アルバイトの休日。

2018.05.07 Monday

0

    盗んだバイクで走りだす 行き先も解らぬまま

     

    高い標高の山の中へ

     

    誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの道に

     

    自由になれた気がした アルバイトの休日

     

    どうも、大学生アルバイトの藤永ユウスケです。ゴールデンウィークの休みを利用してグラベルライドを楽しんできたので、ブログでご紹介させていただきます。

     

     

    先月末に走った剣山スーパー林道でのライドに続き、今回も林道を走ることにしました。前回のライドでは上勝町役場を左折し、旭丸峠を経由し林道を走るライドでした。

     

    今回はルートを変更し、土須峠を越えて林道に入り「徳島のへそ」をゴールに設定しました。

     

    IMG_4721.jpg

     

    そしてもう一つの変更点として、今回はマウンテンバイクで走る事にしました。前回はCielo CXで初めて林道を走り、もちろんとても刺激的なライドを楽しめました。

    しかし人間とは欲の深い生き物ですね。一つ達成すると次の目標を探したくなるものです。あの荒れた林道をもっと速いスピードで、もっと果敢に下れたら。沸々と、悶々とこみ上げてくるものがありました。

     

    「店長、Karatemonkey 貸してください!」盗んでませんよ

     

    一丁前に欲はございますが、自転車(MTB)は持っていません。お店の前で出番を待つ店長のKaratemonkeyが僕を誘惑してきます。

     

    店長も快く快諾してくださり、なんとか他人の力でMTBライドにこぎつくことが出来ました。(嬉)(正直な話ですが、貸してくれない場合は盗もうと思ってました。開店準備を手伝うフリをして盗むという予定でした。

     

    IMG_4677.jpg

     

    同時にERGONのバックパックも貸して頂けたので、バッチリ活用しました。何かと荷物の増える、少しエクストリームなライドでは重宝しますね。もしもの為の補給食やウェア、携帯工具などなど。(店長から頂いたスポーツようかんはライド後に店長のデスクの上にそっと返しましたが)

     

    IMG_4672.jpg

     

    IMG_4679.jpg

     

    IMG_4682.jpg

     

    29インチのハードテイルMTBということもあり、林道までの舗装路区間もボチボチのペースで進むことが出来ました。ただやっぱり、CieloCXなどのドロップハンドル系の自転車がシュッとは進みますね。

     

    IMG_4687.jpg

     

    IMG_4699.jpg

     

    IMG_4710.jpg

     

    IMG_4712.jpg

     

    IMG_4713.jpg

     

    土須峠の入り口に到着です。頑張っても辛いだけなので、軽いギアで息を切らさず登ります。

     

    IMG_4731.jpg

     

    IMG_4735.jpg

     

    立ち止まっての写真撮影や、動物の音にビビったりしながら頂上の雲早トンネルに到着です。

     

    IMG_4736.jpg

     

    IMG_4738.jpg

     

    前回はこの分岐の左側から下りてきました。今回はこのまま直進です。

     

    IMG_4741.jpg

     

    IMG_4742.jpg

     

    IMG_4743.jpg

     

    IMG_4745.jpg

     

    IMG_4751.jpg

     

    IMG_4752.jpg

     

    程なくして林道の入り口に到着。少し進むと未舗装路が現れます。ガレた路面が刺激してきます。5~10%の斜度が永遠と続き、しっかりと体力を削っていきます。そうそう、この感じこの感じ。

     

    IMG_4760.jpg

     

    「徳島のへそ」という展望所までは10kmほどあります。その間にある「ファガスの森」さんというキャンプ施設で食事ができるということで、今回寄ってみました。

     

    IMG_4756.jpg

     

    鹿カレー大盛り(800円)。最高でした。家庭の味系の大変好みな味でした。ごちそうさまです。

     

    ファガスの森までの7kmでかなり疲弊していましたが、ここでしっかりリセット。

     

    IMG_4762.jpg

     

    IMG_4768.jpg

     

    IMG_4770.jpg

     

    IMG_4772.jpg

     

    IMG_4773.jpg

     

    IMG_4780.jpg

     

