どんどん変化させるのも自転車の楽しみ

2018.11.01 Thursday

0

    どうも。

     

    スタッフのゴリではないほうです。

     

    自転車のカスタムと聞くと、より良くなるように進化をさせることと思われがちですが、軽くしたり硬くしたりするだけがカスタムではありません。

     

    自転車もファッションと同じ感覚で楽しむというカスタムがあります。

     

    もちろん見た目だけのカスタムではなく、ライフスタイルの変化に合わせたり、トレンドに乗ったりするとより楽しいのではないでしょうか。

     

    今回はシオスト女子(通称:シオ女)が乗るSURLY * CROSS-CHECKのカスタムをご紹介。

     

    20151116_1142393.jpg

     

    これが納車した時の状態です。これはこれでまとまっています。ディープリムをチョイスしているのも良い感じですね。

     

    20160625_1393701.jpg

     

    ヘッドセットがクリスキングになったり、ホイールがディープリムでなくなったり(ハブはプロファイル)で、細かく見るとボトルケージやペダルが変わっています。

    よりシンプルな見た目になりましたが、その分だけターコイズの差し色が際立っていますね。

    この時のカスタムは見た目はもちろん性能がかなり向上しました。

     

    もうここからどこを交換するの?というぐらい出来上がってはいますが、月日が経つと人は飽きてくるものなのです。(特にエブリデイバイクだと)

     

    DSC02891.jpg

     

    今回のカスタムです。

     

    ブラックパーツからシルバーパーツになったのが大きな変化です。タイヤも今までは28cを好んで使っていましたが、 38cまで太くしました。

     

    かなり見た目も乗り味も変わったと思います。これぐらい変えると新鮮で良いですね。

     

    DSC02897.jpg

     

    まずはハンドル周りからご紹介です!

     

    DSC02894.jpg

     

    DSC02899.jpg

     

    ハンドルはFAIRWEATHER * b903 bullmoose bar * Silverです。当店でも人気なハンドルです。

     

    DSC02895.jpg

     

    ブラックパーツの時はターコイズがカッコ良く見えるのですが、シルバーパーツだと爽やかですね。

     

    DSC02893.jpg

     

    グリップはOURY * mountain grip * BLUEをチョイス。ターコイズもあるのですが、こっちの方が色が合うというシオ女のセンスでござます。ファッション好きなシオ女はカラーにもしっかりとこだわります。

    あと、前まではレザーグリップで高級感があったのですが、今回はおもちゃっぽくチープな感じにしたいというのがコンセプトです。

     

    DSC02898.jpg

     

    これに合わせてシートポストもシルバーへ交換です。ハンドルバーに合わせてNITTOのシートポストをチョイスです。

     

    DSC02900.jpg

     

    DSC02901.jpg

     

    DSC02902.jpg

     

    タイヤは僕も愛用しているSOMA * SUPPLE VITESSE EX * BK,/スキンです。(僕とサイズも同じです)

     

    オンロードでもグラベルでも調子が良いこのタイヤですが、この太さだと街乗りでも調子良いのは間違い無いです。速く走りたい時は空気圧を高めにし、気持ちよく走りたい時は空気圧を低めに設定したりするとより楽しめると思います。

     

    自転車は乗るだけではなく、カスタムする楽しみがあるのも魅力の一つだと思っています。

     

    今回のカスタムも良い感じに仕上がりました。

     

    色々なカスタムした自転車を参考にして、自分だけの一台を作ってみませんか?

     

    カスタムのご相談はお気軽にして下さいませ。

     

    皆様のご来店お待ちしております。

    関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL