パン屋へGOライド!!

2017.11.17 Friday

0

    シクロクロスシーズンに突入し、レースに参戦をするという場合はトレーニング強度のライドをした方が良い。

     

    ゴリはしっかりとそれをしているし、強くなっている。

     

    僕はやっぱりレースに向いていないのかな。

     

    レースはレースで楽しいのだが、それに対して練習をするとなるとどうもやる気が起こらない。

     

    ここ最近は通勤で自転車に乗るばかりで、ジャージを着てライドもしていなかった。

     

    昨日の閉店後に自転車乗りたいなぁ。。。とふと思ったので自転車に乗ることにした。

     

    何も考えずに用意したのはKINFOLK

     

    サイクルコンピューターを見ずにしっぽりと走りたいという気持ちと、何か目的地を設定しようということで自宅に帰って洗濯機が動いている間にルートを考えてみた。

     

    「ピーピーピー」という音が鳴り洗濯機が止まった。決まったのは目的地だけだった。ルートは知らない道を適当に走ってみることにしよう。

     

    IMG_6220.JPG

     

    ピンボケとはこの写真のことを言うのだと思う。いつもの自撮りスポットで。

     

    気温は5℃。

     

    ということで服装チェックワンツー。

     

    ヘルメット:GIRO * AEON WF

    サイクルキャップ:RaphaRCC(SAN FRANCISCO)

    サングラス:Oakley * JAWBREAKER

    ベスト:SAS * S1-V Riding Vest

    トップス:SAS * Long Sleeve Merino Jersey

    インナー:PEARL iZUMi * ヒートテックセンサーロングスリーブ

    ビブショーツ:SAS * S2-R Performance Bib Short

    ウォーマー:SAS* S1-KW Kneewarmer

    ソックス:theathletic

    シューズ:GIRO * EMPIRE SLX

     

    5℃だと僕はこれで問題なし。走り出しが少し寒いがすぐに慣れた。5〜10℃まではこの服装で問題ないことがわかったが、SAS * Long Sleeve Merino JerseyPEARL iZUMi * ヒートテックセンサーロングスリーブの組み合わせが本当に優秀であと1着ずつは必要だなと思った。

    Kneewarmerもレッグウォーマーと同じでかなり優秀なので当分の間は使えそうだ。

     

    IMG_6228.jpg

     

    ハンドル周りに何もないのもたまには良い。

    今日はKINFORKを選んで良かった。程よいしなりで気持ちよく自転車を前に進めることができる。

    最近の僕に足りてなかったのはこの感覚だ。

     

    IMG_6232.jpg

     

    知らない道を走るのは楽しい。進んでは戻りを繰り返す。

    最後はグーグルマップの登場だ。

     

    IMG_6233.jpg

     

    次はこのルートで神山へ行ってみよう。僕はこの辺りの道をほとんど走っていない。こういうライドは絶対に必要である。

     

    IMG_6234.jpg

     

    第5番札所 無尽山 荘厳院 地蔵寺

     

    IMG_6235.jpg

     

    IMG_6236.jpg

     

    目的地まであと少し。(本当にあと少し)寄り道したいと思ったのは境内の大銀杏がすごかったからだ。

     

    IMG_6238.jpg

     

    IMG_6237.jpg

     

    今回の目的地である。(ゴリもライドブログを書いてるあのパン屋さん延期になってしまった明日のゴリゴリライドの目的地。)

     

    Fujimura Bakeryさん

     

     

    まずは明日のライドが延期になってしまったという報告を。

     

    IMG_6239.jpg

     

    IMG_6240.jpg

     

    IMG_6241.jpg

     

    IMG_6242.jpg

     

    IMG_6244.jpg

     

    IMG_6243.jpg

     

    死ぬほど美味そうだぜ。

     

    この中から2個を選んだ。

     

    IMG_6246.jpg

     

    ゴリは菓子パンboysという変な集団を作っているみたいだが、僕は「惣菜パンCLUB」の一員である。

     

    選んだパンはカレーパンときのこバター醤油。

     

    カレーが食べ物の中で一番好きな僕としては絶対に初見のカレーパンは食べるようにしている。カレーパンが美味しいかどうかで通うかどうかが決まると言っても過言ではない。とても美味しかった。

     

    きのこバター醤油に関しては目ん玉飛び出るぐらい美味しかった。季節限定みたいなのでぜひ食べてもらいたい。

     

    りんごジュースはゴリが飲んでたのが羨ましかったので購入したがこれまた美味しい。

     

    満足である。

     

    IMG_6245.jpg

     

    パン屋さんにキッズスペースがあるのも僕としては素晴らしいと思った。

     

    IMG_6247.jpg

     

    帰りは気温も12℃まで上がりグローブは必要なくなった。

     

    SAS * S1-V Riding Vestもジップは全開で問題なし。

     

    これぐらいの気温が一番走りやすい。

     

    今回のルートはほとんど平坦。

     

    なんのトレーニングにもならないが最高のライドだったと思う。

     

    ゴリがまたパン屋ライドをしてくれると思うので期待して待っていて欲しい。

     

    僕はたまにこっそりとパンを買いに走ろうと思う。

     

    距離:51km

    獲得標高:210m

    時間:3時間(走行時間:2時間)

     

     

    やばい、、、すっかり忘れてたわ、、、

    2017.11.10 Friday

    0

      どうも!スタッフのゴリです。

       

      早いもので今年も二ヶ月を切りましたね。今年も日々がすぎるのが早すぎて結構やり残したことがあり、今更ですが焦っています。

       

      可愛い彼女を作って水着デートとか浴衣デートとか花火デートとか、、、結構いっぱいあります。しかし過ぎた季節のイベントと努力不足で手に入らない事はどうにもならないので、今できるやり残したことをやろと思い昨日行ってきました。

       

      IMG_5843.jpg

       

      今年初となるスーパー林道です。12月には通行止になるので走り納めにもなります。

       

      当初の予定は7時に自宅を出発して土須峠を登りスーパー林道を徳島のへそまで走ってUターンしてくる予定でした。

       

      しかし予定通りにことが運ばず起床したら9時、、、去年doppoを組んで走った旭丸峠を登りスーパー林道を走り土須峠を下るルートに変更しました。

       

      IMG_5854.jpg

       

      IMG_5844.jpg

       

      IMG_5849.jpg

       

      ルートを変更したのでダート区間は時間にゆとりを持って楽しむことができるのですが、このルート兎に角スーパー林道までの登りがキツい、、、麓の街から15キロ登りっぱなしなので心を無にして気長に登ります。

       

      IMG_5779.jpg

       

      本日のピークポイントに到着。標高約1200メートルです。気温は8度。この格好では寒いです。

       

      昨日のウェアです。

      ヘルメット:GIRO * SYNTHE

      サングラス:Oakley * JAWBREAKER

      トップス:SAS * Long Sleeve Merino Jersey

      グローブ:GIRO * D'WOOL

      ショーツ:SWRVE * heavy canvas camp shorts

      インナーパンツ:PEARL iZUMi * 3D メッシュ インナーパンツ

      ソックス:GIRO

      シューズ:GIRO * EMPIRE VR90

       

      下界は15度前後だったのでこの服装でも余裕で登り始めはしっかりと汗をかく位でした。

       

      標高が800メートルを超えてきた辺りから風が強くなり寒さを感じ始めました。そして頂上に着く頃にはすっかり寒さにやられてしまっていました。

       

      しかしそれも想定済みです。こんな時のために買っておいたアレが役に立ちます。

       

      IMG_5867.jpg

       

      Search and State * PJ-1 Packable Expedition Jacket

       

      IMG_5766.jpg

       

      店長が展示会の時に自分用にと注文をつけていましたが、、、そんなのは知らねえ!

       

      基本的な性能はSearch and State * S1-J Riding Jacketと同じで防水透湿性に優れています。

       

      生地が少し厚く重たさを感じますがその分ライディングジャケットに比べ耐久性もあり、ストレッチ性も抜群なので着ていてストレスを感じる事は無いです。

       

      シルエットもゆとりのある感じなので、今回のようにカジュアルなパンツとも相性が良いです。

       

      このジャケットのおかげで下りも凍えることなく快適に走れました。

       

      IMG_5865.jpg

       

      ウェアを着込んで防寒対策をしたら次は体の中から温めます。ロマンスクルー御用達のマルタイ棒ラーメンです。

       

      IMG_5870.jpg

       

      具なしの即席ラーメンですが、必死に登った後なのでいつも以上に美味しかったです。

       

      IMG_5873.jpg

       

      食後はコーヒータイムです。BLUE LUG * dry pouchなどバックインバッグは荷物の整理ができるので有れば有るほど便利ですね。(因みに僕が使っているメイクシフターのポーチもご注文頂ければお取り寄せできます)

       

      IMG_5875.jpg

       

      お腹も膨れて体も温まればあとはお待ちかねのスーパー林道を下るだけ!

       

      久しぶりの未舗装路はテンション上がります。

       

      IMG_5877.jpg

       

      IMG_5905.jpg

       

      グラベルに落ち葉が敷き詰められた極上の道を楽しみながら下ります。

       

      はじめは荷物が多いのでパンクを気にして空気圧は4気圧で下ったのですが、途中で振動がキツく感じたのでいつも通り2気圧くらいまで下げて走りました。

       

      心配していたパンクはグラベルではしなかったです。(家に着くあと数キロで異物が刺さりパンクしました。泣)

       

      IMG_5884.jpg

       

      今回の相棒はdoppoです。こういったライドの時はこいつ一択です。キレのある走りはできませんが自分のペースで黙々と走れるバイクです。

       

      IMG_5918.jpg

       

      クッカー、バナーなどの調理器具や食材などはMakeshifter Canvas Works * Saddlebag Deluxe versionに収納。カメラや補給食は必要な時に直ぐ取り出したいのでハンドルに取り付けたMakeshifter Canvas Works * Snackhole Stem bagに収納しました。

       

      フレームバッグやパニアバッグなど荷物を運べる道具は色々と増えました。

       

      シオストも吟味して在庫しており、その中から僕が選んだのはヘビーウェイトなワックスキャンバスを使用したメイクシフターのバッグ類です。

       

      普段の通勤でも使用していますが超ローテクなので面倒くさいなと感じることが多いです。しかしそこに味があり愛があるのです。

       

      機能性も大事ですが面倒くさいけどそれを含めて使ってみたいと思える道具なのでこのバッグには愛しか無いです。堂々と言いますがシオスト1最高にいけてるバッグです。

       

      ローテク、ハイテク色々ありますが最高にいけてるモノって人それぞれです。

       

      昨日のブログでユウスケも書いていますが使うなら好きなものを使う方がテンション上がるので、吟味して自分にあうものをお選びください。

       

      IMG_5920.jpg

       

      IMG_5922.jpg

       

      IMG_5924.jpg

       

      グラベルを走るだけでなく、立ち止まり良い景色と時間が流れる山の中で、そんな誰もが知っとるはとツッコミ入れられそうなブログの内容や、これからの菓子パンboyzのあり方をどうするかなど、色々とくだらない事を考える時間も含めて山の中は控えめに言ってやっぱり最&高です。

       

      最近はトレーニングだシクロクロスのレースだと前のめりな自転車の乗り方ばかりしていて、くだらない事を考えることが減っていたので、僕のスーパー林道納めは久しぶりにいい時間を過ごすことができました。

       

      IMG_5927.jpg

       

      IMG_5927.jpg

       

      IMG_5971.jpg

       

      IMG_5958.jpg

       

      スーパー林道や土須峠から八重地方面は紅葉が見頃なので、お時間あれば走りに行って紅葉を楽しみながら、立ち止まってくだらない事を考えてみてはどうでしょうか?

       

      病み上がりのライドは新しいウエアでご機嫌だぜ

      2017.11.02 Thursday

      0

        5日(日)に僕のCX初戦が控えていることもあり、10月1日(日)にサイクリング強度でロードバイクに乗ったきりだったので心拍を上げておこうという感じでライドをしてきました。

         

        今回は一人ではなく、久しぶりにゴリと一緒に走りました。

         

        IMG_5878.JPG

         

        いつものシオスト自撮りスポットです。

         

        ゴリは遅刻です。

         

        IMG_5883.jpg

         

        久しぶりのロードバイクはびっくりするぐらい走れませんでしたw7、8、9月と乗りまくった結果、お店の貯金を随分と削ったので10月は乗らずに営業を頑張ったら足の貯金を全て失ったみたいです。

         

        IMG_5884.jpg

         

        ゴリ到着です。SASのフルセットでバチっと決めてきましたが、ちょっと暑すぎたみたいです。ここからは登りなのでSAS * S1-J Riding Jacketは脱いで背中のポッケに収納です。SAS * S1-LW Leg Warmerは脱いだら寒いので我慢。(S1-KW Kneewarmerが欲しいってずっと言ってました)ちなみにレッグウォーマーはLサイズが残り1個のみです。ニーウォーマーはMサイズが2個のみです。

         

        IMG_5426.jpg

         

        またオンラインストアにアップしてご紹介する予定ですが、グローブはGIROのD'WOOLです。グローブをお探しの方が増えてきましたが、このグローブがよく売れています。

         

        IMG_5413.jpg

         

        IMG_5885.jpg

         

        地蔵院をサクッと(ゼェゼェバァバァ)で終わらせたらメインディッシュの眉山へ向かいます。

         

        IMG_5432.jpg

         

        IMG_5418.jpg

         

        最近は展望までは登らずに駐車場でチルするのが僕流。

         

        IMG_5887.jpg

         

        IMG_5888.jpg

         

        IMG_5417.jpg

         

        水分補給は寒くなっても大事です。というよりは上がりきった心拍を落ち着かせ共にきつい坂を登ってきた同士でトークをする時間が大切なのです。

         

        IMG_5886.jpg

         

        FELT(BK)とCielo(RD)。(アルミとクロモリ。どちらが好みですか?)

         

        IMG_5431.jpg

         

        IMG_5434.jpg

         

        IMG_5440.jpg

         

        ここからはサクッと降ってシオストへ。久しぶりにゴリと乗りましたが、普通に速いです。重いギア踏んでますわ。

         

        IMG_5425.jpg

         

        今日の服装です。

         

        ヘルメット:GIRO * AEON WF

        サイクルキャップ:RaphaRCC(SAN FRANCISCO)

        サングラス:Oakley * JAWBREAKER

        ベスト:SAS * S1-V Riding Vest

        トップス:SAS * Long Sleeve Merino Jersey

        ビブショーツ:SAS * S2-R Performance Bib Short

        ウォーマー:SAS* S1-KW Kneewarmer

        ソックス:theathletic

        シューズ:GIRO * EMPIRE SLX

         

        気温は最低が7度で最高が17度です。

         

        走りはじめはベストを着て、ウォーミングアップの登りでは前のジップを解放。眉山では脱いで背中のポッケに収納し下りで着るという感じです。この季節はベストがかなり重宝します。(ゴリは欲しいって連呼してました)

        ニーウォーマーは今期から投入してみましたが、かなり良いです。ゴリはレッグウォーマーだったので暑いと言ってましたが、暑くも寒くもなかったです。

         

        SAS * Long Sleeve Merino Jerseyを自分用に注文はしているのですが、なかなか入荷しないので我慢できずに買いました。そしてゴリもそれに便乗しやがりました。(なのでお店はいつまでたっても貧乏なのです)

        メリノウールのジャージってどうなのよ?って実はずっと思ってまして、今まではSAS * S1-J Riding Jacketがちょうど良い季節までは半袖ジャージにアームウォーマーの組み合わせで走ってました。正直それでも問題はありませんでした。

        が、今日初めて着てみて思いました。全然違う。。。めちゃくちゃ快適なのです。登りでは汗をかいたはずなのにベタッとしたり蒸れているような感じもなかったですし、登っている時も暑いと感じず、下りでも汗びえがかなり少なかったと思います。(思いますという表現にしたのは走っている時は快適すぎて何にも考えてませんでした。帰って来てから考えるとすげぇとなったのであります)

        今日はこの下に半袖ジャージ(アームウォーマーあり)の時に着るインナーTシャツのみでしたが、PEARL iZUMi * ヒートテックセンサーロングスリーブを着れば今日の服装でまだまだ気温が下がってもいけそうな感じです。

        かなり短い期間しか着れないと思っていたので手が出ませんでしたが、秋から冬を越え春まで着れそうなので買って良かったです。(あと1枚は買ったほうが良さそうだな。フッフッフッ。)

         

        極寒(0〜5度前後)になってからはベストからSAS * S1-J Riding Jacketになり、ニーからレッグウォーマーに変わります。これにシューズソックス(シューズカバー)を履けば僕は問題なく真冬の徳島でも走れます。

         

        1年中SASを着て自転車に乗れることが分かったので僕は躊躇なくSAS製品を購入していますが、僕は寒さには強い方なので全ての方に推奨はできないかもしれません。ですが、かっこいいのは絶対なのでお試し下さいませ。

         

        多分、今日の僕の服装を一番羨ましがっていたのはゴリです。

         

        IMG_5428.jpg

         

        僕のグローブを紹介するのを忘れてました。DeFeet * グローブETをずっと使っております。グローブに関してなのですが、見た目重視で選んだら好みでないことがほとんどで、これが今のところ最高です。(できればGIROを使いたいのですが、、、)真冬はこの下にインナーグローブを履きます。真冬でも登りと下り、気温の変化で調整ができるように僕はしています。

         

        IMG_5408.JPG

         

        一度解散してからシオストへやって来たゴリです。(今日はお休みの日)

         

        ゴリのゴリゴリライドの試走をしにいきました。

         

        SAS * S1-J Riding JacketSAS * S1-LW Leg Warmerを脱いで来たみたいです。15度から20度ぐらいの気温だとこの服装で余裕ですね。

         

        SAS * Long Sleeve Merino Jerseyに関しては僕もゴリもMサイズです。(二人とも身長176cm)(ブラックのMサイズは1枚だけ入荷予定です。代理店在庫がどれだけあるかわかりませんので欲しい方はお早めにご相談下さい。)

         

        今の季節は自転車に乗りやすい季節ということなのですが、僕からすると一番服装に悩む季節だと思っています。早朝は寒い、山に登れば寒い、下りは寒いのに、日中は20度近くまで気温が上がる、登りでは汗をかくなど、服装を失敗すればすごく走っていてストレスを感じます。ただ、僕としては雨の日以外はほとんど自転車に乗るのでその日の気温や起床した時の感じでどの服装にしたら良いかが分かるようになってきました。(たまーに失敗しますが)失敗を繰り重ねた結果だと思っています。

        経験値をあげて服装を揃えれば服装にも迷わずライドするには最高の季節だと思いますが、まだ服装で悩んでしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

        そんな方に僕たちの服装が少しでも参考になればいいなと思っています。

         

        自転車の服装に関してはお気軽にご相談下さいませ。

         

        皆様のご来店お待ちしております。

         

        距離:28km

        獲得標高:433m

        時間:1時間42分(走行時間:1時間18分)

        トレーニングさぼってルート探索Day

        2017.10.13 Friday

        0

          どうも!スタッフのゴリです。

           

          昨日は休みだったのでいつも通り自転車に乗って1日過ごそうかと思っていたのですが、昼から天気が崩れる予報だったので、短時間トレーニングライドをしようとロードバイクに跨り家を出ました。

           

          3時間くらいのライド予定で家を出たので、サクッと大川原に登るかと佐那河内方面に向かっていたのですが、なかなかペースも心拍も上がらず、早々にやる気も無くなったので旧府能トンネル通って帰るのんびりサイクリングに変更。

           

          こんな日もあるよね〜と思いながら旧府能トンネルに向かう峠を登っていたら、何時もは素通りしてた山の中に向かう脇道が目に止まり、気がつけがそっちに向かっていました。笑

           

          IMG_4995.jpg

           

          登り始めは綺麗な舗装路でしたが、途中からコンクリートうちの荒れた道に。

           

          FullSizeasaRender.jpg

           

          最近はトレーニング目的でしかロードバイクに乗る事がなく、綺麗な道ばかり選んで走っていたので、久しぶりに走る極上の道とロケーションにテンションはガチ上がり。

           

           

          パンクのするかも?バイクが汚れる??そんな事を理由にこんな楽しい道を走らないのは僕の中ではありえません。

           

          パンクは直せるし、バイクは掃除すれば綺麗になります。自分の感覚と経験をフルに使って道と格闘しなが走る感覚は、綺麗な道を走っているだけでは味わえない醍醐味があります。

           

          IMG_5032.jpg

           

          ロードバイク=レースバイクという考えで綺麗な道を速く走り、高い山を登る事ばかりしてしまいがちですが、こういった道や少し荒れた旧道など、自分の感覚をフルに使えば問題なく走れてしまいます。

          こういった砂利道も距離が短ければ僕にはモーマンタイです。イケるイケナイの感覚は人それぞれですが、乗用車が走れる道ならロードバイクでもなんとかなると思ってます。

           

          IMG_5028.jpg

           

          こういった場所を走るたびに、綺麗な道を速く走るだけがロードバイクの楽しみ方の全てでは無いんだ、ということに気がつかされます。

           

          最近の僕はシクロクロスのレースに勝つことを目標に、トレーニングの事ばかりで頭が凝り固まっていたので、自分の中で何が楽しいかを再確認できて良かったです。

           

          IMG_5031.jpg

           

          IMG_5040.jpg

           

          途中で迷子になり、たまたま人がいたので、ルートを確認でき無事に旧府能トンネルへ続く道に戻ってこれました。

           

          今回走った道が一番荒れている道だったみたいで、轍が綺麗についているルートを通れば神山森林公園の方に抜けれるみたいです。

           

          今月中にまた走りに行ってみて、程よい感じなら来月のゴリゴリライドでそのルートを走ろうと思います。

           

          こういった道を快適に走るなら、doppoALL-CITY NATURE BOY 853が快適に走れるのは理解していますが、たまにロードバイクで自分の感覚フルに使って走ると本当楽しいです。

           

          今回もピュアロードバイクであるFELT F75に以前杖立峠を登った時と同じくタイヤはvittoria * CORSA * 700×25cで走りました。

           

          25cと少し太めのタイヤとワイドなリム幅のINDUSTRY NINE TORCH ROAD I25TLホイールの組み合わせは、タイヤの変形が少なくしっかりとタイヤがグリップしてくれ、タイヤの張り出しも少ないのでサイドカットのリスクを減らしてくれています。

           

          今回も道は悪いですがパンクは一回もしなかったですし、登りでタイヤがスリップする事も無く、どんな路面状況でも安心して走れる最高の組み合わせです。

           

          ノッチ数の多さもこういった場所を走る時に効果を発揮します。

           

          例えば斜度がきつい登りでスリップストップしてしまった時に、ノッチ数が少ないホイールだとかかりが悪いので、漕ぎ出しのスピードが乗らなく、クリートをキャッチするのが大変な事があります。

           

          その点インダストリーナインはかかりが良いので、自分の好きな踏み位置からスタートをしてもしっかりと漕げるので、落ち着いてリスタートできます。

           

          ノッチ数は多いですがそれがホイールの回転を妨げる事が無く、フランジの精度と高性能なベアリングの組み合わせは負荷がかかった状態でも気持ち良く回転してくれます。

           

          IMG_5027.jpg

           

          綺麗な道を走る事に少し飽きたという方はいつも走っているルートの脇道に入り込んで見てはどうでしょうか?

           

          その先は行き止まりか、またどこかに繋がっているのか、舗装路か、荒れた道が永遠と続くのか、、、ロードバイクでどこまで進めるのか想像しただけでワクワクしてきませんか?

           

          走ってみたいけど一人で走るのは少し不安だという方は是非来月のゴリゴリライドにご参加ください。

           

          147回目の眉山

          2017.10.01 Sunday

          0

            どうも!スタッフのゴリです。

             

            最近早朝トレーニングが僕に日課になっており、出勤前に眉山へライドに出かけています。

             

            IMG_4632.jpg

             

            今朝も眉山を登ったのですがストラバで計測を初めて今日までで147回眉山に登ったようです。

             

            IMG_4644.jpg

             

            記念すべき147回目の登頂は最近組んだリッチーちゃん。

             

            せっせと登っている成果が出てきたのか、眉山のヒルクライムは、本格的にトレーニングを始めた3月から比べるとタイムも縮まり、ロングライドやヒルクライムもそれなりに走れるようになってきました。

             

            最近では僕のログを見てどうやったらそんなにタイムが縮まるんですかと質問されることも増えてきたので、今まで自分がやってきたことを少し振り返り簡単にまとめてみました。

             

            速く走りたいと思う理由は人それぞれですが、僕はシクロクロスのレース楽しみたい、具体的にはC3で勝ってC2に上がりたいという目標がありトレーニングを始めました。

             

            良く聞き話ですが目標があると無いではモチベーションが変わってくるので、漠然と速くなりたいでは無く、眉山を13分台で登りたいとか、一緒に走っている仲間とヒルクライム勝負で勝ちたい、市民レースに出てしっかりと走りたいなど、まずは一つ目標を決める事をオススメします。

             

            トーレニングを始めるに辺り色々と調べた結果、まだ僕自身の体が強度の高いトレーニングをするレベルでは無く、ましてやレースを楽しみながら走るレベルでも無いと思ったので、まずは基礎体力をつけるためにしっかりと走り込む事から始めました。

             

            一週間のうち最低二日、仕事前か仕事終わりに眉山を全力で一本上がるのと休みの日に100km前後走る。

             

            眉山を登る理由は家から近く、短時間でしかも強度があるライドが出来るからです。(今も朝の眉山トレーニングは休憩も含めて約1時間半しか乗っていません)

             

            自分の体とメンタルに負荷がかかり過ぎない塩梅でメニューを考え、まずは少し頑張ってロードバイクに乗ることにしました。

             

            IMG_9986.jpg

             

            僕がトレーニング用のロードバイクとして選んだのはコンポに 105を採用したFELT F75です。とても乗りやすくコストパフォーマンスに優れた一台です。

             

            僕の様にトレーニング目的やセカンドバイクとしてオススメのモデルです。これからしっかりとロードバイクを楽しんで行きたいという方にはFR40がオススメです。オススメの理由はこちら

             

            眉山トレーニングをスタートしたのが3月17日からでその時のタイムが13分58秒でした。

             

            そこから二ヶ月間は決めたメニューをこなしました。

             

            3月 距離150km、獲得標高2918m、走行時間7時間51分

            4月 距離264km、獲得標高4237m、走行時間16時間57分

            5月 距離484km、獲得標高6941m、走行時間27時間35分

             

            5月の後半には体も慣れてきて、長い距離でも以前と比べ楽に走れるようになり、走り込みの成果がタイムにも現れてきました。

             

             

            この月は走るたびに自己ベストを更新でき、タイヤをグレードアップしたりなど、なんやかんやでベストタイムは10分59秒と3月と比べて3分も縮まりました。(とは言ってもスタッフのユウスケと走ると毎回殺されていましたが、、、泣)

             

            また全力でがむしゃらにペダルを踏むのでは無く、心拍をみながらギアを選んで走ってみたり、ペースを考えたりなど色々と頭を使って登り出しのもこの時期です。

             

            6月には心拍数を頼りに走っていましたが、ケイデンスメーターを導入しより効率的に走れる様になりました

             

            IMG_0473.jpg

             

            またシューズやジャージなど自転車以外の用品を整えより快適にそして楽しんで自転車に乗れるように整えはじめたのもこの時期です。

             

            今まではシオストジャージか昔から使っているヨレヨレのジャージを着て走っていました。より快適に走るためにはジャージの質もそうですが、見た目も大事なのでヨレヨレのジャージは捨てて新しくSearch And Stateのビブとジャージを新調しました。

             

            トレーニングといえど趣味で自転車に乗っているからには、自分がダサいと思う(思われる)ことは死んでもしたく無いです。

             

            僕はバイクの性能を語る人よりエンジンが強い人の方が好きですし、更に装いがちゃんとしているのが僕の理想なのです。

             

            ファッションだけ、機材だけといった自転車乗りでは無く、しっかりと自転車に乗れるそういったサイクリストになりたいと思っています。

             

            6月 走行距離452km、獲得標高7383m、走行時間24時間15分

             

            7月からは一回のトレーニングで登れる回数も増え、また登ったタイムも大きく変わることも無くなって着ました。

             

            1本だけなら11分台、2〜3本上がる時は12〜13分台を目安に登っていました。このタイムで上がると心拍ゾーンがおおよそ70〜80%前後で登れます。

             

