さぬきシクロクロスに参加してきました。

2018.02.20 Tuesday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    先週末香川にうどんを食べに、、、じゃなかったさぬきシクロクロスにお客様と参加してきました!

     

    今回の出走メンバーは前回の高知ヤシィシクロクロスに参加した佐藤選手(C4)、桂木選手(U15)と僕(C2)そして今回も運転手、カメラマン、サポートと裏方に徹してくれた桂木選手(C4)の四人で行ってきました。

     

    download-4.jpg

     

    お隣は香川県といえど、レースの朝は早いです。6時にシオスト集合で、お客様の運転で会場へ向けて出発です!

     

    _1040555.jpg

     

    download-5.jpg

     

    会場に着いたら準備してコースの試走をし、一息着いたらもうレースがスタートです。

     

    _1040566.jpg

     

    初めのレースはU15の桂木選手から!

     

    _1040591.jpg

     

    _1040599.jpg

     

     

    _1040609.jpg

     

    今回U15はエントリーが桂木選手だけでしたが、混走のためCL3、CK3の選手と同時出走でした。ライバルとなる同年代が居ないので張り合いも無く楽しくないかもと少し心配でした。

     

    download-6.jpg

     

    download-9.jpg

     

    チェーンが外れたりオーバーランしてコースアウトしたりトラブルもありましたが、終始楽しそうにそして全力で走る彼の姿を見たら無駄な心配だったようでホッとしました。

     

    _1040621.jpg

     

    前回は逃したポディウムの一番高いところをゲットです。おめでとう!!!

     

    download-3.jpg

     

    桂木選手のレースが終わったらお次は佐藤選手(C4)の番です。

     

    今回のC4は参加人数は47人と全カテゴリーの中で最多人数でポディウムに乗れれば昇格できます。

     

    これは昇格できるビックチャンスだと僕は思いました。(なぜなら佐藤選手はロードバイクが超速いです。僕は毎回ガッツリ遊ばれております。汗)佐藤選手も気合十分で前回参加した店長のアドバイスと試走をした感じからレースプランをしっかりと考えていました。

     

    _1040618.jpg

     

    スタート位置も前から4列目なのでスタートで先頭集団に入れる位置です。

     

    _1040665.jpg

     

    _1040673.jpg

     

    _1040659.jpg

     

    佐藤選手は先頭集団から中盤の間でライバル達とバチバチにやり合いながら順位を上げる走りを展開していました。


    download-2.jpg

     

    _1040686.jpg

     

    出走人数が多いのでいたるところで抜きつ抜かれつつのバトルがあり応援しているこちら側も熱が入り見ていて一番楽しかったです。

     

    download-8.jpg

     

    結果は12位と今回は昇格を逃しましたが、満足のできる走りができたのと納得のできる順位だった様でレース後は早くも次戦の阿波シクロクロスに向けて気合十分でした。

     

    C4のあとはCM3+CL2、C3+U17+CM2と順調に午前中のレースが進み今までのTeamShiokazeCXなら午前中でレースは終わり撤収でしたが今回は違います。

     

    そうです。TeamShiokazeCXエースライダーこと、物欲モンスターこと、眉山マスターこと、徳島唯一のC2ライダー!!

     

    download-13.jpg

     

    わたくしゴリのレースがあるために最終レースまでしっかりとシクロクロスを楽しめるのです!!!(朝早くからお付き合い頂きサポートして下さった皆様本当にありがとうございました)

     

    シーズン初めの野辺山で目標にしていたC2昇格をサクッと決めてからは少しやる気スイッチも切れてしまっていましたがさぬきシクロクロスに出ると決まってからは、野辺山ではボロンチョにやられたライバル視しているSAUCE CXの高橋選手にリベンジするために気合を入れ直し挑みました!

     

    _1040759.jpg

     

    朝と昼の試走を入念にこなしレースプランもバッチリ考えて、スタート位置も狙っていた外側からスタートでき外側から捲っていく位置で猛ダッシュです。

     

    _1040787.jpg

     

    ライバル視している高橋選手は最前列スタートでしかも実業団ではE1カテゴリーを走るチョッパやな方なので初めの急な登りで階段が続くポイントはトップ集団で走り抜けた様です。

     

    download.jpg

     

    気合十分の僕は中盤位でしょうか?

    この時点で高橋選手は、はるか彼方を走っていることを理解したので彼をボコるのは次戦に持ち越すことを決め、後方から猛スピードでやってきた写真手間に写っている、シオストでも取り扱いをスタートしたKINFOLKのシクロクロスチームに所属するジュニアの選手にできる限り食らいつきレース運びとレース感覚を身につける走りにプランに切り替えました。(そして早々にちぎれました。泣)

     

    野辺山後気が抜けていたツケは大きく心拍は直ぐに上がり、足はパンパンで今にも攣りそうでキツすぎて泣きそうなのに走るのが楽しい!!

     

    俺ってもしかしてどMなのかなと後から考えてしまう位レース中はキツかったのですが、シクロクロスは本当に走るのが楽しいのです。

     

    _1040827.jpg

     

    苦しくも楽しいシクロクロスを満喫している僕に神がご褒美を与えてくれたのかなんなのかは知りませんがレース終盤にまさかの展開に!!

     

    download-14.jpg

     

    さらばシンゴマン。俺の臭いケツでも見ながら後方に沈め!!!

     

    _1040867.jpg

     

    なんでヤァァァアああああ!!!!

     

    download-12.jpg

     

    結果は前回同様惨敗でした。ありがとうございました。(順位は多分中盤くらいです。どうでも良いです。泣)

     

    _1040590.jpg

     

    download-1.jpg

     

    シクロクロスって走っている最中はキツいとかシンドイとか考えている事が多いのですが、レース中の写真をみると笑顔の写真が多く見返していて本当不思議な競技だなと思います。

     

    普段は絶対走れない様な場所を自転車で走れるワクワク感と、レースが持つピリッとした雰囲気、そして初心者の方なら30分で終わる競技なのでなんとなくハードルも低く、ちょっとしたキツさも加わった加減が良い塩梅なのかもしれませんね。

     

    download-10.jpg

     

    download-11.jpg

     

    レースは小学生からだけでなく未就学児のレースもあるので家族で楽しむことができるのもシクロクロスのレースが人気な理由の一つですね。(この日も香川のお客様が応援に駆けつけて下さり、息子ちゃんがパパより先にレースデビューを飾っておりました)

     

    今週末開催される四国シリーズの最終戦となる阿波シクロクロスは明日までエントリー可能なので、走ってみたいという方は是非エントリーしてみてください!

     

    地元開催なのでもちろん僕らもお客様と共に前回同様参戦しますので応援よろしくお願い致します!

     

    シクロクロスの事がもっと知りたいという方はお気軽にスタッフまでお声掛けください。

    僕のシクロクロス参戦レポーシクロクロス四国 第1戦 高知 ヤシィシクロクロス

    2018.01.30 Tuesday

    0

      僕のシクロクロス参戦レポーRapha Super Cross NOBEYAMA 2017が終わってから僕のシクロクロスレースへの熱が少しずつ冷めているのを感じていた。


      レースバイクであるCieloがあんな状態になったという事と、シクロクロス四国にしか参戦ができないという事、残留チケットが1枚しかない事が僕を焦らせたのである。


      自転車に乗る。という事が好きな僕にとって上記のプレッシャーというのは自転車に乗るという行為が楽しくなくなるのでは?という疑問を僕に植えつけた。


      次のレースでRDハンガーがダメになったらどうしよう。なんて事を考えるとレースの準備をする事さえ無駄に感じてしまっていた。


      ただ、シクロクロス四国は大きく括って地元開催ということもあり、少しでも盛り上げるために出場したかったという思いが強かった。


      「大嫌いなトレーニングをやってみよう」


      色々と考えた結果、1発で残留を決めれば良いだけであり、壊れたら今期は諦めてC4からやり直せば良いだけだ。


      C3残留への道というハッシュタグをつけながらInstagramに投稿し眉山トレーニングをスタートした。大嫌いだと思っていたトレーニング的な乗り方だが、思った以上に楽しく取り組めた。なぜかと考えてみたが、ロードバイクに乗り始めてまだ走力が無かった頃に眉山に登りまくって力をつけていた事を思い出したからだと思う。

      ただ、そのトレーニング的なライドがシクロクロスへの熱を上げたかといえば答えはNOである。またまた熱が冷めはじめた。やっぱり自転車は自分の好きなタイミングで好きに乗るのが楽しいとなってしまったのが原因だろう。


      レースの5日前にヤシィシクロクロスのスタートリストが発表された。


      C3が7人。(この人数だと1位じゃないと1発残留ができない。もちろん昇格もなし)


      前々日ぐらいの天気予報では寒波到来中で曇りのち雨予報。


      TeamShiokazeのメンバーにはリタイヤすると伝えた。これなら仕事をした方がマシだと思ってしまったのだ。


      その夜、チーム員の桂木選手(U15)から連絡が。


      日曜日に大会に行きます。
       僕は1位を取ります。
       その姿を見て下さい。


      とのこと。


      僕はこういうのに弱い。


      参戦が決定した。


      _1040358.jpg


      今日の出走メンバーである。


      左から佐藤選手(C4)、桂木選手(U15)、古川選手(C3)


      膝の筋の痛みでDNSとなってしまったが、運転手、カメラマン、サポートと裏方に徹してくれた桂木選手(C4)


      _1040350.jpg


      ゼッケンはジャージを脱いで各自取り付けるのではなく、チーム員同士で付け合うのがTeamShiokaze流。


      _1040379.jpg


      _1040386.jpg


      _1040380.jpg


      _1040382.jpg


      _1040389.jpg


      _1040405.jpg


      _1040406.jpg


      試走は念入りにしたつもりだったが、空気圧やラインの読みが少し甘かったなと反省。


      _1040416.jpg


      ここで朗報が!!C3と4が混走というルールが採用されており、なにやら勝ったらC4でもC2への飛び級昇格とか。(逆にC4のみだと優勝できたのにという場合でもC3への昇格がない)という事は、1位にならなくても1発残留はできる。しかも40人ぐらい出走者がいる。来てよかった(嬉)失礼な話だが、トラブルがない限りはこの時点で1発残留が確定したと確信してしまった。


      _1040423.jpg


      _1040428.jpg


      _1040430.jpg


      _1040432.jpg


      _1040434.jpg


      _1040442.jpg


      _1040445.jpg


      _1040454.jpg


      _1040455.jpg


      _1040460.jpg


      _1040473.jpg


      _1040479.jpg


      _1040489.jpg


      _1040499.jpg


      _1040506.jpg


      砂と平地のスピードパワーコース。


      大嫌いなランもしっかりとこなした。砂は苦手と割り切って空気圧を高めに設定し、オンロードやテクニカル場面で差を詰めた。


      3位争いではレースの中のレースができて非常に楽しかった。


      _1040514.jpg


      ゴールをした時は本当に満足していたのだろう。


      _1040518.jpg


      次のレースではU15の桂木選手が。


      _1040524.jpg


      _1040529.jpg


      _1040533.jpg


      _1040537.jpg


      _1040539.jpg


      _1040543.jpg



      結果

      C3+4

      古川選手:4/40 (10%)

      佐藤選手:20/40 (50%)


      僕は1発残留が決まった。あと6秒速ければC2へ昇格だった。ただ、レース中の事を後から悔やんだところでなにも変わらない。次のレースでその反省が生きるかどうかが大事なのである。

      佐藤選手は落車でRDハンガーが曲がった。7位前後で走れていたこともあり非常に残念である。メカトラブルについては僕も痛いほど気持ちがわかるつもりだ。

      ただ、上位7名がC3である。僕はC3だけでのレースだとギリギリ残留チケットが取れただけであり、佐藤選手はC4で優勝できた可能性があるという事である。佐藤選手は香川(さぬきCX)にも参戦予定なので昇格できる可能性は十分にあると思う。


      _1040549.jpg


      U15

      桂木選手:2/2 (100%)


      大事なのは結果なんかじゃない。


      僕は君のチャレンジ精神と1位を取るという目標を誰かに対して明確に表した事が大事だと思う。素敵なレースを見せてもらえた。そして、僕は君がいないとこのレース会場にいなかった。本当に感謝している。


      C3残留への道は無事に達成したということもあり、これにて僕の今期のシクロクロスは終了である。まだ徳島でのシクロクロスがあるにも関わらず。


      なぜならCielo * Cross Racerとお別れをするからである。つまりはシクロクロスバイクが無くなるという事である。


      これについては訳がある。愛車であるCieloにあんな事があり、RDハンガーの修正はしたが次に曲がると折れる可能性があり、新しくすることも考えたのだが、ちょっと思う事があり悩んでいた。

      ここ数年で色々と新しい規格が登場してきたこともあり、ショップオーナーとしては勉強のためには最新スペックを盛り込んだ自転車に乗る必要があると思っていた事や、Cieloが生産中止になったことである。

      Cieloを2台所有している僕として、残すのは初めて無理をしてでも購入したRoad Racer Discだというのはすぐに決まった。

      じゃあ次のフレームはどうするのか?

      そんな時に連絡をくれたのがAboveBikeStoreの須崎さんである。MUDMANに乗らないかとお誘い頂いた。(すでにオーダー済み

      オーダーしたのはシクロクロスではなくオールロード。徳島というフィールドを考えるとどう考えてもオールロードバイクが必要なのと、シクロクロスメインのフレームにするにはレース出場回数とやる気が伴わないと判断した結果である。(レースは嫌いという訳ではなく、それよりも楽しいことが僕にはあるという事である)もちろんだが、シクロクロスを辞める訳ではなく、来季もC3残留をかけて戦うつもりだ。


      となればCielo * Cross Racerはどうすの?という質問に先にお答えしておこう。


      僕が新しい自転車を組むというのはもちろんスタッフ達にも話しており、楽しみにしてくれている反面、「店長だけずるい」という気持ちがしっかりと伝わってくる。これを上手い事まとめるのも店長としての手腕が問われるのである。

      特にゴリがそれを我慢できるはずもなく、毎日のように『カーボンフレームのロードバイクとオールロードが欲しい。」と連呼してくる。

      ユウスケの乗っているFELT FR3がまさにカーボンフレームのロードバイクである事に気づいた僕は、「ゴリにそのFR3をやれ!」と業務命令をする。もちろんFR3はユウスケが自腹で購入したバイクである。

      ただ、僕も鬼ではない。ユウスケに選択肢をもたせたのである。

      「CieloとFR3だとどっちに乗りたい?選べ!」

      即答で「Cielo」だった。

      僕がCieloを知らない人に売るなんて事は絶対にない。かといって飾っておくようなコレクター精神も持ち合わせていない。

      「Cieloに乗りたいです」と答えた20歳は「僕で良いのだろうか」と「Cieloに乗れる日が来るなんて最高だ!」という複雑な表情をしていた。

      大事にしてもらえる。僕はそう確信した。


      すると、スタッフ二人から「店長だけずるい」という気持ちが消えたのであった。


      長くなりましたが、これにて終了です。


      徳島CXについてはシオストを休んで参加します。今期のシクロクロスは終了とは言いましたが、僕もSURLY Steamrollerで走ろうかなと思っていますので一緒に楽しみましょうね!(エントリーは始まっています


      皆様のご来店お待ちしております。


      高知CXの写真がアップされているのでリンクを貼っておきます。


      泥山田@チーム泥んこプロレスさん

      (佐藤選手の落車やRDハンガーが曲がったとされる写真があります)


      高知シクロクロス


      正式リザルト





      おら東京さ行ってきただ

      2018.01.26 Friday

      0

        展示会と自分の自転車のフレームのオーダー。

         

        ちょうどその二つが重なったこともあり、東京へ行ってきました。

         

        飛行機でサクッと行ければ良いのですが、そこまで儲かっている訳ではなく、変わらずの高速バスを使いました。

         

        22日の夜に出発予定だったのですが、最強の寒波(聞き飽きました)が到来とのことで関東が大雪で凍結地獄になったためにバスが運休し、翌日の出発となりました。

         

        IMG_7279.JPG

         

        最後のトイレ休憩でバスから降りたら白銀の世界で寒すぎました。

         

        IMG_7280.JPG

         

        6時少し前の新宿です。寒い。

         

        展示会は9時から。

         

        IMG_7282.JPG

         

        今まではおしゃれなカフェでコーヒー飲んで読書タイムでしたが、今年からは朝マックへ切り替えです。この時代だからこそ何度も繰り返し読んでいる僕の教科書をしっかりと読書。

         

        IMG_7284.JPG

         

        某ブルーラグのお二人です。展示会の写真はこれしかありません。

         

        展示会は3箇所を周ったのでヘロヘロになりました。(カタログが重すぎて肩が取れるかと思いました)

         

        ランチで食べた焼き鯖定食(ご飯、辛子明太子、高菜おかわり自由)が最高に美味しかったのが一番印象的でした。

         

        IMG_7289.JPG

         

        IMG_4853.JPG

         

        途中からAboveBikeStoreの須崎さんと合流し、浅草を少し散歩してから、宿無しを伝えると泊めてもらえることに。(感謝感激でございます)

         

        晩御飯を食べてビールを少し飲むと睡魔が襲ってきたので就寝です。

         

        IMG_7299.JPG

         

        AboveBikeStoreの看板犬となった3代目小濱とすーちゃんにもご挨拶。すーちゃんは一緒に寝ました。(女の子なので不倫なうです)

         

        IMG_7301.JPG

         

        IMG_7302.JPG

         

        IMG_7303.JPG

         

        IMG_7306.JPG

         

        朝から散歩です。12時からの営業にするとこんなにもゆっくりと過ごせるのは魅力でした。(日曜だけ12時オープンにしようかな)

         

        IMG_7308.JPG

         

        IMG_7310.JPG

         

        僕がシオストをやり始める前に修行をさせてもらったAboveBikeStoreです。(修行をしたのは前の店舗の時)

         

        魅力的な商品とセンスの良いディスプレイ。

         

        今回お邪魔したのは自分のフレームのオーダー依頼です。

         

        最新の機材を使って自転車を組む(勉強する)というのも自転車屋スタッフとして必要なことであり、今回は未経験だったフルオーダーにも挑戦です。

         

        IMG_7309.JPG

         

        自転車屋の中にフレームビルダーが常駐しており、フレームを製作しているとか最高ですよね。

         

        IMG_7286.JPG

         

        僕は、AboveBikeStoreオリジナルのMUD MANをジャパンメイドでフルオーダーしました!

         

        ミーティングをしているところですが、シクロクロスをオーダーするつもりがオールロードのフレームをオーダーしちゃいました。

         

        徳島というフィールドを考えるとどう考えてもオールロードバイクが必要なのと、シクロクロスメインのフレームにするにはレース出場回数とやる気が伴わないと判断した結果です。(レースは嫌いという訳ではありませんが、それよりも楽しいことが僕にはあるのです)

         

        IMG_7287.JPG

         

        まぁあれこれ考えます。

         

        IMG_7289 2.JPG

         

        考えすぎて焦点が合わなくなり、おかしなポーズをとり始めましたw

         

        IMG_7292.JPG

         

        IMG_7293.JPG

         

        色々と計測します。オーダーフレームを依頼する時にこのデーターは重要になってきます。計測方法もしっかりと勉強してきましたので詳しくはお店で聞いて下さい。

         

        IMG_7312.JPG

         

        計測後はジオメトリーをフレームビルダーの高橋さんが作成してくれます。その間に、塗装ブースへ潜入です!(自転車屋の中に塗装ブースまであります)

         

        IMG_7313.JPG

         

        IMG_7314.JPG

         

        IMG_7315.JPG

         

        IMG_7316.JPG

         

        IMG_7317.JPG

         

        IMG_7318.JPG

         

        IMG_7294.JPG

         

        SWAMP THINGSさんで塗装を決めます。僕はカラーだけ指定してあとはお任せしました。僕は基本的には信頼している職人さんには丸投げすることが多いです。その方がワクワクして楽しいのと、良いものが出来上がることが多いことを僕は知っているからです。

         

        IMG_7296.JPG

         

        ジオメトリーがある程度決まったところです。

         

        IMG_7319.JPG

         

        基本的に僕はこういうことを決めるのは早い方です。悩んでもしょうがないと思っています。なのでまぁまぁ端折ってはいますが、半日もかからずに決まりました。

         

        4月ぐらいに完成予定なので、それまでオールロードという以外は内緒です。(お店で聞いてもらえたらベラベラ喋りますがw)

         

        ざっくばらんなご紹介になりましたが、僕のフレームが完成するまでには取り扱いについて詳細が決定していくと思います。

         

        色々と決まり次第、ご報告致しますので、お楽しみに。

         

        詳しくはお店で聞いて下さいませ。

         

        IMG_7335.JPG

         

        そんなこんなで無事に東京出張も終了し、今日の朝5時半に徳島に到着してからは、片付けを済ませてから仕事をしてます。

         

        3泊2日(車中泊2日)という33歳には少しダメージのある出張でした。

         

        AboveBikeStoreのスタッフの皆様と須崎さんファミリーには本当にお世話になりました。ありがとうございます。

         

        フレーム楽しみにしています!!!

         

        今週末は高知CXです。優勝しても昇格はないという残酷なレースになりますが、やるからには頑張りたいと思います。

         

         

        明日が最後!!

        2018.01.20 Saturday

        0

          SHIOKAZE.jpg

           

          昨日より大好評開催中の

          TORAYA EQUIPMENT 2018 EXHIBITION

          いよいよ明日が最終日になりますので、中間報告をしたいと思います。

           

          IMG_7214.JPG

           

          TORAYA EQUIPMENT / 旅道具トラヤさん(左)とWelldoneさん(右)

           

          IMG_7210.JPG

           

          IMG_7211.JPG

           

          お二人が徳島に持参したバイクはCielo。(シオストの好みをよくわかってらっしゃいます)

           

          IMG_7202.JPG

           

          IMG_7203.JPG

           

          Welldoneからこのイベント限定のシオストサイクルキャップ(ウインターウール仕様)を限定4個で販売しています。(まだ残ってます)暖かいのでスルーされがちですが、来週は寒いので是非!

           

          IMG_7208.JPG

           

          基本的には受注予約販売なのですが、このテーブルの上だけは実物販売してます。

           

          商品については各ブランドのHPをみて頂くとよく分かると思いますし、実際に直接お話ができる機会なので僕からは何も言いません。

           

          IMG_7205.JPG

           

          TORAYAさんの人気商品であるこのパンツは是非この機会に試着してください。見た目だけで判断するのはもったいないです。

           

          IMG_7218.JPG

           

          IMG_7220.JPG

           

          IMG_7221.JPG

           

          IMG_7223.JPG

           

          IMG_7224.JPG

           

          カリスマ店員のゴリが試着した感じです。スタッフは全員試着しました。インスタではちょこっと書いたりもしましたが、とにかく穿いて欲しいので僕からは一言だけ感想を言わせて頂きます。

           

          「良い意味で人をダメにするパンツです」(これについて詳しくは古川まで)

           

          IMG_7238.JPG

           

          誰が穿いても似合うこのパンツですが、当店のお客様で一番似合うだろうと思っていたお客様がご来店し、試着してもらいましたが、やはり似合ってました。

           

          IMG_7212.JPG

           

          Welldoneサイクルキャップ改めジェットキャップがかなり人気で、サイドがメッシュのタイプが特に人気です。

           

          IMG_7217.jpg

           

          IMG_7215.JPG

           

          IMG_7216.JPG

           

          このポーチが最高だとゴリ推ししてしまった結果、現物品は全て売り切れました。予約はできますので是非。

           

          IMG_7206.JPG

           

          IMG_7209.JPG

           

          バッグ類は全て予約受注ですが、とにかく普通ではないので背負って説明を聞いてみて下さい。

           

          IMG_7225.JPG

           

          IMG_7228.JPG

           

          今日のライド後と昼間はかなり混み合ったので写真が少ないですが、大盛況で安心しました。

           

          IMG_4874.JPG

           

          今日のパン屋ライドにもたくさんの方にご参加してもらえました。

           

          IMG_7239.JPG

           

          現物販売品もかなり減りました。

           

          明日が最終日です。

           

          なかなかこのような機会が徳島で、シオストで開催されることはないと思います。

           

          たくさんの方のご来店をお待ちしております。

          僕のシクロクロス参戦レポーRapha Super Cross NOBEYAMA 2017

          2017.11.28 Tuesday

          0

            Rapha Super Cross NOBEYAMAの本編とゴリのレース結果については昨日のブログをチェックしてください。

             

            IMG_6335.JPG

             

            今日は僕のCX参戦レポ。

             

            書くのがめんどくさいぐらい特に何もありませんでしたが、それもまた面白いかもと思ったので書くことにしました。

             

            野辺山に行くと決めてからは準備が一番大変だったかもしれません。ハイエースバン(スタッドレス仕様)をレンタカーしたり、防寒着を買い直したり、長靴を実家の倉庫から引っ張り出したり。

             

            結果的には防寒着もそれほど必要ではなく、長靴は飾りとなり、ハイエースバンもスタッドレス仕様でなくても良かったのですが、備えあれば憂いなしということで消えた万札の事は忘れたいと思います。

             

            初日にはゴリも書いてますが、緊張しすぎのゴリが予定よりも早く起床し、車から出て行ったり独り言を呟いたりでブチ切れたろかと思いました。

             

            が、、、

             

            IMG_6636.jpg

             

            結果的にC3で3位になり、C2へと昇格を果たしました。(表彰式に立ち会えなかったのは本当に残念でしたが、Teisukeさんが送ってくれた動画でちゃんと観ました。)

             

            ゴリはC2昇格の目標を果たしたのですが、C3残留の目標を掲げた僕はどうなったのか。

             

            結果は残留チケットすら取れないクソみたいな走りで死にました。

             

            IMG_6460.JPG

            Photo by Teisuke Morimoto

             

            スタート後の落車を咄嗟に交わして少し順位を落としましたが25番手ぐらい。

             

            IMG_6129.JPG

            Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

             

            調子も悪くなく、少しずつ順位をあげていけそうな感じでした。

             

            IMG_6437.jpg

             

            1周目でRDとRDハンガーがもげて終了です。初のモゲラーです。

             

            IMG_6175.JPG

            Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

             

            もげる直前の写真です。右上にはゴリも写っており、それを確認しつつ泥区間を踏み切った直後でした。

             

            自分のコンディションもテンションも良かったのもあり悔しくてたまりませんでした。

             

            それからは車へ帰ってテンションも下がりっぱなしだったのでもう翌日のレースには絶対に出ないと思い帰る準備をしていました。

             

            そこへゴリが帰ってきて「3位でした」という報告があり、救われました。

             

            ゴリおめでとう!!!

             

            IMG_6404.JPG

             

            今回の野辺山遠征は僕とこの3人で行ってきました。

             

            IMG_6433.JPG

             

            1日目のレースを全て観戦してから宿へ。

             

            今回もおなじみのBICYCLE STUDIO MOVEMENTさんと行動しました。宿の手配から写真までありがとうございました!!!

             

            で、同じくKinfolkのYパイセンも一緒にいまして、「明日のレースは俺の自転車使っていいよ」なんて男気溢れるお言葉を頂いたので、、、

             

            IMG_6436.JPG

             

            遠慮なく借りました。ブレーキのスタンスが逆なのと初のGEVENALLEというだけで後は問題なし!!!借り物でも速い人は速いのは知ってるので言い訳はなしで!!!

             

            テンション下がりすぎて逆にアゲアゲ!負けへんで!!!!

             

            IMG_6434.JPG

             

            宿からレース会場まで自転車で走ったのですが、最高の一言でした。Rapha Japanの矢野社長がここに住む理由がなんとなく分かった気がします。(分かったからといっても住むかどうかは別問題です)

             

            IMG_6813.JPG

            Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

             

            試走のあとはローラータイム!初のローラーでのアップに戸惑いつつもリツオパイセンからのご指導ご鞭撻がありアップ成功。

             

            IMG_6422.JPG

             

            今日こそ辻啓パイセンに写真撮ってもらうぞ!!と気合も十分!!!

             

            IMG_0686.JPG

             

            またまた1日目にDNFする原因となった泥区間。ここでは20番台後半ぐらい。

             

            写真を見たらわかると思いますが泥が詰まって動きませんw

             

            ここは乗ると泥が詰まるのでランでクリアしなくてはいけないのですが、1周目のランがきつすぎて強引に乗った結果がこれです。

             

            26874949729_9144deb2f4_o.jpg

            Photo by Kei Tsuji

             

            ここでまさかの辻啓パイセン!!!!泥が詰まって全く自転車が動かなくなり、「またモゲタんちゃうん(笑顔)」「セーフ!」とのやりとりをしたのを覚えてます。

             

            それでも目的達成。

             

            この時に何人に抜かれたでしょうね。15人以上に抜かれたような気がします。50番ぐらいまで順位を下げます。

             

            その中に知り合いが2人。(こんな状況が前にもあったような)

             

            この時点で残留チケットの事はもうどうでもよくなり、その2人には絶対に負けないようにしようと追い上げます。

             

            IMG_7439.JPG

            Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

             

            追い抜きました!!!誰とは言いません。写真後方のブルーとオレンジです。

             

            フハハハハ!!!!

             

            IMG_0716.JPG

             

            泥詰まりを解消してからは抜かれる事はなく、順位をあげていけたのですが、残留チケットには及びませんでした。

             

            それまでデットヒートを繰り返していた選手の順位を見ると20番後半だったのであそこでランを嫌がらず冷静に対応しておけば残留チケットは獲得できたでしょう。

             

            ただ、それは可能性の話であり、僕の作戦ミスで招いた結果なので悔しくもありません。

             

            僕が弱かったの一言で終了です。

             

            残留チケット獲得ならずなので、あと2枚必要です。最低でもあと2戦は出場しないといけませんが、今年はもうシクロクロスレースには参戦しないので、年明けの四国シクロクロスにかけたいと思います。ただ、自転車が、、、、、

             

            IMG_7539.JPG

             

            スタッフのユウスケは完全にサポートとして頑張ってくれました。運転はさせるつもりはありませんでしたが、車の運転免許もこれに合わせて取得し、レース前の荷物持ち、洗車、写真撮影とかなり頑張ってくれました。

            ゴリと二人で参戦していたと考えるとゾッとします。

            本当にありがとう!!

             

            IMG_6406.JPG

             

            主催者のお二人と。かっこいいおっさんとはこの人たちのことですよ。憧れるわぁ。

             

            IMG_0794.JPG

             

            帰る前にパシャり。

             

            最高のメンバーで楽しめた2日間でした!!!

             

            ではここから番外編。

             

            まずは僕の愛車であるCieloの報告から

             

            IMG_6463.JPG

             

            この写真しかあえて載せませんが内に曲がっているだけではありませんでした、、、

             

            これ以上やって折れたら嫌だな、、、と思うぐらいで修正をやめて、RDもなんとか動きそうだったのでプーリーを1枚だけ交換して装着。

             

            試乗しましたが、さすがアルテグラというだけあって元どおりの変速性能とはいきませんが、なんとか乗れそうです。

             

            Cieloはオリジナルエンドなので、交換するとなれば後ろ三角を差し替えになるみたいです。次のレースでモゲたら今期は終了です。

             

            ゴリちゃんがシクロクロスでは頑張ってくれそうなので、そうなれば僕はレーサーとしては引退かなと考えてます。(ツーリングもできるような自転車にして、上を目指さずに阿波シクロクロスやバイクロアなどで楽しく走ろうということです。シクロクロスはやめません。)

             

            これがあったおかげで、冷静に考えたのですが、二人でレースを頑張るとなるとお店の休みは増えるし、週末はどちらかがいない状況になるし、残留問題もあったりで、二人ともがそればかりを考えるようになるのは良くないなと思いました。この1週間は実際にそればかり考えてましたし。

             

            ゴリに対して僕がフルサポートをする方が良いのではないかというのが僕の結論です。そして僕は自分でレースをして勝つよりもそっちの方が得意だったりもします。(目立ちたがり屋なんですが、裏方大好きです)

             

            四国でいる限りシクロクロスレースを楽しもうと思いえばそれなりに時間とお金がかかります。朝も早ければ寒いし、雨でもレースはあるし、機材は壊れます。でもその非日常に身を置くことで気づく事はたくさんあります。「俺って案外負けず嫌いだったんやな」とか。嫌ならやめればいいし、楽しければ続ければ良い。上を目指したいとなれば特に苦もなく時間もお金も調整するようになるでしょう。

            C4に関してはレースをして上を目指したい人の邪魔にはならないようにすれば楽しんでOKだと僕は思っています。なので僕はシオストのお客様には阿波シクロクロスしかお誘いしてません。地元開催というのはもちろん、せっかく太いタイヤが装着できる自転車(SURLYなど)を所有しているのですから、1年に1度ぐらいは大人も泥まみれになっても良いと思うのです。(できれば四国シクロクロスにはみんなでいきたいなとは考えてます。今年は僕が高知と香川へ乗り込もうと思っているのでそれを見てから判断してもらえればなと思います)

             

            ただ、これだけは言っておきますが、レースに限ってはガチでやった方が面白いです。(ガチ勢がとかそういう話ではないですよ。自分の中で本気で挑むという事です)

             

            シクロクロスの話はこれぐらいにしておきましょう。

             

            IMG_6425.JPG

             

            大阪アメ村の古着屋Chan Nuのオーナー「ちゃんぬ」。

             

            ツイッターで子供服を野辺山で売るから世露死苦。なんて事をつぶやいているのを発見。

             

            レースが散々だったこともありテンション下がっていましたが、気持ちを切り替えて娘のお土産を買うことに集中しました。

             

            IMG_0331.JPG

             

            狙っていた服はすでに売り切れており、どっちを買うか悩んでいましたが、ちゃんぬのセールストークがうますぎてどっちも買いました。

             

            IMG_6456.JPG

             

            多分ジャストサイズだと思って購入。

             

            IMG_6457.jpg

             

            オーバーサイズだったので悩んでいたら「これはダボっと着る方が可愛いですよ。来年にはジャストで着れるし2倍お得です」的な事を言われたと思います。「そうやな」と納得してしまい買いました。

             

            野辺山から帰宅した翌日の早朝。いつものように娘が頭の上に落ちてきて起こされます。黙らそうと思い、お土産を渡したのですが、逆効果でした。

             

            ファッションショースタート。

             

            IMG_6448.JPG

             

            やっぱりジャストサイズや。娘はこっちがお気に入り。

             

            IMG_6452.JPG

             

            言われた通りに少しダボっと着せてみました。ええやんけ。。。さすがちゃんぬ。

             

            嫁さんがこっちを気に入ってました。(これが一番安心した)

             

            僕はお土産を買うということに疑問しか感じていなかったタイプですが、ここ最近は出張に行く度に娘にお土産を買っています。

             

            喜んでくれるって最高ですね。

             

            2行で終わらそうと思っていたブログですが、長くなりました。

             

            ここまでくだらないブログにお付き合い頂きありがとうございました。

             

            非日常の世界に行ったあとはどのブログを見ても最高だった、また行きたい、来年も行くなどというコメントで溢れますが、僕は非日常から帰ってきた日常がすごく大好きです。

             

            とにかく最高に疲れましたが、最高に楽しかった2日間でした!!

             

            ありがとうございました!!!!!

             

            IMG_6459.JPG

            Rapha Super Cross NOBEYAMA 2017に行ってきました。

            2017.11.27 Monday

            0

              どうも!スタッフのゴリです。

               

              25日、26日とお休みを頂いてRapha Super Cross NOBEYAMAにスタッフ総出で参加してきました。

               

              今回の野辺山は店長も僕も初参加で尚且つC3残留をかけて挑んだレースでした。今回のレポートは僕のレース内容をメインに簡単にまとめてみました。(店長はちょっと拗ねているので、機嫌が直ったらまた書くと思います。笑)

               

              IMG_0177.jpg

               

              会場となる野辺山までは車で最低でも6時間はかかるので、25日のレース開始時間に間に合わせるため24日の夕方にお店を閉めて徳島を出発。

               

              日が変わる頃には会場近くのコンビニに到着して翌日に備えて仮眠をとりました。

               

              店長が「4時40分に起きれるようにアラームを設定しておく」と言っていましたが僕は3時30分に起床。

               

              デキる男は行動が早いのです。そうです。この時には既にスーパー緊張していました。

               

              IMG_0206.jpg

               

              IMG_0219.jpg

               

              IMG_0227.jpg

               

              6時30分に受付を済ましてから試走。この頃には緊張もレベルアップしてハイパー緊張状態に、、、

               

              IMG_0261.jpg

               

              8時40分頃スタートグリットに並んだ頃にはウルトラ緊張。スタート位置は二列目か三列目だったのですが、それすらハッキリと覚えていないくらいには緊張していました。汗

               

              スタートして初めのコーナーで直ぐに落車があったのですが巻き込まれる事なく通過。

               

              1週回目で10番手辺りにつけていたのでこのまま行けば残留チケットは確定と分かった瞬間、ここからは無理せずに走ろうと決めたら気が楽になり緊張が解れて楽しみなが走れました。

               

              IMG_6392.jpg

              Photo by Kei Tsuji

               

              IMG_6391.jpg

              Photo by Kei Tsuji

               

              2週回目、3週回目は先行するKANEKO選手とTABUCHI選手に引っ張られながら走りラスト4周回目にある事に気が付きます。

               

              「僕を含めた三人でトップ3争いしてるんじゃね!!?」

               

              IMG_6305.jpg

               

              気がつくとダメですね。もしかしたらポディウムの一番高いところに登れるかもと欲を出しコーナーを突っ込みすぎてコケしまい先行する二人との差が大きく開きました。

               

              そこからは四番手に着けていたTAKASHIMA選手に追いつかれて、バギーコース辺りから抜き合いを繰り広げる展開になりましたが、最後はなんとか引き離して無事3位でゴール。

               

              IMG_6636.jpg

              Photo by Teisuke Morimoto

               

              出走人数が昇格規定を満たしていたので、残留チケットどころか野辺山でポディウムに立って昇格を決めるという最高の結果になりました。

               

              シクロクロスのシーズンに向けてトレーニングを重ねてきた成果を存分に発揮でき本当に最高の一言でした。(因みにこの頃店長は、、、)

               

              IMG_6627.jpg

              Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

               

              IMG_0474.jpg

              Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

               

              C2昇格も決めお昼前にシングルスピードクラスにも参加。

               

              お客様がこの日のために作って下さった特製Tシャツを着て順位を気にせず楽しんで走りました。

               

              IMG_0729.jpg

               

              翌日の初C2のレースは昇格したばかりのため最終列からのスタート。

               

              前に80人も選手がいるので気楽に走ろうと思いましたが、少し前の列にムーブメントのシンゴさんが見える、、、

               

              IMG_0750.jpg

              Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

               

              ロードバイクでは全く歯が立たないけどシクロクロスではイケるかも、、、

               

              IMG_0772.jpg

              Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

               

              イケるやん!

               

              IMG_6637.jpg

              Photo by Teisuke Morimoto

               

              余裕じゃん!!

               

              IMG_8328.jpg

              Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

               

              !!?

               

              IMG_8566.jpg

              Photo by BICYCLE STUDIO MOVEMENT

               

              参りました、、、という感じでシンゴvsゴリは先ずはシンゴパイセンが一勝。レース内容は-1Lapで終了しました。

               

              今回の二日間で良い結果も残すことができましたが色々と課題も見つかりました。次のレースに向けてまた一からトレーニングを始めようと思います。

               

              今回のレースで洗車や準備、写真撮影などを手伝ってくれたユウスケ、応援して下さった方々、今までのトレーニングに付き合ってくれたお客様、バイクのセッティングにアドバイスをして下さった腰山選手、モトジさん、そして金銭面や機材面など多くの面でサポートして頂いている古川社長ありがとう御座いました。

               

              僕一人ではここまでの結果を残す事はできないという事を肝に命じてC2でも良い結果が残せるように走ろうと思います。

               

              ガチ感全開の締めになってしまいましたが、ガチでやるからレースは楽しいのでトップカテゴリーを目指したい、ライバルに負けたくない、今より速く走れるようになりたいなど、皆さんなりのガチになれる理由を見つけてレースを楽しんでくださいね!

               

              IMG_0388.jpg

               

              シクロクロスはレースに参加するだけで無く観戦しても楽しいですし、色んな人と交流できたり、美味しいフードがあったりと色々と楽しめるので興味がある方は一度近くで開催されるレースを観戦しみて下さい。きっとハマりますよ!

              僕のシクロクロス参戦レポー関西シクロクロス第二戦 紀の川

              2017.11.07 Tuesday

              0

                僕のシクロクロスが今期もスタートしました。

                 

                過去の僕のシクロクロス参戦レポはこちら

                 

                阿波シクロクロスのC4で優勝をし、今期からはC3でのレースとなります。

                 

                初戦に選んだのは、関西シクロクロス第二戦 紀の川(和歌山)です。

                 

                朝の3時に起床し、車で3時間とちょっとをかけてレース会場へ向かいます。僕のレースはここからはじまっています。

                 

                IMG_5938.jpg

                 

                会場に到着です。先週の台風とは違い、気持ちの良い晴れです。

                 

                IMG_5936.jpg

                 

                NOSとも合流し、受付を済ませたら試走です。NOSは前シーズンに転職で忙しかったりでC3からC4に降格してます。

                 

                今シーズンはSSCXでいくそうです。

                 

                IMG_5935.jpg

                 

                今期のレースキットです。

                 

                つい先日にセカンドロットが入荷したTEAM SHIOKAZE サイクリングウェア(Lサイズは在庫あり)はもちろんですが、ヘルメットはGIRO * AEON WFのホワイトが届くまではGIRO * SAVANTで我慢するとして、シューズはGIRO * EMPIRE VR90 * Blue Jewel / Blackで、グローブはロードバイクでも愛用しているOGK * kabutoを今期から採用しました。(シューズとソックスとグローブはチームキットとしてゴリと揃えてます)

                 

                IMG_5937.jpg

                 

                試走もトラブルなく終了。フィジカル強めのスピードコースです。僕みたいな貧脚はコーナーで詰めるしかない、、、。

                 

                そんなこんなであっという間にレースがスタート。

                 

                IMG_5939.jpg

                 

                あまり派手な方ではないと思っていますが、シオストジャージは目立ちます。どこにいるかすぐわかる。

                 

                IMG_5940.jpg

                 

                IMG_5943.jpg

                 

                まずはNOSのC4Bから。スタート位置も悪くないし期待できそうです。頑張れNOS!!!

                 

                IMG_5944.jpg

                 

                IMG_5945.jpg

                 

                IMG_5946.jpg

                 

                IMG_5948.jpg

                 

                1周目は6位ぐらいだったので僕も安心してこの次にある自分のレース準備に取りかかりました。

                 

                ウォーミングアップをしていると、同じC3で徳島のinstinctの板敷選手から「良い位置で走られてますね〜」と声をかけてもらったので、「ですね〜!期待できそうです。」と返事をしたものの、何か悪い予感がしたのでアップをやめて応援に。

                 

                IMG_5950.jpg

                 

                そのタイミングで、阿波シクロクロスで戦い、一緒にポディウムに上がった園田選手(ARAYA CX TEAM)とパックになっているところだったのでパシャり。(僕のレースでは熱い声援を送ってくださり、写真まで撮って頂きました。写真は後ほど)

                 

                ただ、NOSがかなり順位を落として、速度もサイクリング強度。園田選手(ARAYA CX TEAM)にも速攻で抜かれてました。

                 

                「なにしてんねん!!!」と声をかけると「チェーーーーーーンがぁぁアァァァァァァァァァぁ」とのこと。試走でも全然問題なく、チェーン引きまで装着していたのに、、、、2周目でいきなりチェーンが伸びた(多分切れかけた)ことによりチェーン外れ頻発。

                 

                チェーンを直してはサイクリングを繰り返した結果、、、チェーン切れ。

                 

                4周目でDNFです。

                 

                IMG_5951.jpg

                 

                IMG_5952.jpg

                 

                チーーーン。

                 

                シングルスピードとはいえ、メンテナンスはしっかりと行いましょうね!!の良い例です。

                 

                まぁしょうがないですね。

                 

                お次は僕の番です。

                 

                IMG_5986.JPG

                 

                C3になったということもあり、師匠でもあり、自転車屋として先輩でもある八木選手(Hutte8to8)と同じカテゴリーで走れるようになりました。(この写真はレース後です)

                 

                23157142_1486163141501150_7354465676478706923_o.jpg

                 

                もっとかっこいいウインドブレーカーが欲しいぜ。

                 

                23334299_1486164274834370_5218487715335392522_o.jpg

                 

                スタート位置は3列目。悪くないです。

                 

                IMG_5975.JPG

                 

                スタート前です。(写真は米谷選手(ET hard school style)が撮ってくれました。ありがとうございます。)

                 

                23213004_1486164801500984_5216216732868952430_o.jpg

                 

                スターーーーーーート!!!

