グラベルバイク組みました。

2020.03.06 Friday

0

    どうも。

     

    スタッフのゴリです。

     

    IMG_5224.jpg

     

    服部製作所にグラベルバイクをオーダーしました。

     

    と言ってもフルオーダーでは無く今回は修理を兼ねた既存のフレームをベースにカスタムです。

     

    IMG_6401.jpg

     

    以前にCX車の前三角を潰して修理した時も書きましたが、クロモリフレームの利点は潰れても修理する事が可能なのです。今回はそれにプラスαして全く新しいフレームに作り変える事にしました。(ちゃっかりShinロゴも入れて貰ってます。笑)

     

    IMG_7365.JPG

     

    IMG_7366.JPG

     

    ベースは追突により前三角が潰れてしまったBOMBTRACK * ARISEです。服部製作所に依頼して前三角を交換して貰いました。

     

    交換するだけならただの修理ですが、今回はカスタムなのでヘッドチューブのサイズをOSからカーボンフォークが使えるように44于修肇掘璽罰僂鯤儿垢垢觧でジオメトリーも元のフレームから変更しています。

     

    この二つのカスタムをすることで僕が乗っているShinCXに38c以上のタイヤを装着した時に起こるハンドリングの違和感が解消するのかを検証したかったのです。そして、この検証をするためには差し替えた方がフルオーダーするよりは安く理想的なジオメトリーのフレームが手に入ると考えたのです。(こういうことを考えるのは得意です)


    カスタムと言っても何でもかんでも対応できる訳では無いですし、元ある形から変更を加えるのでどこかに多少の不具合が出てしまう事もあるので、修理ついでに少し変更を加えたいという方はビルダーも交えてじっくりと話を煮詰めてカスタムをさせて頂ければと思います。

     

    IMG_6402.jpg

     

    組み上げました。

     

     

    もともとの形です。

     

    ぱっと見フレーム形状は変わらずで、ヘッドチューブを変更したことでフロントフォーク回りにボリュームがでて今どきのグラベルバイク感が増したかんと思っています。

     

    IMG_6389.jpg

     

    フロントフォークはFUJI * JARIと同じものでダボがついている珍しいカーボンフォークです。

     

    ボトルケージやフロントラックなど走るシーンに合わせて用品を取付ける事できるので、グラベルライドだけでなくツーリングまでカバーしてくれるかなと思いこのフォークを選びました。

     

    IMG_6390.jpg

     

    IMG_6391.jpg

     

    IMG_6395.jpg

     

    IMG_6385.jpg

     

    IMG_6400.jpg

     

    変速関係は今話題のシマノGRX、、、と行きたかったのですが、そこは予算の都合でR8000アルテグラに。

     

    ブレーキは手持ちのCX77です。ここも予算の都合もありますが輪行する時に油圧より機械式の方が圧倒的に楽なのでメカニカルディスクブレーキにしました。

     

    コクピット余りはステム、シートポストは手持ちのイーストンを使い、ハンドルだけ新たにイーストンのグラベルバイク用のハンドルAXシリーズにしてみました。

     

    IMG_6393.jpg

     

    上から見ると下ハンドルが上ハンドルより若干広くハの字になっています。

     

    荒れた路面でも下ハンドルが握りやすくブラケット、下ハンドルどちらを握っていてもブレーキレバーに手が届きやすく設計されています。実際にグラベルとトレイルを走ってみてレバーの握りやすさには感動しました。ロードバイクでもこのハンドル使っても良いかなって思っちゃうくらいには快適でした。

     

    IMG_6383.jpg

     

    クランクは奮発してEASTON * EA90をチョイス。ロードバイクCXで使用しているのはカーボンですが今回使用するのはアルミなので奮発したと言ってもそこまで高くは無いです。(デュラエースのクランクと同じくらいです)

     

    ロード用だけでしたがグラベルバイク用のチェーンリングも新たにラインナップに増えました。バイクにアクセントを加えたい方、人とは被りにくいクランクをお探しの方は是非ご検討ください。

     

    IMG_6386.jpg

     

