ライザーバーにチェンジ!

2018.02.13 Tuesday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    お客様からご依頼いただいたカスタムが皆様の参考になるかなと感じたのでブログを書いてみます。

     

    IMG_8654.jpg

     

    ハンドル交換をご依頼いただいた車両はシオストでも大人気のSURLY CROSS-CHECK完成車。(シオストで初納車となるクロスチェックをお乗りのお客様です)

     

    自宅から少し離れた職場までの通勤するために購入頂いたのですが、購入時からライフスタイルも変わり距離のある通勤もしなくなったのとサイクリングをする時に前傾姿勢で走るのが少しキツいということで、ハンドルを交換してもう少し快適に乗れるように変更したいとご相談頂きました。

     

     

    定番は楽チンポジションの定番プロムナードハンドル

     

     

    SURLYなどのクロモリフレームと相性抜群のSimWorks * GETAROUND Barなどに交換する事が多いのですが、今回はこのハンドルを使いました。

     

    IMG_8047.jpg

     

    スタッフのユウスケもAFFYNITY CYCLES  Loproで使っているNITTO * for shred barです。

     

    IMG_8050.jpg

     

    ライザーバーなのでドロップハンドルよりはハンドルまでの距離が近くなり上体が起きるので前傾姿勢はキツく無くなります。

     

    また登りや少し距離を乗るときにはプロムナードハンドルなどの楽チンポジションよりは距離感があるのとワイドなハンドル幅のおかげで力を入れやすく楽に走れます。

     

    IMG_8052.jpg

     

    バーエンドシフターをバラしてフレームにマウントしました。

     

    こういった裏技を使ってとりあえずハンドルを交換することができるので、クロスチェックの完成車でドロップハンドルから違うハンドルに交換してみたいという方にオススメです。

     

     

    ハンドルが決まればシフターを変更するか、PAUL THUMBIESを使ってシフターをハンドルに装着すれば見た目もすっきりして操作性もよくなります。

     

    IMG_8049.jpg

     

    ハンドルを交換しただけですが見た目が随分と変わりますね。

     

    見た目だけでなくお客様からは姿勢も楽になり、ライザーバーは操作性もよくなり快適ですと嬉しいコメントを頂けました。

     

    今お乗りの自転車が少し乗りにくいなと感じたらポジションや思い切ってハンドルを交換して雰囲気も変えてみませんか?

     

    カスタムのご相談はお気軽にスタッフまでお声掛けくださいね。

     

    皆様のご来店お待ちしております!

    関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL