ファーストインプレッションの締め

2017.03.16 Thursday

0

    こんにちは、アルバイトとして働いていますユウスケです。

     

    前回の大川原高原ヒルクライムに続き、ホームグラウンドである眉山に登ってきたので今回はそのレポをお送りしてFR3最後のファーストインプレッションとさせていただきます。

     

    大川原高原ヒルクライムではシェイクダウンを兼ねたライドで、特にFR3に対しての第一印象について中心にレポをできたかなと思います。今回のレポではこれまでF75でヒルクライムをしてきた感覚と、FR3とを比較して書いていきます。

     

    IMG_2186.jpg

     

    FR3への乗り換えでの変更点としてアルミフレームからフルカーボンフレームに変わったことが挙げられます。そしてもう一つ、クランクが50/34から52/36への変更があります。(スプロケットは11/28と変更はありません)ギア比のアップが眉山ヒルクライムにどのように作用するのか気になっていました。

     

    IMG_2187.jpg

     

    登山口についてスタートです。アウターに入れ登ります。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、眉山には心臓破りの『あずり坂』という激坂があります。これまで僕はその坂まではアウターに入れ登っていました。今回のクランクのチェンジで、アウターで登れるか不安でした。しかしFR3でもアウターであずりのふもとまで登ることができました。やはり、さすがはフルカーボン。軽くてしっかり進んでくれました。

     

    IMG_2191.jpg

     

    ここから先があずり坂です。アウターからインナーへ落とし気合いを入れ直します。

     

    IMG_2189.jpg

     

    IMG_2190.jpg

     

    FR3の恩恵は続きます。あずり坂には滑り止めの丸い溝があり、かなりボコボコしています。徳島の多くの自転車乗りがこの溝に苦しめられているはずです。紛れもなく僕もそのうちの一人です。

     

    今回あずり坂を登り、FR3の衝撃吸収には驚きました。ハンドルを押さえこむ力がこれまでの半分に近いほど、楽に坂を登れました。正直、これほどまで変わるのかと驚きました。下からの衝撃を殺しながらも、横方向への剛性アップによりバイクはキビキビと反応するのでタイムを落とすことなく楽に上がれました。

     

    あずり坂を抜けてからもその印象は変わらず、楽に登ることができました。勾配の急なカーブでもインを責めることができ、ゆるく続く登りでは力を使わず登ることもできます。

     

    帰りのダウンヒルではやはり、ブレーキの性能の高さを実感しました。眉山のようなカーブの続くダウンヒルでは、細かなブレーキングが求められます。反応の良いダイレクトマウントは安全に下るうえで力を発揮します。少し調整は面倒ですが、一度試されてみるのもおすすめします!

     

    IMG_2188.jpg

     

    タイムこそ自己ベストと同タイムでしたが、これからが楽しみになるヒルクライムでした。 
    カーボンフレームやダイレクトマウントブレーキ、FELTというブランドの自転車などにご興味のある方にとって今回のインプレを通して少しでもお役に立てたら幸いです。

     

    これからFR3をしっかり乗って、セカンドインプレッションなども自分なりに考えれたらと思っておりますので、ご興味のある方は是非シオカゼストアにお越しください!

    新しくモノを買ったらヒルクライム!!

    2017.03.15 Wednesday

    0

      まずはじめにですが、KAMIKATSU ヒルクライムにエントリーしました。

       

      NOSが参戦するということだったので僕は強制参加という感じです。早速、登りましょうというお誘いがNOSから。(徳島に住んだ方が良いのでは?と思うぐらい徳島に来ております)

       

      ということで、RPKの時に死ぬほど登った裏大川原高原ヒルクライムをしてきました。

       

      IMG_2101.jpg

       

      シオスト出発ではなく、古川家から出発。(その方がストレスなく走れるのです。)

       

      IMG_2102.jpg

       

      IMG_2104.jpg

       

      マスプロ系のロードバイクが少ないシオストライドのイメージですが、そんなことはありません。

       

      IMG_2105.jpg

       

      向かい風が強すぎたのでとりあえずコンビニでちょい休憩。(僕はビタミンCにはまっているのでC1000を飲みました)

       

      IMG_2120.jpg

       

      IMG_2121.jpg

       

      さぁヒルクライムスタートです。

       

      後で書きますが、新車のユウスケは気合十分。NOSは相変わらずマイペースでクソ速い。

       

      IMG_2122.jpg

       

      頂上です。NOSが最後の方で手袋を落としたので最後は3人で仲良く登りました。(とはいえいつ千切れてもおかしくないぐらいのペースですが)

       

      IMG_2108.jpg

       

      IMG_2107.jpg

       

      NOSが新しくCADENCEのジャージを買いました(嬉)と脱ぎ始めたのと、GIROのEMPIRE ACC最高っすね!!という報告を山頂でしてきました。

       

      とにかく紐靴最高とのことです。その気持ちは良くわかります。

       

      まぁまぁ寒かったのですが、シューズを見せたいとの理由でシューズカバーは履いておりません。その気持ちも良くわかります。(僕はシューズカバー履いてますが)

       

      IMG_2124.jpg

       

      お次はユウスケ。先日のブログでも紹介しましたが、フルカーボンのロードバイクを買いました。(強制で買わしてません。止めたぐらいです。それでも買いやがりました。)

       

      ここからはユウスケにキーボードを譲ります。(ヒルクライムのインプレがしたいみたいなので)

       

      IMG_2144.jpg

       

      前回に引き続きFELT FR3のインプレをお伝えします。

      今回は店長とNOSさんの大川原高原へのヒルクライムライドに無理を言って同行させてもらいました。

      そのライドを通し実感したことを書かせていただきます。

      ちなみに今回のライドが僕のFR3のシェイクダウンを兼ねたライドでした。

       

      まず驚いたことは漕ぎ出しの軽さです。一回のペダリングでの推進力がF75に比べ高く感じました。まっすぐスムーズに身体を運んでくれるようなイメージに近いものでした。8kgを切る重量(サイズ:540)の軽さによる、フルカーボンフレーム特有の推進力を体験できました。この時点で既にニヤニヤが爆発しそうなくらいに感動していました。


      平地での巡行では安定したブレのない走りが印象に残っています。このように感じた要因として、Fシリーズよりも長く設計されたホイルベースが挙げられます。レースグレードなモデルだけあり、重心の低い走りに特化させたジオメトリー仕様を実感できました。軽量バイクでありながら不安定さを感じることがない点はさすがだなと思います。

       

      ヒルクライムでは車体の軽さを活かしたキビキビとしたダンシング・シッティングができました。ブリッジを取り除いたシートステーによる横方向の剛性の向上が、安定した登りをサポートしてくれます。約10kmの登りが続く大川原高原ヒルクライムですが、終始安定した心拍で登り切ることができました。反応の良いバイクなので無駄な力のロスを減らせ、比較的長いヒルクライムでもしっかり自分の力を出し切れると思います。
       

      登頂後のダウンヒルで僕が一番気になっていたのがブレーキについてです。特にリアブレーキのダイレクトマウント仕様の効きの良さやタッチについてです。以前F75のブレーキをグレードアップし、自転車に乗るうえでのブレーキの重要性を大きく感じました。FR3の平地巡航での印象はタッチが硬く、反応は良いかなくらいのものでした。制動力に関しては105のリアキャリパーとの違いは大きいものではなかったです。しかしダウンヒルになり105のリアキャリパーに比べ、ブレーキのかかり始めが早いと感じました。トータルの制動力に関しては優劣つけ難いですが、反応性の高さはダイレクトマウントだと思います。10kmほどの長いダウンヒルではできる限り軽い力でしっかり止まり、スピードを制御しつつ下れるかが安全にもつながるはずです。
       

      長々と良い点ばかりを挙げましたが、僕としては本当に悪い点が見つからないバイクです。Fシリーズからの乗り換えでも違和感なく、スムーズに馴染んでくれました。

       

      最後に。今回のヒルクライム、店長とNOSさんにはしっかりと負けました。僕はフルカーボン。二人はクロモリにカーボンフォーク(店長)とアルミにカーボンフォーク(NOS)。これは、、、いけるかも。そう思ってた自分はまだまだです。しっかりとFR3を乗り込み、バイクのスペックに自分を追いつかせたいと思います!
       

      次回は僕のホームグラウンドである眉山ヒルクライムでの印象を最後のインプレとしてお届けします。

       

      スペックやジオメトリーに関して、もっと詳しくは公式ホームページでご確認下さい。

       

      以上がユウスケのインプレです。
       

      さすが大学生ということもあり、低学歴の僕たちとは文章が違いますね。これはFELTのロードバイクが気になっている方にはかなり有益なインプレではないでしょうか。

       

      シオストで働き始めてからまだ3ヶ月ですがしっかりと成長していってます。

       

      今回のヒルクライムでは余裕で(皮肉たっぷりに)勝てましたが、負けるのは時間の問題でしょう。あっさりと負けるのも悔しいので僕は僕なりに食らいつきますけどね。

       

      最後はホームの眉山ヒルクライムレポらしいですが、F75に乗っていた最後のヒルクライムで僕の最高タイムに追いつきそうなので期待したいと思います。

       

      褒めすぎても調子に乗るだけなので、最後に注意を。

       

      下りで調子に乗って落車するなよ!!!

      フルサスMTBでロングライド、、、の前にパーツ交換しました。

      2017.03.14 Tuesday

      0

        どうも!スタッフのゴリです。

         

        次の休みにFORCEで100キロくらい走ろうと考えているのですが、その前に少し仕様を変更したのでご紹介します。

         

        securedownload-(1).jpg

         

        まずはハンドルとステムをハードテイルの時に使っていたものに交換しました。

         

        はじめから付いているハンドルとステムで全く問題はないのですが、完成車のままでは少し面白くないので、ハンドルとステムを交換して少し見た目を変えてみました。


        securedownload-(3).jpg

         

        DABOMBステムとFIRE EYEのハンドルに交換です。完成車のものより少しだけですが軽量化もできています。

         

        オレンジ色のステムがいい差し色になっているなと、我ながら感心しております。笑

         

        ハンドル幅が広かったので、使い慣れた幅になりハンドルを握った時しっくりきます。

         

        ハンドルとステムだけでなくブレーキ周りも交換しました。

         

        securedownload-(2).jpg

         

        securedownload-(4).jpg

         

        DEOREからXTに変えました。

         

        DEOREの制動力でも十分で不満はなかったのですが、今まで使っていたのでXTのブレーキをかけた時のフィーリングやレバー位置を細く調整できるところなど、一度味を覚えると忘れれなく、恋しくなったので交換しました。

         

        MTBに限らず自転車で安全に遊ぶためにはブレーキ性能が良いのに越したことは無いと思います。

         

        ある程度の安心と安全はお金で買えるので、今お乗りの自転車のブレーキに不満が少しでもあるなら交換をオススメします。

         

        securedownload-(5).jpg

         

        ブレーキを変えるついでにローターも合わせて交換しました。

         

        そこまでがっつり下りを攻めるような乗り方はしないので、フロントはサイズを一つ落としXTRの前後180mmローターにしました。

         

        securedownload.jpg

         

        ブレーキ周りもグレードアップできたので、これで安心してロングライドに出掛けれます。

         

        次こそはロングライドレポです!お楽しみに〜

         

         

        GT BICYCLES公式ホームページはこちら