから地獄のはじまり。二番手の選手の背中は見え差が詰まってきたと思う瞬間はあるものの差が一向に詰まりません。一番手はまったく見えないのでおそらく独走状態のはずなのでこれは割り切って二位狙いの走りに切り替えます。

     

    前の選手に追いつくために自分が得意な泥が浅くパワーで踏んでいける区間はしっかりと踏み、体重が重く泥にハマってしまう区間は焦らず淡々と踏んで自分なりに前の選手にプレッシャーをかけタレてくるのを狙っていたのですが、終盤になっても差が全く詰まらない。

     

    なんなら僕がタレて後続を走る選手との差を詰められる最悪の展開に、、、汗

     

    最終周回は今のポジションをキープするために必死で踏みました。ゴール前最後のストレートで独走していたはずの一番手の選手がメカトラでバイクを担いで走っていたのをパスしてゴール。

     

    83039717_2037637026381663_422416506077315072_n.jpg

     

    無事ポディウムに乗れ二位なれました。

     

    人数が少ないレースまた泥のコンディションが意外と自分抜きってこともありホントに出来すぎた結果でとても嬉しいです。

     

    82976770_2037636246381741_4571907508800585728_n.jpg

     

    レースに出る前はトレーニングもできておらず自分の状態が分からない上に当日の泥のコンディションにはただただテンションがた下がりでした。

     

    でもレースがスタートしてしまえばそんな事も忘れてレース展開を考えながら、ただひたすらに上を目指してがむしゃらに走り、レースが終わればどろっどろになったままライバル達とお互いを称えあう。

     

    非日常で最高に楽しい場所に帰ってきたって気持ちになれたのと、もっと早くシーズンインして楽しめば良かったという後悔も少し。

     

    今シーズンの僕のレースはこの一戦で終了ですが、サトウ選手をはじめTeamShiokazeCXの面々はあと数レースエントリーする予定なのでレース会場で見かけた際はご声援よろしくお願い致します。

     

     

    阿波シクロクロスに参戦してきました!!!2020ーTeamShiokazeCX

    2020.02.02 Sunday

    0

      どうも。

       

      古川です。

       

      遅くなりましたが、阿波シクロクロスレポをしたいと思います。

       

      レースとは無縁だったシオストがレースをするきっかけになったのがこの阿波シクロクロスでした。

       

      過去のレポ

      2015年

      2016年

      2017年

      2018年

      2018年

      2019年

      阿波シクロクロスに参戦してきました!!!ーTeamShiokazeCX

      僕のシクロクロス参戦レポーシクロクロス四国 阿波シクロクロス

      阿波シクロクロス女子レースレポ!!!

       

      83147101_2037026809776018_6750767589409947648_n.jpg

       

      2015年の時は僕1人でしたが、少しずつ人数が増えました。

       

      今ではTeamShiokazeCXとしてチームジャージを着て参戦できるようになりました。

       

      チーム員はスタッフとお客様ですが、僕としては最高の自転車仲間だと思っています。いつも一緒に楽しんでくれてありがとうございます。

       

      という感じで、今年も阿波シクロクロスに参戦してきました。

       

      今シーズンのシクロクロスは僕もゴリもこれが初戦であり最終戦でした。

       

      当日の天気予報はずっと雨。

       

      1週間前から予報も不安定となり、雨だったり曇りだったり曇りのち晴れだったりと僕たちの気持ちを揺さぶります。

       

      どうなろうと出場はすると決めていたので逃げることはできませんが、雨だったら、、、、と思うと気持ちが上がらずレースモードになることなく当日を迎えます。

       

      前日のコース設営にチーム員が参加しており、水溜り&泥まみれなコース写真が送られてきた時は「終わった。。。」と思いましたし、閉店少し前ぐらいから雨が降ってきたことで僕とゴリのやる気スイッチはOFFとなりました。

       

      当日の午前5時に起床し、外に出ると、、、、雨。ゴリをお店に迎えにいってる途中も、レース会場へ向かう途中もずっと雨。

       

      会場への最後のコンビニで補給食や水などを買う頃に雨がやみはじめました。

       

      83381172_2037624703049562_5080333664147996672_n.jpg

       

      84465519_2037624733049559_2339167900981526528_n.jpg

       

      まずはコースを試歩です。

       

      川ですねw

       

      全てを諦めた瞬間です。

       

      83761640_2037624753049557_5433092608207355904_n.jpg

       

      83285715_2037624816382884_6773480523227463680_n.jpg

       

      83083778_2037624903049542_1029488572631089152_n.jpg

       

      いやいやですが、ゆっくりと試走です。感想としては「やばい」。

       

      という感じでレースレポとしてはやばいということだけなので、レースについては写真多めで。

       

      まずはC4とCM3から

       

      84132617_2037024999776199_2415400559713452032_n.jpg

       

      ゼッケン1で気合い十分の斎藤選手(C4)。今年こそ1位で昇格なるか。

       

      84182934_2037025213109511_973335440058744832_n.jpg

       

      スターティン!!!!

       

      83024121_2037025363109496_4133871134380654592_n.jpg

       

      83109666_2037025463109486_7422784711145029632_n.jpg

       

      83372690_2037025579776141_4755921628796289024_n.jpg

       

       

      83170291_2037025523109480_4387575432375959552_n.jpg

       

      84158398_2037625239716175_4889918058606362624_n.jpg

       

      83912387_2037025413109491_5956848317877977088_n.jpg

       

      83897547_2037625153049517_4270018354963546112_n.jpg

       

      84356597_1788026871327511_2480783740213657600_n.jpg

       

      84456771_2037625256382840_3331815670076669952_n.jpg

       

      84205425_2037625146382851_1808272529735811072_n.jpg

       

      82952534_2037625303049502_977406811357315072_n.jpg

       

      結果は、、、、

       

      まとめの写真で掲載しているので最後のリンクからご確認頂ければと思います。

       

      この次が僕のレースなのですが、応援しながら震えてました。。。

       

      とうとう自分のレースです。(僕のシクロクロス参戦レポシリーズは今年はなしでここで書きます)

       

      お次はC3とCM2。(CM2の佐藤選手はゴリが後ほどレポを書きます)

       

      83314429_1788026934660838_4097716026668482560_n.jpg

       

      死ぬほど胡散臭い写真に仕上がっております。

       

      84278287_1788026897994175_4243723560155086848_n.jpg

       

      緊張しているように見えますが、多分寝不足なだけですね。

       

      84265535_2037625393049493_6150296217575227392_n.jpg

       

      去年と同じく板敷選手に勝つためだけに阿波シクロクロスにエントリーしていると言っても過言ではありません。今年もやったりますよ。

       

      83435100_2037625519716147_6772575569323229184_n.jpg

       

      グラベルとベーグル。で一緒に走った川上選手(CM2)

       

      84278664_1788027507994114_7243150946690138112_n.jpg

       

      いつも応援ありがとうございます。

       

      声援に応えれないこともあるのですが、全部聞こえてますし、全て力に変わってます。

       

       

      83556521_1788027251327473_1495989052531277824_n.jpg

       

      83264125_2037625746382791_326922392196612096_n.jpg

       

      84136383_1788027134660818_421702347505270784_n.jpg

       

      83163342_2037625666382799_4926369673680781312_n.jpg

       

      83254479_2037625893049443_710029794212839424_n.jpg

       

      83051405_1788027207994144_8865267782657245184_n.jpg

       

      84451832_2037625659716133_9175798629737168896_n.jpg

       

      84381817_2037625993049433_2428961394964561920_n.jpg

       

      83452733_1788027187994146_3416065722785202176_n.jpg

       

      C4でも書きましたが、結果はポディウムに乗る以外意味のないものだと思ってますのでここでは書きません。

       

      ユウスケは最後まで自分と戦っていたみたいです。

       

      83794581_1788027304660801_718138825611673600_n.jpg

       

      今年もやったりました。ギリギリでしたけど。レースの中のレースは本当に面白いです。

       

      84570680_1788027374660794_2791843984962486272_n.jpg

       

      80817420_1788027277994137_5777218577807441920_n.jpg

       

      83886999_1788027337994131_7163212156383526912_n.jpg

       

      84235517_2037626233049409_6185795943342800896_n.jpg

       

      泥×1000のめちゃくちゃなレースでしたが、レース後には笑顔です。(片付けでナーバスになったことは内緒にしておきます)

       

      シクロクロスレポってコースのことやレース展開のことなどを書いてることが多いですが、やってみたら楽しいということだけ伝われば良いかなと思っています。

      そのあたりはゴリが書いてくれると思うのでお楽しみに。

       

      83276018_1788027737994091_4774664994925051904_n.jpg

       

      レースが終われば応援です。

       

      83265514_1788027677994097_2401543358834016256_n.jpg

       

      RPKの時から仲良くさせてもらっているyufta君(C1)が新車で参戦!!!!しかも初戦!!!!!

