使い切る精神とLIZARD SKINSへの愛。

2018.09.10 Monday

0

    どうも。

     

    ドケチと言われたら否定はできないドケチです。

     

    自分が選んで購入したモノはできる限り使い切りたい。それが僕なりのモノに対してのリスペクトです。

     

    まずはCieloちゃんのバーテープ交換から。

     

    IMG_0618.JPG

     

    LIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPE * BLACKの旧タイプです。(ドット柄)僕は旧タイプのパターンの方が好きでした。(グレーレッドは旧タイプが1個ずつだけ在庫ありです。)

     

    IMG_0616.JPG

     

    IMG_0617.JPG

     

    ボロ&ボロです。まぁまぁ長いこと使ったと思います。(いつ交換したのか覚えてません)

     

    これは使い切ったというよりもドケチレベルですね(苦笑)ここまで酷くなる前の交換をオススメします。

     

    あと、汗が染み込んで蓄積し、ハンドルを腐食させることもありますので、ボロボロになってなくても定期的な交換をオススメしてます。夏が終わったら交換するなど。雨の日によく乗る方も気をつけた方が良いです。(腐食について

     

    IMG_0620.JPG

     

    交換しました!もちろんですが、今回もLIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPEです。

     

    1.8mmにもcamo柄が発売されたのでBlack-Camoにしてみました!(Phantom-Camo

     

    IMG_0621.JPG

     

    IMG_0622.JPG

     

    IMG_0619.JPG

     

    思った以上に好きな感じに仕上がりました。

     

    Cieloちゃんのついでではないですが、Steamrollerちゃんもボロボロになってきたところがあったので一緒にカスタムです。

     

    20180602_1885661.jpg

     

    20180602_1885662.jpg

     

    このブラウンのバーテープも自転車単体で見ると嫌いではないのですが、僕が乗っているところを見るとちょっと違う感じがしてました。

    そんなことよりもブラケットフードが汚すぎるということが問題です。

     

    IMG_0624.JPG

     

    IMG_0623.JPG

     

    思った以上にボロ&ボロでした。

     

    IMG_0625.JPG

     

    丸裸です。

     

    TRP * BRAKE LEVERはブラケットフードが別売りされているのでボロ&ボロになったら交換できますし、ブラックとガムがあるので気分転換で交換するのも楽しいです。(ブラケットフードは近日中に在庫予定です)

     

    IMG_0628.JPG

     

    ブラケットフードはブラックにしてみました。

     

    ついでにバーテープも交換です。もちろんですが、LIZARD SKINSです。

     

    初のDSP 3.2MM BAR TAPEをチョイスしてみました。分厚くなりすぎるのが嫌だという理由で敬遠してきましたが、通勤ということに関しては分厚い方が楽なのでは?という疑問があったので試すことにしました。

     

    IMG_0629.JPG

     

    IMG_0630.JPG

     

    白系はすぐに汚れそうですが、人気なのには理由がありますね。

     

    良い感じです。

     

    ついでにブレーキのアウターとインナーも新しくしました。(バーテープ交換の時は一緒にご検討下さい)

     

    IMG_0627.JPG

     

    バーテープが新品なのでちょっと浮いてますが、すぐに馴染んでくれるでしょう。

     

    クラシックっぽいカラーリングより僕はこっちの方が好きみたいです。(サドルをブラックに交換したい欲が出ているのは言うまでもありませんね

     

    という感じで、台風や雨の時を利用して、自分の自転車のカスタムをしてましたw

     

    少し交換しただけですが、通勤や火曜眉山が楽しみです。

     

     

    やっぱり我慢できなかったので、サドルをブラックに交換しました。思った通りです。

     

    20180716_1909539.jpg

     

    20180716_1909542.jpg

     

    20180716_1909543.jpg

     

    MudmanにもLIZARD SKINS * DSP 1.8MM BAR TAPE * BLACKを巻いています。(2.5mmでも良かったかなとも思ってます)

     

    SteamrollerをLIZARD SKINSのバーテープに交換したことで、所有しているドロップハンドルの自転車全てがLIZARD SKINSのバーテープとなりました。(ちなみにBROOKS * CAMBIUMも5台中3台に装着されてます)

     

    LIZARD SKINSのバーテープは好き嫌いが出ると思います。僕的にはグリップの良さと握り心地がどのバーテープよりも好きなのでずっとこればかりですが、耐久性的にも満足しています。ただ、ハンドルを握る箇所だったり、グローブとの相性だったりで破れやすいということもありますので耐久性が高いとは言えません。

    まだ試したことがないという方は是非ご検討してみて下さい。

     

    僕の自転車は常にお店に置いてますので、握り心地やグリップ力などについてはぜひ握って確かめて下さい。

     

    少し悔しいのであまり書きたくはないですが、ここ最近はFIZIKのバーテープが人気です。(カリスマスタッフのゴリがオススメしているのが理由だと思います。)

     

    僕は使い切りたい精神と気に入ったモノはとことん同じモノというドケチでクソつまらない人生観を持っているのですが、自分的には満足しています。

    所有している自転車達は構成されているパーツがすごく似ているので、お客様への物欲刺激効果は薄いかもですが、それだけ僕が信頼して気に入って使っているパーツ達だと理解して頂ければと思います。

    ただ、気に入ったパーツはすぐに見つかることが少なく、かなりたくさんのパーツを試してきました。(どれだけお金を使ったことか)

     

    メーカーの説明と有名なサイクリストがしているインプレなどを参考にしても合わない時は合いませんし、それは僕が推奨しているパーツにも言えます。誰もが情報や経験、見た目の好みなどを参考にパーツを選んでいるとは思いますが、失敗もします。でも、その失敗をできる限り少なくしたいという気持ちはかなり強いです。

    そのためには僕が使ってみることや、たくさんのお客様からの意見を聞くことでその情報をお伝えすることが重要だと思っています。

    お金がかかるのでどんどん失敗して下さいとは言えませんが、気になったモノは全ての情報を無視して使うのもありだとも思っています。それが血となり肉となるはずです。

     

    全てのモノに言えることですが、最適解というのは存在しません。なので星の数ほどの商品がこの世に存在するのです。

     

    自転車は乗るだけで楽しいものであるというのは僕自身感じていますが、自分のお気に入りフレームやパーツを探していくのは面白いです。見つかれば自転車に乗るのがより楽に楽しくなるのは間違い無いですからね。

     

    カスタムのご相談はお気軽にして下さいませ。

     

    次はタイヤがSOMA * SUPPLE VITESSE EXばかりになってしまいそうな予感です。。。

     

    LIZARD SKINSについてのブログ記事はこちら

     

    皆様のご来店お待ちしております。

     

    最後に、僕がどれだけ同じ物を所有しているのかを調べてみました。

     

     

     

    スニーカーやブーツも同じブランドでしかもほとんど同じモデルで所有してます。(昔は腐る程あったスニーカーも今では4足(2足は仕事用)しかありません)

     

    ちなみに赤のオールスターはここ10年で何足も買い直してます。(潰れたら買うみたいな感じですね)

     

    あと、VANSのEraも定期的に買い直してます。

     

     

    ロードシューズもこんな感じです(笑)

     

    ヘルメットも同じモデルを色違いで持っていたり、ジャージも同じブランドばかりで、Tシャツとかキャップも同じもの多いです。サングラスも同じブランド多いです。(自転車関連のアパレルについてはブログを読んでくれている方なら僕が同じモデルの色違いばかりを持っているのは分かってもらえるはず)

     

    どれだけ同じ物を持っているのか紹介しようと思ったのですが、シューズを撮影している段階でキリがないと思ったのでやめました。

    トラックバック
    この記事のトラックバックURL