    IMG_6387.jpg

     

    IMG_6388.jpg

     

    コクピットまわり、クランクときたらホイールもEASTONで固めたくなったのでEA70AXをチョイス。

     

    こちらもイーストンのグラベルシリーズでローハイトでタイヤサイズ35c以上の太さを想定したワイドなリムが男前なホイールで、ホイール径は700cと650bの2ラインナップ。

     

    グレードは4つあります。まず僕が使用しているエントリーモデルのアルミリムを採用したEA70AX、同じくアルミリムですがハブとリムのグレードがアップしたEA90AX、カーボンリムですがEA70AXと同じハブを使用し価格をお手頃にしたEC70AX、そして最上位モデルのEC90AXです。

     

    セット売りでは無く前後バラ売りなのでクラッシュしてホイールが潰れても別々に交換する事が可能です。ラインナップもそうですが販売の仕方からもイーストンがグラベルに対する本気度を伺えるのでグラベルバイクを組むときは絶対にこのホイールセットを使うと心に決めていました。

     

    チューブレス化にも勿論対応しています。チューブレスリムテープがセットされているのでMAXXIS RAMBLERの40cをさっそくチューブレス化しています。

     

    40cの太さで低圧(1.8BAR)にしてもワイドリムのおかげでタイヤのよじれも少なくコーナーや下りでも違和感なく走れます。

     

    転がりに関しては太さ相応といった感じでしょうか。低圧の状態で大川原高原まで登りましたがしっかりと転がってくれていた印象です。

     

    IMG_6403.JPG

     

    IMG_6349.JPG

     

    軽く近くのグラベルとトレイルを走ってきましたが、CXに太めのタイヤを装着した時に起こるコーナーを曲がる時に変にハンドル切れ込む違和感が減り快適に走れる事ができました。

     

    CXバイクは32cのタイヤを装着した時に一番快適な操作性を得れる様に設計されているバイクなので、太いタイヤを装着するとハンドルに違和感を感じます。

     

    その違和感を無くすために40cのタイヤを装着する事が前提で使用するフォークの肩下寸法とオフセット量を加味した値でフレームの前三角を差し替えるときにヘッド角を変更しています。実際に乗ってみて狙った通りになったので僕の中で実験が成功しとても満足しています。

     

    ディスクブレーキのおかげで幅広いタイヤサイズを装着する事ができる様になってきましたが、僕が感じたハンドリングの違和感はそれの弊害の一つだと思います。(実際に最近のグラベルバイクはフォークのオフセットを変更する事でハンドリングへの影響を緩和する機構が付いている車種が増えてきました)

     

    例えばシクロクロスに細いタイヤを装着してロードバイクの様な走りだったり太いタイヤを装着してグラベルバイクにといった感じでマルチには使えますが、一台の自転車でタイヤの太さを変えてマルチに遊べると言っても大体の自転車は本来装着するタイヤの太さと自転車の方向性が決まっているので、そこから外れると乗り心地だったり走りに違和感を覚える事が多いです。

     

    その点を踏まえるとタイヤの太さと走るジャンルを決めてしまうのがやはり一番いい自転車選びなのかと思います。

     

    かと言って全ての遊びに備えて自転車を準備する事は難しいので一番遊ぶであろうジャンルを決めてしまって、タイヤサイズを変えて遊ぶときは少し違和感がでる前提でバイクを選ぶ事をおススメしています。(今回たまたま修理できるフレームをお客様からいただけたのもあり僕はグラベル専用のバイクを組むことができただけで、今回の様な縁がなければ今もCXに太めのタイヤを装着してハンドルの違和感と格闘しながらもグラベルで遊んでいたと思います。多分、、、汗)

     

    中々一つの遊びに的を絞れないという方にはSURLYを強くおススメします。サーリーはその辺りの誤魔化し方がとてもいい塩梅で一台で良い感じに幅広く遊ぶことができます。(詳しくは店頭でスタッフにお聞きください)


    そのほか自転車選びに疑問がある方はお気軽にスタッフまでご相談ください。

     

    皆様のご来店をお待ちしております!