       

      83119943_1788027837994081_8786382423274291200_n.jpg

       

      ん?ユウスケのCielo??

       

      83418559_2037026673109365_8419142833767710720_n.jpg

       

      間違いなくそうです。実は後輪をパンクしてしまい、ピットで路頭に迷っていたので、僕が駆けつけてユウスケの自転車を貸しました!(ユウスケのっていうのがポイントです)

      しかもこれペダルが違うのでクリートがハマってないままです。それでも後半は垂れることなく走れていたのでパンクさえなければ順位を上げれていたのではないでしょうか。

       

      C1カテゴリーの選手が「Cieloすごくよく曲がるし走りますね」とのこと。やっぱりCieloは最高なバイクなのが証明されました。嬉しい。

       

      火曜眉山に殴り込みに行きたいということだったのでいつでもどうぞ!!!!

       

      83125799_1788027597994105_2582049340952412160_n.jpg

       

      C1で阿波シクロクロス常連の腰山選手(通称コッシー)。

       

      当店でも取り扱っているALL-CITYのライダーであり、シングルスピードでC1を走る猛者です。

       

      新しく発売されたNATUREBOY ACEに乗り換えており、首位争いを繰り返しながらも最後はトップを走っていました。シングルスピードでそれは本当にすごいことで、しかもまだ力を残しているように感じていたので優勝するだろうなと思っていました。

      が、メカトラブルでDNFです。多分スタート直後から調子悪かったはずなのですが、それでこの走りはさすがですね。

       

      自転車競技において速いというのが1番の魅力なのかもしれませんが、僕は速いよりも上手いというところに注目してしまいます。コッシーはとにかくバイクコントロールが上手い。BMXがバックボーンというのもかなり影響していると思います。

       

      これぐらい乗れると面白いでしょうね。

       

      84458983_2037026929776006_1979719803056685056_n.jpg

       

      なんだかんだでみんなで一緒に楽しめるレースは最高ですね。

       

      TeamShiokazeCXを今後ともよろしくお願い致します。

       

      シオストジャージの在庫が少ないのでまた作りたいなとは思っていますが、もしTeamShiokazeで走りたいという方がいればご相談下さいませ。

       

      新しいシオストジャージのご予約もしてます。

       

      今回の阿波シクロクロスでの表彰台に乗ったチーム員は2人います。それについてはゴリがレポをしますのでお楽しみに!!!!

       

      阿波シクロクロスの写真はこちらから(参加者や関係者はご自由にお使い下さいませ)

       

      番外編

       

      84162750_1788027401327458_3926582934500278272_n.jpg

       

      84057962_2037026526442713_1489424512846921728_n.jpg

       

      83547789_1788027394660792_8474344223062097920_n.jpg

       

      レースに参戦しなくても子供と参加するだけでなんだかんだ楽しめちゃいます。

       

      僕は泥まみれでそれどころではなかったので娘を連れてこなくて良かったですが、来年は天気が良ければ一緒に参戦したいと思います。

       

       

      RIDEALIVE2019四国 〜無我の境地〜

      2019.11.15 Friday

      0

        どうも!スタッフのゴリです。

         

        以前アンバサダーを任されたと書いたRIDEALIVE四国が無事終わりました。

         

        今ままでのライドアライブとは違いキツいルートなのでRAL初のリタイアもあるかもとビビってましたが、結果はを大きなトラブルも無く終われたので本当に良かったです。

         

        サークルズスタッフであるユウヤから今回の話を貰ったのが今年の7月頃。そこから彼が考えた高知まで行くためのルートと内容について数回打合せし今回のRIDEALIVE四国のルートが決まったのが9月末。

         

        IMG_3589.JPG

         

        IMG_3600.JPG

         

        IMG_3566.JPG

         

        開催日まであまり時間がないので、休日を使って1日がかりで徳島と高知の県境にある京柱峠までのルートを数回試走して、通行止め箇所や危険な場所が無いかをチェック。

         

        IMG_3384.JPG

         

        IMG_3494.jpg

         

        今回のルートで本当に大丈夫なのか、またルート上注意する箇所などは無いのかなど、僕以外からの視点で客観的に判断をして欲しかったのでお客様やユウスケにも試走を付き合って頂くこともありました。(お客様、ユウスケ、協力して頂きありがとうございました。)

         

        試走を重ねてルートへの不安は頑張れば大丈夫だろうという感じは掴めました。後は開催日の二日間が晴れてくれる事と参加者が集まる事だけが心配しでした。

         

        迎えた当日、、、

         

        IMG_3688.JPG

         

        短い募集期間&厳しめのルート設定のイベントなのに4人も参加者が!サークルズパワースゲェ!!!

         

        簡単に自己紹介とライド予定などを伝えた後シオストのライドではお馴染みの自撮りスポットで出発前の撮影をして出発。

         

        ルートですが1日目は吉野川沿いを穴吹に向かって走り、そこから木屋平に向かって走り剣山まで登り宿で一泊します。

         

        2日目は439号線を走り、京柱峠を登り高知に入りゴールの高知城を目指します。

         

        IMG_3699.JPG

         

        IMG_3701.JPG

         

        IMG_3702.JPG

         

        IMG_3706.JPG

         

        土手沿いばっかり走るのも流石に飽きてくるので途中にグラベルを走ってみたり、サドルトーク楽しみながらの移動。初めましての人達ばかりなので初めはぎこちないけど自転車乗ってる共通項があるとそこから色々と話が弾んで直ぐ打ち解けれますね。

         

        うんやっぱり自転車は最高だな。

         

        この区間はほぼ平坦で、いつもならこの時期の吉野川の土手沿いは強めの風が吹いている事が多いのですが、この日は風もなく穏やか気候だったので超余裕でみんなでキャッキャッ良いながら楽しく走れました。

         

        IMG_3707.JPG

         

        IMG_3711.JPG

         

        IMG_3717.JPG

         

        本格的な登りが始まる前にランチタイムを挟んでからの本日の山場!だだ滑りだけどもう一回言っちゃう「山だけに本日の山場!」。

         

        ヒルクライムのスタートです。。

         

        剣山まで47km。距離だけでみたら余裕なんですがこの距離の大半は登りが占めてます。毎回冗談だろって思うかもですが本当です。

         

        IMG_3719.JPG

         

        IMG_3720.JPG

         

        IMG_3722.JPG

         

        IMG_3725.JPG

         

        IMG_3726.JPG

         

        そうは言っても木屋平までの21kmは坂の斜度も緩く楽しく登れる区間なので皆んなまだまだだ余裕。

         

        IMG_3737.JPG

         

        IMG_3745.JPG

         

        木屋平の短い平坦区間を走りぬけたら後は剣山まで20kmちょい。そう20kmちょいの登り。

         

        この辺りからは全体のペースが合わなくなってくるので、僕は最後尾でけつ持ち。アンバサダーとして1番の見せ場。多分しっかりと仕事できてた思います。

         