            心拍トレーニングをするのであれば、しっかりと狙った心拍ゾーンでトレーニングができるローラー台を導入する方が効果的です。

             

            しかし甘いかもしれませんが、どんなにキツくても外で楽しんで自転車に乗りたいので、家から近く少しの時間で強度を上げたライドが出来る眉山を僕は登りまくっているのです。

             

            IMG_1070.jpg

             

            ホイールを新調したこの月に自己ベストの10分40秒が出ました。

             

            7月 走行距離465km、獲得標高8882m、走行時間24時間46分

             

            IMG_4609.jpg

             

            8月からはシクロクロスのレースに向けてバイクになれるため、ALL-CITY NATURE BOY 853に乗り出したのですが、一つ誤算がありました。

             

            50x34のコンパクトギアで足を回しケイデンスを上げて走る乗り方に体が慣れてしまい、シクロクロスのレース使いたいギア比2.0が重たくて踏めなかったのです。

             

            このままでは不味いので8月の半ばからギアを53x39のノーマルに変更しました。変更した頃は重たくてこんなギア踏めませんよと、ブツブツ店長に言いながら、7月と同様に心拍ゾーンを意識しながら眉山に登りました。

             

            8月 走行距離408km、獲得標高7680m、走行時間20時間30分

             

            9月にはノーマルにも体がなれてきてコンパクトと同様にとはいきませんが其れなりにタイムも出せる様になりました。

             

            またシクロクロスもレースを想定したギアを踏んでも重たくは感じなくなりました。

             

            7月までは眉山の自己ベストを更新することが楽しく自転車に乗っていた感じがありましたが、今はシクロクロスのレースに向けて、心拍ゾーンをを意識しながら乗ってます。あとは結果が出るかどうかです。(レースで全く通用しなかったらと考えただけで震えています)

             

            ざっくりと振り返ってみましたが、まだまだ考えて乗らないとダメだなと改めて感じました。

             

            シクロクロス開幕まであと少しですが出来る限りの事はしようと思います。

             

            IMG_5323.JPG

             

            シクロクロスのトレーニングで乗り始めたロードバイクですが、ヒルクライムで自己ベストを更新する楽しみを知ってしまったので良い機材に興味も出てきました。

             

            先日入荷したFELT FR3などのカーボンロードバイクがとても気になるので、スタッフのユウスケが乗っている2017年モデルを借りてライドしてみようと思います。

             

            一緒にトレーニングしたい、走りたいという方はお気軽にスタッフのゴリまでお声けください。

             

            店長予約制ライドーシオ女とのカフェランチライド

            2017.09.28 Thursday

            0

              シオ女とはシオスト女子のことであり、特定の女子のことではありません。

               

              今回のシオ女は単独(しかもシングルスピード)で四国一周をきっかけに新しく相棒であるSURLYストラグラーを組み、

              和歌山やしまなみ海道を走破するツーリング女子でございます。

               

              10月に旅に行く。

               

              という話を聞いたのはゴリのゴリゴリライドの少し前。

               

              シオストキャンプライドにも初参加してもらい、ゴリのゴリゴリライドもあれぐらいのペースだと余裕ぶっこいていたら全然速かってびっくりしたみたいで、神山森林公園のピークまで登れなかったという結末。(シオストキャプライドはめちゃくちゃゆるいのです)

              そして、ゴリゴリライド後に10月の旅のために自転車をオーバーホールするとのことでお預かりしました。

              オーバーホールも完了したところで、「走りに連れてって下さい。」とのご予約。

               

              「カフェでもいく?」

              「行きたいです!!!」

               

              なんてところが女子でございます。

               

              IMG_5366.JPG

               

              22016582_955286644622603_1729760651_n.jpg

               

              まずはいつもの場所で自撮り撮影からスタート。

               

              天気も最高で、日焼け止めを塗り忘れたことを死ぬほど後悔することになるとはこの時は思いもしませんでした。

               

              IMG_5375.JPG

               

              通勤、通学時間帯のバイパスは逆走をはじめ様々なルール無視をする人たちをどれだけスマートに避けるかが課題になります。(教育だのルールだの云々の前にそれが当たり前に危険だと気づかない人達に乾杯でございます。アホの僕でもわかります。)

               

              カフェは海のそばにあるので海を目指します。

               

              IMG_5376.JPG

               

              IMG_5377.JPG

               

              途中でグラベルがあったので走ってもらいました。

               

              IMG_5384.JPG

               

              海を目指していますが、峠を越えないとそこには辿りつきません。

               

              IMG_5385.JPG

               

              登ります。

               

              IMG_5387.JPG

               

              あの棒を目指して登ります。

               

              IMG_5390.JPG

               

              自撮りサイクリスト選手権です。ひどい話ですが、僕は余裕です。

               

              FullSizeRender.jpg

               

              ピークに到着です。この写真を見ればもう目的のカフェはどこなのかお分かりですね。

               

              IMG_5393.JPG

               

              ピークから見える景色です。シオ女も感動してました。

               

              「これが見たいから俺は山登るんや」

               

              なんてね。

               

              IMG_5394.JPG

               

              目的地のイザリCafeに到着です。(10時50分ごろ)

               

              IMG_5395.JPG

               

              とりあえずOPENまで時間を潰します。

               

              IMG_5400.JPG

               

              IMG_5403.JPG

               

              IMG_5404.JPG

               

              IMG_5397.JPG

               

              22052484_955286841289250_1749099667_n.jpg

               

              22014658_955287064622561_1076851492_n.jpg

               

              山も良いですが海も良いですね。漁港というのがさらに良い。

               

              あっという間に11時です。

               

              IMG_5407.JPG

               

              22053142_955286651289269_1571214769_n.jpg

               

              IMG_5405.JPG

               

              エビフライ定食(1200円)を注文しました。これで足りない方はジャンボを注文して下さい。

               

              他にも美味しそうなメニューばかりでしたが、初回はど定番と決めている僕としてはこれで正解でした。

               

              カフェと名のつく場所で、味、量、価格全てにおいて満足だったのは久しぶりでした。

               

              色々と話をしたのですが、旅は2週間で九州一周とのことでした。他にもゴリゴリライドで登れなかった神山森林公園にはオーバーホール後にすでに2回登ったみたいです。さすがですね。

               

              この時点で50km。

               

              帰りは同じ道は嫌だというリクエストをもらっていたので60kmぐらいのルートを設定。

               

              IMG_5408.JPG

               

              出発後すぐに登りです。

               

              IMG_5411.JPG

               

              お腹いっぱいで木漏れ日ですごくいい気分。とはいかずに登りです。

               

              IMG_5412.JPG

               

              登ったら水平線です。この撮影ポイントは高所恐怖症の僕としては少し怖いです。

               

              22014844_955287034622564_540236286_n.jpg

               

              シオ女は余裕でしたね。女ってすげーと思いました。

               

              IMG_5415.JPG

               

              アップダウンを繰り返しながらもペースは落ちません。登りも聞いていたよりは全然登れるようになっており、下りは普通に下れます。

               

              22014799_955286844622583_179361938_n.jpg

               

              IMG_5416.JPG

               

              景色が綺麗な場所は立ち止まります。女子ライドの時は必須ですね。

               

              ここからは一度だけコンビニ休憩を入れただけで平地をひたすら23−25km巡行で帰りました。

               

              IMG_5419.jpg

               

              無事にシオスト到着です。

               

              弱音を吐くかと思いましたが、「楽しかったのであっという間に終わりましたね」なんて笑顔で言うのです。

               

              素敵なサイクリスト女子ですね。

               

              10月の旅の土産話も楽しみです。

               

              また走りに行きましょう!!!

               

              IMG_5413.JPG

               

              IMG_5414.JPG

               

              距離:109km

              獲得標高:862m

              時間:7時間12分(走行時間:5時間20分)

               

              店長予約制ライドー標高1200mの極上グラベル

              2017.09.25 Monday

              0

                IMG_5255.JPG

                 

                自転車に乗りたいというテンションを上げるのに簡単な方法があります。

                 

                なんでも良いので新しいモノを購入する。

                 

                今回のライドでは旧店舗から売れ残り続けたボトルを購入しました。猫好きと言えばゴリと思われているかもしれませんが、僕も隠れ猫好きです。

                 

                新しいボトルを買う。これだけでテンション上がりますから。

                 

                IMG_5262.JPG

                 

                シオスト自撮りスポットで撮影。

                 

                店長ライド with ロマンスクルーでございます。

                 

                IMG_5269.JPG

                 

                今日の目的地は後ほど分かるとして、神山町を目指します。

                 

                旧府能トンネルまでサドルトークをしながら登ります。

                 

                IMG_5270.JPG

                 

                神山町道の駅です。目的地で食べる補給食の購入とおやつの時間だです。

                 

                もち入りじゃなくてもよかったです。

                 

                IMG_5271.JPG

                 

                IMG_5272.JPG

                 

                1ヶ月前であれば飛び込みたい衝動にかられるのでしょうが、もうそんな気持ちにはなれない気温になりましたね。

                 

                IMG_5273.JPG

                 

                IMG_5278.JPG

                 

                さぁここからヒルクライムの始まりでございます。標高が1000mの地点までまずは登ります!!

                 

                IMG_5284.JPG

                 

                とにかく登ります。

                 

                IMG_5286.JPG

                 

                随分と登りましたが、目指すはあの雲がかかっている場所。

                 

                標高が700mを越えたあたりからどんどん気温が下がります。

                 

                IMG_5288.JPG

                 

                目的地へ到着です。ここがゴールではなくスタートなのですが、、、

                 

                IMG_5289.JPG

                 

                空気圧をチェックします。空気を入れるのではなく抜きます。写真は抜きすぎたので入れ直してるだけです。

                 

                IMG_5290.JPG

                 

                この看板に見覚えがある方もいらっしゃると思います。僕も1年ちょっとぶりです。

                 

                IMG_5291.JPG

                 

                Rapha Prestige kamikatsuのCP1からのグラベル(剣山スーパー林道)です。

                 

                トリカブトの時期というのもあり駐車している車も多く、土曜日ということもありバイクや車とも何度かすれ違いました。

                 

                IMG_5294.JPG

                 

                IMG_5297.JPG

                 

                IMG_5300.JPG

                 

                IMG_5302.JPG

                 

                極上のグラベルライドにロマンスクルーも大はしゃぎ!!

                 

                IMG_5304.JPG

                 

                IMG_5305.JPG

                 

                以前はロードバイクで走りました。走れないことはありませんが楽しいよりもバイクに気を使いすぎます。シクロクロスで走ると楽しいです。

                 

                この時点で下界との温度差は10℃。それでも登りなので夏と同じ服装で走ります。

                 

                IMG_5306.JPG

                 

                IMG_5307.JPG

                 

                上勝町へ入りました。ここから少し降ります。

                 

                IMG_5310.JPG

                 

                すごく良い眺めだったので足を止めて休憩です。道の駅で購入した補給食を貪ります。(すでにランチタイムに突入しており全員腹ペコだったので食べ物の写真はありません)

                 

                IMG_5311.JPG

                 

                標高1200m地点のグラベルです。靄というか雲がかかっており視界はよくありません。

                 

                それでも極上のグラベルに僕たちは興奮しておりました。

                 

                IMG_5313.JPG

                 

                IMG_5312.JPG

                 

                「木が折れてるーーーーーーーーー」(笑顔)

                 

                台風の影響でしょうか。これだけではなく数本折れてました。

                 

                IMG_5314.JPG

                 

                IMG_5320.JPG

                 

                IMG_5319.JPG

                 

                もう全く何も見えません。アドベンチャー感出てきましたw

                 

                ここから少し登ったらピークです。

                 

                IMG_5318.JPG

                 

                無事に頂上に到着です。普通に写真を撮ってますが、、、

                 

                FullSizeRender.jpg

                 

                14℃です。最低気温は13℃でした。(下界の最高気温は26℃です)

                 

                ただ、僕もサイクリストです。気温の変化に対応するなんてのはお茶の子さいさい。

                 

                IMG_5317.JPG

                 

                変身!!!!!!!!!!

                 

                10℃以下にならないのであれば夏と同じ服装にアームウォーマーとジレ(共にSAS)で十分です。(僕は)ただ、最近気づいたのですが、僕のSASのアームウォーマーは裏起毛なしなのですが、新しいアームウォーマーには裏起毛がありました。暖かくならないぞという疑問しかなかったのですが謎が溶けました。今年は夏の日よけに使ったのですが最高だったので、これは夏用にして新しいのを買おうと思います。

                 

                IMG_5316.JPG

                 

                降りはバイクも多かったのと視界も悪いということで神山町役場まで降る舗装路を選びました。17kmという看板をみて降りが17kmだったらどうしようと震えましたが17kmぐらいありましたね。斜度はゆるいのですが道がガレてるのと汚い+距離が長すぎて握力がなくなるかと思いました。(シオストから自宅のある羽ノ浦町までが約18kmと考えるとどれぐらい長い降りか想像できると思います)

                 

                途中でパンクがあったので少し休めたのは助かりました。(ぐらい面白くない疲れるだけの区間でした。)

                 

                降ってからはシオスト到着予定時刻の14時をすぎていたので、近くのコンビニで遅めのランチを済ませてから高速で帰りました。

                 

                楽しすぎて仕事があるのを忘れてました。。。

                 

                距離:104km

                獲得標高:1537m

                時間:7時間55分(5時間11分)

                ユウスケの帰省ライド2ーFELT FR3でバイクパッキング

                2017.09.24 Sunday

                0

                  ユウスケの帰省ライドーFELT FR3でバイクパッキング

                  の続きです。

                   

                  二日目です。この日は90km先の愛媛県三崎港まで行き、フェリーに乗り大分県佐賀関に渡ります。

                  そこから自走で大分市に住む姉の家に向かい、そこで一泊をするというスケジュールです。

                   

                  IMG_5215.JPG

                   

                  IMG_5214.JPG

                   

                  松山市を抜け海岸沿いを数十キロ走ります。

                  普段は海沿いを走ることは少ない僕としては海の光景は新鮮で、楽しく走ることができました。

                  最終的には飽きましたが。(笑)

                  飽きるくらいには長い距離を沿岸だけで稼ぐことができます。十数キロ先が見えてしまうことも、少し心が折れそうになります。(笑)

                   

                  IMG_5218.JPG

                   

                  IMG_5217.JPG

                   

                  IMG_5204.JPG

                   

                  帰省する前から立ち寄ってみたかった場所があります。「下灘駅」という無人駅です。

                  ネットで見たことはあったのですが、せっかくの通り道にあるということで写真を撮りました。

                  すごく綺麗でしたが、夕日に照らされる時間帯だとより綺麗なのかなと思いました。リフレッシュをし、先に進みます。

                   

                  IMG_5213.JPG

                   

                  IMG_5212.JPG

                   

                  IMG_5211.JPG

                   

                  IMG_5209.JPG

                   

                  IMG_5210.JPG

                   

                  IMG_5216.JPG

                   

                  三崎港のある佐田岬へと入ります。四国最西端である佐田岬は、アップダウンの激しい道が三崎港まで伸びています。

                  ダイナミックなコースに苦しさもありましたが、それを忘れさせる最高の景色が広がっています。

                  これほどまでに高い位置を走っていることや、こんなに気持ちのよい風が吹いていることに以前車で通った時には気がつきませんでした。

                   

                  IMG_5207.JPG

                   

                  IMG_5208.JPG

                   

                  三崎港に到着した後フェリーを予約し、乗船をします。70分ほどの航海で尚且つ下船後もすぐに自転車に乗ることから、輪行バックに入れずに乗船しました。

                   

                  IMG_5206.JPG

                   

                  IMG_5205.JPG

                   

                  大分県佐賀関港に到着、年末年始ぶりの九州を踏みました。少しダラダラした後、大分市に向け出発。20kmほど走り姉の家に到着しその晩は泊めさせてもらいました。二日目は110kmほどを走り終了しました。

                   

                  その後は佐賀県の呼子でイカを食べたり、地元の友人と二日連続バーベキューをしたりと短い帰省ながらも羽を伸ばすことができました。

                   

                  図1.jpg図2.jpg図3.jpg図4.jpg図5.jpg図6.jpg図7.jpg

                   

                  また地元を自転車で走り、四国・徳島とは少し違う環境で自転車を楽しむこともできました。

                   

                   

                  図8.jpg図9.jpg

                   

                  帰りは時間の都合もあったので、福岡県北九州市から徳島行きのフェリーに乗ることにしました。

                   

                  120kmほどの道のりを進み、北九州の門司港に到着。輪行バックに入れ、手荷物として乗船をしました。輪行バックに入れた自転車を専用で保管する部屋があり、少し衝撃を受けました。感激の方です。

                   

                  13時間ほどの航海を終え徳島市に到着。

                   

                  僕の自転車を利用した小さな旅は終わりました。

                   

                  ロードバイクでのバイクパッキングということをテーマに初めて挑戦し、経験することができました。荷物をたくさん持ち、ゆったりと旅をするならツーリングバイクが最適なのは間違いないと思います。しかしツーリング仕様ではない手持ちのバイクでも、専用のバックを巻きつけるだけで旅に出ることができます。得意・不得意なスタイルがあるとは思いますが、荷物を厳選することやルートを変更するなどの工夫によって楽しめるはずです。ロードバイクでのバイクパッキングスタイル。冒頭で書いたよう、今回のライドの目的に沿ったベストなスタイルであったと感じます。もし仮にツーリングバイクを持っていたとしても、今回の帰省ではロードバイクを使用していたはずです。

                   

                  しかしツーリングバイクがいらないということでは決してありません。常に欲しています。

                   

                  これから秋が深まり行楽シーズンに突入です。暑くて遠出が億劫だった方もいらっしゃるのではないでしょうか。いつもより遠い場所に目的地を設定して、泊りがけのライドなども楽しいはずです。その際に装備も少なく初期投資を抑えられ、手軽に荷物を運べるバイクパッキングは魅力的です。

                   

                  何かわからないことなどございましたら、ぜひ店頭でお声がけください!

                  ユウスケの帰省ライドーFELT FR3でバイクパッキング

                  2017.09.23 Saturday

                  0

                    どうも、アルバイトとして働かせていただいています大学生の藤永ユウスケです!

                     

                    以前FELTのFR3のインプレを投稿させていただきました。インプレしたFR3を利用し、8月の後半に地元である九州・大分に自走で帰省しました。今回はその時の装備や様子などをお伝えしようと思い、ブログを投稿します。

                     

                    IMG_5233.JPG

                     

                    IMG_5235.JPG

                     

                    IMG_5234.JPG

                     

                    まずは装備についてです。

                     

                    上記したよう、今回はFELTのロードバイクであるFR3を使用しました。

                    カーボンフレームにコンポにはアルテグラを搭載したレースグレードのバイクです。

                    普段は中長距離を走るためのロードライディングに使用しています。レーシーなモデルですので当然ダボ穴は無く、ラックを付けパニアバッグをぶら下げるような旅使用にすることはできません。

                    そこで今回僕が選んだ方法は「バイクパッキング」でした。ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、バイクパッキングとは専用のバッグを直接フレームやサドルに付け、荷物を運ぶ方法です。

                    やはり最大のメリットとしてはラックやキャリアを取り付ける必要が無いことです。そのため僕のようなダボ穴の無いバイクでも、リュックを背負うことなく荷物を運べます。

                    積載能力に関してはパニアバッグを利用したツーリングバイクにはかないません。しかし今回はホテルに泊まることや、なるべく速い巡行速度での移動を心がけていた僕としてはぴったりの方法でした。(工夫次第ではテントなどのキャンプ道具も積めます。試行錯誤しています。)

                     

                    ルートは徳島市から国道192号線を進み、愛媛県松山市にて宿泊。次の日に三崎港まで走り大分県佐賀関行きのフェリーに乗船し、そこから自走で実家を目指しました。四国横断という、一番シンプルで距離の短いルートを利用しました。

                     

                    IMG_5231.JPG

                     

                    出発の日です。この日は185km先の愛媛県松山市を目指しました。

                    暑くなることが予想されたので出来るだけ早い時間に到着したい思い、まだ暗い朝の5時過ぎに徳島市を出発しました。

                    順調に進みます。早朝ということもあり車も少なく良いペースで走れました。70kmほど徳島県三好市に入り、コンビニで初めての休憩。ここから県境に近づくにつれ、登りが始まります。

                     

                    IMG_5229.JPG

                     

                    左へ行くとかずら橋へ、直進すると愛媛県四国中央市へと続く分岐点です。今回は直進します。

                    しっかりとしたヒルクライムが始まりました。荷物を積載しているのでバイクの重さは確実に上がっています。

                    しかし自転車自体が重量を増しているだけですので、キツさはそれほどでも無い印象です。荷物を背負わないバイクパッキングの利点を感じることができました。

                     

                    IMG_5228.JPG

                     

                    登坂を登りきり少し進むと愛媛県四国中央市に入ります。県をまたぐと少し遠出をした感覚になりますよね。

                     

                    IMG_5227.JPGIMG_5225.JPG

                     

                    数キロほど下ると瀬戸内海が顔を出します。ちょうど天気も良くなり、最高のタイミングでのロケーションを楽しめました。この時点で約100km。折り返しです。

                     

                    IMG_5222.JPG

                     

                    20〜30km毎にコンビニでの休憩を繰り返し進みます。体力的に余裕があるときでも休憩を挟むことがロングライドでは必要だと感じました。

                    西条市に入ると海からは離れ内陸の景色に変わります。目的地の松山市までは残り30kmほどですが、最後の峠越えが待っていました。「桜三里」と呼ばれる国道11号に沿ったエリアはその名の通り桜の名所らしく、確かにたくさんの桜の木が沿道に立っていました。桜の季節には綺麗なのだと思います。しかしかなり道幅も狭く、大型トラックなどの交通量も多かったために自転車での通行はあまりお勧めしません。長い登りがキツイよりも「怖い」という感情が勝ったのは初めてでした。(笑)

                     

                    10km近くじわじわと登り峠を越え、気を引き締め直し下ります。重量が増しただけに下りでのバイクコントロールには気を使いました。しかしFE3ではダイレクトマウントブレーキを採用しているため、ブレーキ性能は高く安心して下ることができました。あとは平地を進むだけです。

                     

                    IMG_5226.JPG

                     

                    IMG_5221.JPG

                     

                    IMG_5219.JPG

                     

                    予約していたカプセルホテルに着いたのが13:00を過ぎていた頃でした。

                    休憩を含め、8時間ほどで初日のライドを終えました。185kmという距離を1日で走ることは僕としては初めての経験でした。

                    自分が思う以上に疲労はたまっていたらしく、居酒屋で一杯などもせず、死んだように眠りました。

                     

                    IMG_5220.JPG

                     

                    自転車を預かってもらえるシステムには感動しました!自転車の盗難が何よりも怖いのでとてもありがたかったです。宿泊料も激安です。次も同じホテルに泊まることにします。(笑)

                     

                    2日目からについてはまた明日のブログで!!

                     

                    極上のクリームパンを求めて今日も走るのです。

                    2017.09.22 Friday

                    0

                      どうも!スタッフのゴリです。

                       

                      ブログ愛読者の方ならご存知の方も多いと思いますが、僕は炭水化物と甘いモノが好きで、その両方を一度に味わえる菓子パンが大好物です。

                       

                      大好物ですが、味のことに評価をつけるのが楽しみというわけでは無いので、今まではライド中見つけたパン屋さんや、目的地途中にあるパン屋さんをチェックしておき、ライド中にありつける一期一会な菓子パンとの出会いを堪能していました。

                       

                      しかし今回は目的地のパン屋さんとは以前からIGで交流があり。また色んな人からめちゃくちゃ美味しいクリームパンがあるから、絶対行った方が良いという情報を沢山頂いたので、自身初となるパン屋さんが目的地のライドをしてみました。

                       

                      (因みに先週の休みの日にもクリームパンを求めてあるパン屋さんに行ったのですが、到着した時間が遅く売り切れで閉店しいました。汗)

                       

                      IMG_4472.jpg

                      シオスト自撮りスポット

                       

                      前日にどっちのロードバイクで走るか散々悩んだ結果、この日の相棒はRitcheyちゃんにしました。

                       

                      シオストを7時すぎに出発で、そこから鳴門方面に向かってバイパスを走り、北灘→大阪峠(引田側)→パン屋さん→藍住→シオストというルートで走りました。

                       

                      7時前に家から店に向かっている時の気温は25度くらいでしたが少し肌寒さを感じました。日が出るのが遅くなってきたんで早朝走るにはそろそろアームウォーマーが必要ですね。

                       

                      IMG_4478.jpg

                       

                      クリームパンが早く食べたくてがむしゃらにペダルを踏みますが、柳の如くしなる美しい細身のパイプと1インチスレッドヘッドが愛しいリッチーちゃん、、、

                       

                      今日はFELTにしておけば良かったと走り出しは後悔しましたが、北灘に着く頃には海風を感じながら気持ちよくペダリングしていました。

                       

                      この時期は海沿いでも風が強くなく、徳島から香川に向かう方向は路肩が広いので、とても快適に走れます。(この日も北灘から大阪峠までの見通しの良いこの区間で、雑に踏むと進まないリッチーは何処で踏み込めが気持ちよく進むのかを探りながら走っていました)

                       

                      IMG_4482.jpg

                       

                      個人的には大阪峠は引田側から登る方が好きです。

                       

                      IMG_4483.jpg

                       

                      距離は長くなりますが斜度が緩くつづら折れを繰り返しながら、所々開けて見える眼下の景色を楽しみながら登れるので走っているのが楽しいです。

                       

                      大阪峠を越えれば目的のパン屋さんまではすぐです。

                       

                      IMG_4488.jpg

                       

                      IMG_4489.jpg

                       

                      今回の目的地である板野町にあるFUJIMURA BAKERYさんに到着!

                       

                      人気のクリームパンをゲットするには9時のオープンに合わせて行くのが一番良いという情報を得ていたので、早目に出発したのですが到着したのが10時すぎ既にオープンから1時間は経過しています、、、あるのかクリームパン。汗

                       

                      IMG_4484.jpg

                       

                      あった!!嬉しすぎて取る手が震えました。

                       

                      IMG_4485.jpg

                       

                      お目当のクリームパン速攻で確保して、ゆっくりと他のパンを物色。(全部美味しそうやんけ、、、)

                       

                      IMG_4492.jpg

                       

                      クリームパンと合わせて二、三個買うつもりでしたが、気がつくと沢山買い込んでしまっていました。汗

                       

                      IMG_4490.jpg

                       

                      お土産にりんごジュースとスダチも頂いちゃいました。(ありがとうございます!!!)

                       

                      パニアバッグやフレームバッグを装備していないロードでこの荷物量を持って買えるのは結構厳しめ、、、しかしこうなった時のために、ジャージのポケットにあるものを忍ばせていたのでモーマンタイです。

                       

                      IMG_4493.jpg

                       

                      それがコレ。FAIRWEATHER * packable sacoche

                       

                      IMG_4494.jpg

                       

                      携帯時はコンパクトですが広げるとサコッシュになるパッカブルで便利なヤツです。

                       

                      IMG_4501.jpg

                       

                      欲望のままに買いすぎたパンもこれで楽々持ち運べます。

                       

                      IMG_4500.jpg

                       

                      肩ひもの長さは簡単に調整でき、サコッシュを体に密着させれるので、自転車に乗った時もバッグが前にずれにくくなっています。

                       

                      容量も大きく荷物が結構入るので、スタッフのユウスケは普段使いでも愛用しています。

                       

                      IMG_4495.jpg

                       

                      念願だったクリームパンを手に入れてホクホクで帰宅しました。

                       

                      クリームパンを一口食べてクリームの具合を写真に収めようと思っていたのですが、気がつくと無くなっていました。

                       

                      お土産に頂いたリンゴジュースはゆっくり飲もうと思っていたのですが、こちらも気がつくと無くなっていました。

                       

                      今まで食べてきたクリームパンとは方向性が違いすぎて衝撃的だったので、気になる方はお店のオープンを狙ってFUJIMURA BAKERYさんへ!!

                       

                      距離も66キロと丁度よく、道も走りやすく景色も楽しみながら走れるので、また今度シオストライドの時にこのコースを走ろうと思います。

                       

                      食欲の秋とスポーツの秋を楽しめるグルメライドに皆さんも出かけてみてはどうでしょうか?

                       

                      ※美味しいパン屋さんの情報があればスタッフのゴリまでおしらせくださいませ。