                 

                23213161_1486168911500573_2206133756037810233_o.jpg

                 

                23334099_1486172858166845_2550923488803686622_o.jpg

                 

                2周目までは10位のカウントが。(これで完全に調子に乗ってオーバーペース)

                 

                23157387_1486169708167160_7903929238019935993_o.jpg

                 

                23157146_1486170568167074_1902296960478784147_o.jpg

                 

                小倉選手(SKRK CX)とパックになり、抜かれたので後ろについたのですが、ラインどりがうまいのと走り方がかっこよかったのでこのままずっと後ろについて走りたい衝動にかられました。(今回のレースで一番印象に残っている場面です)

                 

                23213133_1486173691500095_3234714229424383741_o.jpg

                 

                23215417_1486174191500045_5374488597902833590_o.jpg

                 

                オーバーペースだったのと貧脚というのもあり、ここから黄金のタレが発動します。わかりやすい写真をNOSが撮ってました。

                 

                上の2枚の写真でパックになっている選手に抜かれる前です。

                 

                23270292_1486179421499522_7792944772011195154_o.jpg

                 

                直線で完全に離されました。。。(黄金のタレ発動中です)

                 

                23155103_1486171794833618_5007324199847686486_o.jpg

                 

                23157014_1486174941499970_766739508558096925_o.jpg

                 

                まぁここからズルズルと後退していきゴーーールです。(あと1周あると思っていたので温存していた体力で最後はガチンコのスプリントで終わりです)

                 

                23213219_1486179611499503_6070189942680992360_o.jpg

                 

                砂埃もすごくてレース後は喉カラッカラの唇カッサカサ。

                 

                気になる順位ですが、、、

                 

                18/42人(41%)+1:48

                 

                でした。

                 

                1発残留を狙っていましたがそんなに甘くなかったです。残留チケットは1枚ゲット。あと2枚です。

                 

                実はリザルトはレースの翌日に発表されまして、ツイッターで告知されてたみたいなのですが、会場でのインフォメーションはなく発表されると信じて帰らずに待ってました。

                 

                そんなこんなでC1がスタートです。

                 

                IMG_5959.jpg

                 

                IMG_5962.jpg

                 

                僕の応援選手はRPKでもお世話になり、その後もお付き合いをさせてもらっている大先輩でありパパ友の衣本選手(八ヶ岳 CYCLOCROSS CLUB/Rapha/Rokko Bicycle Studio)。

                 

                今年はRapha Super Cross NOBEYAMA 2017にも2日間参戦予定なのでまたまたお世話になろうと思います。

                 

                IMG_5968.jpg

                 

                C1では沢田選手(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)が独走優勝!いつもの事ながらその速さに震えます。そういえばディスクブレーキになってましたね。

                 

                IMG_5969.jpg

                 

                C1が終わってもリザルトが発表されないので遅めのランチを会場で食べて帰りました。

                 

                リザルトはこちら

                 

                IMG_5978.jpg

                 

                帰りの金額を計算したらフェリーの方がお得だったのでフェリーで帰りました。(死ぬほど楽や。。。)

                 

                IMG_5979.JPG

                (写真は園田選手(ARAYA CX TEAM)が撮影してくれました)

                 

                僕がシクロクロスをやる理由がこの写真の中に詰まっていると思います。苦しいとか悔しいとか嬉しいとかそんな事より楽しいんです。

                僕は何度かブログで書いていますが、レース志向でレース思考なサイクリストではありません。負けず嫌いですが、自転車のレースに関してはそこまでこだわりはないですし、自分の力が発揮できなかった時以外では悔しがる事がないぐらいです。レースが終わった後にタラレバを言うのはダメだと言うことにもレースをはじめてから気づきました。結果が全てです。

                勝ち負けをこだわるのであればそれまでにできる限りの準備(トレーニングなど)をしてレースに挑む必要があると思いますが、僕は自転車を楽しむ延長線上にレースがあるので僕の今の実力を測る場所だと考えています。

                ただ、レース中は本気です。じゃないと楽しくありません。

                 

                今回のレースも楽しかったです。

                 

                あと、アウェイだと思っていましたが、たくさんの方から応援して頂きました。声援が「フルチャーン!!」とか「てんちょーーー!!!」と言うのではなく「ふるかわさーーーーん!!」だったのが新鮮でした。応援して頂いた皆様には感謝です。おかげで頑張れました。

                 

                TeamShiokazeCXとしてシーズンインです。何戦できるかわかりませんが、僕たちの最終戦である阿波シクロクロスへ向けて楽しみたいと思います。

                もしレース会場で見かけたら応援よろしくお願い致します!!!

                 

                次はRapha Super Cross NOBEYAMA 2017です!僕とゴリが参戦予定!!!

                 

                負けへんで!!!!!!

                 

                 

                ゴリのゴリゴリライド 2017/10/08

                2017.10.08 Sunday

                0

                  どうも!スタッフのゴリです。

                   

                  今月のゴリゴリライドは先月に台風で中止になった大川原高原ヒルクライムライドでした。

                   

                  楽では無いライドなので参加してくれる方が居るかな〜とドキドキしながら出勤、、、

                   

                  securedownload.jpg

                   

                  Hey!Hey!!Hey!!!四人も参加者がいました。(マンモスウレピーです)

                   

                  トレーニング目的のライドに参加してくれる方がいるのでテンションも上がり、佐那河内入る辺りまで頑張って引きまくりました。

                   

                  結果しんどすぎて大川原高原に上がる前に麓のコンビニで小休止しました。笑

                   

                  securedownload-(2).jpg

                   

                  大川原高原に到着。

                   

                  登りはキツすぎたのと、お客様のSさんが圧倒的速さで先行しているのを必死に追いかけていたので、写真を撮る余裕は全くありませんでした。

                   

                  全力で登った後のご褒美ソフトクリームを楽しみにしていましたが、頂上のソフトクリーム屋さんは今年の営業が終了したみたいで、来年まで食べれない事が確定して震えました。

                   

                  securedownload-(4).jpg

                   

                  気温が低くなりましたが登りではまだまだ沢山汗をかきますね。そのまま下ると今度は汗と風で体が冷えて大変なことになるので、この時期標高が高い山に登りに行くならアームウォーマーとジレもしくはウィンドブレーカーは必須ですね。

                   

                  この日は最近購入したSearch and State * S1-AW Arm Warmerを初めて着用して走りましたが、裏起毛なので保温性も良く、伸縮性が高いので関節部分もダボつきが少なくフィット感は最高でした。

                   

                  下り以外にもこの時期なら早朝の走り出しにも重宝するので、まだアームウォーマーをお持ちでない方は揃えておいて損はないと思います。

                   

                  店頭にはSASとDeFeetを在庫しています。その他のメーカーもお取り寄せできますのでお気軽にご相談下さい。

                   

                  securedownload-(3).jpg

                   

                  下りは路面が濡れているので安全重視でゆっくりと下り、帰りはゴリゴリ踏んでシオストまで帰ってきました。

                   

                  3時間くらいのライドでしたが強度が強かったので帰ってきた頃にはヘロヘロでしたが、久しぶりに追い込めた達成感と、練習後のプロテインは美味しかったです。笑

                   

                  乗り方やどういったトレーニングをしているかなど、今より走れるようになる為の意見交換もでき有意義なライドになりました。

                   

                  シオストでのトレーニングライドは月1ペースで開催します。個人的には毎週やっているのでライド中見かけた方や一緒にトレーニングをして下さる方はお気軽にスタッフのゴリまでお声掛けください。

                   

                  今月のシオストライド予定はこちら

                   

                   

                  10月4日は臨時休業を頂きご迷惑おかけしました。

                  2017.10.06 Friday

                  0

                    どうも!スタッフのゴリです。

                     

                    IMG_4667.jpg

                     

                    10月4日は臨時休業を頂きスタッフ総出で大阪と神戸に行ってきました。

                     

                    IMG_4691.jpg

                     

                    目的はコレ!コブクロのライブ!!!

                     

                    IMG_4692.jpg

                     

                    、、、では無くてミズタニさんとマルイさんの展示会です。

                     

                    どちらもシオストで自転車を組む上では外せない問屋さんなので、新製品や前から気になっていた製品を色々とじっくり見てきました。

                     

                    まずはミズタニさんで気になって商品をピックアップしてご紹介します。

                     

                    IMG_4705.jpg

                     

                    シオストだけで無くサイクリスト定番のライトといえばCAT EYE

                     

                    写真のライトは6000ルーメンのライト。明るすぎて公道で使うと逆に事故に合いそうです。汗

                     

                    普段乗りで街中を走るなら200ルーメンのVOLT200で十分だと思います。夜にトレーニングをしたりツーリングをする方は明るさが調整でき、バッテリーの持ちも長いVOLT400かVOLT800シリーズがオススメです。(僕も今は廃盤になってしまったVOLT700を愛用しており、眉山トレーニングでは登りも下りもローモードで走ってます)

                     

                    以前はフロントライトの明るさばかり気にしていましたが、最近はリアライトの明るさが気になっています。

                     

                    というのはフロントに関しては自分がしっかり注意していれば大丈夫ですが後ろから車に突っ込まれるのは防ぎようが無いからです。

                     

                    IMG_4708.jpg

                     

                    キャットアイのリアライトでオススメなのが、縦長で後ろからの視認性が高いRAPIDXシリーズ。

                     

                    IMG_4709.jpg

                     

                    僕はラピッドエックスを使用していますが、最近ラインナップに加わった、より明るいX3が気になっております。

                     

                    明るさと視認性の高さだけで無くシートポスト、シートステー、リアキャリアなど色んなところに装着できるのもオススメの理由です。

                     

                    IMG_4703.jpg

                     

                    IMG_4702.jpg

                     

                    ヘルメットに取り付ける新製品のライトも夜安全に走りたい方にはオススメです。

                     

                    真っ直ぐの道を走るだけならハンドルにつけたライトでもしっかりと道を照らしてくれ安心ですが、コーナーを曲がる時は目線の先が暗くなるので少し不安を感じますよね。

                     

                    そんな時はヘルメットにライトを装着していれば、目線の先をライトが照らしてくれるのでとても便利です。しかもフロントだけで無くリアライトもついているので、後方からもしっかりと視認してもらえる優れたライトです。

                     

                    IMG_4704.jpg

                     

                    このちょんまげスタイルがダサいかどうかは別にして、夜安全に走りたいという方にはオススメです。(かっこだけを優先して事故したり他人に迷惑をかける人よりは数百倍マシですね)

                     

                    お次はコンチネンタル!

                     

                    新製品はなかったのですが以前から気になっていたタイヤをしっかりとチェックしてきました。

                     

                    IMG_4697.jpg

                     

                    IMG_4696.jpg

                     

                    そのタイヤはSPEED KING RACESPORT!

                     

                    エアーボリュームが多く、サイドに低いノブが配置されたオフロードタイヤですが、オンロードタイヤとしてしっかりと使えるのではと目をつけておりました。

                     

                    サイズは27.5x2.2と29x2.2の2サイズ展開でSURLYにドンピシャなタイヤです。サーリーだけで無くMTBを通勤快速仕様にするのにもオススメです。

                     

                    IMG_4733.jpg

                     

                    IMG_4734.jpg

                     

                    IMG_4735.jpg

                     

                    IMG_4736.jpg

                     

                    個人的に大好きなDMRとninerのバイクが見れて大満足です。(もう少しでオーダーつけそうになる位テンション上がってました。笑)

                     

                    IMG_4726.jpg

                     

                    IMG_4727.jpg

                     

                    IMG_4728.jpg

                     

                    シオストではお馴染みのTHOMSON製品。そして今回ミズタニさんの展示会にきた一番の目的がトムソンの新製品をチェックする事です。

                     

                    その気になる新製品というのがコチラ、、、

                     

                    IMG_4725.jpg

                     

                    IMG_4724.jpg

                     

                    IMG_4723.jpg

                     

                    THOMSON ALLOY ROAD BARです。

                     

                    IMG_4719.jpg

                     

                    IMG_4720.jpg

                     

                    IMG_4721.jpg

                     

                    IMG_4722.jpg

                     

                    IMG_4714.jpg

                     

                    IMG_4715.jpg

                     

                    IMG_4716.jpg

                     

                    IMG_4718.jpg

                     

                    ロードバイク用はハンドルのフラット部分が丸パイプのラウンドと、潰してあるエアロの二種類展開です。

                     

                    IMG_4729.jpg

                     

                    IMG_4731.jpg

                     

                    IMG_4732.jpg

                     

                    こちらは下ハンドルの幅が広くなっているマウンテンドロップタイプです。

                     

                    お値段も15000円(税別)とカーボンハンドルと比べると随分とお手頃になったので、アメリカンブランドでハンドル、ステム、シートピラーを同じブランドで揃えたいという方にオススメです!

                     

                    全種類在庫したいのですがまずはロード用のハンドルを在庫する予定です。

                     

                    IMG_4739.jpg

                     

                    これからの季節に向けてデフィートのグローブも在庫していきます。

                     

                    IMG_4741.jpg

                     

                    ソックスに関してはGIROに魂を売った僕ですが、、、

                     

                    IMG_4740.jpg

                     

                    このいなたい感じのウールソックには心を奪われました。

                     

                    在庫はしませんがお取り寄せはできます。このいなたいウールソックスに心を奪われた方、またDeFeetのソックスをお探しの方はお気軽にご相談くださいませ。

                     

                    お次は神戸に移動してマルイさん。

                     

                    IMG_4782.jpg

                     

                    業界内では展示会のお弁当の美味しさと痒いところに手が届く商品を数多く、困った時はマルイさんと言われる位の問屋さんです。

                     

                    IMG_4785.jpg

                     

                    IMG_4787.jpg

                     

                    パーツだけで無くセンチュリオンとシュウィンの完成車の代理店でもあります。

                     

                    魅力的なラインナップの中から個人的にオススメしたい2台をピックアップしてご紹介します。

                     

                    IMG_4672.jpg

                     

                    IMG_4673.jpg

                     

                    CENTURIONのグラベルロード クロスファイヤーグラベル2000

                     

                    IMG_4783.jpg

                     

                    IMG_4784.jpg

                     

                    SCHWINN SX-1000 税別35000円

                     

                    店頭にカタログを置いていますので、気詳しいスペックなど気になる方はお気軽にスタッフまでお声掛けください。

                     

                    マルイさんが取り扱う気になるパーツを全てご紹介すると大変な事になるので、入荷する商品などをピックアップしてご紹介します。

                     

                    IMG_4752.jpg

                     

                    IMG_4754.jpg

                     

                    IMG_4753.jpg

                     

                    まずなシンプルな見た目とお手頃な値段のこのサドルバッグ。

                     

                    シオストはロードバイクを始められた方に向けて、シンプルでリーズナブルなサドルバッグを長らく探してきたのですが、やっとオススメできる商品が見つかりました。

                     

                    こちらのバッグを含め、携帯工具、携帯ポンプなどをスタートアップセットとして店頭在庫致します。入荷次第また改めてご紹介しますね。

                     

                    IMG_4764.jpg

                     

                    お次はMAXXIS!

                     

                    IMG_4766.jpg

                     

                    今回のシクロクロスのタイヤはマキシスにしようかなと検討していたのでしっかりとチェックしてきました。

                     

                    IMG_4771.jpg

                     

                    IMG_4772.jpg

                     

                    雪や泥までカバーするRAZE

                     

                    IMG_4773.jpg

                     

                    IMG_4774.jpg

                     

                    あらゆるコンディションで使えるオールマイティーなALL TERRANE

                     

                    IMG_4775.jpg

                     

                    IMG_4776.jpg

                     

                    過酷なマッドコンディションに対応するMUD WRESTLER

                     

                    IMG_4777.jpg

                     

                    IMG_4779.jpg

                     

                    センターノブが低く転がりの軽いSPEED TERRANE

                     

                    このタイヤはシクロクロスだけで無くツーリングにも使えそうですね。

                     

                    IMG_4769.jpg

                     

                    IMG_4768.jpg

                     

                    グラベルライドに特化した700x40cのブロックタイヤRAMBLER

                     

                    IMG_4770.jpg

                     

                    IMG_4767.jpg

                     

                    RE-FUSEに新しく僕らが探し求めていた太めのサイズが加わっておりこの日一番テンションが上がりました。

                     

                    700x32c、700x40、27.5x2.00の3サイズ展開です。

                     

                    オンロードメインでたまにグラベルも走るという方にオススメのタイヤです。

                     

                    お次はDT SWISSです。

                     

                    IMG_4758.jpg

                     

                    IMG_4761.jpg

                     

                    ホイール関連のパーツを展開するブランドで完組ホイールも幅広いランナップで展開しています。

                     

                    IMG_4763.jpg

                     

                    IMG_4762.jpg

                     

                    シオストでは手組みホイールを組む時に、ここのスポークを良く使うのですが、リムやハブといったホイールを構成するパーツも高品質でオススメです。

                     

                    IMG_4759.jpg

                     

                    MAXXISのタイヤをチェックし終わって店長とユウスケの元に帰ると二人でなにやら真剣にホイールを品定めしておりました。

                     

                    この辺りに関してはまた後日詳しく書こうと思います。

                     

                    IMG_4755.jpg

                     

                    IMG_4756.jpg

                     

                    僕らが愛してやまないグリップといえばERGONですが、そのエルゴンから新製品が!!!

                     

                    今までのGX、GPといった幅広タイプとGE、GAなどの丸グリップの中間タイプの形状です。

                     

                    この形に店長が食いついていたので、そのうち入荷してカラテモンキーに装着されているかもしれません。

                     

                    ざっくりとしたご紹介になりましたが、まだまだ紹介したい商品、入荷する商品など多数あります。

                     

                    気にある方は店頭でお気軽にスタッフまでお声掛けください。

                     

                    皆様のご来店お待ちしております!

                    那賀川流域センチュリーランへ参加してきました。

                    2017.10.02 Monday

                    0

                      TeamShiokazeとしてサイクリングイベントである

                       

                      那賀川流域センチュリーラン

                       

                      に参加してきました。

                       

                      IMG_5422.JPG

                       

                      IMG_5425.JPG

                       

                      IMG_5428.JPG

                       

                      FullSizeRender.jpg

                       

                      受付ではゼッケン以外にこれだけのモノがもらえました。この写真はイベント終了後なのですが、飲んで食べることはありませんでした。理由は後ほどわかります。

                       

                      IMG_5429.JPG

                       

                      お客様も参加していたので撮影させてもらいました。(同じグループでスタートというのはこの時は知りませんでした)

                       

                      ●コース

                      スタート : 徳島県阿南市羽ノ浦町明見 那賀川河川敷公園
                      Aコース : 130km 那賀郡那賀町木沢 「四季美谷温泉」折り返し
                      Bコース : 46km 那賀郡那賀町 「丹生谷橋西詰」折り返し

                       

                      もちろん全員Aコースでエントリー!!!

                       

                      まずはTeamShiokazeのメンバーをご紹介!

                       

                      IMG_5430.JPG

                       

                      チーム最年少でございます。(中1)

                       

                      IMG_5431.JPG

                       

                      ロマンスクルーでありチームの隊長でございます。(今回は保護者としての参加です。名目上は。)

                       

                      IMG_5432.JPG

                       

                      ロマンスクルーであり、シングルスピード愛好家&短パン先輩です。Steamrollerのフレームが不調なのでG社のクロスバイクで参戦。

                       

                      IMG_5433.JPG

                       

                      この日のために万全に仕上げてこられました。シングルスピードでも問題ないことを証明してくれるでしょう。

                       

                      IMG_5434.JPG

                       

                      手に入らなくなってから欲しくなるのが人間の嵯峨。Cielo SPORTIFが素敵すぎです。

                       

                      IMG_5435.JPG

                       

                      この日がチーム員との初めまして。どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

                       

                      IMG_5436.JPG

                       

                      こいつだけはどうしようもないです。

                       

                      以上の7名で6時間以内の完走を目指して走ります!

                       

                      IMG_5438.JPG

                       

                      スタート前です。レースではないので終始穏やかなムード。緊張感はゼロです。

                       

                      IMG_5439.JPG

                       

                      スタートは同じグループのお客様に便乗する予定でしたが、速すぎて1kmぐらいでチーム員のほとんどが千切れましたw

                       

                      IMG_5441.JPG

                       

                      そこからはシオカゼトレインですが、なぜかかなり多めですね。

                       

                      IMG_5443.JPG

                       

                      IMG_5445.JPG

                       

                      シオストジャージが揃うとカッコ良いですね〜。(自画自賛です)

                       

                      IMG_5449.JPG

                       

                      IMG_5448.JPG

                       

                      IMG_5447.JPG

                       

                      20kmぐらい走るとすぐにエイドステーション。はんごろしが食べれるとは。感動しました。

                       

                      IMG_5450.JPG

                       

                      IMG_5451.JPG

                       

                      IMG_5452.JPG

                       

                      IMG_5453.JPG

                       

                      そこからまた20kmぐらい走るとエイドステーションが。バナナ補給です。

                       

                      IMG_5457.JPG

                       

                      IMG_5458.JPG

                       

                      IMG_5459.JPG

                       

                      IMG_5461.JPG

                       

                      IMG_5463.JPG

                       

                      ここから登りが始まるとエイドで脅されましたが、まだまだ余裕です。

                       

                      IMG_5467.JPG

                       

                      とはいえアップダウンが続くので少しチーム内でバラけはじめました。遅れた人のケアをしてから前のトレインに戻ろうとしたらまたまたシオカゼトレインが増えてましたw

                       

                      IMG_5468.JPG

                       

                      IMG_5469.JPG

                       

                      またまたエイドステーションです。チーム員が揃うのを待ちます。

                       

                      IMG_5470.JPG

                       

                      IMG_5472.JPG

                       

                      IMG_5473.JPG

                       

                      IMG_5474.JPG

                       

                      IMG_5476.JPG

                       

                      IMG_5477.JPG

                       

                      IMG_5478.JPG

                       

                      IMG_5482.JPG

                       

                      折り返し地点の四季美谷温泉までしっかりと走ります。遅れた人のケアから先頭に戻るために僕も頑張りました。

                       

                      IMG_5484.JPG

                       

                      IMG_5485.JPG

                       

                      IMG_5486.JPG

                       

                      IMG_5487.JPG

                       

                       

                       

                      カレーが食べたいと願っていたのですが、願えば叶うというのは本当でした。鹿肉のカレーライスは最高でした。

                       

                      IMG_5488.JPG

                       

                      IMG_5490.JPG

                       

                      後半戦スタートです。

                       

                      IMG_5491.JPG

                       

                      はじめの下りでイケイケになりすぎた二人です。後ろには誰もいません。。。

                       

                      IMG_5492.JPG

                       

                      チーム員も追いついたのでトレインを組んで走ります。

                       

                      IMG_5495.JPG

                       

                      足がつってしまい遅れてしまいましたが、それでも笑顔が出るというのは素敵なことだと思います。ここから僕はチームの先頭集団まで追いつくために頑張ります。

                       

                      IMG_5497.JPG

                       

                      頑張りましたが、ゴリから仕事の連絡が入ったりなんだったりをしてるうちにまたまたエイドが。そこでチーム員が待っていてくれました。

                       

                      IMG_5498.JPG

                       

                      IMG_5499.JPG

                       

                      22199071_1946439198937823_1947843882_o.jpg

                       

                      行きと同じでエイドがあるというのが分かったのでチーム員には申し訳なかったですが、ここまではしっかりと走りました。

                       

                      ここからは第二CPまで走ります。

                       

                      IMG_5501.JPG

                       

                      IMG_5503.JPG

                       

                      前回のシングル縛りライドからこの日までしっかりと走り込み仕上げてきてるだけありました。さすがです。

                       

                      IMG_5505.JPG

                       

                      IMG_5507.JPG

                       

                      IMG_5509.JPG

                       

                      第二CPで僕ははんごろしをもう一度食べました。美味しすぎるぜベイベー。

                       

                      残りは20kmぐらいです。

                       

                      IMG_5510.JPG

                       

                      親子を先頭に走ります。

                       

                      IMG_5511.JPG

                       

                      遅れてしまったチーム員もいますが、6時間以内の完走というのがあるのでここからは少しペースアップです。

                       

                      IMG_5512.JPG

                       

                      残り5kmぐらいからは楽しく走りました。

                       

                      IMG_5513.JPG

                       

                      IMG_5515.JPG

                       

                      IMG_5519.JPG

                       

                      IMG_5522.JPG

                       

                      7人が5人になってしまいましたが、ゴール目前です。

                       

                      IMG_5525.JPG

                       

                      ゴールです。(撮影者が下手くそすぎてゴール感がありませんが、、、)

                       

                      IMG_5526.JPG

                       

                      完走証。

                       

                      IMG_5528.JPG

                       

                      足がつってしまい遅れてしまいましたが、無事に笑顔で完走です。おめでとうございます!!

                       

                      IMG_5530.JPG

                       

                      IMG_5531.JPG

                       

                      IMG_5533.JPG

                       

                      IMG_5534.JPG

                       

                      全員揃っていただきました。

                       

                      僕のガーミン調べですが、

                       

                      距離:132km

                      獲得標高:1022m

                      時間:6時間4分(走行時間:4時間41分)

                       

                      という結果になりました。6時間以内の完走はできませんでした。残念です。休憩が多すぎたというのが原因だと思います。

                       

                      とはいえ、せっかくのサイクリングイベントです。設置されているエイドを無視して進むというのはしたくありませんでした。

                       

                      だってエイドにいるスタッフの人の元気が素晴らしく、フードやドリンクもしっかりとあり至れり尽くせりな環境ですよ。財布を一度もポケットから出さずに130kmを走ったのは初めてです。

                       

                      噂で聞きましたが、全てのエイドを無視した人もいるみたいなのでそこは人の価値観の違いなのだと思いました。

                       

                      僕としては、これだけエイドが多いとロードバイクでは楽すぎて食べる楽しさが半減してしまった気がして残念で仕方ありませんでした。。。

                       

                      というよりもこのサイクリングイベントにCieloのロードレーサーで参加したのがミスでした。いちびった結果です。シクロクロスかクラシックレーサーで参加したらよかったと思います。(MTBでもいけそうな感じ)

                       

                      とにかく130kmという距離だけを見ればそれなりに過酷そうですが、コースとしてはスーパーイージーなコースです。登りという登りはありません。僕の地元開催というのもあり、出来る限り協力をしたいので来年はもっとたくさんのチーム員で参加できれば良いなと思います。

                       

                      参加したチーム員の皆様はお疲れ様でした!