        IMG_3746.JPG

         

        IMG_3750.JPG

         

        IMG_3755.JPG

         

        IMG_3756.JPG

         

        IMG_3757.JPG

         

        IMG_3758.JPG

         

        IMG_3762.JPG

         

        IMG_3764.JPG

         

        IMG_3770.JPG

         

        IMG_3774.JPG

         

        剣山の登りでは色々とありました。

         

        剣山まで走りに来る時はロードバイクでソロか足の合う仲間としか来ないのでいつもは長いね〜とか良いながらもわりと苦もなく登ってるんですが、この日はそうは行かず色々とありました。20kmって距離は本当長い。

         

        その色々を包み隠さず書いても良いのですがそれは今回のRideAliveに参加したメンバーが味わった経験とグルーブ感なので書きません。

        イベントに参加するってそう言う事だと思います。その時のグルーヴ感ってそこに居ないと味わえないし共有できないモノ

        なので、なんか面白そうだなイベントあるなって思ったら参加して味わうのが1番です。体と頭をフルに使って体感して欲しいです。

         

        あと今回のライドの様なキツいライドもたまにはやっておくと色々と発見もあり良いですよ。(無事に乗り切れたらキツかった事でも後から振り返れば大体良い思い出になってるので。笑)

         

        楽しかっただけでなく経験を積む事でまた同じ様なライドをする事があれば、装備はバックパック背負うよりバイクパッキングの方が良いなとか、もう少し自転車に乗って体力を付けておこうとか、そう言った事に気が付けます。

         

        備えができる様になれば余裕が生まれてその分楽しむ事に集中でき遊びの幅も広がります。

         

        僕が最近ロードバイクに乗ってトレーニングばかりしてるのもそういう理由があります。(単純に速く走れる事が楽しいってのもありますが笑)

         

        速さを見せ付けることは悪い事とは思いませんが、それよりも人をサポートしたり、周りが驚く様なライドに挑戦できる人の方が僕はサイクリストとして尊敬できるなと思うので自分もそうなれると良いなと思ったりしてます。

         

        すみません。話がそれました。

         

        IMG_3789.JPG

         

        標高1200mで迎えた二日目の朝。

         

        11月の初めで徳島市だとまだまだ暖かい頃でしたが標高1200m付近となると寒いですね。夜から朝までずっとダウン着てました。

         

        1日目よりは登りは多くないですが京柱峠は斜度もきつくしっかりと登るのと奥祖谷でゆっくり観光もしたかったので1日目よりは早い時間に出発。

         

        IMG_3795.JPG

         

        IMG_3798.JPG

         

        IMG_3802.JPG

         

        奥祖谷といえばかずら橋と野猿。

         

        IMG_3810.JPG

         

        IMG_3811.JPG

         

        野猿はロープをたぐりよせながら対岸に進む木製の籠のことでかずら橋は名前の通り植物のかずらを使ってできた橋。

         

        IMG_3813.JPG

         

        橋げたがしっかりとしている橋とは違いつり橋なので、歩くだけで揺れるし、足元はスッカスカで渓谷が見え放題なのでかなりスリリング。高所恐怖症の人にとっては拷問みたいな橋です。

         

        IMG_3819.JPG

         

        IMG_3816.JPG

         

        かずら橋からすぐ後に現れる謎の人形だらけの集落。はじめて通ると人形の多さにビビります。

         

        IMG_3823.JPG

         

        IMG_3824.JPG

         

        IMG_3835.JPG

         

        IMG_3846.JPG

         

        IMG_3847.JPG

         

        IMG_3852.JPG

         

        2日目最大の山場は京柱峠。徳島と高知の県境にある標高1123mの峠。

         

        IMG_3855.JPG

         

        IMG_3859.jpg

         

        京柱峠のピークにある休憩所でランチ。おにぎり美味し。

         

        この後は林道を経由して高知を目指す予定でしたが、メンバーの状態や天候など色々と考慮した上で今回はそのまま439号線を走り高知を目指すルートに変更。

         

        IMG_3862.JPG

         

        IMG_3865.JPG

         

        IMG_3867.JPG

         

        IMG_3870.JPG

         

        IMG_3871.JPG

         

        IMG_3875.JPG

         

        IMG_3876.JPG

         

        IMG_3877.JPG

         

         

        無事夕方前にゴールの高知城に到着。写真で分かる通りでまあまあ満身創痍です。

         

        2日間で走った距離は約214km獲得標高は約2500mでした。

         

        IMG_3886.JPG

         

        IMG_3890.JPG

         

        そのまま皆と高知の夜を楽しみたかったのですが次の日の仕事の事もあり僕だけ大急ぎで自転車を輪行袋に収納して鉄道を使い徳島に帰りました。

         

        あっという間に過ぎた2日間でしたがいい経験をさせて頂きました。

         

        声をかけてくれたサークルズのユウヤ、そして一緒に走ったみんなお疲れ様そしてありがとう!また皆でライドしましょう。

        サンタクルーズの試乗会。 in アップかんなべ

        2019.10.17 Thursday

        0

          どうも、大学生スタッフのユウスケです!

           

          KRKW1953.jpg

           

          少し時間が空いてしまいましたが、今月初めに行われたサンタクルーズの試乗会のブログを投下させて頂きます。(超楽しかったです。)

           

          代理店さんご協力のもと、兵庫県豊岡市「アップかんなべスキー場  UP MTB PARK IN KANNABE」さんにて試乗会を開催させて頂きました。

           

          IMG_4501.jpg

           

          IMG_4507.jpg

           

          朝6時、日の出と共に徳島を出発。目的地周辺は雨予報。楽しみにしまくっていた店長も車内で祈ります。

           

          IMG_4691.jpg

           

          IMG_4525.jpg

           

          IMG_4518.jpg

           

          やっぱり店長は某天気の子ではなかったらしく、1日を通して降ったり止んだりの中での試乗会となりました。

           

          IMG_3221.jpg

           

          IMG_4524.jpg

           

          IMG_4523.jpg

           

          とはいえズラッと並んだサンタクルーズにテンションが上がらないわけもなく、料金を支払ってすぐに試乗車にまたがります。

           

          普段お目にかかれない自転車を乗り放題。今になって冷静に考えてもヤバいイベントですね。笑

           

          IMG_4537.jpg

           

          IMG_4640.jpg

           

          スキー場を利用したダウンヒルコースということで、リフトを使って山頂まで登ります。

           

          個人的にこういったMTBのコースは初めてだったのですがリフトって良いですね、当たり前ですけど楽でした。笑

           

          KRKW1953.jpg

           

          山頂でパシャり。

           

          IMG_4602.jpg

           

          IMG_4605.jpg

           

          IMG_4606.jpg

           

          この日は雨の影響で上級者コースが使えなかったので初・中級コースを楽しむことになりました。

           

          IMG_4653.jpg

           

          IMG_4673.jpg

           

          IMG_4675.jpg

           

          テクニカルなシングルトラックから、安心してガンガンスピードの出せる幅の広いコース、林間区間もありの楽しいコースが設定されています。

           

          キャーキャー言いながら全員が楽しみます。

           

          IMG_4571.jpg

           

          IMG_4568.jpg

           

          なんとパンプトラックまで併設されおり、スキルアップの練習が出来ます。

          びっくりするくらい難しくて、自分の下手さを痛感出来るのでかなり面白かったです。笑

           

          IMG_4689.jpg

           

          なんとなんと、アップかんなべのコース監修・テクニカルアドバイザーの阿藤寛選手(写真左)がたまたまいらっしゃいました。

          特別にパンプトラックの講習をしてくださり貴重な体験が出来ました。ありがとうございました!

           

          IMG_4613.jpg

           

          IMG_4612.jpg

           

          良い大人達が皆泥だらけです。最高に楽しいです。

           

          IMG_4563.jpg

           

          IMG_4564.jpg

           

          IMG_4559.jpg

           

          何度も言いますけど、どのモデルも乗り放題。一本降るたびにそれぞれのバイクを交換して楽しみます。

           

          フルサスバイクとハードテイルバイク、サスペンションのストローク量の違いやホイール径の差、これらがどのように走りに影響するのかを実際に乗ることで体験出来ました。

          (これだけ規格の乱立するMTBを1日で味わえる機会ってなかなか無いですよねー!)

           

          IMG_4526.jpg

           

          なかでも個人的にグッときたのはこちらの「ブロンソン」。前々から良いんだろうなーっとは知っていたのですが、間違ってなかったです。笑

          「オールマウンテンバイク」と定義されるモデルだけに、バランスのとれた乗り味。ダウンヒル中心のMTBコースや近所のトレイル、幅広く遊べる一台かなと思います。

          ダウンヒルに重点を置いた楽しみ方をしたい方には特にオススメでございます。

           

          とは言っても最高過ぎてうまく文章でお伝えできません。笑

          (この辺りは店頭にて直接お話できたら良いなと考えてます。気になるモデルがございましたら、是非一度ご相談ください!)

           

          今回のブログではとにかく、サンタクルーズは最高ってことがお伝えできたらなと思います。

           

          IMG_4619.jpg

           

          IMG_4694.jpg

           

          レストランもスキー場内に併設されているのでその地域らしい食事も楽しめますし、少し車を走らせれば温泉もあります。

           

          憧れのサンタクルーズに思う存分乗って温泉に入って。めちゃくちゃ楽しい1日を過ごすことが出来ました。

           

          IMG_3237.jpg

           

          IMG_4625.jpg

           

          ご参加くださったお客様や代理店ウィンクレルの松本さん、車を出して頂きましたお客様、ありがとうございましたー!!

           

          また試乗会が開催出来たらなと思います。すでに楽しみです。笑

           

          その際にはご参加お待ちしております!

           

           

          皆様のご来店お待ちしております。

           

          SANTACRUZ(サンタクルーズ)はじめました。

          2019.09.08 Sunday

          0

            IMG_6638.jpg

             

            どうも!スタッフのゴリです。

             

            前振りから間が空いたのでお忘れの方も多いと思いますのでストレートなブログタイトルにしてみました。

             

            SANTACRUZ(サンタクルーズ)のお取り扱いをスタートしました。

             

            IMG_E3056.jpg

             

            以前からいつかは乗りたい(取り扱い)をしたいなと店長、僕、ユウスケと三人で話はしていたのですが、この度ご縁がありましてお取り扱いできる事となったので2020モデルの展示会にスタッフ&古川家総出で参加してきました。

             

            IMG_6642.jpg

             

             

            SANTACRUZ以外にもプロテクターや冒頭のサングラスなど魅力的なアイテムを多数取り扱っておりますが今回はわき目はそれなりに、お目当てのブランドをしっかりとチェックしてきました。

             

            各モデルがターゲットとしている乗り方にはじまり、仕様の差やライフタイムワランティーなどについて詳しく営業担当の方からお話を聞いてきました。(主に店長が)

             

            僕はというと自分が乗りたい聖痕ことSTIGMATA(スティグマータ)をがっつりチェックしておりました。(名前の通り僕の物欲に大きな痕を残してくれました、、、これは大変なことになるな)

             

            ユウスケも僕に負けないくらいガッツリ展示されている自転車をチェックしながら写真撮影をしていました。(自転車乗りとして良い感じに成長してくれている彼の姿を見れて僕はとても嬉しく思いました)

             

            ユウスケが撮ってくれたバイクの写真で掻い摘んで各モデルをご紹介します!

             

            IMG_6612.jpg

             

            IMG_6613.jpg

             

            先ずは僕が気になって仕方がない聖痕ちゃん!

             

            今まではグラベルライドなどにも対応できるシクロクロスというレーシーなイメージが強かったスティグマータですが、2020モデルからは650Bホイールに対応し幅広いフィールドでしっかりと遊べるバイクへと進化しました。

             

            グラベルライド、シクロクロス、アドベンチャー、ちょっとしたロードライドまで一台で遊び倒したい!という方にはぴったりな自転車です。

             

            IMG_6600.jpg

             

            先ずは店長の愛しゃ、、、じゃなかった。

             

            ハードテイルMTBのCHAMELEON

             

            120mmストロークのサスペンションに対応するフレームでリアエンドを交換する事で27.5+と29の2サイズのタイヤを装着可能。

             

            トレイルで楽しく遊びたい初心者からガッツリ攻める上級者の方まで満足して頂けます。

             

            IMG_6615.jpg

             

            価格もアルミフレームの完成車は253000円、フレームだけなら108000円(税別)とお手頃価格なのも魅力的です。

             

            アルミフレームは以前組まさせて頂きましたが、フレーム単品でも十分カッコいいですが自転車の形にすると更にかっこよくなりヤバいです。

             

            IMG_6575.jpg

             

            IMG_6574.jpg

             

            ハードテイルのトレイルバイクからのステップアップもしくは初心者の方で楽にそして安全にトレイル遊びをしたいという方には全地形型プレイマシンの5010がおススメです。

             

            ホイール径27.5前後130mmのショートトラベルマシンは軽くて反応も良いので、道幅が狭く細かいコーナーが連続するトレイルでも楽に走れ、舗装路も含めた登りでは軽快で階段や急な斜面を担ぐ時なども楽です。

             

            徳島市内から自走でいける範囲のトレイルや剣山スーパー林道など徳島のマウンテンバイクで遊べるフィールドでは一番扱いやすいモデルだと思います。
             

            IMG_6537.jpg

             

            IMG_6539.jpg

             

            IMG_6538.jpg

             

            ホイール径27.5前後150mmストロークのオールマウンテンBRONSON

             

            トレイルまで舗装路にトレイルの登りまでしっかりとこなせて、下りはストロークを活かして遊びたいという方にピッタリのモデル。

             

            僕が乗っているGTと同じジャンルのバイクで、下りで遊べてそれなりに登りも走ってくれるので自走で色んなトレイルまで出かけて遊びたいという方に特におススメです。

             

            IMG_6541.jpg

             

            IMG_6544.jpg

             

            IMG_6542.jpg

             

            ホイール径27.5前後170mmストロークのオールマウンテンNOMADO

             

            ほぼ下り専用車です。頑張れば自走でトレイルまでアプローチする事もできるけど出来れば車でトレイルヘッドまで移動したりゲレンデDHなど常設コースで遊びたい方向けです。

             

            IMG_6552.jpg

             

             

            IMG_6553.jpg

             

            IMG_6556.jpg

             

            29インチカーボンハードテイルXCバイク。

             

            とにかくトレイルを早く走りたい方、本格的にXCレースに参加してみたい方におススメです。

             

             

            IMG_6548.jpg

             

            IMG_6549.jpg

             

            IMG_6551.jpg

             

            29インチフルサスXCバイク。剣山スーパー林道に自走で行ってみたいという方から本格的にXCレースに挑戦する方まで、登りでも速く楽に走りたいという方におススメです。

             

             

             

             

             

             

            とりあえず気になるモデルと徳島のフィールドで使いやすいモデルを数台ピックアップしてご紹介しました。

             

            まだまだご紹介できていないモデルは沢山御座いますので是非店頭でカタログを見ながらご説明させてください。

             

            IMG_6557.jpg

             

            先ほどまで真剣にお取引の条件など大人な話をしていたボスもカメレオンの前で価格表と睨めっこタイムしていました。

             

            IMG_6600.jpg

             

            奥様が居なくなった隙に担当営業と込み入った話をしている、、、これはもしや!!?

             

            ということで何が届くかはお楽しみに。

             

            サンタクルーズ試乗会速報です!!!

