BROOKS B17を装着して9ヶ月が経ちました。

2018.05.20 Sunday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    BROOKS B17を使い出して9ヶ月が過ぎました。シオストキャンプライド前に交換したのであと少しで1年が経ちます。以前ブログで書いた仕様から3ヶ月目の時と同じように形状を比較してみようと思います。(今年もシオストキャンプライドは開催予定です!去年までとは少しやり方を変えて開催予定なので、決まり次第また告知いたします)

     

    securedownload.jpg

     

    以前の報告から半年経ちdoppoもすっかりと仕様が変わりました。

     

    securedownload-(4).jpg

     

    ドロップハンドルから快適ポジションでゆったり乗れるようにSimWorks * Fun 3 Barに交換。

     

    R0001089.jpg

     

    バシバシ変速して走ることも減ったので思い切ってFAIRWEATHER * CX cranksetを使いフロントをシングル化しました。(今のところバネのテンションが高いMTB用RDのおかげでチェーン落ちはしていませんが、乗っていて心配になる事があるのでナローワイドのチェーンリングに交換するかPAUL * CHAIN KEEPERを装着します)

     

    R0001088.jpg

     

    ずっとフロントラックを使用していましたが最近飽きてきてので久しぶりにリアキャリアを装着しました。装着したのはSimWorks * On The Road Rear Carrier 

    パニアバッグを店長も愛用しているNorth St. Bags * Route Seven PannierにするかFAIRWEATHER * pannierにするかで悩んでいます。

     

    securedownload-(1).jpg

     

    今日のメインの話をします。こちらが晴れだろうが雨だろうが天候関係なく使い続けたブルックス B17です。(期間は約9ヶ月)

     

    新品

     

    使用3ヶ月

     

    securedownload-(3).jpg

    使用9ヶ月

     

    お尻の形に合わせて座面がくぼんでいるのがお分りいただけると思います。

     

    securedownload-(2).jpg

     

    後ろから見ると骨盤が当たる箇所がしっかりと凹んでいます。

     

    新品の時から比べるとあきらかにお尻の座りが良くなり使用していてお尻が滑ったり痛くなる事がなくなりました。(3ヶ月を過ぎた辺りから調子が良くなりだしました)

     

    比較したら良くわかるのですが良い感じに育ってきているのでとても嬉しいです。(もっとこまめに写真をとって成長日記をかけば良かった)

     

    クラシックなバイクからカスタムの外しとしても使える見た目とツアラーの人などがガンガン使い倒しても長年使えるタフさを兼ね備えた機能的なサドル。

     

    (戦闘的なフォルムのアルミトラックバイクにBROOKS * B17)

     

    (モダンなツーリングバイクVelo Orange * Pass HunterにBrooks * Swift)

     

    その分手入れしないとすぐにダメになるとても手間がかかるという勝手なイメージが僕の中ではレザーサドルに対してありました。

     

    しかし使い出すと気をつけるのは濡れた状態で使用しないことだけで、そんなにというかほぼ手間なんてかからない普通のサドルと一緒なのでビックリしました。

     

    雨などでサドルが濡れた状態で使用すると皮が伸びてしまうので雨の日は濡らさないようにカバーをかけて使用しています。

     

    カバーがない時に急な雨が降ってきたら、雨宿りついでにコンビニなどに立ち寄り、買い物をしたらもらえるレジ袋を上から被せておけばOKです。

     

    サドルのケアに関してはオイルを塗り込めば変なシワやひび割れが起きにくいので、丁寧に育てていくなら専用のオイルでケアをしてください。(僕は使い古した昔の実用車風にしたいのでほぼノンケアで使い倒しています)

     

    もしも雨に乗れてしまったら使用せずに風通しが良く日が当たらない場所で良く乾かしたあとオイルを濡れば問題なしです。

     

    自分のお尻にフィットする専用のサドルを皆さんも育ててみませんか?

     

    BROOKS * B17 STANDARD

     

     

    123875859_th.jpg123875873_th.jpg123877089_th.jpg123877143_th.jpg123877315_th.jpg

     

    B17は100年以上に渡って生産されるブルックスの定番のクラシックモデル。ブラックカラーのスチールフレームと小さな鋲が長い歴史を感じます。ランドナーやスポルティーフなどのツーリングモデルにベストマッチ。
    カラフルなカラーバリエーションも魅力です。 

    ●WIDTH:175mm
    ●LENGTH:275mm
    ●WEIGHT:520g
    ●FRAME:Black Enamelled Steel

    MADE IN ENGLAND

    サドルケア方法

     

    14600円(税別)

     

    オンラインストアからの購入はこちら

     

    BOMB TRACK * ARISE 2が入荷してます!!!

    2018.05.19 Saturday

    0

      BOMB TRACK 2018モデルは、入荷予定がどんどん延びてましたが、やっと入荷してきました!!!

