僕のRITCHEYをオーバーホール。

2016.04.16 Saturday

0
    DSC03144.jpg

    DSC03145.jpg

    DSC03146.jpg

    DSC03148.jpg

    ゴリが乗っていた時からここまでオーバーホールはしておらず、シクロクロス最終戦でボロボロになった愛車をしっかりと整備する時がやってきました。

    いろいろと調子が悪くなってきていたのを感じながらも、最終戦が終わればオーバーホールするということに甘え、ほぼノーメンテナンスだったことを反省するのは全てバラした後でした。

    まずは泥を洗い流し、すべてのパーツをバラします。

    IMG_8530 blog.jpg

    フレームのみの状態に。

    IMG_8534 blog.jpg

    パーツは全てバラバラにします。

    IMG_8532 blog.jpg

    IMG_8531 blog.jpg

    案の定、ヘッドパーツのベアリングは錆だらけ。ハンドリングが悪かったのはこれが原因です。

    そして、バカな僕はビフォーのみでアフターの写真がないのです。めちゃくちゃ綺麗になりました。(信じて下さい)

    IMG_8715 blog.jpg

    いきなりアフターです。

    かなり綺麗になりました。(以前の仕様はこちら

    IMG_8716 blog.jpg

    オーバーホールついでにハンドルとバーテープを交換。バーテープがかなりいけてます。これは真似をした方が良いと思います(自分で言うな)ハンドルのリーチが長いのでステムも100→90mmに交換。

    ハンドル:SimWorks * Misirlou Bar (店頭在庫なし)
    バーテープ:LIZARD SKINS * DSP 2.5MM BAR TAPE

    ハンドルに関しては同じSimWorksから新発売されたWonderer Barの方がオススメです。(店頭在庫あります)

    IMG_8717 blog.jpg

    IMG_8718 blog.jpg

    いや〜綺麗っていいですね〜。シクロクロスのシーズンオフ期間は通勤にも使用するのでタイヤは細めにしてます。(ロードバイクの使い古しをインストール)

    IMG_8719 blog.jpg

    ボトムブラケットをChris Kingのセラミックベアリングにしました!!

    ホイールも組みたい。というより、フレームとフォークを変えたい。(気になってるやつあり)

    このフレームが気に入りすぎてもったいなくなってきました。こんな感覚久しぶりです。どうしようかな〜。

    という感じで自転車はあれだけ泥まみれになっても掃除すれば綺麗になるし、ある程度の錆などは落とせます。

    特にクロモリフレームは乗る頻度や使用状況においては1〜2年に一度は必ずオーバーホールをする必要があります。もちろん定期的なメンテナンスありきです。

    絶対にしないとダメという決まりはありませんが、しておいて損はないと思います。

    少なからず僕はその頻度で自分の自転車をオーバーホールしています。定期的にしてあげると、比較的簡単に作業ができちゃうのも理由の一つですが。そろそろ通勤号とCieloもオーバーホール時期です。

    僕は自転車は大事に乗るのはもちろんですが、傷つくことを恐れて乗らないのであればそんな事は気にせずにガンガン乗ってもらいたいと思っています。自転車は汚れるし、傷つくし、壊れます。でもそれをほとんど直すことができます。だからオンラインストアから簡単に自転車が買えるような時代でも僕たち自転車屋が存在するし、これからも無くなることはないでしょう。(た、たぶん)

    シオストは直して欲しいという自転車であれば全てを受け入れます。(たまにどうにもならなくてお断りしちゃうこともありますが)

    自転車をうまく使うことができれば少しでも毎日が楽しく快適に過ごせると僕は信じています。

    自転車のご相談はお気軽にして下さい。

    皆様のご来店お待ちしております。



     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL