GIRO * EMPIRE ACC * Matte Black/Gloss Black在庫あります。

2017.05.21 Sunday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    タイトルの通りディスコンになってしまったGIRO * EMPIRE ACC * Matte Black/Gloss Black在庫ございます。

     

     

    クラシカルな靴紐スタイルが生む抜群のフィット感

    EMPIRE ACCはハイパフォーマンスサイクリングシューズのレベルを上げ続けています。

    クラシックな靴紐スタイルは、新しいEVOファイバーに加え、抜群のフィット感と快適さを与えてくれます。

    6.5mmの薄さで高弾性率を持つEASTON EC 90 ACCフルカーボンソールは、グランツールからグランフォンドまでミニマムな重さで、マックスなパワー伝達を可能にし、さらにアジャスタブルなスーパーナチュラルフィットフットベッドによるアーチサポート調整で、最高のパフォーマンスとスタイルを実現しました。

    ●カラー:Matte Black/Gloss Black
    ●アッパー:ワンピースアッパーデザイン / プレミアムEVOファイバー通気性マイクロファイバー /EMPIREレース : 緩むことなく高耐久で軽量
    ●アウトソール:EASTON EC90 ACCユニディレクショナルカーボンファイバー/交換可能ヒールパッド
    ●フットベッド:ウルトラライトスーパーナチュラルフィットキット(アーチサポート調整付き)X1
    X-Static抗菌ファイバー 
    ●重量:215g ( サイズ 42.5) ★トラベルバッグ付き



    【靴紐スタイルの復権】

    かつて、ほとんどのシューズが靴紐を使用していましたが、この数十年ですばやく調整可能なメカニカルバックルシステムに替わりました。しかしながらこれのシステムには砂と汚れからくるトラブル、重量、転倒時の故障、紐ほどの微調整が効かない等の問題点もありました。

    我々がまず靴紐を使用したサイクリングシューズを考えたとき、果たしてそれがマーケットに受け入れられるか自信がありませんでした。 しかし、実際のライディングで検証した結果、靴紐の与えてくれる効果に惚れ込んだのです。そして靴ひもに抵抗を持つライダー達は靴紐自体に不満があるわけではなく、シューズのアッパーにその原因があることを我々は突き止めたのです。

    従来のレザーやマイクロファイバーのアッパー素材は消耗と天候により変形します。そこで我々は最新のマイクロファイバーの構造とアッパーのパターンを見直して靴紐シューズを復活させたのです。 

    なぜ靴紐なのか? それは靴紐のフィット感に勝るものはないからです。 異なる靴紐パターンと、調整ポイントを増やすことにより幅広いフィットを可能にし、フィット感はより自然なものとなりました。また靴紐は驚くほど軽量ながら転倒時にも切れず、交換も簡単です。 
    靴紐は万人向け? 決してそうではありません。しかし、シューズに軽さ、快適さ、グランツールや激しいオフロードで信頼できるペダリングを求めるライダーには必要不可欠なものなのです。

     

    オンラインストアからの購入はこちら

     

    在庫はゴールデンサイズの42のみ。シオストでは最後の一足です。

     

    昨日まで43がありましたが僕が物欲に負けて買ってしまったのでラスト一足となりました。

     

    探していた方は悩む時間などございません。己の物欲を解き放って下さいませ。

     

    securedownload.jpg

     

    早速今朝NEWシューズを履いてライドしてきました。

     

    ブラックは足元がしまって最高にカッコイイです。でか足が悩みの僕ですがシューズとカラーのおかげで足がシュッと見える。(ような気がします)

     

    シューズのフィット感はVR90と同じく足全体を包み込んでくれるアッパーのおかげでフィット感抜群です。

     

    VR90では43.5を履いていますが、今回はハーフサイズ小さい43を選びました。

     

    MTBシューズのVR90はトレイルなどで自転車を担いで歩くことを想定して少しゆとりのあるサイズを選びましたが、ロードシューズのACCはペダリングすることだけを考えハーフサイズ小さいサイズにしました。

     

     

    securedownload (1).jpg

     

    ソールの硬さに関してはACCとVR90では違いは感じなかったです。(SLXとVR90を履いている店長もソールの硬さに関してはびっくりするくらいの違いは感じないと言っていました)

     

    しかしクリートの大きさが圧倒的に大きくなったことにより、ペダルの接地面が増えたので踏み込んだ時のダイレクト感は増しました。

     

    securedownload (2).jpg

     

    あとペダルも変わったので固定力と足の遊びが少なくもなりました。

     

    僕は疲れてくると膝が外に開いてくるので、クランクブラザーズのペダルだとどうしても、もう少し越し追い込みたいと思った時にはペダリングが雑になっていることが多かったのですが、今日走った感じでは大分とそれが強制されているように感じました。

     

    今回シューズとペダルを変えた理由もこれで、シクロクロスに向けてしっかりっと走り込むという目標を立てトレーニングでロードバイクに乗り出した当初はクランクブラザーズのペダルとVR90で十分だろうと思い走っていました。(実際走る分には十分過ぎます)

     

    しかし上にも書いた通り、追い込むときにペダリングが雑になっては追い込む意味が薄れてしまうのでは感じたので、今回ロードバイク専用にGIRO EMPIRE ACCを購入することにしました。

     

    ここまでまともな理由をいっぱい書いてみましたが、本当はロードバイクに乗るならロードバイク用のシューズが、トータルで見たときにカッコイイというの一番の理由です。笑

     

    なのでこのシューズの購入を検討されている方は是非お早めにご決断ください。

     

    履けば幸せなロードバイクライフがあなたの元にやってきます。

     

    店頭で試着できますのでサイズ感が気になる方はお気軽にご相談ください。

     

    皆様のご来店お待ちております!

     

     

    眉山のタイムを更新したのでシューズとペダルを交換した意味もあったと一安心しております。

     

    これからもシクロクロスのレースに向けて体作りを頑張ります。

     

    お客様紹介 431

    2017.05.20 Saturday

    0

      IMG_1462.jpg

       

      cycroc * FLAT1 conyを納車致しました。

      ありがとうございます。

       

      オーナー様は女性です。

       

      IMG_1463.jpg

       

      リアライトはお犬様を選んで頂きました。フロントライトは暗すぎてあれですが、リアライトは普通なのでオススメです。

       

      IMG_1464.jpg

       

      Wレッグセンタースタンドは定番ですね。装着しない人の方が少ないです。

       

      シオストで定番小径車といえばcycroc * FLAT1 cony。TOKYO BIKEにもよく似たのがございますが、少し仕様が違うのでそれはそれでオススメさせて頂きたく思います。

       

      なぜ定番かというと、cycroc * FLAT1 conyは店頭在庫をしております!!

       

       

      現在はホワイトが在庫あります。

       

      ぜひ現物を見に来て下さいませ。

       

      皆様のご来店お待ちしております。

      お客様紹介 430

      2017.05.19 Friday

      0

        securedownload-(32).jpg

         

        FELT * F95を納車致しました。

         

        ありがとうございます。

         

        街乗りやちょっとしたサイクリング用に選んで頂きました。

         

        最近のシオストでは街乗り用でロードバイクを販売することが減ってきました。

         

        理由として低速走行で安定しずらかったり、タイヤの細さが街乗りでは快適ではなかったりなど理由は色々とあります。

         

        またシクロクロスやグラベルロードバイクなど太めのタイヤが入り、街乗りもしやすいバイクが豊富にあるので、そちらをオススメする事が増えたのも理由の一つです。

         

        でもどうしても細いタイヤのピュアなロードバイクに乗りたいという方には、起こりうるトラブルやそれに対する対策など正直に全部お話しして、納得していただいてから購入して頂いています。

         

        正直ロードバイクを街乗りで欲しいですという方に面倒くさい事も含め全部を説明する必要性は無いでしょう。(欲しいんだから面倒な事言わずにスッと売って欲しいと思われているのも分かっております)

         

        それでも僕たちが説明するのはロードバイクがどういった自転車でどのように乗る自転車なのかを知って欲しいからです。

         

        それを知っているか、知ってい無いかでトラブルが少なく街乗りでロードバイクに乗って貰えるという考えがあるからです。

         

        少し面倒な自転車屋ですがスポーツバイクをお探しの方はお気軽にスタッフまでお声掛けください。

         

        皆様のご来店お待ちしております!