    少し緩くなった斜度を数キロ進むと、目的地のへそに到着です。

     

    見晴らしの良い広々とした景色がありました。良いですね、自然は。

     

    正直なところ一番の楽しみはこの景色ではなく10kmの下りでございます。写真撮影もそこそこに、カメラをしまいます。

     

    IMG_4786.jpg

     

    店長のアドバイス通り、グラベルの下りでは手袋をしっかりしたものに履き替えた方が良いということでGIRO hoxtonにチェンジ。

     

    IMG_4787.jpg

     

    冷えるかなとも考えたので、GPのジャケットも羽織りました。暑すぎてこれは速攻脱ぎました。

     

    ここからの写真は一切ありませんが、最高な10kmを過ごしました。MTBの安定感から、多少のスピードでも安心して下れました。スピードによるスリルもやっぱり最高で、キャーキャー言っていました。

     

    このスピード域とスリルはMTBならではなのかなと思い、今回のMTBという選択はアリだったと実感いたしました。

     

    楽しい時間はあっという間で、林道区間も終わり、平地を黙々と進み帰路につきました。

     

    店長のおかげでMTBサイコー!な1日を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。

     

    MTBが面白いのか、はたまたCieloのようなバイクが正解なのか。この辺りの判断をライドごとに決めていくのも凄く面白いので、しっかり乗って判断できるようになりたいです。

     

    MTB欲しいですね。「MTB買いました!」のシオストブログを書ける日が来るように、明日からもアルバイト頑張っていこうと思います。

     

     

    5/4 ラファキャラバンライド徳島 - 鳴門

    2018.05.06 Sunday

    0

      ラファキャラバン瀬戸内 2018の中の一つとして、ラファキャラバンライド徳島 - 鳴門が決まりました。

       

      3月にRapha Japanのgogoさんから連絡があり、同月の11日にシオストにてミーティングをしました。

       

      ラファキャラバン鳴門では、シオカゼストアとしてルートコーディネートとライドサポートをお手伝いさせてもらうことになりました。これでRapha主催のイベントのルートコーディネイトは2回目です。

      Rapha Prestige kamikatsuでは徳島の山の魅力を存分にお伝えできたと思いますが、今回は海と山、そして市街地を巡るルートにしました。

       

      サイクリストのコミュニティの活性化とビギナーでも楽しめるということを重点においてルートを考えました。

      試走を数回繰り返しながらどうすれば楽しくなるのかを考えました。(試走についてはこちら

      集まる人数によってライドサポートの人数も増えます。シオストだけでは無理だと判断したので、RCC Tokushima(ラファサイクリングクラブ)の人達にライドサポートをお願いしました。

       

      現在休校中の鳴門市立島田小学校を拠点にし、ビギナーでも山と海を楽しめるように設定したコース。

       

      楽しんでもらえるかなと少し不安になりながらも当日を迎えました。

       

      当日の5月4日はGW後半戦2日目。

       

      誰も来なかったらどうしよう。という不安は鳴門市島田小学校に到着した瞬間に消えました。

       

      参加人数は18人(多分)。ライドサポートメンバーを除くと県外からの参加者の方が多いという安定の徳島クオリティでした。

       

      ブリーフィングの時に雨が降ったのは予想外でしたが、それ以降は風が強めという以外は最高のお天気となりました。

       

      僕はA班のライドリーダーだったのでほとんど先頭を走っており、ライド中は全ての参加者とサドルトークができず楽しんでくれたのかどうかが少し不安でしたが、この日写真撮影を担当してくれたスタッフのユウスケの写真を見て不安が消えました。(自分が一番楽しんでた疑惑が上がりましたが、まぁそれはそれでヨシとして下さい)

       

      ここからは写真と照らし合わせながらブログを書いてもよいのですが、思い出は参加者で共有できていればそれで良いと僕は思っているので、写真だけで終わりたいと思います。

       

      写真を見て楽しそうだなぁと感じて頂けた方は次回のラファキャラバンやこういったライドイベントに参加して頂ければと思います。

       

      参加して頂いた皆様のおかげで最高のライドとなりました。ルートも大事ですが、走るメンバーが一番大事だと実感しました。

       

      イベント告知をしてくださった地元タウン情報誌である「GEEN」さんと「タウン情報トクシマ」さんにも感謝です。ありがとうございます。

       

      参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。そしてご参加ありがとうございました。また一緒に走りましょう!!!

       

      IMG_4820.jpg

       

      IMG_4840.jpg

       

      IMG_4846.jpg

       

      IMG_4849.jpg

       

      IMG_4851.jpg

       

      IMG_4860.jpg

       

      IMG_4863.jpg

       

      IMG_4899.jpg

       

      IMG_4907.jpg

       

      IMG_4918.jpg

       

      IMG_4964.jpg

       

      IMG_4974.jpg

       

      IMG_5016.jpg

       

      IMG_5044.jpg

       

      IMG_5053.jpg

       

      IMG_5065.jpg

       

      IMG_5066.jpg

       

      IMG_5068.jpg

       

      IMG_5103.jpg

       

      IMG_5168.jpg

       

      IMG_5183.jpg

       

      IMG_5205.jpg

       

      IMG_5235.jpg

       

      IMG_5265.jpg

       

      IMG_5269.jpg

       

      IMG_5308.jpg

       

      IMG_5333.jpg

       

      IMG_5352.jpg

       

      IMG_5369.jpg

       

      IMG_5405.jpg

       

      IMG_5415.jpg

       

      IMG_5424.jpg

       

      IMG_5454.jpg

       

      IMG_5475.jpg

       

      IMG_5476.jpg

       

      IMG_5513.jpg

       

      IMG_5542.jpg

       

      IMG_5545.jpg

       

      IMG_5554.jpg

       

      IMG_5555.jpg

       

      IMG_5557.jpg

       

      IMG_5570.jpg

       

      IMG_5577.jpg

       

      IMG_5585.jpg

       

      いやー楽しかったです。

      やっと揃ったFizikサドル3種盛り。

      2018.05.05 Saturday

      0

        今日はサドル入荷ブログです。

         

        少し前から入荷はしていましたが、人気なこともありなかなか3種類揃わなかったということもあり紹介ができずにいました。

         

        やっと3種類揃ったのでご紹介したいと思います。

         

        今回ご紹介するサドルブランドは、、、

         

        Fizikです。

         

        実は、当店スタッフ全員が使っており、性能だけではなく、見た目が良いという点においても高評価でございます。

         

        まずは僕とユウスケが愛用している

         

        FIZIK * ARIONE R3 kiumレール for スネーク * レギュラー

         

        IMG_7100.JPG

         

        ARIONEシリーズは柔軟性の高いライダー(スパインコンセプト:スネーク)のパフォーマンスを最高に引き出すサドル。
        また、SPINE CONCEPT EVO の理論に基づいて導き出された「ラージ」サイズの方にお勧めします。
        新開発のコンポジットシェルを採用し、軽量化を図りながら理想的な剛性としなりを確保することに成功しました。

        ●シェル:グラスファイバー・コンポジットナイロン、ウイングフレックス
        ●カバー:マイクロテックス
        ●レール:k:iumレール
        ●サイズ:300mmx142mm
        ●重量:210g
        ●サイズ:レギュラー

         

        30629353_1628843880565141_4997358748574941184_n.jpg

         

        20160517_1353224.jpg

         

        僕はCieloのディスクロードで使っています。現在進行中のオールロードバイクにもこれを使う予定です。

         

        20180208_1819738.jpg

         

        20180208_1819729.jpg

         

        こちらはユウスケのCieloのクロスレーサーです。

         

        僕たちが使っているので旧型です。

         

        FIZIKの代表的なサドルであり、知ってる!!という方も多いのではないでしょうか。

         

        圧倒的に見た目が良いというかロードバイクに似合うシュッとした感じに惹かれて購入される方が多いのですが、「硬い」「お尻が痛い」ということですぐにやめてしまう確率が非常に高いサドルでもあると思います。(当店調べ)

         

        実は僕も男の大事な部分が痛くてどうしようかと思ったこともありましたが、角度を修正するだけで解決しました。

         

        ちょっとしたことで解消されることもあるので、すぐには諦めない方が良いかもしれませんね。

         

        お次は当店での物欲モンスターカリスマスタッフことゴリが使っている

         

        FIZIK * ANTARES R3 kiumレール forカメレオン * レギュラー

         

        IMG_7104.JPG

         

        フラット&ワイドなトップを持つ「アンタレス」はスパイン・コンセプトの「カメレオン」向け。
        また、SPINE CONCEPT EVO の理論に基づいて導き出された「ラージ」サイズの方にお勧めします。
        コンポジットカーボンとカーボンレールで軽量に仕上ながら、十分なパッド量を持ち快適性も損ないません。

        ●シェル:グラスファイバー・コンポジットナイロン、ウイングフレックス
        ●カバー:マイクロテックス
        ●レール:k:iumレール
        ●サイズ:274mmx152mm
        ●重量:205g
        ●サイズ:レギュラー

         

        20180131_1814788.jpg

         

        IMG_7945.jpg

         

        IMG_7946.jpg

         

        ゴリ的には気に入っているみたいで、現在進行形で組んでいるシクロクロスバイクにも同じサドルをインストールする予定みたいです。

         

        最後に

         

        FIZIK * ALIANTE R3 kiumレールforブル * レギュラー

         

        IMG_7108.JPG

         

        ALIANTEシリーズは柔軟性の低いライダー(スパインコンセプト:ブル)のパフォーマンスを最高に引き出すサドル。また、SPINE CONCEPT EVO の理論に基づいて導き出された「ラージ」サイズの方にお勧めします。シェル全体で荷重を分散して支える『ツインフレックス』構造を採用。充分なパッド量で軽量ながらさらに快適に仕上がりました。

        ●シェル:グラスファイバー・コンポジットナイロン、ツインフレックス
        ●カバー:マイクロテックス
        ●レール:k:iumレール
        ●サイズ:275mmx152mm
        ●重量:220g
        ●サイズ:レギュラー

         

        IMG_7107.JPG

         

        IMG_7109.JPG

         

        IMG_7110.JPG

         

        身体が硬くて前傾姿勢がきついという方にはこれが良いかもしれません。

         

        価格は全て15790円(税抜)です。

         

        オンラインストアからの購入はこちら

         

        Fizikには柔軟性でサドルの形状を変えており、スネーク、カメレオン、ブルという感じで分けています。

         

         

        そしてそれを計測する専用のアプリもありますので是非お試しして頂ければと思います。

         

        サイトはこちら

         

        ただ、あくまでも予測なのでこれで選んだサドルがベストという訳ではありません。が、適当に選ぶよりは確率が上がるのは間違い無いです。そして、乗り込むうちに柔軟性は変わる可能性もあるということは忘れないようにして下さい。

         

        サドルには正解がありません。どれだけ高評価で高価格なサドルだったとしてもそれが万人に合うとは限らないのです。

        僕たちシオストスタッフ達もたくさんのサドルを使い交換してきました。全く合わないものから不満はないというもの、これだ!と思うものまで色々とありました。その経験を生かしてできる限りのアドバイスをさせて頂きますが、それでも合わないときは合いません。

         

        ただ、上記でも書きましたが、サドルの形状のせいだけではなく、角度やポジション、乗り方の問題であることも多いです。

         

        僕もまだ自分にとっての最高のサドルと出会っていないと思います。(なので新しいサドル欲は常にありますし、すでに狙っているサドルがあるのということはここだけの話にして下さい)

         

        自転車を快適に乗るという点においてサドルはかなり重要なパーツです。

         

        お尻が痛いという理由で自転車に乗るのが嫌になっている方は多いと思いますが、その理由がサドルであればすぐに交換してあげて下さい。ただ、そうじゃないかもという方はぜひご相談して頂ければと思います。

         

        見た目というのは絶対的に大事だと思っている僕達ですが、それが自転車に乗ることに繋がらないのであれば少しだけ妥協するもの良いのではないでしょうか。(サドルに乗ってしまうと隠れて見えないですから)

         

        サドルについてはお気軽にご相談下さいませ。

         

        皆様のご来店お待ちしております。