       

      BOMB TRACKはドイツのブランドなのですが、シオストが推してるFELTやCENTURIONもドイツブランドという共通点があります。

       

      アメリカブランドが好きだからと言ってヨーロッパブランドが嫌いなんてことはありません。

       

      というより自転車が好きなので国は関係ないというのが最良の答えですが。

       

      当店に入荷したのは、ボムトラックに最初からあるモデルであるARISEです。

       

      そのARISEが2になって進化しました。

       

      BOMB TRACK * ARISE 2

       

      IMG_5605.JPG

       

      METALLIC GOLD * S(適応身長165-175cm)

       

      IMG_5653.JPG

       

      BLACK * XS(適応身長160-170cm)

       

      Ariseは、Bombtrackにとって最初のモデルの内のひとつで、それ以来、そのカテゴリの中でも常に大きな注目を集めてきました。年を追うごとに、常にその基本的な『マルチパーパス』という個性を維持しながら、それぞれがそれぞれの方向性へより仕立てられた子孫たちを育んてきました。 
      Ariseは、拡張性を持ち合わせ、多彩なカスタマイズにも対応するシンプルなスチール製シングルスピードバイクです。

      Arise 2はこの数年で急激にその認知度を高め、今や成熟に達し、日々の通勤や移動から週末のアドベンチャーまでもその能力を発揮するのです。 

      私たちオリジナルのインヴェストメントキャストによるフォーククラウン、スライディングドロップアウト、そして650Bタイアにも対応するなど、このクラスでは間違いなく最も多彩な用途に対応するバイクでしょう。 

      熱処理されたフロントトライアングルと、テーパードチューブのシート・チェーンステイを備えたダブルバテッドチューブのフレームをベースにするArise 2は、みなさんが思い描くどんなことにも順応する確かなベースバイクです。 

      たっぷりとしたタイアクリアランスとディスクブレーキのセットアップによって、太めの650Bタイアにも容易に対応します。
      また、1xドライブへの換装がさらに容易になる11速対応のナローワイドチェーンリングを標準で装備しています。 

       

      シオスト的に要約すると

      シオスト大好物なスチール製シングルスピードバイク

      ・認知度を高めながらもフィードバックをきちんと受け止めながら進化した

      ・アドベンチャーライドはもちろん、日々の通勤や移動に適している

      ・変速に交換できるだけではなく、650Bにも対応している

      ・ディスクブレーキ

      11速対応のナローワイドチェーンリングが標準で装備(これについては後ほど詳しく書きます)

       

      bt-frame_geometry.png

       

      [フレームジオメトリ]
      ・サイズ:
      XS
      ・トップチューブ (mm):516
      ・シートアングル (˚):73
      ・ヘッドチューブ (mm):85
      ・ヘッドアングル (˚):69.5
      ・シートチューブ (C-T, mm):480
      ・BBドロップ (mm):65
      ・チェーンステイ (mm):419
      ・フォークオフセット (mm):45
      ・トレイル (mm):81.3
      ・ホイールベース (mm):988
      ・スタンドオーバー (mm):746
      ・リーチ (mm):360
      ・スタック (mm):511
      ・ステム (mm):90
      ・BB:BSA - 68
      ・クランクアーム (mm):170
      ・シートポスト径 (mm):27.2

       

      [フレームジオメトリ]
      ・サイズ:
      S
      ・トップチューブ (mm):534
      ・シートアングル (˚):73
      ・ヘッドチューブ (mm):108
      ・ヘッドアングル (˚):70.5
      ・シートチューブ (C-T, mm):510
      ・BBドロップ (mm):65
      ・チェーンステイ (mm):419
      ・フォークオフセット (mm):45
      ・トレイル (mm):74.8
      ・ホイールベース (mm):998
      ・スタンドオーバー (mm):774
      ・リーチ (mm):370
      ・スタック (mm):536
      ・ステム (mm):90
      ・BB:BSA - 68
      ・クランクアーム (mm):170
      ・シートポスト径 (mm):27.2

       

      bt-handlebar_geometry.png

       

      [ハンドルバージオメトリ]
      ・サイズ:
      XS
      ・ワイズ (mm, Drop C-C):420
      ・リーチ (mm):75
      ・フレア (˚):10˚
      ・ドロップ (mm):116


      [ハンドルバージオメトリ]
      ・サイズ:
      S
      ・ワイズ (mm, Drop C-C):420
      ・リーチ (mm):75
      ・フレア (˚):10˚
      ・ドロップ (mm):116

       

      IMG_5606.JPG

       

      IMG_5607.JPG

       

      IMG_5608.JPG

       

      IMG_5609.JPG

       

      IMG_5613.JPG

       

      IMG_5615.JPG

       

      IMG_5617.JPG

       

      IMG_5618.JPG

       

      IMG_5622.JPG

       

      IMG_5623.JPG

       

      IMG_5624.JPG

       

      IMG_5627.JPG

       

      IMG_5631.JPG

       

      IMG_5633.JPG

       

      IMG_5636.JPG

       

      IMG_5638.JPG

       

      IMG_5642.JPG

       