             

            サンタクルーズの取り扱いがスタートしたことで代理店さんからのご協力があり試乗会をさせて頂くことになりました。

            ただ、MTBの試乗会をするのであれば店舗の周辺で乗ったところでその性能やMTBの楽しさはわかりません。
            スタッフにご相談頂ければ個別でトレイル試乗会も可能ですが、それはそれで言いにくいということもあると思いました。

            そこで思いついたのが少し遠出をしてでもマウンテンコースがあるところで試乗会をしようでした。

            また詳しくはブログで書きますが、日時と場所が決まりましたので、是非予定を調整して頂ければと思います!!!

            ・10月6日(日)
            ・現地集合で9時から試乗会スタート
            ・場所はアップかんなべ

            試乗車は最大で8台ご用意できる予定です。

            ヘルメットなどセーフティギアは各自持参でお願いします。
            かんなべさんでもレンタルはあります。(有料)
            こだわりがある方はペダルやシューズもご持参下さい。

            僕は死ぬほど楽しみです。

             

            アップかんなべ

            http://www.kannabe.co.jp/up-mtb-park

            2020モデル展示会に行ってきました。

            2019.08.29 Thursday

            0

              どうも!スタッフのゴリです。

               

              DSC06894.jpg

               

              今年もSURLYやALL-CITYをお取り扱いするモトクロスインターナショナルさんの展示会に参加するために愛知県は名古屋まで店長と二人で行ってきました。

               

              滞在時間より移動時間の方が圧倒的に長く長時間ドライブは大変なのですがその大変な思いをしてでも行く価値のある展示会なので毎年楽しみにしています。

               

              DSC06895.jpg

               

              去年から再開したALL−CITYですが今年も継続して取り扱い致します。

               

              DSC06905.jpg

               

              最近NEWモデルとして発表されたディスクロードバイクZIGZAGやMTB、ツーリングバイク、シクロクロスなど車種も多く、カラーも独特なので見ているだけでも楽しくなっちゃうオールシティ。

               

              そんな味のあるラインナップの中でシオストが在庫するのは、、、

               

              DSC06897.jpg

               

              BIG BLOCKです!

               

              back to the basic!基本に立ち戻れ!!ということで僕らが自転車にハマるきっかけであり、そしてALL-CITYの原点でもあるピストバイクを今年はフレームだけでなく完成車を在庫しようと思います。

               

              お次はSURLY!

               

              DSC06899.jpg

               

              DSC06900.jpg

               

              DSC06901.jpg

               

              DSC06902.jpg

               

              最近いけてるカラーのフレーム展開が増えたSURLYですが渋いカラーのタイヤもリリースしてました。

               

              グレーサイドまじでど渋すぎてこのタイヤから自転車生やしたくなりました。(フレームカラーがホワイトのミッドナイトスペシャルにいれたら最高だろうな、、、)

               

              DSC06892.jpg

               

              DSC06880.jpg

               

              MIDNIGHT SPECIALからもNEWカラーHi-Viz BlackとPerry's Winkleの2色が発売されます。

               

              そういう訳でホワイトはディスコンカラーとなります。(僕の妄想は実現する事がなさそうです。泣)

               

              殆どのサイズでメーカー在庫もなく店頭在庫のみなのでお探しの方もしくはお悩みの方はお早めに。(シオストにはフレームサイズ50の在庫が一本だけあります!

               

              DSC06881.jpg

               

              DSC06882.jpg

               

              2色発表はされましたがブラックがレギュラーカラーになり、ブルーの方は限定カラーで入荷は一度だけになる予定みたい注文数によっては手に入らない事もあるかもです。

               

              迷っていると手に入らないパターンなので欲しいという衝動が脊髄にビビッときたなら即反射した方が良さそうですね。

               

              気になる方はお早めにご相談ください。

               

              僕らが行く展示会に奴らは必ず現れます。

               

              DSC06883.jpg

               

              DSC06886.jpg

               

              大阪の自転車ショップBicycle Studio MOVEMENTの堀さんがおススメするLOWSIDEもGreen Astro TurfというNEWカラーになります。

               

              DSC06887.jpg

               

              DSC06890.jpg

               

              Brige Clubは700cホイールを採用したコミュータースタイルの完成車がラインナップに増えました。

               

              フレームカラーはNEWカラーのIllegal Smileで今まで完成車のみ展開でしがフレームセットの販売も開始されます。

               

              26x3,27.5x2.8,700x45cと幅広いホイールサイズに対応し、オールドMTBライクな見た目と組み方によってツーリング、コミューター、林道やトレイル遊びまで対応できるこのバイク個人的には一番きになっております。

               

              DSC06906.jpg

               

              DSC06907.jpg

               

              去年の展示会後に発表されたSTRAGGLERのSalmon Candy Redもい色味でした。

               

              今年から日本国内ではストラグラーの完成車での取り扱いが無くなります。クロスチェックやスチームローラーと同じくストラグラーもパーツを選んでフレームから一組みする事になるので、パーツ選びなどご不明な点は僕らになんでもお聞きください。

               

              DSC06921.jpg

               

              展示会後は聖地サークルズにムーブメントクルーと一緒に移動して併設されているカフェ通称アリバにてランチタイム。

               

              DSC06918.jpg

               

              DSC06910.jpg

               

              徳島では食べれない(もしくはお店をしらないだけ)アメリカスタイルの朝食を昼食としてガッツリ食べます。

               

              毎回思いますがうますぎてヤバいです。

               

              DSC06924.jpg

               

              DSC06925.jpg

               

              DSC06926.jpg

               

              DSC06927.jpg

               

              サークルズもヤバい。魔界過ぎて一度入ったら中々出てこれない。そして油断するとお財布の中もヤバいことになる、、、(財布の方はもともとヤバいので僕はノーダメージでしたけどね)

               

              DSC06929.jpg

               

              DSC06930.jpg

               

              DSC06932.jpg

               

              DSC06936.jpg

               

              サークルズのあとは第二の聖地カルチャークラブでSimWorksや同業所の面々と楽しく会話しながら意見などを交換して交流を深めました(主に店長が)

               

              僕は併設されているパインフィールズマーケットさんのアイスとケーキに舌鼓をうってました。(最近食べ過ぎてガリからゴリに戻りました。豚ゴリに戻る日もそう遠くないなど感じています)

               

              DSC06935.jpg

               

              今年もタナカさんに常滑のハゲことダーティーにも合えて楽しい名古屋展示会となりました。

               

              ALLCITYやSURLYのカタログは店頭でお見せできますので気になるモデルや自転車をお探しの方はお気軽にスタッフまでお声かけください!

               

              数年前の衝撃再び!!!

               

              DSC06940.jpg

               

              お財布崩壊確定です。ありがとうございます。

              第16回富士ヒルクライムに参加してきました。

              2019.06.10 Monday

              0

                 

                011475d7869af0b0242fd49d9040c249de6178803c.jpg

                 

                どうも!スタッフのゴリです。

                 

                第16回富士ヒルクライムに参加してきました。(今年の富士ヒルに挑むまでの準備についてはこちらをご覧ください)

                 

                結果から書きます。

                 

                019ad7bf40483763e8db1c3782de8b44c79590c29e.jpg

                 

                完走タイム1時間12分22秒36だったので無事目標にしていた75分切りの証であるシルバー達成できました。

                 

                応援してくださった皆様ありがとうございます。

                 

                僕だけで無く一緒に徳島から参加したお二人もシルバーでゴールしております。

                 

                014b9ac83fa71e3e5ed84d46dd21076fa714d7ed2f.jpg

                 

                アイハラさん 完走タイム1時間7分58秒

                 

                ゴールドまで後3分、、、速すぎる。汗

                 

                016e95b45a27196fad795646d87cdb65d010075003.jpg

                 

                サトウさん 完走タイム1時間11分28秒

                 

                最近ブルべ中心でヒルクライムしてないから自信ないですとおっしゃってましたが余裕のシルバー達成。

                 

                やはりお二人は速いですね。(いつの日かお二人を追い抜けるようにトレーニングがんばろう、、、)

                 

                レース当日は写真の通り朝から雨でした。

                 

                01334c5a311ced46467e504ad51b18b5f46f841acb.jpg

                 

                大会前日は晴天だったんですけどね、、、

                 

                0132437d08ef1c57f6a065faf1c099fe7b158e5db9.jpg

                 

                レース当日はスタート地点から雨。

                 

                01538fbdb5430941d47aba651fee6298496e6ef3e4.jpg

                 

                そしてゴール地点までずっと雨と過酷な状況でした。

                 

                この状況の中走るのはとても躊躇しましたが、富士ヒルに向けて準備をしてきたので腹をくくって挑みました。

                 

                レース序盤から区間ごとに決めたタイムとパワーを細かくチェックしながら淡々と登ります。

                 

                イベントあるあるですがいつもとは違う雰囲気にテンションを上げすぎてオーバーペースにならない様に意識してメーターが表示するパワーをチェックしました。

                 

                5km区間を過ぎてからは勾配が緩くなるのでそこからはしっかりと踏んでいきますが15kmを過ぎたあたりから、急に踏めなくなる感覚に襲われました。(実際にメーターに表示されるパワーは落ち、あらかじめ決めていた区間タイムから遅れだしました)

                 

                「ヤバい。このままでは75分切りできない。徳島に帰れない。」

                 

                この時は焦りました。ホントびびるくらい焦りました。そしてポケットの中に補給用のジェルを入れているのを思いだしました。

                 

                雨からくる寒さと標高が高く酸素が薄い中で回らなくなったのは足だけでは無かった。補給を忘れるくらい冷静さを失っていました。

                 

                素早くジェルを補給し気持ちを落ち着かせ今まではほぼシッティングで登ってきましたが雨で冷えた体を少しでも温めるためにダンシングを交えながら登ります。

                 

                冷静さを取り戻しましたが、遅れたタイムは中々取り戻せません。タイム的には75分は切れそうですが残りの距離を考えると安心できる地点では無いので、ここでタレてしまったら今までしてきた事が無駄になる。それだけは絶対に嫌だと今できる事を総動員させて必死にあがきました。

                 

                その甲斐あってか20km地点をすぎた辺りからは体の感覚も戻ってきたので残りの体力をふり絞るイメージで全力でペダルを踏みゴールしました。

                 

                先に書きましたが結果は75分切りができ目標達成。

                 

                準備期間から全力で挑んだ結果厳しいコンディションでもしっかりと走り切れ結果を出せたのでホントに嬉しいです。

                 

                0132d73a12a8811360e85a261234e9af61c958c2a9.jpg

                 

                軽量なカーボンロードバイクFELT FR3から自分の乗り方に合わせてフルカスタムでオーダーしたShinクロモリロードバイクが、この過酷な状況でもしっかりと僕を支えてくれ最後まで走り切る事ができました。

                 

                出走位置はDスタートなので回りはシルバー以上を狙える脚力をもったグループだったのですが、まわりを見渡すとクロモリフレームは僕だけでした。(登っている最中に3人ほど見かけたので嬉しくなり声をかけてしまいました。それくらいクロモリフレームがヒルクライムではマイノリティな機材ということなんですね)

                 

                重量面だけをみればFELT FR3と比べて1kg近く重たくはなりましたが重さ以外に求めていたポイントが結果につながっているなと実感できました。(書き出すと長くなるので改めてブログを書きます)

                 

                01c1d3794b8456413eb2ca4fd390e5fdfe8345fbe9_00001.jpg

                 

                めんどくさがりでさぼり魔な僕なので一人の力では此処までの結果を出することは1000%無理です。

                 

                色んな面でサポートしてくれた店長や家族、一緒に走ってくれる仲間、応援してくださった皆様が居てくれたので目標達成できました。

                 

                改めて言わさせて頂きます。

                 

                ホントにありがとうございました。

                 

                そして最後に一言。

                 

                01257113b39020843ec157095a64b2c9570395b2f0.jpg

                 

                GIRO AETHER MIPSアジアンフィットかふれたので買います!!!!

                 

                富士ヒルに参加された皆様お疲れさまでした。また来年会場でお会いしましょう!

                去年の雪辱を晴らす時がきた

                2019.06.07 Friday

                0

                  どうも。スタッフのガリです。

                   

                  IMG_8332.JPG

                   

                  どこがガリじゃっ!まるっきりゴリやんけ!!と思いましたよね。この写真実は2月の僕です。この頃の体重は約72kg。

                   

                  IMG_8754.JPG

                   

                  3月にこうなって、、、(約69kg)

                   

                  IMG_9520.JPG

                   

                  4月にはこうなります。まだギリゴリです。(体重約67kg)

                   

                  そして今月、、、

                   

                  LRG_DSC06761.JPG


                  どうですがこのガリガリっぷり。(現在体重は65.8kgです)

                   

                  久しぶりに会う人には体調を心配され、初めましての人には何故ゴリと呼ばれているのかを一から説明しないといけない位にゴリ感ゼロになりました。

                   

                  去年の富士ヒルクラムで目標達成できなかったのがとても悔しくて今年の2月から減量に取り組み本気で準備しました。

                   

                  LRG_DSC06762.JPG

                   

                  もちろん体だけでは無く機材も抜かり無くバチッと仕上げました。

                   

                  ヒルクライム様にフルカスタムで製作したShinクロモリロードバイクで挑みます!

                   

                  IMG_0118.JPG

                   

                  LRG_DSC06767.JPG

                   

                  タイヤをパナレーサーRACE EVOからコンチネンタルGrand Prix 5000 TLに変更。(もちろんチューブレスです)

                   

                  評判も良く以前から使ってみたかったので、富士ヒル前のタイヤ交換のタイミングで思い切って装着してみました。

                   

                  IMG_0137.JPG

                   

                  サドルも以前から気になっていたfizikのVERSUS EVOシリーズに交換。

                   

                  真ん中が割れているので尿道の圧迫感が少なそうなので選びました。(長い距離を乗るとたまに股間がしびれる事があるので)

                   

                  LRG_DSC06764.JPG

                   

                  LRG_DSC06765.JPG


                  スッキリとした形どシンプルな見た目も自分の自転車と相性が良くお気に入りのポイントです。

                   

                  LRG_DSC06770.JPG

                   

                  バーテープも痛んでいたのでfizikのventoソロカッシュタッキーに巻き替えました。

                   

                  2.7mmと厚みは標準的なので適度なクッション感がありますが、手に吸い付く様なグリップ力のおかげか薄てのバーテープの様なダイレクト感がある握り心地です。

                   

                  僕は登りでリラックスした姿勢で登るのが好きなのでハンドルのフラット部分を良く持つのですが、グリップ力の高さでハンドルをしっかりと握り込まなくても自転車を安定させる事ができる、よりリラックスした姿勢を保てるのが個人的にはとても良く感じました。

                   

                  LRG_DSC06769.JPG

                   

                  多分若干軽くなりました。(ほぼ誤差レベル。笑)見た目はかなり理想になったので大満足です。

                   

                  体と自転車の減量だけで無く走り込みも去年から乗る距離を増やし、途中シクロクロスで自爆して怪我休憩をはさみましたが、去年富士ヒルに初めて挑戦した時よりは走れる様になっています。

                   

                  富士ヒル前に自分がどれだけ走れるようになったか確認するために大川原高原でタイムアタックしてきました。

                   

                  IMG_0146.PNG

                   

                  自己ベスト更新。しっかりと仕上がってます!

                   

                  これでブログのタイトルの通り去年の雪辱を今週末晴れせそうです。

                   

                  ここまでの状態に持ってこれたのはトレーニングと減量にコツコツと取り組んだ結果ですが、一人ではここまでの状態に仕上げる事は出来なかったです。

                   

                  とくに店長と去年富士ヒルに一緒に参加したお二人には色々と助けて頂きました。(今年の富士ヒルもお二人と参加します)

                   

                  IMG_9373.JPG

                   

                  IMG_9750.JPG

                   

                  シクロクロスで怪我をしてしまい2ヶ月ほどまともにトレーニングをしなくなると、怪我する前の様には走れなくなり、またもともとサボり癖が人一倍強く面倒くさがりな性格も爆発して「もうキツいヒルクライムするの嫌だ」と逃げ腰になっていました。

                   

                  そんな怪我あけで走力がガクッと落ちている僕にお二人からまた一緒にライドとトレーニングしましょうと声をかけて頂けたのがとても嬉しく、また富士ヒルに向けてトレーニングを再開する事ができました。

                   

                  店長には、、、書くと長くなるので辞めておきます。いつも尻拭いと気合いを入れて頂きありがとうございます。

                   

                  3人のおかげで今の状態まで引っ張り上げて頂けました。本当にありがとうございます。

                   

                  体の減量は食事制限、自転車の減量は財布の紐を緩める、自転車のトレーニングはシンプルに乗りまくる。

                   

                  あまり難しい事は考えずに大まかにこの三つのプランを決めて取り組みました。体の減量についてはまた機会があれば詳しく書こうと思います。(自転車の減量は書くなと言われても定期的に書きます。笑)

                   

                  自転車のトレーニングはとにかく山に上りまくり獲得標高を荒稼ぎして、できれば距離も乗り込んだだけです。 

                   

                  IMG_9174.JPG

                   

                  IMG_8922.JPG

                   

                  仕事の日は早起きして店長の火曜眉山に参加したり、眉山を越えて通勤するなど、できるだけロードバイクに乗る時間を増やしました。

                   

                  IMG_9096.JPG

                   

                  IMG_9090.JPG

                   

                  IMG_9083.JPG

                   

                  休日は定番の大川原高原に八重地峠、土須峠などの徳島では定番の標高が高い峠を走り込み。

                   

                  IMG_9226.JPG

                   

                  IMG_9270.JPG

                   

                  IMG_8744.JPG

                   

                  IMG_8745.JPG

                   

                  IMG_9744.JPG

                   

                  IMG_9494.JPG

                   

                  冒頭のお二人と和歌山県の高野山にライドへ出かけたり、シオストで淡路島に出かけたり、お二人の練習仲間に混ぜて頂きライドするなど一人では無くなるべく誰かと乗るようにもしました。

                   

                  その方が単純に楽しいのとキツイ時にもうひと踏みして追い込む事ができるからです。トレーニング仲間というかライド仲間は大事です。

                   

                   

                  乗り込んでいると停滞期やトレーニング疲れなど上手くいかない時もありました。

                   

                  そんな時は勝手に思い詰めて病んでしまうタイプなので、トレーニング目的では無いライドをする時間、その瞬間を楽しむ自転車の乗り方をして、しっかりと体とメンタルとのバランスをとる事も心がけました。

                   

                  IMG_9664.JPG

                   

                  ロードバイクでサイクリングでも良いのですが、オンロードよりはグラベルを、もしくはMTBなど自転車もフィールドもガラッと変えてる事で頭の中がしっかりと切り替わりより気分転換になりました。

                   

                  LRG_DSC06522.JPG

                   

                  (京都から遊びにきてくれた二人をアテンドしたライドは楽しいとキツイが混ざった最高にカオスでヤバいライドだったのでまた二人と走りたいな)

                   

                  IMG_9767.JPG

                   

                  IMG_9770.JPG

                   

                  IMG_3727.JPG

                   

                  県外の自転車仲間とライドしてガッツリ引き倒されたり、トレーニングの仕方などを勉強させて頂く機会もあり、なんだかんだ振り返ってみると減量を開始した2月から今日までの約4ヶ月はあっという間でした。


                  ここまできっちり取り組みましたが結果が全てです。

                   

                  僕は富士ヒルクライムで75分切りをしてシルバーを獲得する事が目標であり、今までの積み上げはその目標を達成することでやっと意味が出てくると思っているので、富士ヒル当日は全力で走ってシルバーを獲得してきます。

                   

                  (来週に富士ヒルのレポが上がらない時はそっとしておいてください、、、)

                  展示会に行ってきましたー!(ユウスケの物欲編)

                  2019.06.02 Sunday

                  0

                    どうも、大学生スタッフのユウスケです。

                     

                    IMG_5278.jpg

                     

                    先日のゴリさんのブログでご紹介の通り、ミズタニさんの展示会に参加させて頂きました。

                     

                    個人的にグッときたクロームの商品紹介を中心にブログをお届けします!

                     

                    IMG_5084.jpg

                     

                    IMG_5069.jpg

                     

                    ユーモラスな先輩ゴリ氏と一緒に、各ブースを周ります。

                     

                    IMG_5097.jpg

                     

                    IMG_5087.jpg

                     

                    (、、、欲しい!)

                     

                     

                    IMG_5279.jpg

                     

                    IMG_5169.jpg

                     

                    僕としてはこの日一番のお目当、クロームさんのブースに到着です。

                     

                    楽しみは残しておくスタイル。最後にお邪魔しました。

                     

                    IMG_5283.jpg

                     

                    普段からカメラバッグやリュックなどを愛用しているだけに、毎年の展示会を楽しみにしています。

                     

                    IMG_5164.jpg

                     

                    IMG_5168.jpg

                     

                    IMG_5171.jpg

                     

                    クロームのバッグ類は全てのモデルで、耐水~完全防水の仕様となっています。

                     

                    突然の雨の中でも、荷物を守ることができ、普段の通勤・通学から旅行まで幅広く活躍します。

                     

                    僕も雨の日の通学で選ぶのはいつもクロームのリュックです。

                     

                    IMG_5162.jpg

                     

                    IMG_5165.jpg

                     

                    IMG_5161.jpg

                     

                    個人的に特にグッときたのがこちらの、PIKE PACK(パイクパック)

                     

                    ニューモデルのMODAL COLLECTION シリーズのバックパックです。

                     

                    IMG_5163.jpg

                     

                    前面をガパッと大きく開くことで、荷物のパッキングが容易に行えます。

                     

                    リュックの底の方にある荷物の出し入れがしやすく、スペースを無駄無く埋め尽くせます。

                     

                    IMG_5167.jpg

                     

                    ロールトップ部を内側に折り返すことで、外部からの防犯性を高めることも可能。

                     

                    個人的には白っぽいカラーが特に惹かれました。あまりクロームっぽく無い感じが新鮮だなと。

                     

                    (多分、買います!)

                     

                    IMG_5160.jpg

                     

                    IMG_5158.jpg

                     

                    ゴリさんもお目当のモデルをちゃんとチェックしてました。笑

                     

                    IMG_5157.jpg

                     

                    IMG_5152.jpg

                     

                    IMG_5154.jpg

                     

                    IMG_5150.jpg

                     

                    IMG_5151.jpg

                     

                    IMG_5149.jpg

                     

                    ボディーバッグやハンドルバーにつけるバッグなど、幅広く展開しています。

                     

                    ハンドルバーバッグはメーカーさん曰く、結構売れてるみたいです。

                     

                    IMG_5148.jpg

                     

                    IMG_5155.jpg

                     

                    IMG_5156.jpg

                     

                    IMG_5144.jpg

                     

                    旬な雰囲気の、一押しのジェットキャップです。

                     

                    IMG_5146.jpg

                     

                    IMG_5145.jpg

                     

                    ウォレットやキャップなどの小物類もクロームらしいセンスで、どれも使い勝手が良さそうでした。

                     

                    ゴリさんともクロームの在庫を強化したいですねと話したので、クローム製品はシオストにご期待くださいませ!

                     

                     

                    以上、(僕が欲しいものを中心に)ミズタニさんの展示会を振り返らせて頂きました。

                     

                    2019モデルのカタログなどございますので、是非ご来店くださいませ!

                     

                    皆様のご来店お待ちしております。

                     

                    きになるアレコレをチェック、1、2!!

                    2019.05.30 Thursday

                    0

                      IMG_5214.jpg

                       

                      どうもジュノンボーイのガリ、、、では無くスタッフのゴリです。

                       

                      今年は例年より早く開催されることになった代理店さんの展示会に参加するためにユウスケと二人で大阪まで行ってきました。(店長は外せない予定があり今回は不参加です)

                       

                      IMG_5216.jpg

                       

                      店長がいないという事はじっくりと自分の欲しいものが見えるチャンス!

                       

                      僕らが大好きなクリスキングやトムソン、自転車を組む時に必須パーツとなるシマノ製品など幅広く商品を取り扱っている代理店さんです。

                       

                      気になった商品を全部紹介していたら大変なことになるのでピックアップしてご紹介します。

                       

                      先ずは気になっている方も多いと思います。最近シマノから発表されたグラベルバイク用のコンポーネンとシリーズGRX!

                       

                      IMG_5051.jpg

                       

                      製品が発表されて日も経っていないため全てのモデルは展示されてはいませんでしたが、11速モデルのRX810とRX600実物を数点見ることができました。

                       

                      IMG_5041.jpg

                       

                      IMG_5042.jpg

                       

                      フロントシングル用に左側のシフトレバーを排除したSTIが遂にシマノから発売されました。(もちろんフロントダブル仕様のSTIもあります!)

                       

                      IMG_5044.jpg

                       

                      ブラケットの幅も広すぎる感じも無く握りやすそうす。

                       

                      油圧STIも進化し続けてワイヤー式とサイズ感の差が少なくなってきていますね。(GRXシリーズは今のところブレーキは油圧のみとなります)

                       

                      IMG_5049.jpg

                       

                      キャリパーもマットなカラーがカッコイイです。

                       

                      IMG_5048.jpg

                       

                      フロントディレイラー

                       

                      IMG_5046.jpg

                       

                      リアディレイラー

                       

                      肉抜きされたボディにマットや金属感を残した塗装が無骨な感じで良いですね。

                       

                      RDはフロントシングル用とダブル用があるので自分のスタイルに合わせて選択が可能です。

                       

                      早くこのコンポを使って自転車を組んでみたいです!

                       

                      お次はコンチネンタル。

                       

                      ロードバイクとフェラーリのタイヤってイメージが僕の中では強いのですが、MTBにシクロクロスと幅広くタイヤを作り続けているメーカーです。

                       

                      そんなコンチネンタルからグラベル用タイヤが新しく発表されました。

                       

                      IMG_5053.jpg

                       

                      IMG_5055.jpg

                       

                      TERRA TRAILとTERRA SPEEDの2モデル。

                       

                      IMG_5056.jpg

                       

                      左がTRAILで右がSPEEDになります。

                       

                      トレイルが名前の通りノブが大きく幅広い路面に対応でき、SPEEDがノブが小さく転がりが軽めです。

                       

                      サイズはTRAILが650Bx40と700x40cの2サイズ、SPEEDが650Bx35,650Bx40,700x35c,700x40cの4サイズになります。

                       

                      この手のタイヤではもう当たり前となったチューブレス対応なので、空気圧を低くしてブリブリ言わせながらグラベルを走ることができます!

                       

                       

                      IMG_5072.jpg

                       

                      IMG_5073.jpg

                       

                      IMG_5075.jpg

                       

                      みんな大好きクリスキングも沢山展示しててテンションガチあがり!

                       

                      IMG_5074.jpg

                       

                      なんぼクリスキングでも高すぎやろって心の中で思っていたスペーサーですが、高い理由は表には見えないところに隠れていました。(内側削って肉抜きしてる!)

                       

                      お値段納得ですね。クリスキングのヘッドセットを装着している自分の自転車に装着したくなりました。

                       

                      IMG_5117.jpg

                       

                      IMG_5110.jpg

                       

                      IMG_5109.jpg

                       

                      日東さんにも気になる商品があったのでしっかりとチェック。

                       

                      IMG_5107.jpg

                       

                      IMG_5102.jpg

                       

                      グラベルハンドルのM137AA-SSB 価格9200円(税別)

                       

                      クランプ径は31.8mmでカラーは定番のブラックとありそうであまり選択肢がなかったシルバーの2カラー!

                       

                      ハンドル幅はC-C480mmから20mm刻みで540mmまであります。

                       

                       

                      グラベルバイクをシルバーパーツで組む時に選択肢が無くハンドルだけブラックで、、、みたいな事が結構頻繁にあったので、サイズ展開が多く形状も良い感じのハンドルが増えたことは喜ばしいことです!日東さん万歳!!

                       

                      意欲的に新製品を送り込んでくる日本の老舗さんは他にも沢山あります!

                       

                      個人的に今回一番欲しいと思ったのがこの商品。

                       

                      IMG_5203.jpg

                       

                      オーストリッチのウルトラSL-100輪行袋です。

                       

                      オーストリッチの輪行袋といえば破れにくくタフで長く使えるメイドインジャパンブランドってイメージが強いですが、この商品は今までの製品とは逆方向な軽さとコンパクトさを突き詰めた商品です。

                       

                      メーカー自らや破れやすいから気をつけてと言うくらいなので、今までの輪行袋感覚で使うとまずそうですがこのコンパクトさを見てしまったら、ロードバイクで輪行してライドをする時にとにかく荷物を減らしてミニマムにしたい方や、ロングライド中の緊急時に備えて輪行袋を携帯したいと言う方にはぴったりなアイテムだと思います。

                       

                      最近は県外に走りにいく事が増えその分輪行する機会も増えたのですが、動きやすさを重視してできる限り荷物はコンパクトにしたい派なので、破れやすいと言われても収納時このサイズになる輪行バッグが手に入るなら余裕で即買いです。

                       

                      とは言っても初めての輪行バッグで選ぶにはハードルが高そうなので、収納時のサイズは気にならないと言う方は先ずは定番モデルからお選び頂くのがオススメです。

                       

                      IMG_5143.jpg

                       

                      お次は性能と価格のバランスが最高なウェアブランドパールイズミ。

                       

                      性能と価格は魅力的ですが今まではデザインが僕たちの好みでは無かったので、インナー類をメインにシオストでは販売してきましたが、最近良い感じのジャージが増えてきたので僕が個人的に推してます!

                       

                      特にオススメしたいのがこのジャージ。

                       

                      IMG_5138.jpg

                       

                      IMG_5139.jpg

                       

                      IMG_5140.jpg

                       

                      IMG_5141.jpg

                       

                      シンプルなデザインと機能性の高さを備えて価格が9800円(税別)と恐ろしいくらいにコスパが高いファーストレースジャージ。

                       

                       

                      レースフィットなので体のラインにしっかりフィットしてくれバタつきが少なく、タイトに着ても生地が良く伸び、窮屈さも無いのでとても楽です。最近通勤やトレーニングでガンガン着ているお気に入りのジャージです。

                       

                      体型によってはサイズチャート通りのサイズにするとフィット感や着た時のシルエットがイマイチだったりするので、気になる方は是非一度ご相談ください。

                       

                      IMG_5179.jpg

                       

                      ユウスケと二人で展示会を真剣に見て回っていると僕らを盗撮してくる怪しい人が突然現れました、、、汗

                       

                      IMG_5208.jpg

                       

                      怪しい人では無く仲良くしてくださっている大阪のショップ、バイシクルスタジオムーブメントのホリさんでした。笑

                       

                      この後ホリさんと一緒に展示会を周り色々と情報交換などもでき、とてもいい勉強になりました。

                       

                      展示会後は美味しいカレー屋さんに案内してくださりありがとうございました!

                       

                      今回の展示会で気になった商品を僕の独断と偏見でピックアップしたブログは以上になります。

                       

                      ユウスケ編もあるのでそちらもご期待くださいませ!