ユウスケが愛用するサドルバッグ!!

2017.11.09 Thursday

0

    ユウスケがサドルバッグを探していたので、「これが良いのでは?」と紹介したら「これにします」とのことで、在庫もしました!!

     

    ILE * seat bag X-PAC

     

    89219565.jpg

     

    Black

     

    89219589.jpg

     

    Gray

     

    89485715.jpg

     

    White

     

    バックパックに使われる生地と同じ軽量で引裂き強度と防水性に優れるX-PACナイロンを使って作られたサドルバッグ。

    交換用のチューブにCO2インフレーターに携帯工具を入れるのに適しています。

    スリムな形状はライディングの邪魔になりません。

    週末の仲間とのライドのお供に。


    ・バックパックと同じX-PACナイロンを使用
    ・オートロックバックル使用
    ・HAND MADE IN CARIFORNIA

     

    オンラインストアからの購入はこちら

     

    「ブログは僕が書きます!!」とのことなのでユウスケに任せます。

     

    ではどうぞ。

     

    20171024_1755731.jpg

     

    どうも、大学生スタッフのユウスケです!

     

    最近サドルバッグを新しいものに買い換えました。新しく選んだのは、INSIDE LINE EQUIPMENT のX-PAC seat bagです。

    何かないかなと考えていた時に店長にオススメされて購入しました!カーボンとアルミの自転車を所有する自分にとって、ナイロンの質感とILEのロゴの可愛さがバイクの雰囲気にピッタリだと思います。

     

    MADE IN USAにもやられました。(笑)

     

    IMG_9489.JPG

     

    IMG_9493.JPG

     

    IMG_9494.JPG

     

    どのカラーにするか仕事をしてるフリをしながらバイト中ずっと悩みました。店長とゴリさんにはバレてないと思います。

     

    IMG_9498.JPG

     

    IMG_9917.jpg

     

    IMG_9918.jpg

     

    IMG_9923.jpg

     

    構造はシンプルで、開口部をベルクロで開閉できます。装着は一本のベルトをサドルのレールに通すだけなのでかなり簡単。シートポストに干渉しないので、特殊な形状のものにも装着できるはずです。開口部が広いため、ストレスなくモノを出し入れできます。ライドを楽しむには十分なサイズ感です。必要なものだけを運べるので、荷物がシンプルになりサドル周りもスッキリ!サイズ感の絶妙さがさすがです。

     

    22728811_1307257756086264_6010905255731895479_n.jpg

     

    ライドで実際に使用しましたが、固定が簡単な割にはズレることもなく快適に使うことができました。ワンタッチでベルトを締められるので、もし緩いなって思ってもすぐに調整できます。

    防水性と引き裂き強度の高いX-PACナイロンを使用しているので、ガツガツ使っていけそうです。先日のゴリさんとの雨上がりライドでは、泥でまあまあ汚れましたが、濡れタオルで簡単に綺麗にできました。ハードな使い方ができるので、MTBやグラベルバイクの方にも強くオススメです。

     

    IMG_9927.jpg

     

    出番は少なめの携帯工具や予備チューブを入れたツールバッグなので、なんでも良いかなって思う方も多いと思います。僕も初めはそうで、トータルのバイクの雰囲気とか何も考えていませんでした。実際に初めてのサドルバッグはお菓子のオマケ程度のもの使ってました。(笑)でも実はかっこいいものはたくさんあって、尚且つクオリティも高い製品があることを知りました。せっかくなら好きなもの使って気持ちを高めたいなと、僕は思います。

     

    これから携帯用工具を揃えていきたい方や、今のツールバッグに満足してない方は是非是非ご検討ください!!

     

    テンション上がるもの買っちゃいましたので、ブログ書かせていただきました!皆さんもテンション上がるもの買って、寒さに負けず自転車乗りましょー!

     

    皆様のご来店お待ちしております。

    トラックバック
    この記事のトラックバックURL