      IMG_5644.JPG

       

      IMG_5646.JPG

       

      IMG_5647.JPG

       

      IMG_5656.JPG

       

      IMG_5662.JPG

       

      IMG_5664.JPG

       

      IMG_5665.JPG

       

      IMG_5639.JPG

       

      11速対応のナローワイドチェーンリングが標準で装備されてますが、去年モデルまでは厚歯のチェーンリングが装備されていました。

       

       

      2017モデルを1×10で組ませてもらいましたが、チェーンリングを薄歯に交換し、チェーンキーパーを装備しました。2018モデルからはこの手間がなくなるということです。

       

      変速レバーにはGEVENALLE * CX1を使っていますが、今月末ぐらいには入荷予定です。その時にゴリが詳しく書いてくれると思いますので今日はこれぐらいで。

       

      変速に交換はできますが、シングルでも十分に楽しめる1台となっているのは間違い無いです。

       

      価格は、135000円(税抜)ですが、組んだ感想は割安感です。

       

      クオリティは高いです。

       

      ぜひ実物を見にきて下さいませ。

       

      オンラインストアからの購入はこちら

       

      皆様のご来店お待ちしております。

      PDW バンドルラックをロードバイクに装着してみました。

      2018.05.15 Tuesday

      0

        どうも!スタッフのゴリです。

         

        IMG_5711.jpg

         

        今日のブログは先日ブログでご紹介したPDW バンドルラックをロードバイクに装着してみたのでその事について書いてみました。

         

        ハンドルに取り付けるハンドルバッグやラックの類をドロップハンドルで使用する上で一番気になるポイントってちゃんと変速ができるかどうかだと思います。

         

        securedownload-(1).jpg

         

        僕もそれが一番気になるので早速愛車のFELT * FR3に装着してみました。

         

        取り付け角度はブラケットとバッグを繋ぐ部分で細かく角度を変えることがでるので、しっくりくる位置を探りながら取り付けました。

         

        securedownload.jpg

         

        ブラケットの角度はこの部分をバラして変えます。

         

        角度が変えれる事でハンドルの高さや荷物量に合わせてバッグの位置を決めることが可能です。

        画像の角度にすれば普段から使用しているライトKNOG * PWR TRAILは問題なく取り付けできました。

        取り付ける角度によってはKCNC * ライトアダプターなどを使いライトを取り付ける位置を工夫する必要性はあると思います。

        サイコンはガーミンを使用しており普段ステムの前に突き出して装着していますがバンドルラックを使用する時はステム上にマウントを変更する予定です。

         

        前置きが少し長くなりました。汗

        バンドルラックを取り付けて変速ができるか試してみました。

         

        PDWバンドルラック🤟 #tokushima #shiokazestore #ridepdw #徳島

        シオカゼストアさん(@shiokazestore)がシェアした投稿 -

         

        僕のロードバイクにはシマノ6800アルテグラ機械式のブラケットと3Tのハンドルの組みわせで、ハンドル幅420mmを使用しています。

         

        IMG_0433.jpg

         

        この仕様でバッグ内に荷物が収まっていれば問題なく変装できました。

        400mmなら取り付け角度を調整するか荷物量を減らせば変速できそうです。

        ワイヤー式の変速レバーで400mm以下のハンドルになると取り付けは少し厳しそうですがDi2などの電動コンポならバッグ内に荷物が収まっていればもう少し狭いハンドル幅でも装着はできそうです。(グラベルバイク用の下ハンドル幅が広くなるタイプのハンドルならワイヤー式変速でも変装レバーの干渉は減ると思います。)

         

        取り付け角度を調整するついでに少し遊んでみました。

         

        IMG_0422.jpg

         

        ロードバイクではここまで荷物を積む予定はないですがもしもを想定して試してみました。笑

         

        IMG_0424.jpg

         

        IMG_0427.jpg
         

        バッグ内からインバッグがはみ出た状態でも取り付け角度を大分上目にすれば問題なく変速ができました。

         

        IMG_0429.jpg

         

        装着してて気がついたのですが、バンドルラックはどんな取り付け角度でもハンドルのフラット部分が握れます。

         

        ちょっとポジションを変えて休憩したい時に荷物やバッグと手が干渉せずにこの部分をしっかりと握れるのは、ストレスが減るのでいいですね。

         

        securedownload-(2).jpg

         

        シンプルこそ正義。ロードバイクにはあまり装備をつけたくない派でしたがバンドルラックは違和感なく装着できるので驚きました。(見た目を損なわず取り付けできるのはボルトで装着するだけのシンプルな機構のおかげですね)

        シクロクロスでグラベルライドやキャンプライドを楽しむ時のために購入しましたが、今まではバックパックを背負って出かけていた輪行して帰ってくる日帰りのロングライドなど少し荷物があるライドの時にもガンガン活用しようと思います。

         

        乗っている自転車に装着できるかどうかなど分からないことがあればお気軽にスタッフまでご相談下さい!

         

        皆さまのご来店お待ちしております。