シオストフォトセッション

2017.09.11 Monday

0

    どうも!スタッフのゴリです。

     

    IMG_3983.jpg

     

    IMG_3980.jpg

     

    先日店長がブログで書きましたが、店長がKINFOLKを僕がRITCHEYを組みました。

     

    そして組み上がった翌日の早朝に繊維団地に集合してフォトセッション&ライドを楽しんだので、その時とった写真と僕の新たな相棒を紹介したいと思います。

     

    IMG_4004.jpg

     

    もしかしたらリッチーおじさんが火を入れたかもしれないロードフレームです。

     

    ちゃんとした詳細が知りたくて色々調べていた時に力を貸してくれた仲間には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

     

    そして真偽を確かめたい僕に「本物か偽物かなんて他人は興味ないから、リッチーが火を入れたと思って乗って、いつの日かリッチー本人に会って直接確かめた方がオモロイで」とアドバイスをくれた大先輩にも本当に感謝です。

     

    いつかリッチーおじさんにあって「コレあんたが作ったん?」と聞ける日が来ることを楽しみに乗り続けようと思います。

     

    IMG_3984.jpg

     

    IMG_3989.jpg

     

    IMG_3990.jpg

     

    コンポはカンパニョーロのアテナです。

     

    フレームのリアエンド幅が実測128mmだったので、変速を含めて迷わず現代のコンポーネンツを使って組む事を決めました。

     

    カンパにした理由はパーツのカラーをシルバーにしたかったのと、このフレームの年式を調べている時に昔のリッチーはカンパで組んでいる人が多く、アメリカのフレームにイタリアのコンポの組み合わせがとてもシブかったのでカンパにしました。

     

    IMG_3985.jpg

     

    IMG_3986.jpg

     

    店長と同じくバーテープとサドルはBROOKS * CAMBIUMで統一しました。

     

    店長と揃いで使って店的に推したいという理由を抜きにしても、クラシックなクロモリフレームに合わせると一番かっこいい組み合わせを考えたら、必然的にこの組み合わせになりました。

     

    IMG_3988.jpg

     

    IMG_3954.jpg

     

    1インチスレッドのクロモリフレームと言われると柔らかくて走らないというイメージを持たれると思います。

     

    実際ヘッド周りはFELTと比べると頼りない位にたわみを感じます。ヘッドだけでなく全体的に比べようが無い位たわみます。

     

    なので雑に乗ると面白いくらい全く進みません。力が逃げてしまい気持ちよく進みません。最近の剛性が高いバイクに乗り慣れてバイク任せで雑な乗り方をしていたんだなと実感します。

     

    IMG_3958.jpg

     

    雑に踏んでもその力をバイクが受け止めてくれて、推進力に変えて走ってくれる現代のバイクは違い、気持ちよく走るためには丁寧に力を入力して走らせる事を考えないといけないのがとても面白いです。

     

    言っている意味が分からない、もしくは興味があるという方は是非一度試乗して体験してください。

     

    IMG_3960.jpg

     

    IMG_4008.jpg

     

    IMG_4014.jpg

     

    IMG_3951.jpg

     

    早朝の繊維団地を二人でウロウロしながらフォトセッションをしたのですが、今までした事がなかったので新鮮で楽しかったです。

     

    IMG_4010.jpg

     

    いいポイントがあればバイクをセッテイングして撮影。

     

    IMG_4011.jpg

     

    そして自分のバイクの美しさに見惚れる。二人してそんな行為を繰り返しておりました。(側から見るとタダの変態二人組ですね。笑)

     

    IMG_3977.jpg

     

    皆さんもとっておきのバイク組んでみませんか?

     

    自転車の相談はお気軽にスタッフまでお声掛けください。皆様のご来店お待ちしております。

    ゴリのゴリゴリライド 2018/9/10

    2017.09.10 Sunday

    0

      どうも!スタッフのゴリです。

       

      IMG_4160.jpg

       

      今日のゴリゴリライドは、、、

       

      IMG_4058.jpg

       

      ボッチではありません。しかもシオ女が初参加です。(超絶嬉しい!!!)

       

      参加してくださった皆様ありがとうございます。

       

      IMG_4141.jpg

       

      物欲フレアの影響で昨日届いたサングラスでテンションも爆上がりしているので、参加してくださった皆さんに楽しんで貰えるよう全力で殺ります、、、じゃ無かった頑張ります。

       

      IMG_4168.jpg

       

      IMG_4169.jpg

       

      IMG_4144.jpg

       

      IMG_4180.jpg

       

      IMG_4186.jpg

       

      IMG_4187.jpg

       

      IMG_4192.jpg

       

       

      ルートは地蔵峠→神山の獄門峠→一宮→シオストといつものゴリゴリライドとは少し変わったコースを走ってみました。

       

      僕らシオ男はちょうど良いサイクリングでしたがシオ女には少し登りがキツかったようです。

       

      しかし持ち前のガッツで最後までしっかり登りきり平地はタレる事なく走り無事シオストまで帰ってこれました。(次は店長と神山森林公園にトライするそうです。流石のシオ女ですね)

       

      今回のライドですが前からやってみたかった事を試してみました。

       

      その時集まったメンバーの走力とリクエストで、昼までに帰ってこれるルートを決めライドする、おまかせスタイルのライドを試してみたのですが、面白かったのでコレからは、トレーニングっぽく淡々と強度をあげて走るゴリゴリライドと、楽しく距離を走るおまかせライドの二本体制でいきます。

       

      皆様のご参加お待ちしております。

       

      今月のオヤツの時間だ

       

      IMG_4197.jpg

       

      IMG_4193.jpg

       

      阿津満屋製菓さんのういろとホタ(蒸しパン)

       

       

      お土産のホタは満足いく味だったようです。

      KINFOLKの取り扱いスタートと店長予約制ライド

      2017.09.09 Saturday

      0

         

         

         

        このフレームセットを店頭に吊るしてあったのを見たと言う方もいらっしゃると思います。

         

        僕の趣味だけであればここには吊るしません。

         

        KINFOLK BICYCLES(キンフォークバイシクルス)の取り扱いをスタートしました。

         

        ニューヨークを拠点に活動するKINFOLKが、、、とか色々と説明をしようと思いましたが、徳島のパイセンが深く関わっているというのと日本でビルディングされているフレームであるというだけで僕は取り扱いをスタートしております。

         

        HPなどは現在なく、取り扱いしているショップのブログやKINFOLKを乗っている人のSNSから情報を得るしかありませんが、デザインはとても美しいものばかりで、ウサギ好きの方はノックアウトされると思います。

         

        フレームを製作しているのは誰なのか。

         

        上の写真のフレーム/フォークはVIVALOで有名な日本のフレームビルダー日下周一さんが製作してますが、現在は群馬県桐生市にあるライジンワークスさんで製作されております。

         

        どちらにせよ、NJS認定のフレームを製作していたという経歴があり、技術や信頼性は非常に高いです。

         

        ライジンワークスでのフレームの製作工程を追ったこの動画はぜひ見て頂きたいです。

         

        ライジンワークスはラグレスにこだわりを持たれており、KINFOLKのフレームはラグドはありませんでしたが、ラグドフレームが出来るように話が進んでいるらしいので、冒頭の写真のようなフレームも製作可能となります。(全く同じにはならないかもですが)

         

        徳島のパイセンからまずはこのフレームを飾ってみてよ。なんて甘やかされそうになりましたが、やるなら買い取ります!!!となり飾るのは味気ないので僕が乗るように組みました!!!(ちょうどフレームがオレンジでクラシックなバイクが欲しいと思っていたところだったのでテンション上がってしまったのは内緒の話です。)

         

        実は、僕もゴリも年々自転車の所有数が増えて言ってますが、レースっぽい機材ばかりの自転車になりつつあったので原点回帰がしたくてたまりませんでした。

        そんな時にこのフレームとゴリにはリッチーのフレームが手に入ってしまったのです。

         

        組むのは年末かな。なんて言いながら

         

        昨日2台とも組み上がりました。お金がないから組めないなんて辛いじゃないですか、組んで幸せな気持ちになってからその後のことは冷静に考えるのがシオスト流。(まだ幸せな気持ちが勝っているので強気です)

         

        組めたら乗るのもシオスト流。

         

        早朝からゴリと二人で撮影会をしてきました。撮影会については後日ゴリが詳しく書きますのでお楽しみに。

         

        IMG_5064.JPG

         

        IMG_5068.JPG

         

        IMG_5093.JPG

         

        組み始めてからもゴリと二人で気持ち悪い会話をしていましたが、昨夜は二人でお揃いのサドルを購入し、バーテープを巻きながらお互いのバイクを褒め合い、自分のバイクに見惚れて帰る時間が遅くなるという怪奇現象まで巻き起こしました。(どれぐらいテンション上がって気持ち悪い感じだったのかを分かりやすくいうと、お互いが同じタイミングで彼女ができたような感じだと思ってください)今朝の撮影の時も相当やばかったと思います。

         

        ゴリが書くブログでも紹介されると思いますが、簡単に僕のKINFOLKを紹介したいと思います。

         

        IMG_5084.JPG

         

        震えるぐらい素敵に組めました。

         

        IMG_5085.JPG

         

        フレームポンプは正解ですね。

         

        IMG_5073.JPG

         

        IMG_5089.JPG

         

        バーテープとサドルはBROOKS * CAMBIUMで統一しました。ガーミンはログを取る専用にしました。数値と睨めっこするのは疲れました。

         

        IMG_5087.JPG

         

        IMG_5088.JPG

         

        IMG_5092.JPG

         

        IMG_5091.JPG

         

        ホイールは大好きなH PLUS SONに自身初のWhite Industriesのハブです。最高です。

         

        IMG_5086.JPG

         

        コンポは10速アルテグラです。これが余ってなければ現行ティアグラでよかったかなと思っています。当店ではTiagraグレードのロードバイクをオススメしていますし、誰もかれもが11速じゃなきゃダメ何ですよねと言う質問への答えです。レースをしないのであれば10速だろうが9速だろうが変速数はそれほど重要ではないと僕は考えてます。(詳しく聞きたい人は店頭で)

         

        去年からオレンジのフレームでクラシックな感じのロードバイクが組みたいと考えておりやっと実現することができました。

         

        原点回帰と書きましたが、自転車に乗るのが速い人より上手い人になりたいと常々僕は思っているので、そのためには必要な1台だと思っています。

         

        つけ加えるなら細身のクロモリフレーム/フォークにインチのスレッドステムの見た目の美しさに僕は魅了されているのです。

         

        で、ゴリはそのまま眉山へ。僕は店長予約制ライドのためにシオストへ。

         

        IMG_5100.JPG

         

        まずはシオスト自撮りスポットで撮影。

         

        本当はCieloライドにしたかったのですが、許しておくれ。

         

        で、僕たちも眉山へ。(眉山一周)

         

        IMG_5109.JPG

         

        お客様もボトムブラケットをクリスキングに交換しており、交換したら乗るのがシオスト流。

         

        IMG_5107.JPG

         

        クラシックロードな僕を殺そうと企んでいたみたいですが、返り討ちにしてやりました。

         

        IMG_5116.JPG

         

        Cieloに比べると、、、いや比べるのはナンセンスですね。ブレーキの制動力が弱いぐらいで、気持ちよく走ります。

         

        眉山のタイムもCieloでのベストタイムである(11:10)に比べてもファーストライドで(12:08)なので別に走らないバイクではないのが証明されました。

         

        この上からのシュッとした写真が良いですよね〜。

         

        IMG_5114.JPG

         

        素敵バイク×2です。

         

        IMG_5115.JPG

         

        眉山では定番になりつつあるリアゴーで補給です。

         

        IMG_5117.JPG

         

        帰りはサドルトーク多めで帰りました。

         

        IMG_5108.JPG

         

        大学生の夏休み最後の徳島ライドということでしたが、楽しんでもらえたでしょうか。また帰ってきたら走りに行きましょう!!

         

        IMG_5111.JPG

         

        距離:29km

        獲得標高:414m

        時間:1時間51分(走行時間:1時間23分)

         

        KINFOLKのオーダーお待ちしております!!!